allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

怪奇大作戦(1968)

メディアTV
放映日1968/09/15〜1969/03/09
放映時間19:00〜19:30
放映曜日日曜日
放映局東京放送
製作国日本
ジャンルSF/サスペンス/特撮

【解説】
 『ウルトラセブン』後番組。次々と人気ヒーローを送り出してきた武田薬品提供の時間帯だが、ヒーロー性から離れた本作は、科学を悪用した犯罪に立ち向かう科学捜査研究所S.R.I.の活躍を描き、刑事ドラマに近いリアリティのある作品となった。特撮シーンが遊離しがちなヒーロー番組に比べ、本編中に効果的に特撮が使用されたのも印象深い。浮遊する首、吸血鬼、人食い蛾など、怪奇性をアピールする小道具はたびたび登場するが、テーマとなるのは犯罪を行う人間の情念であり、S.R.I.が事件を解決しえないで終わることもあった。牧と三沢、陰と陽の二人の主役が各話のバラエティに貢献していた。実相寺昭雄演出による京都ロケ編「呪いの壺」「京都買います」などは、特撮ファンの間で高く評価されている。内容により、現在放映・ソフト化されていないエピソードも存在する。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
440 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2013-08-21 17:04:22
毎週テレビで夢中になって見ておりました。
テレビ番組が楽しみで1週間が過ぎていくという
時代はもう2度とないでしょう。
怪奇現象を科学的に解釈して解決するという
内容が面白く、出演者も魅力的でした。
「ウルトラ・・・・」の時間帯だったと記憶していますが、
よくもこんなにハードな内容のドラマを
子どもが見る時間帯に放映したものです。
「京都買います」は名作です。DVD買いました。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-07-04 23:12:52
第1話に登場するミニ飛行場は「ウルトラQ」の万城目のと同じロケ現場だろうな。初回から快調に飛ばしてるけど、ニューマスター版はボックスを買うかWOWOW待ちじゃないと観れなそう。

追記 11-22
伝説になっている「京都買います」を観賞。確かにこれは全話の中でベスト3に入ると思う。実相寺監督が掴んだスタイルは子供の視聴者を完全に無視した物で、これがのちのATGもの(「曼荼羅」しか観てないが)に連なってると言える。
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 22:41:48
小橋玲子
投稿者:新・映画の都投稿日:2007-05-07 00:40:39
第24話の「狂鬼人間」。とても面白い。このシリーズの上位に入ると思う。
内容がヤバイからリリースは無理と言われているが、深い物がある。
投稿者:irony投稿日:2007-05-03 05:33:37
5月1日から4日にかけてBS2にて計14話放送する模様 恐怖の電話 死を呼ぶ電波 かまいたち 京都買います 青い血の女 白い顔 美女と花粉 霧の童話 人喰い蛾 壁ぬけ男 死神の子守唄 氷の死刑台  呪いの壺 ゆきおんな 特撮とテ−マと冴えた演出 リアルタイムで見た人は懐かしいだろな。
投稿者:投稿日:2004-07-02 01:00:47
私も大好きです。
投稿者:堕落者投稿日:2004-05-26 09:54:44
間違った生命尊重至上主義という不健全極まりない思想が氾濫する世の中で文化や伝統といった大切な物を守り抜く(保守する)事の困難さと近代化に伴うその裏の悲しみが描かれている。彼岸を求める人々の純粋さ故の美しさや破滅,そういう人に対する実相寺監督の安らかな鎮魂歌が泣かせる。そして何より,高度経済成長期で日本中がうつつを抜かして浮かれきっていた時代に敢えてこの作品を作った事に感服する。正に名作である。
投稿者:ひろぶーたんT投稿日:2003-09-19 01:07:31
2003年末に、この『怪奇大作戦」のDVD化が始まるそうです!。今回は例の『狂鬼人間」がどのような扱いになるかが気になるところですが、相当に画質向上しているらしいので大いに期待しましょう!!。発売が楽しみです。
投稿者:ジョジョ投稿日:2003-05-15 18:53:39
実相寺監督による4話(4,5,23,25話)が収録されているビデオしか見たことはないのですが、これはいい意味で期待はずれでよかったです。
「怪奇大作戦」というタイトルにはまず騙されますよ。子供向けかと思いきや、結構ハードな内容なのでびっくりしました。多分、「ウルトラQ」でやりたかった事、「ウルトラセブン」では出来なかった事をやってやろうという心境だったと思います。
しかし、本当にドラマが深い。30分なのが惜しい位です。特に「京都買います」は傑作でしたね。仏像しか愛せない女は仏像を何とも思わない若者から京都を買おうとする。仏像以外の者に恋をさせようとする男(岸田森いいよね)。そして最後に男が女に言う台詞、「仏像以外の物を信じようとした、あたしが間違っていた・・・」その瞬間に消えるサイレンの音。名シーンです。
「死神の子守唄」もよかったですね。原爆の被害を受けた日本ならではの悲しくて救われない作品でしたね。
特撮も違和感がない。見せ場が少ない分、一個一個の密度が物凄く高いものになっているためでしょう。↓でも語られている大炎上のシーンは圧巻です。それだけで見せないところなどは、特撮の本来あるべき姿ですよね。
投稿者:theoria投稿日:2002-06-28 21:55:47
あらゆるドラマ的要素が盛り込まれた傑作揃い。単に人間の喜怒哀楽を巧みに描いているのではなく、根底にある「狂気」に最も焦点を当てて、その表出に成功している。岸田森演ずる牧史郎が「狂ってる・・」という言葉を何度か口にするが、これがやけに突出して聞こえるのもそこに起因しているようだ。また、戦後日本の抱える問題、さらには次世代への希望と懸念といった社会的な視点もしっかりと持ち合わせている。映像面での特撮効果も特筆すべき。殊に「呪いの壷」で大伽藍の焼け落ちる場面は圧巻である。実相寺の面目躍如か。当時としては勿論、現在でも文句のつけようが無い出来映えだろう。出演者の顔ぶれがこれまたイイ。表現力では岸田森が抜きん出ていると思うが、原保美の風格、小林昭二の庶民性、勝呂誉の豪気、松山省二の諧謔、それぞれの勘所を押さえた演技が味を引き立てている。
ただ、小橋玲子のコマシャクレタ演技(というより地だろう)だが、個人的にああいう小癪な小娘は大嫌いなので敢えて称賛は控えておこう。
【サウンド】
『怪奇ソング』
作詞 :金城哲夫
作曲 :山本直純
歌 :サニートーンズ
『暗闇のバラード』
作詞 :金城哲夫
作曲 :山本直純
歌 :サニートーンズ
『死神の子守歌』
編曲 :玉木宏樹
作詞 :佐々木守
作曲 :玉木宏樹
歌 :深山エミ
『恐怖の町』(OP)
作詞 :金城哲夫
作曲 :山本直純
歌 :サニートーンズ
【エピソード】
壁ぬけ男 1968/09/15
監督飯島敏宏   
脚本上原正三   
特撮的場徹   
 
人食い蛾 1968/09/22
監督円谷一   
脚本金城哲夫   
特撮的場徹   
 
白い顔 1968/09/29
監督飯島敏宏   
脚本金城哲夫   
脚本上原正三   
特撮的場徹   
 
恐怖の電話 1968/10/06
監督実相寺昭雄   
脚本佐々木守[脚本]   
特撮大木淳   
 
死神の子守唄 1968/10/13
監督実相寺昭雄   
脚本佐々木守[脚本]   
特撮大木淳   
 
吸血地獄 1968/10/20
監督円谷一   
脚本金城哲夫   
特撮的場徹   
 
青い血の女 1968/10/27
監督鈴木俊継   
脚本若槻文三   
特撮高野宏一   
 
光る通り魔 1968/11/03
監督円谷一   
脚本上原正三   
脚本市川森一   
特撮的場徹   
 
散歩する首 1968/11/10
監督小林恒夫   
脚本若槻文三   
特撮大木淳   
 
10死を呼ぶ電波 1968/11/17
監督長野卓   
脚本福田純   
特撮的場徹   
 
11ジャガーの眼は赤い 1968/11/24
監督小林恒夫   
脚本高橋辰雄   
特撮大木淳   
 
12霧の童話 1968/12/01
監督飯島敏宏   
脚本上原正三   
特撮的場徹   
 
13氷の死刑台 1968/12/08
監督安藤達己   
脚本若槻文三   
特撮高野宏一   
 
14オヤスミナサイ 1968/12/15
監督飯島敏宏   
脚本藤川桂介   
特撮的場徹   
 
1524年目の復讐 1968/12/22
監督鈴木俊継   
脚本上原正三   
特撮大木淳   
 
16かまいたち 1968/12/29
監督長野卓   
脚本上原正三   
特撮高野宏一   
 
17幻の死神 1969/01/05
監督仲木繁夫   
脚本田辺虎男   
特撮的場徹   
 
18死者がささやく 1969/01/12
監督仲木繁夫   
脚本若槻文三   
特撮的場徹   
 
19こうもり男 1969/01/19
監督安藤達己   
脚本上原正三   
特撮大木淳   
 
20殺人回路 1969/01/26
監督福田純   
脚本市川森一   
脚本福田純   
特撮佐川和夫   
 
21美女と花粉 1969/02/02
監督長野卓   
脚本石堂淑朗   
特撮的場徹   
 
22果てしなき暴走 1969/02/09
監督鈴木俊継   
脚本市川森一   
特撮佐川和夫   
 
23呪いの壷 1969/02/16
監督実相寺昭雄   
脚本石堂淑朗   
特撮大木淳   
 
24狂鬼人間 1969/02/23
監督満田かずほ[禾斉]   
脚本山浦弘靖   
 
25京都買います 1969/03/02
監督実相寺昭雄   
脚本佐々木守[脚本]   
特撮大木淳   
 
26ゆきおんな 1969/03/09
監督飯島敏宏   
脚本藤川桂介   
特撮佐川和夫   
 
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】怪奇大作戦 Vol.2レンタル有り
 【DVD】怪奇大作戦 Vol.1レンタル有り
 【DVD】怪奇大作戦 Vol.3レンタル有り
 【DVD】怪奇大作戦 Vol.6レンタル有り
 【DVD】怪奇大作戦 Vol.5レンタル有り
 【DVD】怪奇大作戦 Vol.4レンタル有り
 【VIDEO】怪奇大作戦 ベストファイル(1)レンタル有り
 【VIDEO】怪奇大作戦 ベストファイル(5)レンタル有り
 【VIDEO】怪奇大作戦 ベストファイル(6)レンタル有り
 【VIDEO】怪奇大作戦 ベストファイル(2)レンタル有り
 【VIDEO】怪奇大作戦 ベストファイル(7)レンタル有り
 【VIDEO】怪奇大作戦 実相寺昭雄監督作品集レンタル有り
 【VIDEO】怪奇大作戦 ベストファイル(4)レンタル有り
 【VIDEO】怪奇大作戦 ベストファイル(3)レンタル有り
 【VIDEO】怪奇大作戦 ベストファイル(8)レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION