allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー(1981)

THIEF
VIOLENT STREETS

メディア映画
上映時間123分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1981/06/
ジャンル犯罪/サスペンス
ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 2,027
USED価格:¥ 1,585
amazon.co.jpへ

【解説】
 そのスタイリッシュな映像にこの一作で俄然注目を集めたマイケル・マンの劇場デビュー作。公開時のパンフの増淵健先生の『帰ってきた西洋石松』と題する文に思わず唸った。書き出しはこうだ。『もはや猿である。この男は……』。そう、そんな毛むくじゃらな胸が売りの“西洋長嶋”カーンが、表と裏の顔を使い分けるアウトローを熱っぽく演じるバイオレンス快作が本篇。昼はしがない中古車センター経営者のフランクは、夜は天才的金庫破り“クラッカー”に豹変。限られた仲間と己のためにだけ仕事をしてきた彼だが、獄中にある師オクラ(W・ネルソン)のため、危険な“組織”の仕事に手を貸す。アドバイザーに四人の元本職のお尋ね者を雇い、裏稼業の生態を暴き出す。友を殺され、妻子を逃がして家に火を放ち、単身殴り込みに向かう終幕は日本の仁侠映画そっくりと評判がたった。BGMはおどろおどろしいプログレのタンジェリン・ドリーム。いやあ〜、カッコイイ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
856 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:イエガー投稿日:2016-08-04 21:07:30
ラスト近くの男気爆発!ガルシアの首、ドッグソルジャー、ローリングサンダーに通じるね。ジェームズ・カーンってやっぱりヤクザ者が似合ってるよ。コルレオーネファミリーだしね(笑)
投稿者:シーザー投稿日:2014-10-27 17:39:50
派手なハリウッド的演出はないが、70年代の残り香的な質感に監督の独自性とこだわりが加わって、己のポリシーを貫き通すアウトローな男の美学を引き締まったシャープな映像にのせている。火花の熱と金属の焼ける匂いが漂ってきそうな金庫破りの臨場感から始まり、エゴと義侠心を併せ持ちささやかな夢にひと時の憩いを見出す奥深い主人公の人間性を映し出していく。そして、雨に濡れた夜の街が、そんな彼の孤独な影を色濃くしていく叙情の妙。これぞ男の生きざま、マン節のはじまり----「誰も俺の夢を止められない」----。
投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2014-02-11 16:39:47
【ネタバレ注意】

80年代初頭までの映画って、こんなテンポだったのよねー。
溜めに溜まったストレスがラストで炸裂!「ローリングサンダー」とかもそうなんだけど、ラスト10分に凝縮されたエネルギーって、熱いね。

投稿者:Normandie投稿日:2013-01-30 14:14:28
70〜80年代のアクション映画には色気があった。雰囲気たっぷりなところも面白い。
投稿者:bond投稿日:2013-01-30 08:33:12
あまり派手さはないが、渋いトーンで流れる金庫破りもの。シンセ多いサントラが印象的。ベルーシ若いし、ネルソンも出てるのね。
投稿者:uptail投稿日:2012-11-26 14:10:30
演出:8
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:メカゴジラ投稿日:2011-03-20 23:00:32
 
これもビデオの整理中に発掘してしまい、2時間ばかり手を止めて見入ってしまった…。

これも犯罪者の主人公がカッチョいい話なんだよな。一匹狼の宝石専門の金庫破り。といっても聴診器つけてダイヤルをカチカチ回すのではなく、大型ドリルや溶断機を持ち込んで金庫を破壊するプロ。誰におもねることもなく、横車を押されれば拳銃片手に乗り込んで話をつける度胸もある。
その腕前に目をつけた組織は主人公を取り込もうとする。これが最後と決めた大仕事で主人公は上前をはねられ、反抗したために相棒を殺されてしまう。マフィアのボスが主人公にうそぶく「おまえの女房を黒人に襲わせてやるぞ」「おまえの子供は俺が買ってやった。リースだ」というセリフが本気で憎たらしい。

クライマックス、主人公は妻子に金を持たせて逃がし、自分の店を燃やす。
マフィアのボスの言葉に対する怒りよりも、女房子供ができ、表の仕事も順調という今の自分自身をぶち壊して、ただの「こそ泥」(原題)に戻ろうとしたのだと感じる。「これが俺という人間だ」とジェシーに見せていたカードも車の窓から放り出すシーンが象徴的だ。
裸一貫となった主人公はマフィアのボスの屋敷に乗り込む。たしかに任侠映画みたいだが、腹にサラシ巻いて闇雲に特攻するのではなく、6インチ・スライドのカスタム45オートを両手でがっちり構えたコンバット・シューティングで確実に冷静に敵を倒していく。敵に2発ずつ撃ちこむ2タップでの射撃やマガジン交換など、いかにもマイケル・マンらしいリアルさで、それがまた主人公のプロらしさをいっそう強調している。
全てにカタをつけた主人公は、何処ともなく去っていく…何度観ても痺れるエンディング。
マイケル・マンってこういう「クールな犯罪のプロ」がホント大好きだよな。

しかし主人公の金庫破り、警報装置を解除してあるとはいえビル解体業者なみの大掛かりさで、警報装置よりも火災報知器に引っかかりそうなんだよな…でなきゃ物音のすごさに守衛が慌てて飛んできそう。
投稿者:gapper投稿日:2010-05-12 22:18:15
 ジェームズ・カーンのクライムドラマ。

 あまり派手ではないが、独特の世界観がありなかなか見せる。
 マイケル・マン監督の為か、ラストなど演技に少し稚拙な部分が感じられてた。
 やられた後の再び銃を取る所などだが、”そんな風に出来るか?”と感じた。

 大物のレオが今一で、汚い感じはよく出ているが凄みとか力があると言う感じはあまり無い。
投稿者:猿渡川投稿日:2007-06-18 23:02:28
「ガタガタ言わずに、俺と恋をはじめよう。」と車の中で、フランクが遅れてきた事に腹を立てているジェシーに言うシーンが最高。ジェームズ・カーンのキャラクターにあった一言でもありますね!
投稿者:シネラマン投稿日:2006-06-17 14:16:27
マイケル・マンの初監督作にして最高傑作!主人公演ずるジェームス・カーンは、感情を抑えた演技が最高!とくにラスト、相棒を殺されたカーンは、最愛の妻と子を捨て、すべての財産に火を放ち、失うものは何もない状態で、敵地に乗り込む一匹狼と化す。ここでのコンバットシューティングはマネしたくなるかっこよさ!
映像もスタイリッシュ、金庫破りの描写がとにかく派手派手であんなに騒音出して大丈夫かと思う暇なく、映像派のマンのカメラにぐいぐい引き込まれる。脇役も地味ながら、芸達者なやつらが集まり(個人的には、カーンの金庫破りの師匠を演じたウイリー・ネルソンの起用がうれしい)ハードなドラマを盛り上げる。
さらにタンジェリン・ドリームのシンセが、アウトローの影と希望を切なく、かっこよく、迫力あるメロディで映像の魅力を倍加させる。
上映当時買ったサントラ盤は今でも私のマストアイテム、録画したビデオも擦り切れるくらい見た。何度見てもかっこいい!!キーワードはハードボイルド、スタイリッシュ、復讐、男泣き!!
投稿者:ASH投稿日:2002-08-10 21:34:37
【ネタバレ注意】

映画のコメントじゃないけど、サントラ盤を遂にGETしました。オランダ版CDね。

ここ最近の寝る時のベッドタイムBGMとしてへヴィローテーション中です。

しかし、タンジェリンのスコアがラジー候補だなんて、受け狙いもええかげんにせぇ!

深夜放映で観たきりなので、本作のDVD化を熱望ね。

 【My Cult Films 100】

投稿者:dadada投稿日:2001-04-07 08:07:22
シンセによる無機質なBGMにのって淡々と物語が進むのだが、クライマックスはエレキを大鳴きさせたBGMにのせてスローモションの派手な銃撃戦。
ためにためたクライマックスが、とてもカッコよくて印象的。
投稿者:のじま投稿日:2001-01-08 03:33:08
とにかくカッコいい! ジェームズ・カーン最高! マイケル・マン最高!
タンジェリン・ドリームのテーマ曲も最高!
ストップモーションを多用したマンのアクションシーンの演出も良いけどとにかくジェームズ・カーンのあの哀愁を漂わせた演技・・・良いです。マンの素晴らしい演出は「ラスト・オブ・モヒカン」でも見れるけど「ヒート」は・・・・(笑)
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ パルム・ドールマイケル・マン 
□ ワースト音楽賞タンジェリン・ドリーム 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー2012/06/06\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ザ・クラッカー/真夜中のアウトローレンタル有り
 【VIDEO】ザ・クラッカー/真夜中のアウトローレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION