allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

宇宙大怪獣ドゴラ(1964)

DOGORA-THE SPACE MONSTER

メディア映画
上映時間81分
製作国日本
初公開年月1964/08/11
ジャンル特撮
宇宙大怪獣ドゴラ [東宝DVD名作セレクション]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,481
USED価格:¥ 6,970
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:本多猪四郎
製作:田中友幸
原作:丘美丈二郎
脚本:田実泰良
関沢新一
撮影:小泉一
美術:北猛夫
編集:藤井良平
音楽:伊福部昭
特技・合成:向山宏
特技・撮影:有川貞昌
富岡素敬
特技・美術:渡辺明
特技監督:円谷英二
出演:夏木陽介駒井(警視庁外事課刑事)
ダン・ユママーク・ジャクソン(ダイヤGメン)
中村伸郎宗方博士
小泉博桐野
藤山陽子桐野昌代
若林映子浜子(ギャング)
藤田進岩佐(国防軍幹部)
河津清三郎国際ダイヤ強盗団ボス
田島義文多田(ギャング)
天本英世真木(ギャング)
加藤春哉サブ(ギャング)
田崎潤警視庁外事課課長
船戸順新田刑事
桐野洋雄強盗団手下
若松明強盗団手下
坂本春哉ワゴン運転手
当銀長太郎石炭トラックの運転手
【解説】
 宝石が謎の生物によって奪われるという事件が多発した。それは、炭素を主食とする宇宙生物・ドゴラの仕業であった。巨大なクラゲのようなドゴラには、地球上の如何なる兵器も通用しない。だが唯一、ドゴラに対抗できる手段が見つかった……。
 ドゴラはなかなか登場せず、主にドゴラが巻き起こした自然現象が特撮で描かれている。特にドゴラが起こす竜巻のシーンはスゴイ。操演とアニメ合成による怪獣は斬新だが、警察とギャング団の攻防がストーリーの主軸なので、『ゴジラ』など他の怪獣物に比べると重量感・スケール感に乏しく、スチルなどで本篇を予想すると肩透かしを喰うかもしれない。とは言うものの、常にゴジラ以外の新怪獣で挑戦しようとする意気込みは評価できる。原作は丘美丈二郎の「スペース・モンス」。

【登場怪獣】ドゴラ
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2018-05-26 21:31:01
一風変わった怪獣映画である。
東宝のスチール写真は、ドゴラの醜悪さが前面に出ておどろおどろしい感じだが、実際の本編はダイヤモンドを盗もうと企むギャング団と警察との攻防戦がメインなので、怪獣映画としては何とも物足りず肩透かしもいいところだ。しかしここが本多・円谷名コンビの真骨頂で、怪獣ドゴラが生活の一風景として見事に存在してしまうところが凄い!
CGが存在しなかった時代に、この難易度の高い軟体動物を宇宙怪獣として違和感なく描いているクオリティの高さはまさに神技である。宙づりになって破壊される若戸大橋やボタ山の竜巻シーンは、SF映画史上に残る名場面だろう。
主演の夏木陽介が飄々といい演技をしている。若林映子と藤山陽子の美女ぶりも必見だ。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2018-05-19 11:32:58
怪獣部分と人間達の部分がうまく噛み合っていないが、ドゴラの造形等は新鮮でよかった。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:sachi823投稿日:2015-08-01 01:42:49
空の上を海中のようにゆらゆら泳ぐドゴラは
水族館のクラゲのようでなかなか神秘的でよろしいです。
話はあまり面白くありませんね。
投稿者:黒美君彦投稿日:2014-06-15 10:48:05
【ネタバレ注意】

未知の感染症同様、恐ろしい怪獣というのは実はこんな風に不定形なのかもしれないけれど、ドゴラはクラゲ的で、どこか癒されたりして(笑)
無国籍アクションの流れか、007の影響かよくわからないが、どこか間抜けっぽいギャング団に日本語ペラペラの怪しいアメリカ人、働いているように見えない外事警察…。うーむ。「大怪獣」はどこだ。
撃っても撃っても弾が尽きない拳銃もさることながら、どうにも中途半端な作品になってしまった感は否めない。

投稿者:ぴっぷ投稿日:2014-04-01 09:57:50
怪獣+クライム・アクションという独自のストーリーは努力賞もの。

ドゴラのミニチュアは小松崎茂のイラストと細部がかなり異なる。正直ガッカリ。
投稿者:gapper投稿日:2013-05-11 20:02:16
【ネタバレ注意】

 怪獣ものとマッドサイエンティストなどが生み出した怪物物の中間的作品。

 「ゴジラ (1954)」や「空の大怪獣 ラドン (1956)」と言った怪獣もの。
 「美女と液体人間 (1958)」や「ガス人間第1号 (1960)」と言った人間の作りだした怪物物。
 両方の作品を手がけた本多猪四郎監督が、双方の特徴を取り入れた作品。

 相乗効果でより面白くと言いたいが、結果は反対。
 互いの良い部分が削がれ、本多猪四郎監督の中では悪い部類の作品となってしまった。

 マーク(ダン・ユマ)と駒井(夏木陽介)の敵か味方か分からない掛け合いは滑りまくりの感じ。
 ドゴラもダイヤの様な少量の炭素のために高熱を発して金庫を破るのは本末転倒。

 ヘリやジェット機(未だにセイバーだ)良く分からない無限軌道で動く噴霧器の様な兵器。
 怪獣ものならもっと効果を説明すべきだ。
 どちらも中途半端。
http://gapper.web.fc2.com/

投稿者:scissors投稿日:2012-11-29 11:10:08
特撮はすごいんだろうけど、話がグダグダで駄作。
投稿者:黒龍投稿日:2007-12-08 00:08:43
【ネタバレ注意】

 東宝のお家芸である特撮がイマイチだし、そもそもドゴラに『大怪獣』というイメージが無い。どちらかと言うと、ドゴラに振り回される人間達に重点が置かれているが、その割りにドラマ性としても弱い。
 にも関わらず忘れられない作品で、ビデオに録画しているが何度となく観てしまうのは、一体どこが面白いからなのだろう?物語の中心は、ダイヤをめぐる攻防戦で、その点だけはドンデン返しの展開が楽しめて、『真犯人』が宇宙怪獣という良いオチまでついている。しかしドゴラにとっては、ダイヤは単なる炭素の固まり、つまり自分の餌である。ダイヤは高価な宝石だが、石炭は単なる燃料である、と勝手に価値観を設けているのは人間達で、ドゴラにはダイヤも石炭も変わりは無いのである。考えてみるとあの悪党達は、『炭素』を奪い合い、そのために命まで落としている。欲に目が眩んだ人間どもの愚行を、ドゴラは空の上からせせら笑っている。何度か観ているうちにそんなことを感じたんですが、みなさんはどう思われますか?

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-03-27 23:51:20
【ネタバレ注意】

ダイヤを巡るギャングと警察の攻防と怪物の都市破壊が全然噛み合ってないのも問題だが、それ以上にドゴラの設定を後半でクラゲの群れにしたのは致命的なミスだった。あとハチの毒が弱点というのも、人間の勝ちで終わらせる為の苦し紛れな思い付きに過ぎず、光る石をボトボト地上に落とした所で何のカタルシスも得られない。ドゴラの音を解析中に鳩の羽音を拾っちゃうのは笑えたが。
ギャングのボス役の河津清三郎が田崎潤にそっくりに見えたので、ボスが表向きは警部も兼ねてるのかなと本当に間違えた。

投稿者:ドミニク投稿日:2007-03-25 04:58:05
特撮ファンの評価をリスペクトした上で、やっぱりスケールが小さい。九州を舞台にした点など、どうしてもローカルだし。でもスキなんだ。若林映子って、本当に悪女にふさわしいキャラ。ボンド・ムービーでカリン・ドールの役とかやってほしかったね。DVDで面白いのは、夏木さんのコメンタリー。まったくこの映画の記憶がないようだけど、この人、ファンキーだよ。
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-03-13 09:32:58
実体のはっきりしない神出鬼没の怪獣の恐怖を描きたかったのだろうが、実際には好物の炭素を奪うだけで人畜無害で、酔っ払いをふわふわ浮かべて遊んだり、ダイヤ強奪犯を横に押しのけてダイヤを奪ったり、筑豊炭鉱で石炭の嵐を作ったり(あ、十分有害だ)とやっていることはかなりユーモラス。人間を食料にするとか、生き血をすするとかしてくれれば、多少なりとも恐怖感を煽ることができただろうが・・・。実体が現れてからも巨大なクラゲみたいな姿は迫力不足(気持ち悪さは多少あるが)。せめて、ポスターの絵のように列車を吹っ飛ばすくらいのおお暴れをして欲しかったが、実際に壊すのは若戸大橋くらいのもの。確かに手間暇はかかった特撮なんだけどね・・・。

ストーリーは当時日本ではやった無国籍アクションのノリ。悪役の親玉は国籍不明、子分は少々抜けていておおよそ悪役としての存在感ゼロ。対する刑事&ダイヤGメン(何じゃそりゃ?)側も、ダイヤGメンを演じるダン・ユマがいい味を出しているというか、一人で物語をかき回している感じでどうも締まりがない。これらの面々が繰り広げる物語はハードなアクションとはとても言えず、SFとアクションとお笑いが中途半端に入り混じった珍妙な作品になってしまった。

製作側は本格アクションに怪獣をうまく絡ませた作品を作りたかったようだが、怪獣に迫力がないのが致命的。全体的に「変な」個所が目立つ。ただし、特撮映画としてはかなり毛色の変わった作品なので、カルト映画好きにはうけるかもしれない。
【レンタル】
 【DVD】宇宙大怪獣ドゴラレンタル有り
 【VIDEO】宇宙大怪獣ドゴラレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION