allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

宇宙大戦争(1959)

BATTLE IN OUTER SPACE

メディア映画
上映時間93分
製作国日本
初公開年月1959/12/26
ジャンルSF/特撮
宇宙大戦争 [東宝DVD名作セレクション]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,700
USED価格:¥ 3,500
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:本多猪四郎
製作:田中友幸
原作:丘美丈二郎
脚色:関沢新一
メカデザイン:小松崎茂
撮影:小泉一
美術:阿部輝明
編集:平一二
音楽:伊福部昭
特技・合成:向山宏
特技・撮影:有川貞昌
特技・美術:渡辺明
特技監督:円谷英二
出演:池部良勝宮一郎
安西郷子白石江津子
千田是也安達(宇宙物理学博士)
土屋嘉男岩村幸一
村上冬樹有明(国際防衛警察警部)
伊藤久哉小暮技師
桐野洋雄岡田隊員
野村浩三哨戒戦闘機隊長
堤康久急行列車運転士
加藤茂雄急行列車運転助手
沢村いき雄保線工
旗持貴佐夫人工衛星通信員
上村幸之人工衛星乗員
高田稔防衛司令官
熊谷二良陸将
手塚勝己海将
津田光男空将
岡部正副官
緒方燐作スピップ1乗員
マルコン・ビアーススピップ1乗員
レオナルド・ウェルチスピップ1乗員
佐藤功一スピップ2乗員
岡豊スピップ2乗員
荒木保夫スピップ2乗員
オスマン・ユスフスピップ2乗員
ハインズ・ボトメルスピップ2乗員
レオナルド・スタンフォードドクター・リチャードソン
ハロルド・コンウェイドクター・インメルマン
ジョージ・ワイマンアーメッド教授
エリス・リクターシルビア
エド・キーン米代表
【解説】
 『地球防衛軍』に続く東宝のSF作品。時代は公開の6年後の1965年に設定している。前作に続き、小松崎茂が宇宙船やステーションなどのメカニックデザインを担当している。近未来、宇宙ステーションと地球上で原因不明の怪事件が起きる。国際宇宙科学センターは対策に奔走するが、メンバーには宇宙人スパイが紛れ込んでいた。地球侵略を企てる宇宙人ナタール人は、月に基地をつくっていたのだった。月面での攻防戦を何とか生き延びた宇宙科学センターのメンバーたちだが、さらに大きな危険が地球に迫っていた……。
 伊福部昭による勇壮なマーチに乗って、宇宙艦隊戦が繰りひろげられるシーンは見応え充分。ただ、テディベアのようなナタール人は、ミステリアンなどに比べるとスケールダウンした感がある。
<allcinema>
【関連作品】
地球防衛軍(1957)
妖星ゴラス(1962)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
324 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2018-09-15 00:57:35
本多・円谷コンビの空想特撮宇宙活劇である。
いきなりオープニングで1965年と出てくるので、その時代設定が何とも可笑しいが、月の裏に基地を作りUFOで地球を攻めてくる宇宙人と地球連合軍が戦う姿は、公開当時としては今日のスターウォーズ以上に盛り上がったに違いない!
アメリカ人を従えて日本人が地球連合軍のリーダーとなり、勇ましく宇宙人と戦うシーンがなんとも微笑ましい。月面や宇宙空間の描写も、まだ誰も見たことが無い時代なのですべて想像で描いているのも御愛嬌だ。
主人公の池部良がクールでカッコいい。ヒロインの安西郷子もエキゾチックな美しさが実に印象的だ。
投稿者:sachi823投稿日:2015-01-09 22:46:17
小松崎茂さんデザインの精密なメカや
伊福部昭さんの勇壮なマーチが素晴らしいです。
アナログ的な手作り感のある作品だと思います。
投稿者:bond投稿日:2014-12-22 21:20:40
まあ、当時の特撮としては頑張ってる。でも、対象は大人?子供?
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-08-07 16:42:43
メッセージもカタルシスも無い展開に驚いた。ナタール人も洞窟でワヤワヤ出て来るだけで(モーロックの影響か?)それっきり出番ないし、ナタールの円盤も地球攻略を狙ってるのに少なすぎるし、弱い。低予算のSFで円盤が少ないのはよくある話だが、今作でそれがチャチく見えるのはナタールの科学力や背景が全然描けてなかったからかな。
投稿者:ジョジョ投稿日:2005-06-12 15:12:46
実は新文芸坐で観るまで観た事なかった(ぶくろう氏もそうだと思いますが)。
何故にあの音楽が「大戦争マーチ」と呼ばれているか、やっとわかったわけです。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-06-12 05:54:23
特撮はあまり詳しくないんですが、この時代のはなんか手作り感があってよいなぁ。
投稿者:ご飯投稿日:2003-04-07 08:53:12
「スター・ウォーズ」のずっと前にこんな映画が日本で作られていたことは感動的である。リアルタイムで観たならば「スター・ウォーズ」を初めて観た時のような興奮があっただろう。しかし、特殊視覚効果の技術の進歩が面白さを決める映画だと、昔の作品になればなるほど色褪せるのは仕方無い。でも、製作当時の状況からすればこれだけの作品をモノにした東宝には素直に敬意を表します。そして、現在ではハリウッドのSF大作に大きく水をあけられたのは悔しい。それにしても「スター・ウォーズ」の前に出来たスペース・オペラに主演した池部良は、「スター・ウォーズ」に便乗した「惑星大戦争」にも出ている。本人はSF映画に思い入れがないのになあ。(多分そうだと思う)kad26278@biglobe.ne.jp.
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】宇宙大戦争 <東宝DVD名作セレクション>2015/07/15\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】宇宙大戦争 <期間限定プライス版>2014/02/07\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】宇宙大戦争2004/10/29\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】宇宙大戦争レンタル有り
 【VIDEO】宇宙大戦争レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION