allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

怪獣総進撃(1968)

DESTROY ALL MONSTERS!

ゴジラ電撃大作戦(72年リバイバル時・74分)

メディア映画
上映時間89分
製作国日本
初公開年月1968/08/01
リバイバル→-1972.12.17
ジャンル特撮/ファミリー
怪獣総進撃 <東宝Blu-ray名作セレクション>
参考価格:¥ 3,780
価格:¥ 3,114
USED価格:¥ 6,240
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:本多猪四郎
製作:田中友幸
脚本:本多猪四郎
馬渕薫
撮影:完倉泰一
美術:北猛夫
編集:藤井良平
音響効果:西本定正
音楽:伊福部昭
アクション:中島春雄ゴジラ
新垣輝雄
内海進
小人のマーチャンミニラ
関田裕
特技・合成:向山宏
特技・撮影:富岡素敬
真野田陽一
特技・操演:中代文雄
特技・美術:井上泰幸
特技監修:円谷英二
特技監督:有川貞昌
出演:久保明山辺克男(SY-3号艦長)
田崎潤吉田博士(怪獣ランド科学者)
アンドリュウ・ヒューズスチーブンソン博士(国連科学者)
小林夕岐子真鍋杏子(怪獣ランド所員)
愛京子キラアク星人
土屋嘉男大谷博士(怪獣ランド科学者)
当銀長太郎岡田
佐原健二西川(月基地司令)
田島義文杉山警備司令
伊藤久哉多田参謀少佐
丸山謙一郎月基地の技師
沢村いき雄老年の農夫
関田裕病院の医師
西条康彦SY3号乗員
久野征四郎SY3号乗員
桐野洋雄国際警察刑事
坪野鎌之国際警察刑事
緒方燐作将校
坂本晴哉将校
黒部進
草川直也
大前亘
鈴木和夫
佐田豊
伊吹徹
越後憲
伊藤実
渋谷英男
勝部義夫
岡部正
権藤幸彦
岡豊
宮田芳子
森今日子
佐川亜梨
宮内恵子
高橋厚子
池谷三郎
ヘンリー大川
【解説】
 小笠原諸島の一角に、これまで日本を脅かしていた怪獣たちを集めた怪獣ランドという居住島が作られた。だがある日、地球を狙うキラアク星人によって怪獣ランドが襲われ、怪獣たちが島を抜け出してしまう。ムーンライトSY-3号は、キラアク星人の前線基地を叩くため地球を飛び立った。やがてキラアク星人のコントロールを離れた怪獣たちは、キングギドラと戦うために日本に集結した……。
 過去に登場した人気怪獣を11匹も集結させた豪華作品。本編監督は本多猪四郎に戻り、ドラマ部分の路線修正が感じられる。東宝の特撮映画らしいムーンライトSY-3号のデザインが印象深い。『海底軍艦(ニュープリント改訂版)』および人形アニメ『海ひこ山ひこ』と共に上映された。72年冬の東宝チャンピオンまつりでは、『ゴジラ電撃大作戦』と改題されたニュープリント改訂版(74分)が『怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス』、アニメ『パンダ・コパンダ』と共に上映された。

【登場怪獣】ゴジラ/ミニラ/アンギラス/ラドン/モスラ/ゴロザウルス/クモンガ/マンダ/バラン/バラゴン/キングギドラ
<allcinema>
【関連作品】
海底軍艦(1963)同時上映
海ひこ山ひこ(1968)同時上映
ゴジラ(1954)シリーズ第1作
怪獣王ゴジラ(1956)シリーズ第1作改訂版
ゴジラの逆襲(1955)シリーズ第2作
キングコング対ゴジラ(1962)シリーズ第3作
モスラ対ゴジラ(1964)シリーズ第4作
三大怪獣 地球最大の決戦(1964)シリーズ第5作
怪獣大戦争(1965)シリーズ第6作
ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘(1966)シリーズ第7作
怪獣島の決戦 ゴジラの息子(1967)シリーズ第8作
怪獣総進撃(1968)シリーズ第9作
ゴジラ ミニラ ガバラ オール怪獣大進撃(1969)シリーズ第10作
ゴジラ対ヘドラ(1971)シリーズ第11作
地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン(1972)シリーズ第12作
ゴジラ対メガロ(1973)シリーズ第13作
ゴジラ対メカゴジラ(1974)シリーズ第14作
メカゴジラの逆襲(1975)シリーズ第15作
ゴジラ(1984)シリーズ第16作
ゴジラVSビオランテ(1989)平成シリーズ第1作
ゴジラVSキングギドラ(1991)平成シリーズ第2作
ゴジラVSモスラ(1992)平成シリーズ第3作
ゴジラVSメカゴジラ(1993)平成シリーズ第4作
ゴジラVSスペースゴジラ(1994)平成シリーズ第5作
ゴジラVSデストロイア(1995)平成シリーズ第6作
ゴジラ2000 ミレニアム(1999)平成シリーズ第7作
ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(2000)平成シリーズ第8作
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001)平成シリーズ第9作
ゴジラ×メカゴジラ(2002)平成シリーズ第10作
ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS(2003)平成シリーズ第11作
ゴジラ FINAL WARS(2004)平成シリーズ第12作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
648 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2019-05-14 18:32:09
シリーズ第9作の子供向けゴジラ作品である。
過去の東宝怪獣たちを一堂に集めて怪獣ランドを造ったり、月面基地と地球を大型宇宙船で自由に移動したりと、50年前ながらその世界観は今日を十分先取りしているのが凄い。地球侵略を企む宇宙人のUFOもよく出来ていて、名人円谷プロのCGを使わないTOPレベルの特撮技術が堪能できる。
子供向けなだけに単純明快なエンタメ度は高く、小難しいシナリオなどは無くて、多勢の怪獣たちが画面いっぱいに暴れまわるのが楽しい!また付き添いのお父さんたちのために、小林夕岐子や愛京子といった綺麗どころを用意してくれているのも、心憎いばかりだ。
投稿者:sachi823投稿日:2013-06-18 22:16:39
怪獣映画が上映される毎に町の映画館に
足を運んでいましたが、
子供心に怪獣映画ブームの終焉を感じた映画でした。
子供だまし?当時はだまされて楽しみながら
プロレスを見るように見ていましたね。
おのおの見せ場をつくり
ゴジラの息子のリングでカット、
怪獣の皆様ご苦労様。
そしてありがとう。
投稿者:こじか投稿日:2010-09-05 21:30:22
【ネタバレ注意】

たくさんの怪獣にワクワクするのだが、
冗長な展開に何度観ても退屈してしまう。
キングギドラへのリンチ攻めはほんとかわいそぅ…。

投稿者:塚原新投稿日:2010-01-02 22:15:56
怪獣映画として見せ場が多く、伊福部昭の音楽も高揚感一杯で盛り上がる。ドラマ部分は、さすがに子供向けの作りだが、余計な展開が少なくダレない作り。
ラストの怪獣プロレスはいささか冗長だが、中盤で東京を襲う怪獣たちのくだりは、スペクタクル度充分。
投稿者:ジェームス投稿日:2009-07-07 16:18:25
11大怪獣は、なんとも豪華。ムーンライトSYー3も、かっこいい。キラアク星人は女性ばっかりか?クライマックスのキングギドラとの対決は迫力たつぷり。ギドラがいくら悪役でも一匹だけで、他の怪獣と戦うのはやや酷な感じもするが。
投稿者:DEEP BLUE投稿日:2008-11-05 15:15:18
こんだけ出てればさすがに燃えるね。バラン・ゴロザウルス・バラゴン・マンダといったゴジラ映画以外からの出演陣がマニア泣かせだね! 
投稿者:たにし投稿日:2006-07-04 03:05:35
オールスターということですね
投稿者:菊丸英二投稿日:2005-01-16 01:43:11
東宝がゴジラシリーズ最終作として、膨大な予算をつぎ込んだ大作です(翌年にはまたゴジラ映画が作られてましたけどね)。
もうゴジラ、ラドン、モスラ、マンダが東京を襲撃するシーンは最高!何度観ても飽きないにゃ☆
しかし、怪獣バトル(てゆーか怪獣集団リンチ事件)以上に燃えるのは、ムーンライトSY―3号のクルーたち!!!!
画面に出るたび熱くて熱くて・・・中でもVSファイヤードラゴン戦は怪獣バトルよりも手に汗にぎってる自分がいましたにゃ☆
バックに流れる怪獣総進撃マーチがさらにアドレナリンを煮えたぎらせるし〜〜!!!!

あ、あと田島義文さん(ハッピー興行社社長)が自衛隊の幹部を演じていらっしゃったのが何か珍しかったです(笑)
投稿者:ジョジョ投稿日:2002-10-08 21:57:08
ついにこの作品でキングギドラは永遠の眠りに…しかも十数体の地球怪獣連合軍によるリンチ!浮かばれねぇ…
【レンタル】
 【DVD】怪獣総進撃レンタル有り
 【VIDEO】怪獣総進撃レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION