allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣(1970)

YOG MONSTER FROM SPACE

メディア映画
上映時間84分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1970/08/01
ジャンル特撮
ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣  [東宝DVD名作セレクション]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,061
USED価格:¥ 2,160
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:本多猪四郎
製作:田中友幸
田中文雄
脚本:小川英
撮影:完倉泰一
美術:北猛夫
編集:永見正久
音楽:伊福部昭
アクション:中島春雄ゲゾラ
特技・監修:円谷英二
特技・合成:向山宏
特技・撮影:真野田陽一
富岡素敬
特技・操演:中代文雄
特技・美術:井上泰幸
特技監督:有川貞昌
出演:久保明工藤太郎(カメラマン)
高橋厚子星野アヤ子(アジア開拓株式会社宣伝部員)
土屋嘉男宮恭一(生物学博士)
佐原健二小畑誠(産業スパイ)
斉藤宜文リコ(セルジオ島の若者)
小林夕岐子サキ(リコの恋人)
中村哲オンボ(祈祷師)
当銀長太郎横山(調査技師)
大前亘佐倉(調査技師)
藤木悠アジア開拓宣伝部長
杉原優子
堺左千夫
【解説】
 木星探査用ロケットが、事故により南洋のセルジオ島附近に墜落した。開発会社の調査隊がその島へ向かったとき、島にはゲゾラという名の怪獣が出現していた。それは、探査ロケットと共に地球へやって来た異星生物が、地球上の生物に憑依した怪獣だった。人類の攻撃も、異星生物のとどめをさすには至らないかに思えたが……。
 円谷英二の名がテロップに刻まれた最後の作品(ただし、特技監修とあるが実際の作業は無かったと言われている)。南海の孤島が舞台ということで、街並みが破壊されるお馴染みの怪獣映画の持つダイナミズムに欠けるものの、歴代の怪獣中ベストとも言えるリアルな造型の新怪獣、それも一気に三体も登場したことは子供たちを大いに喜ばせた。久保明がとぼけた役回りを好演。東宝チャンピオンまつりの一作として、アニメ『巨人の星 宿命の対決』『アタックNo.1 涙の回転レシーブ』、人形アニメ『みにくいアヒルの子』と共に上映された。

【登場怪獣】ゲゾラ/ガニメ/カメーバ
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
323 7.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2013-01-01 02:43:57
【ネタバレ注意】

宇宙生物に支配されたかに見えた佐原健二の人間性が、内部の宇宙生物と闘うひとり芝居が見どころ(笑)。
ゲゾラ(イカ)とガニメ(カニ)とカメーバ(カメ)がバラバラに登場するのが残念なところです(ラストでガニメとカメーバは狂って闘い始めますが)。
それにしても80人しか原住民がいない島で、何人が犠牲になったことやら。
70年代を象徴するかのような無頼のカメラマンを演じた久保明が、なかなか魅力的でした。高橋厚子は肌がきれい!
怪獣映画としては少々地味だ、というのはわからないではありません。
何せクライマックスがひとり芝居ですから(笑)。

投稿者:塚原新投稿日:2009-05-24 01:57:04
怪獣映画としてツボを押さえた出来なので、肩の凝らない娯楽作として楽しめる。ゴジラシリーズとは異なり、展開・設定に縛りが少ないせいか、脚本がのびのびしている印象を受ける。孤島に舞台をしぼったのも成功している。
人物同士のドラマが薄いのと、ラストのいわゆる「怪獣プロレス」が、短い割りに冗長なのが残念な点。
投稿者:ラロシュ投稿日:2003-12-14 13:01:55
【ネタバレ注意】

東宝特撮映画の中では地味な存在ですが、なぜか自分がとってもお気に入りのさくひんです。
ガニメとカメーバは正直言ってどうでも良いが、三大怪獣の中ではゲゾラがとても印象的。(キューピー人形のような泣き声が忘れられん。)
あの蛇のような腕で人間を海に引きずり込むシーンが特に良い。
前半ゲゾラが一匹で大暴れし人間に殺されてしまうため、後半はガニメとカメーバに土俵を譲ってしまい、スチールやビデオジャケットのような「三大怪獣決闘!」のような見せ場がなかったのが非常に残念だった。
あの足でガニメとカメーバにどう対抗するか楽しみだっただけにとても惜しい。
怪獣の動きは実際の生物をモデルにしているらしい。
東宝チャンピオンまつりの一作として、アニメ『巨人の星 宿命の対決』『アタックNo.1 涙の回転レシーブ』、人形アニメ『みにくいアヒルの子』と共に上映された。
こんな説明を聞くと子供向け映画のように思われがちですが内容は大人の鑑賞にも堪えうる内容です。(むしろ子供には難しい内容。)
下のお方、蟹といってもガニメは普通の蟹ではなくカルイシガニという特殊な蟹らしいです。ちなみにゲゾラはカミナリイカ、カメーバはマタマタガメが元です。

投稿者:ASH投稿日:2003-01-05 15:25:42
イカとエビとカメの怪獣の三つ巴の戦いがソソる!このスチールに少年時代は強く惹かれた!
が、本編は観たことなかったが、何とスカパーで放映されるというじゃありませんか!
しかし、スカパー契約しとらん!観たい!
ところでガニメって蟹ですか?海老に見えるんですが…。
【レンタル】
 【DVD】ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣レンタル有り
 【VIDEO】ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION