allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

地震列島(1980)

DEATHQUAKE

メディア映画
上映時間127分
製作国日本
初公開年月1980/08/30
ジャンルパニック
地震列島  [東宝DVD名作セレクション]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,061
USED価格:¥ 1,997
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:大森健次郎
製作:田中友幸
製作補:高井英幸
原作:グループ915
脚本:新藤兼人
撮影:西垣六郎
美術:阿久根厳
編集:小川信夫
音楽:津島利章
主題歌:しばたはつみ
特技監督:中野昭慶
特技助監督:浅田英一
特殊撮影:山本武
特殊美術:井上泰幸
助監督:奈良正博
出演:勝野洋川津陽一(地球物理学者)
永島敏行橋詰雅之(ルポライター)
多岐川裕美芦田富子(川津地震研究所員)
松尾嘉代川津裕子
村瀬幸子川津房江
大滝秀治丸茂(地震学者)
佐分利信総理大臣
佐藤慶官房長官
鈴木瑞穂統幕議長
三木のり平
松原千明
松村達雄
岡田英次
山崎努
【解説】
 直下型大地震の恐怖を描いたパニック・スペクタクル。地球物理学者の川津陽一は、関東に大規模な直下型地震が発生することを予想した。しかし賛同者を得られない彼は、次第に周囲から孤立していく。やがて彼の予想通り、関東を大地震が襲った……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:メカゴジラ投稿日:2008-12-29 10:58:42
 
他の方も書かれているが、ストーリーは明らかに「大地震」からのイタダキ。妻と愛人の間で揺れる主人公役に、寡黙で無表情の勝野洋はミスキャストだったかも。
大地震が起こるまでは正直退屈するんだが、大滝秀治さんや村瀬幸子さん、「男はつらいよ」のおいちゃん役で有名な松村達雄さんなど、良い人の印象の強い人たちが因業なキャラクターを演じているのが意外。おいちゃんはなんと地割れに挟まれて死ぬという因果応報ぶり。

大地震で東京が壊滅するのがクライマックスなんだが、所々「おおっ」というシーンがあるものの、東宝の映画にしては特撮が全体に低調だったのが残念。また予算の都合なのか「橋が落ちて自衛隊が救助に行けない」「ヘリが着陸できない」「有毒ガスが発生」などのパニックをセリフだけで説明されるのも盛り上がらない。
佐分利信さんや佐藤慶さん、多岐川裕美さん(すんげー綺麗)など、キャストは豪華なのにもったいない映画でした。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-02-04 01:24:59
 特撮シーンは迫力があったが、人間ドラマの部分は平板。
投稿者:cinematograph_lux投稿日:2006-08-12 22:58:57
制作年度から、思い起こすに、中学か高校の時に、映画少年の時期に、見に行きました。
学校がなぜか、そのとき、月曜日、たまたま休みで、『日本沈没』よもう一度っっ、のノリでた。→モチロン、『スター・ウォーズ』公開後でありまして、東宝のミニチュア特撮は古くなってしまいました。→この当時の数年間の、激変は、あきらかに映画史の『1ページ』です。
で、仙台の今は無き『日ノ出映画館』に行きまして、観客は、数えたら、『10人』でした。あ〜ぁ・・・
話のスジに夫婦のゴタゴタが疑問でしたが、実は、マーク・ロブスン『大地震』からの流用です。→このことは『映画秘宝』で知りました。
疑問の方→あっさり解決しました、でしょうか。→あまり悩まないでください。
地下鉄のミニチュアは良くできてた、と、当時の評価は高いです。
→『メテオ』の地下鉄泥流シーン、よりは、ずーっっと良くできてます。

でも、好きな方は『地震列島』好きなんでしょうね〜。
なお、数年後幾年月過ぎて、僕は、『マグニチュード〜明日への架け橋』を見に行きました。
そのときの観客は、僕をふくめて『2名』でした。
本当のハナシです。

最近、CS日本映画専門チャンネルで、リマスター版『地震列島』がオンエアされました。僕も録画しました。

今となっては、ひとつの思い出ですね。


投稿者:Mr.Nobody投稿日:2006-07-16 12:09:20
【ネタバレ注意】

「日本沈没(2006版)」の公開を記念してスカパーの
日本映画専門チャンネルで26年ぶりに再見しました。
公開当時1980年の時は「日本沈没」みたいなパニック
映画を期待して見に行ったのに地震が起こるまでの
1時間10分は不倫のドラマが延々と続く代物でした。
地震発生後は主に地下鉄と高層マンションのみの
限定シーンで迫力不足にガッカリでした。
内閣総理大臣が大型モニターでみるコンビナート
爆発シーンは明らかに「日本沈没(1973年版)」の流用です。
シナリオは新藤兼人さんだったんですね。
ちょっと、人選ミスのような気が...

投稿者:菊丸英二投稿日:2005-07-23 01:06:06
【ネタバレ注意】

こ、この映画はこわい、こわすぎます!
大地震による被害と人々の死を、これでもかというぐらい描いているからだと思いますよ。
あまりに恐怖が鮮明で夢に出てきそう。しかもさすがは火薬王中野特技監督ですよね。東京があんなに火の海に包まれるなんて(でも実際あそこまで派手に爆発するかなあ)。

・・・うん、でも、人間ドラマのこのわけのわからなさはいかんともしがたいにゃ!
特に夫婦と幼馴染の四人!本当は誰を愛してるのかはっきりせい!

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】地震列島 <東宝DVD名作セレクション>2015/08/19\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】地震列島 <期間限定プライス版>2014/02/07\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】地震列島2003/09/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】地震列島レンタル有り
 【VIDEO】地震列島レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION