allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

大怪獣バラン(1958)

VARAN THE UNBELIEVABLE

メディア映画
上映時間87分
製作国日本
初公開年月1958/10/14
ジャンル特撮
大怪獣バラン  [東宝DVD名作セレクション]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 1,963
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:本多猪四郎
製作:田中友幸
原作:黒沼健
脚本:関沢新一
撮影:小泉一
美術:清水喜代志
編集:平一二
音楽:伊福部昭
アクション:中島春雄バラン
特技・合成:向山宏
特技・撮影:有川貞昌
荒木秀三郎
特技・美術:渡辺明
特技監督:円谷英二
出演:野村浩三魚崎健二(生物研究員)
園田あゆみ新庄由利子(東日新報記者)
松尾文人堀口元彦(カメラマン)
伊藤久哉新庄一郎
桐野洋雄河田豊
千田是也杉本(生物学博士)
村上冬樹馬島(古生物博士)
平田昭彦藤村博士(火薬学者)
山田巳之助防衛庁長官
草間璋夫草間一佐
土屋嘉男勝本三佐
田島義文艦長
瀬良明岩屋村神主
山田彰一作
川又吉一次郎
重信安宏三吉
伊原徳村の若者
伊東隆子供
菅井きん巫女
本間文子
生方壯児
熊谷二良
手塚勝巳
【解説】
 科学万能の現代、だが未だ地球上には解明できぬ謎が残されている……。東北地方に、婆羅陀魏山神という神をまつる村があった。訪れた調査隊はそこで生ける神・バラダキを目撃する。それは湖に棲息する中生代の恐竜・バランであった。急遽出動した自衛隊の攻撃を逃れ、バランは空へと舞い上がる。やがて姿を現したバランは、浦賀水道から東京上陸を狙う。36ミリ機関砲さえ跳ね返すバランに対し、自衛隊はダイナマイトの20倍もの威力を誇る特殊火薬をもって対抗するが……。ミニチュアワークは相変わらず冴えているが、“未知の謎”を主題にしているわりにはストーリーが平板。冒頭からバランの全身を出し、その破壊力の描写に終始している感がある。資料によっては「東洋の怪物」のサブタイトルも見受けられるが、フィルム・クレジット上には存在しない。

【登場怪獣】バラン
<allcinema>
【関連作品】
怪獣総進撃(1968)バラン再登場
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
214 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2013-11-30 16:28:29
音楽もよく脚本もしっかりしたつくりの怪獣映画ですが、
知名度は低いようです。子どもの頃見て、
自衛隊のように陸海空で活躍するスーパー怪獣として好きでした。
ゴジラやラドンに比べ造形が複雑で自分で描くのが難しかったです。
人間が苦労して退治するというストーリーは良かったと思います。
投稿者:gapper投稿日:2013-05-11 20:00:36
【ネタバレ注意】

 本多猪四郎監督の怪獣ものとしては、「ゴジラ (1954)」、「空の大怪獣 ラドン (1956)」に続くもの。

 東北のチベットとして秋田、岩手、山形、宮城の接する県境辺りを舞台としているけれど今だと結構問題になる気がする。
 サクっと海の方まで飛んで行けるバランが、それまでここでしか知られていなかったと言うのはやはり無理な感じがする。
 そんなところで結局「モスラ (1961)」の様な後の作品は、南海に舞台が移ったのだろう。

 この作品には、結構自衛隊が出てくる。
 だが、セイバー・ジェット戦闘機やシャーマン戦車と言ったアメリカの中古ではやっぱり歯が立たなかった。
 この年第一号機が完成した後の自衛隊の主力戦闘機F−4ファントムだったらバランもやっつけられた”かも”なんてね。
 結局、秘密兵器は、新型爆薬で通常のTNTと違いが分からない。

 長いこと見れず、その後見るのが延び延びになっていた作品だが大したことは無かった。
 そもそも基本的なことは、見る前から分かっていたしガメラの様に子供子供しておらず個人的にはまあ満足。
http://gapper.web.fc2.com/

投稿者:黒美君彦投稿日:2012-06-04 00:18:50
【ネタバレ注意】

子供の頃は怪獣映画が割と好きだったけど、この『大怪獣バラン』は記憶に残っていなかったなあ…と思って観たら、こりゃ観なくて正解(苦笑)。
バランは恐竜バラノポーダの生き残りらしいけど、せっかく湖で眠っているのに起こさなくても。嗚呼哀れ。
何せヒロイン役?の女性新聞記者新庄由利子を演じた園田あゆみに全く魅力が感じられないし(苦笑)。兄が死んじまったというのに悲壮感もないし。
海上自衛隊の記録フィルムが時折挿入され、臨場感を高めているようにも見えなくはないですが、とにかく攻撃〜死なない〜出現〜攻撃の繰り返しで、しかも羽田空港が多少破壊される程度ですから、巨大怪獣の怖さもなく…。
うーん。これはさすがに駄作?

投稿者:メカゴジラ投稿日:2006-10-07 23:00:21

よく言えばソリッドな、悪く言えば一本調子な映画。
バランの造形とか民家のミニチュアワークとかはさすがにすごいんだけど、
怪獣が登場→自衛隊が応戦→怪獣都会へ→自衛隊が応戦→退治される
というあまりに直球勝負な筋立てなので、少々飽きてくるのも事実。
バランは生物感あって好きなんだけど、ちょっと地味でスター性に欠けるし。

「ラドン」「ゴジラ」のような、主役怪獣登場までのハッタリとか
ミステリーが欲しかった気はするなあ。
投稿者:ジョジョ投稿日:2002-11-25 17:47:47
怪獣映画としては平均点以上。だが、特にこれといった見せ場も無く、平板に話が進んでいく。東宝怪獣では数少ない、一体だけの映画だが、モスラやラドンと違い、その後はあまり目立つことも無く、珍しい存在である。(えっ、ドゴラ?)
でも羽田空港のシーンなどの完成度は高いと思います。バランのデザインも古来よりの生物神のイメージがよく表れていると思いますし、大都市を破壊するバランはむしろ画にならないと思います。
今ではラドンの音楽として知られているあの音楽の原点は、実はこの映画にあったりします。
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】大怪獣バランレンタル有り
 【VIDEO】大怪獣バランレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION