allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

太平洋の翼(1963)

メディア映画
上映時間101分
製作国日本
初公開年月1963/01/03
ジャンル戦争/ドラマ
太平洋の翼 [東宝DVD名作セレクション]
価格:¥ 2,121
USED価格:¥ 2,351
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:松林宗恵
製作:田中友幸
田実泰良
脚本:須崎勝弥
撮影:鈴木斌
富岡素敬
美術:北猛夫
音楽:團伊玖磨
特技監督:円谷英二
特技撮影:有川貞昌
出演:三船敏郎千田中佐
加山雄三滝大尉
夏木陽介安宅大尉
佐藤允矢野大尉
星由里子
池部良
渥美清
西村晃
中谷一郎
平田昭彦
志村喬
【解説】
 太平洋戦争末期を背景に、紫電改部隊の活躍を描いた戦記物。特攻隊に反対する千田航空参謀は、最新鋭の戦闘機による部隊を結成、制空権の奪取を計ろうとする。前線から優秀なパイロットたちが次々と集結し、かくて最新鋭戦闘機・紫電改の大部隊が誕生した……。屋根すれすれに飛ぶ戦闘機のシーンや、全長13メートルにも及ぶ戦艦大和のミニチュアなどが見どころ。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
328 9.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2019-08-16 14:42:22
【ネタバレ注意】

1944年夏、マリアナ沖海戦で制空権を失った海軍では残るは特攻しかないという意見が圧倒的だったが、千田航空参謀中佐(三船敏郎)は、“紫電改”の完成に合わせて精鋭を集めて制空権を奪い返すべきであると主張。前線から優れた戦闘機乗りの、安宅大尉(夏木陽介)矢野大尉(佐藤允)滝大尉(加山雄三)の三人を召集し、紫電改72機を背に3飛行隊各24名による第343航空隊が結成された…。
源田實原作『海軍航空隊始末記』をもとにしたいわゆる“紫電改”もの。
前半は硫黄島、ラバウル、フィリピンからどう帰国するかが描かれているが、特攻のような悲愴感はなく、本来の空中戦を任された戦闘機乗りたちはどこか牧歌的にさえ見える。
戦果を挙げると受け持ち空域が広げられ、無謀な戦いによってまず矢野大尉が戦死。続いて史実にはない戦艦大和随行を強行した安宅隊が壊滅。そしてついに滝大尉も、敵編隊に「出て行け!日本の空から出て行け!」と挑み、帰らぬ人に…。
とにかくこの作品のキャストの豪華なこと。安宅大尉を助け出す潜水艦の艦長が池部良。その他航空隊隊員に渥美清や西村晃、軍令部総長は志村喬、硫黄島で送り出す田崎潤、第二艦隊司令長官が藤田進、戦艦大和艦長が河津清三郎。その他平田昭彦の姿も。今は亡き名優たちがずらり。
敗戦を特攻隊で迎えた西村晃はどんな気持ちでこの映画に参加したのだろう。
円谷英二による特撮もよく出来ている。ただ、こうした戦記物は基本的にスポーツものと通じるところがある。
精鋭を集めて敵に対峙する、なんてまさしくスポーツのドリームチーム結成そのもの。違うのは生死がかかっているかどうか。その点「散る」潔さに力点がおかれているこの作品はやはりどこか違和感を持ってしまった。もっとも「千田」司令は「特攻はダメだ、生きて帰れ」と真っ当なことを言っていたけれど。

投稿者:リEガン投稿日:2012-06-21 17:59:19
「鷲」「嵐」に続き“太平洋”を冠にした東宝オールスター出演の戦記映画。敗色濃厚な太平洋戦争末期に、本土防空体制の要として投入された新型戦闘機・紫電改の奮闘と悲劇を描いている。前半は、硫黄島、ラバウル、フィリピンの戦地から召還された優秀なパイロットたちの脱出行。後半はミニチュア・ワークを駆使した円谷特撮による空中戦が東宝スコープの大画面に繰り広げられる。サービス満点の娯楽大作だが、紫電改の優秀さをもう少し説明して欲しかった。ちばてつやの漫画と加山雄三扮する部隊長の名字が同じなのは偶然かな。
投稿者:nabeさん投稿日:2010-05-09 19:07:09
源田実の三四三空をモデルに描いた特撮映画、でしょう。
個性的な名優を揃えて、現代のCGでエヴァ的な心理演出を加え、荘厳な戦争映画としてリバイバルして欲しい。
投稿者:マジャール投稿日:2007-05-09 00:53:44
髭をたくわえた航空隊隊長、三船敏郎の渋さ、カッコ良さが魅力満点な東宝戦争娯楽作品。
三船の下にはせ参じた若き三人のエース・パイロット達、彼らは最新鋭“紫電改”を駆って本土防衛の任に当たるが、戦局はいよいよその苛烈さを増していくのだった・・・!
娯楽作品として良くまとまった物語と、出演者の多彩さで、なかなか面白く見せる作品に仕上がっています。松林監督独特の静かな無常観が印象的でした。團伊玖磨のテーマ音楽も胸に染み入る。
この映画でも、織田政雄がちょこっとの役で顔を見せてますが、この人の上手さには相変わらず舌を巻きます。
渥美清、西村晃も好演。
(点数は少し甘くしてあります)
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】太平洋の翼 <東宝DVD名作セレクション>2014/05/20\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】太平洋の翼 <期間限定プライス版>2013/08/02\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】太平洋の翼2005/07/22\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】太平洋の翼レンタル有り
 【VIDEO】太平洋の翼レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION