allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

帝都大戦(1989)

メディア映画
上映時間107分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1989/09/15
ジャンルホラー/アクション
帝都大戦 [DVD]
参考価格:¥ 3,990
価格:¥ 3,335
USED価格:¥ 3,857
amazon.co.jpへ

【クレジット】
総監督:ラン・ナイチョイ
監督:一瀬隆重
アクション監督:郭追
企画:山下雄大
エグゼクティブプ
ロデューサー:
一瀬隆重
プロデューサー:久里耕介
神野智
原作:荒俣宏
脚本:植岡喜晴
季美儀
撮影:安藤庄平
SFX:スクリーミング・マッド・ジョージ
美術:正田俊一郎
編集:板垣恵一
音楽:上野耕路
出演:加藤昌也中村雄昂
南果歩辰宮雪子
野沢直子水木玲子
戸恒恵理子美緒
斉藤洋介
桂木文純子
岩間沙織みどり
前田賀奈子千登勢
草薙幸二郎東条英機
ビョウーム・ルーライアドルフ・ヒトラー
アイデン・ヤマンラールシュペアー
アーニャ・シュッツバッハエヴァ・ブラウン
土屋嘉男水野
高橋長英小笠原真教
中丸忠雄二村技師長
日下武史近衛文麿
丹波哲郎観阿彌光凰
荒俣宏東亜商会社員
嶋田久作加藤保憲
【解説】
 『帝都物語』の続篇。太平洋戦争末期を舞台背景に、甦った魔人・加藤保憲と霊能力者・辰宮雪子との闘いを描く。昭和20年。戦争による被害が広がる中、内閣は霊能力者・辰宮雪子の能力により連合軍の幹部たちを呪い殺すための計画を進行していた。しかし、人々の怨みを受け復活を果した魔人・加藤保憲が再び帝都を破滅に導くために活動を開始する……。
 原作は「帝都物語 戦争篇」。総監督には『孔雀王』の藍乃才(ラン・ナイチョイ)。
<allcinema>
【関連作品】
帝都物語(1988)シリーズ第1作
帝都大戦(1989)シリーズ第2作
帝都物語 外伝(1995)シリーズ第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
319 6.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:こじか投稿日:2011-01-13 23:43:51
嶋田久作とタイトルだけはかっこいいけどやはり感心しませんでした。
前作と比べても前作があまりに低い位置にあるので…。
作品のファンの方ごめんなさい。
投稿者:FFF投稿日:2007-06-17 10:30:07
前作は実相寺で唯一全然だめだった。本作は演出に無駄なし。映画として面白い。美術も役者も空回りせず生きてます。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-06-17 08:30:08
 第一作よりも遥かに面白い。今回はサイキック・バトルの展開に重点を置き、クロネンバーグの「スキャナーズ」並みのSFXシーンで魅せる。特殊メイクをマッド・ジョージが担当し、それがかなりグロイ。電柱の天辺に屹立する軍服姿の加藤が充分にカリスマを感じさせる。
投稿者:ピンクガンスモーキン投稿日:2007-03-06 23:30:19
猛烈な駄作「帝都物語」の続編という位置づけのせいで、どれほどこの作品が損をしているか、心底、同情に値する。
だが、両者は、まったく別モノであり、別次元にある。
「帝都物語」では製作総指揮を遂行した一瀬隆重が、本作では、果断にも監督として腕を振うのだが、これは、彼の50以上(「リング」「らせん」「呪怨」等)におよぶ映画プロデューサーとしてのキャリアにおける唯一の例外的活動であって、この点は鑑賞上のポイントとして、押さえておかねばならない。
おそらく、前作を任せた実相寺昭雄のヒドい仕事ぶりに業を煮やして、自らメガホンを取ったのではないか、とすら推測したくなるような冒険行為なのだが、これが意外にも、手堅い「戦争映画」として出来あがっており、全然悪くないのだ。
1960年代の映画を彷彿とさせる照明・カラーに包まれ、荒廃する都市を丹念に描き出しつつ、南果歩の切なげな表情と、加藤雅也の終始控えめな演技、そして、盲目の女児の子役を軸に、スッキリとした見やすい作品に仕上げている。
ただ、ストーリーは、不可解というか、意味不明な「念力バトル」モノなので、お子様向けの感は否めない。
それでも、ワイヤー・アクションのおかげで、「帝都物語」の陳腐な固定映像による処理よりも、よほど動きのある映像が楽しめた。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2006-11-25 06:45:07
【ネタバレ注意】

前作が当時好きだったので期待して観たが、ワイヤーアクションも特殊メイクも殆ど効果の無い、スケール感が皆無の続編だった。
マッド・ジョージの特殊メイクはデモンストレーションのようで妙に浮いてて、最後の風船のように萎む加藤の姿は気色悪いだけで、カタルシスもゼロ。前作も今思うと駄作だが、これよりヒドい続編って観た事ないな。

追記 08-9-12(金)
久しぶりに観てみるとそれ程ヒドくはないが、構成が悪くテンポがのろかった。何より予算が下がったのでスケール感に乏しく、加藤が何の「計画」も立てずに単独行動するのが彼らしくなかった。殆どストーリーに絡まない女の子と雪子のシーンが必要以上に長いので、加藤の登場自体も遅かったし。
加藤が復活する時には雪子の養父母(辰宮兄妹)は生きているべきで、二人が加藤に殺される事で雪子の眠っていた力が目覚めるとかにするべきだった。あと野沢直子とワイヤーアクションとマッド・ジョージの虫も不必要だった。土屋嘉男の役名が水野博士って狙ってるだろ(笑)。荒俣さん事務員役で出てたのね。

投稿者:KOTOBA投稿日:2005-04-12 02:05:09
前作、帝都物語にくらべると、嶋田の怪演ぶりに磨きがかかった、という程度で、作品的クオリティは一段おちる。
ただ、加藤の扱いが、前作では、将門公の呪力を得て、帝都を我が物にせん、と戦いを挑む野望ある勇者、であるのに対し、今回は徹底した悪魔懸かりな無気味な悪役になっているのが特徴。
それゆえに、嶋田の魅力とオーラがさらに引き出せたといってよい。
低音で言葉すくなに話す加藤。その姿は精神的にも怖さを倍増させる。
しいてあげるとすれば、鉄塔にスタントナシで上がる、という場面はスゴイ。

斎藤洋介のやられ方、これは非常に象徴的であった。
ただ、加藤のケタケタ笑いは気持ち悪かった。。

個人評価:6 嶋久度:88%
投稿者:プリズム5投稿日:2004-11-13 22:43:21
【ネタバレ注意】

前作に比べるとみすぼらしくなってしまいましたが、こちらのほうがB級テイスト満載でホラー映画らしくなり個人的には好きです。憲兵の斉藤洋介や看護婦の野沢直子の死に様などはインパクトがあります。「スキャナーズ」よろしくのクライマックスも多少くだらなくもありますが、良いと思います。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】帝都大戦2009/08/28\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】帝都大戦 <期間限定生産>2004/02/26\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】帝都封印BOX 帝都物語/帝都大戦+Special Disc2000/02/25\13,800amazon.co.jpへ
 【DVD】帝都大戦2000/02/25\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】帝都大戦レンタル有り
【その他のおすすめ】





allcinema SELECTION