allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

鉄男 TETSUO(1989)

TETSUO THE IRON MAN

メディア映画
上映時間67分
製作国日本
初公開年月1989/07/01
ジャンルホラー
SHINYA TSUKAMOTO Blu-ray SOLID COLLECTION 「鉄男」 ニューHDマスター
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,365
USED価格:¥ 2,000
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:塚本晋也
脚本:塚本晋也
撮影:塚本晋也
藤原京
美術:塚本晋也
編集:塚本晋也
音楽:石川忠
出演:田口トモロヲサラリーマン
藤原京
叶岡伸
石橋蓮司
塚本晋也やつ
六平直政
【解説】
 自らの18ミリ作品、『普通サイズの怪人』をもとに、全身が金属に変化していく男の恐怖を描いたサイバーパンク・ホラー。本作は第9回ローマ国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞。本作のモチーフは、よりスケールアップした『鉄男II BODY HAMMER』へ引き継がれる。
<allcinema>
【関連作品】
鉄男 II BODY HAMMER(1992)姉妹篇
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
847 5.88
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2018-08-24 16:11:23
【ネタバレ注意】

エログロナンセンスの極致。ある種の前衛芸術だろう。予定調和な凡庸な作品に飽き飽きしている方におススメ。家族一同で観るには全く適さない。

投稿者:にゃんにゃん投稿日:2018-01-03 12:13:50
体が徐々に鉄になっていく男の話。
ジャンル分けがし辛いが、ホラーやサイキックアクションと言われたりする。
この後続編「鉄男II BODY HAMMER」「鉄男 THE BULLET MAN」が制作された。

デビット・リンチ風の雰囲気と意味不明さがあるが、スピード感と謎のパワーがあり唯一無二の映画になっている。
駅のホームで金属の化け物になった女に追いかけられるシーン、ドリル化したチンポで恋人を殺すシーン、クライマックスのサイキックバトル…このテンションは凄い。
とはいえ、ストーリーが掴み辛いため、このPVのような映像の嵐に身をまかせるだけになっている。
人によっては退屈に感じるかもしれない。
僕はまあまあ楽しめた。
投稿者:bond投稿日:2016-07-28 01:28:32
デビットリンチっぽい映画に、アジア風な悪趣味満載。ギャグかよ。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-06-03 22:41:53
いつになったら決着つくんじゃい!!
途中で飽きました。
投稿者:さとせ投稿日:2010-06-08 09:12:17
しがないサラリーマンがJRの地下で鉄女に襲われる。どうにか倒したが伝染してしまったのか男の体が鉄に変化してしまい、妻との殺し合いに発展し・・・。

これはミステリアス!塚本監督が一躍、有名になったサイキックアクション。不条理で訳が分からないことだらけだが雰囲気が良くてスピード感があり、ラストまで一気に見てしまう。鉄男の描写は不気味だがそれ以上に眼鏡の女から襲われるシーンは子供が怖がる程の恐怖と緊迫感に溢れている、傑作!
投稿者:藤本周平、投稿日:2010-05-11 00:12:01
NEW鉄男がもうすぐ公開なので、その前にオリジナル版を鑑賞。内容の方は映画というよりイカれたPVみたいな感じ。他の映画に例えるとイレイザー・ヘッドのような独特の雰囲気。あと音楽の使い方がスゲェかっこいい
投稿者:こじか投稿日:2010-04-24 20:07:20
このクオリティでここまで伝説になり得たのはすごい。
なかなか撮れるシロモノでもない。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-03-30 15:41:16
とにかく突っ走る所が見所の作品。駄作スレスレだが、妙に記憶に残っている。
投稿者:4531731投稿日:2009-03-30 14:44:28
幼少期に仮面ライダーを見ていない外人には絶対に作れない映画ですね。
日本人にしたら「鉄男」の基礎にあるモノ、TVヒーロー、ゲーム、工業製品、
コンクリート、産業廃棄物等、に幼少期の頃から
親しんでいるわけで「鉄男」が登場した時も当然の成り行きという感じでした。
モノクロの画面にマッチングが良いメタルビートはノイバウテンやSPKぽくて良いし、
鉄男とやつが誰もいない公道を疾走するシーンはかっこよすぎ。いつか見た忘れられた悪夢みたい。
「他人」は一切画面に映らないせいか、無人の街並みは巨大な鉱物のような印象を湛えている。
そして機械化した「鉄男」と「やつ」は、苦悩しているだけにじつは普通のヒト以上に人間くさい。
代わり映えしない機械的な毎日を生きて、まるで身も心も機械化してしまったように思えても
苦悩する分だけまだマシなのさ、みたいな。
http://blogs.yahoo.co.jp/kristiancirkusjoe
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-08 10:55:03
【ネタバレ注意】

序盤、オバハンに襲われるシーンが大好きです。

投稿者:やんこら投稿日:2005-02-06 10:33:10
、と書くと誤解されそうですがこの映画をけなしているのではなくて、わずか67分の映画でありながらその間中恐ろしいほどの映像体験をするのでそれが息苦しく感じるのです。他でならチープにすら感じるであろうカメラワークとかも抜群の効果でした。
投稿者:hhg投稿日:2005-02-02 21:36:41
ヴィタールを見たあと、もう一度見てみた。
表現手法は全く違うけれど、伝えたいことや、
創作への姿勢は変わっていないんだな、と思った。
彼はずっと、人の深部を観察しているように思う。
欲望や獣性といったネガティブなものから、
今回のヴィタールで表現した、深く美しい愛情まで。

体調の悪い時に観るといっそう体調の悪くなる映画なんだけど
モノを創る事への意欲やパワーがみなぎるいい映画だと思う。
投稿者:阿里不哥投稿日:2004-09-06 15:08:25
ぐちゃぐちゃ描写も途中で中だるみしたが最後はあまりに馬鹿馬鹿しくて笑えた。
あまり好きなタイプの映画ではないが、多少のカタルシスのようなものは感じることが出来る。ただし全体的に気持ちいいか悪いかと問われれば気持ち悪かった。
投稿者:キリシタン投稿日:2004-06-12 11:07:28
一本調子のやかましい映像が延々と続き、我慢していたが、次第に腹が立って来た。「低脳」という汚い言葉が何度か浮かんだ。リンチの「イレイザーヘッド」を真似たのだろうが、あまりに酷い。演技も単調だし、僅かな台詞も違和感しか感じない。塚本作品は二度と観まいと思った。軽薄で幼稚、「イレイザー・・・」には確かにあった叙情性も不思議さも凄みもない。全部観れたのが信じられない。80分に満たないのが唯一の救いだが、2時間にも感じた。
投稿者:ホラー姫投稿日:2004-06-11 23:27:30
いるんですよね、この映画・・私にとっては見ていて苦痛以外の何者でもなかったです。
投稿者:くんばか投稿日:2004-02-09 13:44:16
ジャンククリーチャー映像を楽しむ映画として見ました。個人的に映画館で
この映画の上映中に心霊体験にあったのもあって(笑)怖い映画の部類にも
入ります。効果音のはずし方もなかなか怖い。僕はノレました。というか
シュールで怖かった。四畳半で一年半かけて作った映画の怨念がこもってい
るようでした。
投稿者:トレマー図投稿日:2003-03-22 05:21:39
好きか嫌いかでいったら嫌いな部類の映画。最後まで観るのはつらい。
投稿者:メタルヘッド投稿日:2002-12-10 18:45:37
全体のスピード感、自分がなぜか金属の塊になる不条理、お金が無くてもアイデアとセンスがあれば面白いのができるのだと思った作品。音楽も良い。
投稿者:hirokati投稿日:2002-11-20 03:11:52
なんか、あらすじとかない映画と覚悟してただけに、さくさく見れた。
見れたんだが、いいたいこととか、意味とかは追わないように心がけたからかな。
六十分でよかった。二時間はみれない。一時間が限界。チカチカがスゴイから。
投稿者:篭瀬山投稿日:2002-10-25 20:28:16
ガゴンガギンやかましい金属音(大音量)と、白黒なのに目がチカチカするめまぐるしい映像刺激。たぶん洗脳というのはこういう環境下で行なわれるんじゃないかというくらいの強迫的な映像体験。(グランプリを受賞した)ローマ・ファンタスティック映画祭では”TETSUO”コールが巻き起こったというが、よくそんな気力・体力があるよな。こっちは観終えてぐったりしたのを覚えてる。

意味についてはそのうち誰かがここに来て解説してくれることを期待する。7
投稿者:ASH投稿日:2002-06-13 20:18:27
【ネタバレ注意】

熱狂的なファンの多い映画なのかもしれないが、僕にはまったくノレなかった。全体的に意味不明の描写が多すぎて、何が何だか分らないシーンだらけなんだよね。例えば主演の田口トモロヲが電話で「もしもし」と延々繰り返すシーンなんてその極みだと思うんだけど、アレ何?。それと、街なかを疾走するシーンの早送り撮影なんてまるでどっかの学生映画みたいでウンザリ。こういう技術(というほどでもないが)を見せることで、塚本監督自身が喜んでいるようなそんな気がする。8mm小僧が、その素人感覚で作った映画を延々と見せつけられているような気分。この映画にインスパイアされたダーレン・アロノフスキー監督の「π」の方がよっぽどマシだと思えた。

ただ、モノクロ撮影は映画のメタリックな質感を出すのには効果的だったと思う。そういうセンスだけかな、評価すべき点は。

★(BOMB)

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】鉄男 ニューHDマスター2016/06/02\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】鉄男2010/04/23\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】鉄男2000/07/25\5,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】鉄男レンタル有り
 【VIDEO】鉄男レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 鉄男 TETSUO コンプリート・サウンドトラック
新品:¥ 5,775
3新品:¥ 4,888より   1中古品¥ 7,431より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION