allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

虹男(1949)

メディア映画
上映時間81分
製作国日本
初公開年月1949/07/18
ジャンル特撮/サスペンス
虹男 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 1,854
USED価格:¥ 1,830
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:牛原虚彦
企画:辻久一
黒岩健而
原作:角田喜久雄
脚本:高岩肇
撮影:柿田勇
美術:今井高一
編集:辻井正則
音楽:伊福部昭
特殊撮影:円谷英二
助監督:村山三男
出演:小林桂樹明石良輔
暁テル子鳥飼美々
若杉須美子小幡由利枝
大日方傳岡田警部
見明凡太朗摩耶龍造
平井岐代子摩耶志満子
植村謙二郎摩耶勝人
宮崎準之助摩耶豊彦
浦邊粂子野々村かね
【解説】
 一連の大映スリラーの中の一作で、大映特撮作品が次々ソフト化された時期にタイトルがラインナップに登ったことから、爾来、特撮ファンにも馴染み深い作品となった。内容は「○○サスペンス劇場」などの作品群に近い。原作は角田喜久雄の新聞連載小説。メスカリンを飲まされた人間がみる幻覚の表現として部分的にカラーの映像が取り入れられている非常に画期的な作品で、当時モノクロ一辺倒だった日本映画界に衝撃を与えた(現在そのカラー部分は残っていない)。新聞記者の鳥飼と明石は、共通の友人がある殺人事件の容疑者となっていることを知り、彼女を助けようと調査を始める。事件の被害者たちは皆、「虹が……」という謎の言葉を残していた……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
310 3.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ひろちゃん2001投稿日:2010-11-01 20:26:25
演出が古臭くて、やはり、時代的に取り残されている。
話も、角田の推理小説を通俗的に翻訳してしまって魅力なし、
演劇っぽい芝居を大げさに見せる方法も幼稚にしてしまっている。
舞台の髭、鬘をそのままで出すセンスも古い。
これで、監督を廃業したのが良く分かる出来です。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-10-10 14:21:07
【ネタバレ注意】

虹男はやはり出てきません。虹は昔の「みんなのうた」みたいな映像処理で表現されるだけです。真犯人は別ですから。半星。

投稿者:投稿日:2004-09-04 15:45:02
この映画にかかわったスタッフの以後の活躍の数々は特筆すべきものではないでしょうか。

企画の辻久一は「雨月物語」を始めとする大映の数々の名作を生み出す。

同、黒岩健而は同じく大映の「座頭市」「眠狂四郎」の多くを企画し。

編集の辻井正則は日活の裕次郎シリーズからロマンポルノの初期までを手がける名編集マンとして活躍します。本作での、台詞尻を早めに切ってリアクションを見せるタイミングやカットバックの手際は当時のサスペンス物の中でもピカイチではないでしょうか。

音楽の伊福部昭は言わずと知れた東宝「ゴジラ」の作曲者です。本作の音楽にもその片鱗が聴かれます。

特撮の円谷英二は本作以前からのミニチュア特撮王でした。

俳優、小林桂樹のその後の出演作品数はいったい何作になるのでしょう。

この映画は戦後の日本映画の中心を作った人たちの記念碑的作品なのです。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】虹男2014/10/31\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】虹男2006/05/26\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】虹男レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION