allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

七つの顔(1946)

メディア映画
上映時間81分
製作国日本
初公開年月1946/12/31
ジャンルサスペンス

【関連作品】
七つの顔(1946)シリーズ第1作
十三の眼(1947)シリーズ第2作
二十一の指紋(1948)シリーズ第3作
三十三の足跡(1948)シリーズ第4作
多羅尾伴内シリーズ 片目の魔王(1953)シリーズ第5作
多羅尾伴内シリーズ 曲馬団の魔王(1954)シリーズ第6作
多羅尾伴内シリーズ 隼の魔王(1955)シリーズ第7作
多羅尾伴内シリーズ 復讐の七仮面(1955)シリーズ第8作
多羅尾伴内シリーズ 戦慄の七仮面(1956)シリーズ第9作
多羅尾伴内 十三の魔王(1958)シリーズ第10作
多羅尾伴内 七つの顔の男だぜ(1960)シリーズ第11作
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2014-02-24 09:44:49
名優片岡千恵蔵主演のシリーズ第1作である。
時代劇を禁止された戦後の日本映画界が放ったスマッシュヒットであるが、苦肉の策とはいえ今観ても結構楽しめるのは、やはり当時の映画人たちの情熱の賜物だろう。ハードボイルド、カーチェイス、アクション、サスペンス、美女・・・と、今でも定番となっているエンターテインメントの定番要素がすでに入っているのが凄い!
42歳の千恵蔵、44歳の月形龍之介、29歳の轟夕起子と、オーラ出しまくりである。終戦直後でTVも何も無かった時代に、この映画こそ多くの日本人に夢を与えたに違いない。そういった点で、やはり映画史に残る傑作だ。
投稿者:長春投稿日:2005-10-13 16:49:31
【ネタバレ注意】

ラストは、バリッとした背広姿で極めたい。そこで、本作ではラストに多羅尾伴内がバリッとした帽子コート姿で現れる。その姿に歌姫もさらに心ときめく。最後に帽子を取って変装を取ると、藤村氏になる。細部が納得できるのである。
無帽のせむし男があっという間に帽子スーツ姿のバリッとした藤村氏に変身する小林旭版では子供向けになってしまう。
大嘘をついても、細かい所を納得できるものにしておかないと、大人には見るに耐えない。

投稿者:ike投稿日:2003-06-13 12:04:57
【ネタバレ注意】

トリックやカーチェイス、美女ありと、終戦直後ということを考えるとなかなかのもの。さらに、今の時代でみると、謎解きの強引さや、バレバレの変装と、笑える部分もあり、立派な娯楽映画だ〜〜。

【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION