allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

忍びの者(1962)

メディア映画
上映時間105分
製作国日本
初公開年月1962/12/01
ジャンル時代劇
忍びの者 修復版 [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,280
価格:¥ 3,965
amazon.co.jpへ

【解説】
 「忍びの者」シリーズ第一作。大泥棒として有名な石川五右衛門を忍者と設定し、忍者を権力争いの犠牲者として描いたリアル指向の時代劇。
<allcinema>
【関連作品】
忍びの者(1962)シリーズ第1作
続・忍びの者(1963)シリーズ第2作
新・忍びの者(1963)シリーズ第3作
忍びの者 霧隠才蔵(1964)シリーズ第4作
忍びの者 続・霧隠才蔵(1964)シリーズ第5作
忍びの者 伊賀屋敷(1965)シリーズ第6作
忍びの者 新・霧隠才蔵(1966)シリーズ第7作
新書・忍びの者(1966)シリーズ第8作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
426 6.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:徘徊爺投稿日:2018-04-19 20:21:24
城健三朗は若山富三郎の旧芸名で、共演女優の藤原礼子(29才)とはこの映画公開の翌年に結婚している。
この頃の岸田今日子(32才)はキレイ。浦路洋子(26才)はこれ以降の出演作がないのが残念。
投稿者:McQueeeeeN投稿日:2017-07-04 21:27:26
マキ役の藤村志保が若くて、綺麗で、可愛くて...。
投稿者:呑気呆亭投稿日:2013-11-05 19:35:37
リアルな忍者ものとしてヒットした映画だが、伊藤雄之助を百地三太夫=藤林長門守という拮抗する勢力の頭領として設定した無理がたたって、素直に見ることの出来ない作品になってしまったのは惜しい。もちろん伊藤は熱演なのだが、これはいかにも無理がある。市川・五右衛門の活躍もどこか白けてしまって、リアルな忍者の世界の描き方がかえってえ嘘っぽく見えてしまったのだった。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:scissors投稿日:2012-10-14 23:41:57
ニンジャ映画でありながらリアル指向なのは良い。
お話のあらすじもとても面白いはずなのだが、細部がたいへん雑で、バカバカしさすら感じさせられるのが残念。
投稿者:Bava44投稿日:2009-05-20 22:58:40
【ネタバレ注意】

ストーリーは意味不明だったが、なかなか楽しめる映画だった。山本薩夫のメジャー復帰作で、結構規模の大きい映画である。長年製作費に苦労しているから、金の使い所を分かっている。
『続・忍びの者』とは二部作として作ってあるので、完全に連続している。でも、一作目はまだ忍者映画だが、二作目になると大島渚の『天草四郎時貞』みたいになっていく。

それで、二作目のラストで主人公が死ぬのだけど、ヒットしたので三作目も作れと山本薩夫は永田社長に言われたらしい。結果はもちろん・・・。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-01-21 00:55:18
【ネタバレ注意】

昨日観た。よく出来てはいるが、伊藤雄之助の役割がおかしい。普通一人二役の首領なら、信長と裏で繋がり、双方の組織を全滅させようとするのが悪役の基本設定。ところが終盤で二役のからくりが、双方の組織を互いに競わせて信長を討とうしていた事実が判明するのだが、結局雄之助は悪役じゃなかったわけ?雷蔵に盗ませてた小判は何処に消えた?思うに当初の結末は雷蔵も死ぬ物だったと思うな。ついでに書くと、藤村志保が売れ残りの娼婦というのも無理があった。

投稿者:o.o投稿日:2007-07-09 00:38:58
時は戦国、破竹の勢いで天下統一に邁進する織田信長は、群雄間の勢力バランスを利用して生き延びてきた忍びの者達にとって、忍者の時代を終焉させかねない危険な存在であった。かくして対立する二つの伊賀者集団は、己達の生き残りを賭けて、信長暗殺の刺客を放つのであったが・・・と、設定は面白く、時代劇のイメージを脱したリアルな忍者村の様子に、とてつもなく期待が高まりましたが、残念ながら、見ているうちに期待は次第にしぼんでいき、大いに不満が残る結果となってしまいました。

まず、ストーリー展開が雑というか大味で、さほど緊迫しませんでした。主演の市川雷蔵は思ったほど格好良くなく、雷蔵も含めた忍者軍団の身のこなしが普通の人の普通の動きで、鍛えに鍛え上げられたプロフェッショナル集団には見えません。披露される忍者テクニックも、ごく一般的な誰でも知っているものばかりで、そう来たか、と思えるものが全然無くてがっかりです。ただ、「ねずみ使い」である棟梁の、自身もねずみのようにごそごそ天井裏を這い回って主人公と自分の女房との秘め事をのぞく姿は気色悪くて良かったと思います。

戦国時代を舞台に、非情な忍者達が殺るか殺られるかの死闘を演じる、それでいて「大型時代劇」の延長線上ではないリアルな忍者映画というものを、誰か作ってくれないでしょうか。
投稿者:お気楽極楽投稿日:2005-01-12 11:14:55
原作村上知義、監督山本薩夫とくれば、左翼社会派というか、底辺に生きる人に目をむけた作品になります。岩波現代文庫に最近収録された原作もなかなか面白い。傾向は違うが、池波正太郎の忍者ものなどに比べ、深いです。
投稿者:たけちゃんマン投稿日:2002-08-20 17:07:30
封切りの時に観て、その後すぐにGFと一緒に再度観た想い出の映画。
見所は、
 ̄撚荵望綮呂瓩董下忍を感情ある一人の人間として描き、その反逆の叫びに耳を傾けて欲しい。
徹底したリアリズムで忍者の諜報活動を映す。
8澆い竜士未魘イ錣擦襪燭甍鵬貲者2グループを敵対させるが、実は頭領は同一人物で、演ずる伊藤雄之助の怪演振りが物凄い。
ぐ鵬貲者を壊滅させようとした信長の残虐性。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 助演男優賞伊藤雄之助 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】忍びの者 修復版2019/10/04\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】忍びの者2016/02/26\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】忍びの者2008/01/25\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】忍びの者2003/02/21\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】忍びの者全集 天之巻 <期間限定生産>2002/07/25\18,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】忍びの者レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION