allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

恐怖の空中殺人(1956)

メディア映画
上映時間84分
製作国日本
初公開年月1956/12/26

【解説】
 「魔の花嫁衣裳」の高岩肇による脚本をもとに「少年探偵団 二十面相の悪魔」の小林恒夫が監督した刑事もの。撮影は「母孔雀」の西川庄衛、音楽は「囚人船」の仁木他喜雄。巨人のピッチャーとして活躍したヴィクトル・スタルヒン投手が俳優として出演している。
 深夜の東京上空から死体をさげた落下傘が落ちてくるが、同様の落下傘は各地にも舞い降りていた。警視庁の島田刑事は、死体から元陸軍少佐の西沢隆一郎の写真を発見し、彼の遺児であるあけみとさゆりの行方を追い、劉元章が率いる国際麻薬密輸団への潜入に成功する。劉の右腕である田川鉄太郎は、警官隊に急襲された仲間たちを取引現場から助け出すが、やがて自分を狙う暗殺計画が劉によるものだと知り…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION