allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

海女の化物屋敷(1959)

メディア映画
上映時間81分
製作国日本
初公開年月1959/07/04
ジャンルミステリー/エロティック
新東宝名画傑作選 DVD-BOX V -怪奇ホラー編-
参考価格:¥ 10,800
価格:¥ 8,353
USED価格:¥ 7,550
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:曲谷守平
製作:大藏貢
企画:小野沢寛
原案:葭原幸造
脚本:杉本彰
赤司直
撮影:岡戸嘉外
美術:宇寿山武夫
音楽:長瀬貞夫
出演:三原葉子仁木恭子
菅原文太野々宮刑事
瀬戸麗子青山由美
万里昌代加代
沼田曜一水木教授
五月藤江おせん
国方伝日比野
岬洋二伊丹万兵衛
山村邦子青山ワカ
九重京司差配辰見
山下明子山田久子
倉橋宏明石黒主任
杉寛住職
【解説】
 亡霊に悩まされている親友・青山由美の依頼で、婦人警官の仁木恭子は事件の調査を始めた。やがて、青山家に眠る莫大な財宝をめぐり、陰謀が進行していることが判明する。怪談の形を借りた犯罪サスペンス。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2014-12-13 07:33:15
警官の仁木は幽霊に悩まされる由美の相談に乗る。屋敷に集まる海女たちは幽霊が出るという噂で持ち切りで仁木は彼氏の文さんに相談を持ち掛ける。屋敷には巨万の富が隠されているとの情報もあり色々と怪事件も発生し謎に迫るが・・・。

最近、鬼籍に入った菅原文さん主演の怪談ホラー映画。
幽霊が結構不気味でオチはあるのだが海女と怪談を掛け合わせているのが映画にマッチしている。DVDも今は無きエスモックが販売しておりシネスコのスクイーズ収録なのも嬉しい。
投稿者:シネマA投稿日:2006-05-14 11:58:31
【ネタバレ注意】

 昭和34年の新東宝のB級怪奇犯罪映画。海女の里の幽霊騒ぎと海底に眠る黒真珠の秘宝をめぐる娯楽作品です。
 女優たちのセミヌードが売り物といってしまっては、実も蓋もないでしょうか。
 出だしは怪談仕立て。途中から犯罪スリラー風のストーリー展開。TV朝日の土曜ワイド劇場のモノクロ版みたいなものですが、いろいろ見どころがある配役ですよ。

 三原葉子。探偵役とはめずらしい。服を脱ぎながらの謎解き?! お約束の下着姿、もちろんあり。昭和を代表するグラマー女優のひとりでしょう。
 万里昌代。海女コスプレ。水濡れ透け乳首。むっちり太腿。泥レスで根性を見せてくれます。
 瀬戸麗子。幽霊に脅かされるお嬢さま。悲鳴。普段よりもかなりセリフが多い役でした。
 菅原文太。刑事役。主演男優にしては、まだ貧相で影が薄い新人でした。
 沼田曜一。怪しい博士。映画の後半は、このひとの独壇場ですね。悪の本性をむきだしにして、もうノリノリの怪演ぶり。表情がすばらしいです。最近お亡くなりになりました。合掌。

 じつは、前半の怪談パートのほうが、私は好きなんですけどね。室内美術もなかなか凝っていました。屋敷のセットは新東宝の他の映画でも使いまわしていたのではないかな。デジャヴを感じました。
 期待して観るほどの作品ではありませんが、つまんないテレビを視るよりは愉しい時間が過ごせるかもしれませんね。

【レンタル】
 【DVD】海女の化物屋敷レンタル有り
【広告】