allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

江戸川乱歩劇場 押繪と旅する男(1994)

メディア映画
上映時間84分
製作国日本
初公開年月1994/03/26
ジャンルミステリー

【クレジット】
監督:川島透
製作:並木章
村上克司
企画:田澤正稔
鵜之澤伸
滝本裕雄
プロデューサー:一瀬隆重
瀬田素
石原真
原作:江戸川乱歩
脚本:薩川昭夫
川島透
撮影:町田博
美術:池谷仙克
編集:高島健一
音楽:上野耕路
助監督:出射均
出演:益富信孝
弓家保則
乱一世
緋多景子
ユキオ・ヤマト
浜村純元木邦晴
鷲尾いさ子元木百代
藤田哲也元木邦晴(少年時代)
天本英世門馬弥三
飴屋法水元木昌康
多々良純金原伸造
伊勢カイト蜆売り
小川亜佐美元木ふさ
和崎俊哉元木惣一郎
高杉哲平元木藤兵衛
原川幸和覗きからくり・口上
山崎ハコ覗きからくり・口上
【解説】
 昭和の初頭、遠眼鏡で見た娘に心を奪われてしまった男は、彼女を“押絵”の中に閉じ込めてしまう……。乱歩の「押絵と旅する男」を元に映像化。94年に乱歩生誕100年記念作として公開された。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:tomason投稿日:2004-12-13 13:40:49
私が乱歩の最高傑作と信じてやまない「押絵と旅する男」....そして洋の東西を問わず最も映像化の難しい作品と思う掌小説。これを映像化するということ自体が挑戦と思う。そして脚本家は自己の心象をさらけ出す言う事になるはず。丁度エリック・サティの「ジムノペディ」を聞くという事は鏡に映った自分を観る事と同義なように。原作を表面的に再現しようとすれはするほど乱歩の浮遊感とは離れていってしまうはず。この作品はその愚を犯していないのが良い。私の「押絵〜」では無いとしても、スタッフに拍手したい。子供の時に親父の本棚に隠してあった原作をこっそり読んだときは衝撃だった。何時の日か「鏡地獄」「お勢登場」なども映像化されるだろうか.....乱歩は本当に毒だ.....
【レンタル】
 【VIDEO】押繪と旅する男レンタル有り
【その他のおすすめ】





allcinema SELECTION