allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

草迷宮(1979)

メディア映画
上映時間40分
製作国日本
初公開年月1983/11/12
リバイバル→人力飛行機舎-2003.12.6
ジャンルドラマ
草迷宮 [DVD]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 4,660
USED価格:¥ 4,430
amazon.co.jpへ

 Photos
草迷宮草迷宮

【解説】
 フランスのプロデューサー、プロンベルジュが製作したオムニバス映画“プライベート・コレクション”の一話として製作された作品。79年にパリで発表され、83年の寺山追悼特集のときにやっと日本でも上映された。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
652 8.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:4531731投稿日:2008-10-21 02:42:50
成長するということは、幼年期を否定するということだろうか?
たとえそうだとしても「そう簡単にはいかない」という人間の悲哀が描かれている。
禁忌でいっぱいの無意識下の世界を放浪する少年は、幼年期との決別を
試みる。しかし、記憶というクサリは母の姿をした亡霊となり、
彼をしばりつけ、簡単には自由にしてくれない。
あの、閉じ込められた狂った女は、まるで思春期を迎えた子供の内面のようだ。
小鳥と戯れたり、少年にいたずらしたり、幼児の欲望、衝動のように奔放だ。

障子に映る男の影。あの男の正体がわかれば何もかも明らかになるのだろう。http://blogs.yahoo.co.jp/kristiancirkusjoe
投稿者:堕落者投稿日:2004-03-08 10:51:12
一気に最初から最後まで突っ走ったな,テラヤマ!って感じ。かなりイイ雰囲気だけにこんなに短く終わるのが勿体ないですね。もっと念を入れてじっくり撮って,長いのにして欲しかった。つーか,勝負に大きく出過ぎたな。(笑)
投稿者:ほの字投稿日:2003-08-15 23:19:21
初期の実験短編映画も魅力的ですが、
寺山修司の最高傑作と言えるのではないでしょうか?
全編をつつむ妖しい幻想世界、飽きさせない展開。
プリミティブな闇の怖れを知る人には、
ぜひ見て欲しい一編です。
投稿者:ムーラン投稿日:2002-09-10 12:51:12
私はこの作品に出演している大野晴美さん目当てで何回も何回も観に行きました。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】草迷宮2003/07/25\4,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION