allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

DOOR(1988)

メディア映画
上映時間95分
製作国日本
初公開年月1988/05/14
ジャンルホラー
DOOR [DVD]
参考価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 9,999
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:高橋伴明
製作:高橋文雄
企画:渡辺敦
プロデューサー:久里耕介
脚本:及川中
高橋伴明
撮影:佐々木原保志
特殊メイク:原口智生
美術:細石照美
編集:菊池純一
音楽:津野剛司
助監督:平山秀幸
出演:高橋恵子
堤大二郎
下元史朗
米津拓人
いしだまさお
野口寛
島田善宏
【解説】
 マンションのドアに強引なセールスマンの指を挟んだことから起こる事件を描いた、スプラッター・ホラー。
<allcinema>
【関連作品】
DOOR(1988)シリーズ第1作
DOOR III(1996)シリーズ第3作
DOOR II TOKYO DIARY(1991)シリーズ第2作
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2014-05-24 06:03:28
マンモス団地に住む高橋惠子と息子。夫は長期出張中でセールスマンの堤大二郎がやって来る。ちょっとしたトラブルにより付き纏われる事になってしまった高橋惠子だが一寸した隙から鍵を掛け忘れてしまった為に・・・。

予備知識の無いまま劇場で鑑賞したが堤大二郎のサイコぶりが凄まじくストーカースプラッターの傑作となっていた。
あの日本最初のスプラッター「死霊の罠」の同時上映で前売りはあったがパンフが無かったのが悔やまれた。
ビデオはビデオ・グラフからリリースされていて公開時のビスタで収録されていてLDを期待したが発売されずじまい。20年を経て嬉しい事にDVD化されて衝撃度は変わらずだが唯一の難点は画質が今ひとつな事、だが高橋惠子の美しさは変わらない。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-02-16 16:32:12
【ネタバレ注意】

 クライマックスのドアを破って男が押し入ろうとするシーンは、完全に「シャイニング」のパクリだ。
 何故、普通の家庭に電動ノコギリが置いてあったりするんだ?

 しかし、マンションの部屋が密室になるという目のつけどころは鋭い。
 ハンサムな堤大二郎の異常ぶりが怖い。

投稿者:ナル2004投稿日:2004-07-10 12:39:38
セールスマンが高級マンションに住む美人主婦を襲う!!邦画の妙なリアリティーにのまれ、思わず最後まで見入ってしまったのが、テレビで放送された約15年前。私の中ではランク高いですが・・・(-_-;)あれ?攻撃されて尚、主婦演じる高橋恵子さんに行為を強要する異常なセールスマン、堤大二郎さんのストーカー的、空回りな行動が悲しげに見えました。
投稿者:ASH投稿日:2002-07-13 01:00:42
憧れの高橋(関根)恵子をこんな映画で観たくなかった、というのが正直な感想。
いくら旦那が監督しているからって…。義理で出た訳でもないでしょうに。
当時の和製スプラッター映画ブームに便乗して作られたであろう、それだけの映画。
血まみれメイクを見せたかっただけの凡作。堤大二郎の怪演技も虚しい空回り。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】DOOR2008/01/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】DOORレンタル有り
 【VIDEO】DOORレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION