allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

忠臣蔵外伝 四谷怪談(1994)

メディア映画
上映時間106分
製作国日本
初公開年月1994/10/22
ジャンル時代劇/ロマンス/ホラー
あの頃映画 「忠臣蔵外伝 四谷怪談」 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 1,873
USED価格:¥ 1,677
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:深作欣二
製作:櫻井洋三
プロデューサー:佐生哲雄
斎藤立太
原作:鶴屋南北
脚本:古田求
深作欣二
撮影:石原興
美術:西岡善信
丸井一利
編集:園井弘一
音楽:和田薫
音楽プロデューサ
ー:
小野寺重之
青山勇
助監督:津島勝
酒井信行
出演:佐藤浩市民谷伊右衛門
高岡早紀お岩
蟹江敬三清水一学
津川雅彦大石内蔵助
荻野目慶子お梅
石橋蓮司伊藤喜兵衛
渡辺えり子お槇
近藤正臣民谷伊織
真田広之浅野内匠頭
田村高廣吉良上野介
名取裕子浮橋太夫
火野正平横川勘平
渡瀬恒彦堀部安兵衛
菊池麻衣子お可留
六平直政宅悦
【解説】
 “四谷怪談”に“忠臣蔵”を融合させた異色のラブ・ストーリー。監督は「里見八犬伝」「いつかギラギラする日」等の深作欣二。孫娘・お梅が民谷伊右衛門に惚れたと知った吉良の家臣・伊藤喜兵衛は、伊右衛門の妻・お岩に毒を盛る。それを知った伊右衛門は、結局お岩を見捨ててお梅と一緒になるのだが……。主役のお岩を体当たりで演じた高岡早紀のヌードも話題に。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
535 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:北村もとい投稿日:2019-03-21 12:56:45
深作監督による四谷怪談と忠臣蔵を無理やりミックスさせた、深作監督が過去に手掛けた柳生一族の陰謀などの活劇時代劇と魔界転生や里見八犬伝などの伝奇的要素を組み合わせたようなケレン味溢れる珍作。
同時期に忠臣蔵競作となった市川監督のつまらない四十七人の刺客と比べると明らかに面白いのだが、これが日本アカデミー賞の最優秀作品賞、最優秀監督賞 、最優秀脚本賞 、最優秀主演男優賞 、最優秀主演女優賞など主要部門を総なめにするほどの傑作かと言われるとどう考えても違うだろう・・・。
まあ、虚無的なオーラが漂う佐藤浩市やド迫力の巨乳を見せる高岡早紀に演技なのか素なのか分からない荻野目慶子の怪演など役者陣は頑張っている。



投稿者:呑気呆亭投稿日:2015-04-22 22:05:40
この映画で深作が企んだのは琵琶という禍々しさをその出自に秘めている楽器の音を、泰平の元禄の江戸の世に響かせてみようということだったのではあるまいか。その琵琶を徳川幕府の施政に対する叛逆の志を腹の底に燻らせる赤穂浪士に持たせ、彼らを辻に芸を売る乞胸に堕とさしめてその奏でる音色に一層の鬼色を帯びさせる。その音色が最高潮に達するのは主税と矢頭右衛門七が決意の浪士たちの前で琵琶の音を伴奏に舞う一差しと、狂姫お梅(荻野目慶子)の異様な舞いとの狂瀾のカットバック、これこそがこの映画の見所であったろう。四十七士の討ち入りも何もかも、他は付け足しにしか過ぎないと思わせるほどに素晴らしいシ−ンでありました。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 12:31:26
高岡早紀
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-12-18 03:40:01
まとまった構成で一気に観れたけど、アイデアストーリーの域は出ていなかった。お岩の特殊メイクより遥かに気持ちが悪い荻野目慶子の場面では、ずっと目を逸らしてた(笑)。
投稿者:トウショウファルコ投稿日:2006-11-16 08:05:17
上手いなぁ、深作。東映時代、ジャンル的にチャンスがなかった人なんだね。
最初の方は、畳み掛ける上手さで客を掴ませてますが、そこからが気合入ってます。
高岡早紀さん、荻野目慶子さんとかに目が行きがちですが(早紀さんポワワ〜ン)
石橋さん、渡辺さん、この役者さん達も好きなんです、実は。

照明とか何気に上手く感じません? 今の映画にない感じ。キャリアです。
古い体質を身に着けたスタッフを呼んでるんじゃないですか?
あまり出てきませんが、ロングショット。こういうのは撮れないでしょう、
今では・・・昔の東映時代劇は、画面に映るエキストラとか多かったでしょ。
深作さんも、きっと助監督とかしてたんじゃないですかね? 
集団を撮るの上手いですよ。構図が昔かたぎです。いいなこういうの。
劇的なクライマックスとまではいかないから終わりが少し弱いけど納得です。
投稿者:気軽にえいが投稿日:2005-01-21 23:34:24
れんたるして見ようとしたらどこにも無い。
わずかにVHSの古っいのがあったが・・・わちきのビデオ機器は潰れて
DVDにのりかえたので・・・、(泣 和製DVDもっと置いてくれ。。。
投稿者:surikire投稿日:2004-07-30 15:39:32
ですよ。高岡早紀の乳ばかり話題にしちゃいけません。佐藤浩市は性格悪い男の役をやらせると本当にイイ。
投稿者:華猫投稿日:2003-07-01 12:57:23
歌舞伎通には有名だけど、「四谷怪談」って元々が、鶴屋南北が「忠臣蔵」のサイドストーリーとして書いた脚本なのだそうで。
だからこの映画はその意味で南北の原作にとても忠実なのですね。
メインストーリーはあくまで武士集団のキレイゴトの論理の「忠臣蔵」だけど、そこであえて悪の論理の伊右衛門を主役にしたのが、深作らしいヒネたヒューマニズムなのだなあと感じました。
外連たっぷりの立ち回りや画面はもろに歌舞伎だし、後半、伝統的には忠臣蔵の最大の見せ場になるはずの討ち入りの場面は戦前の時代劇のパロディみたいだし。
そういうのが引っくるめて、監督の意図なんだろうなあと思うと、小賢しい芸術論なんかどーでもいいいいです。

理想に燃える純粋な学生集団みたいな赤穂浪士(えらい豪華キャスト)とそれを束ねる老獪な大石内蔵助(津川雅彦ハマリすぎ!)に対して、吉良側の混沌とした人々はまるで正反対で、でもどっちもどっちの理不尽な狂気の論理。
そこに主人公達が巻き込まれてしまうのは、やっぱり「怪談」としかいいようがない。
2つの狂気は衝突して消滅するけど、主人公は残されてしまうのも、怪談。
吉良の首を掲げて退場してく赤穂浪士達、中でも堀部安兵衛(渡良瀬恒彦)の視線は優しすぎるし、最後の最後の伊右衛門の台詞がどうにもアザトイし蛇足だとは思うけど、ちょっと泣けちゃう。
あとあと、清水一角=蟹江啓三のキレっぷりがかなりツボ(笑)
投稿者:ご飯投稿日:2003-05-28 08:52:44
「赤穂城断絶」で忠臣蔵の新解釈を、と意気込んだものの従来どおりの忠臣蔵を主張する萬屋錦之介と対立して、果たせなかったものをここではらしたのか、深作欣二。このころ、市川崑監督が高倉健で忠臣蔵を映画化しており、こちらの好みから言えばひねりを利かせた本作品を気にいるはずだったが、観てみると市川崑監督のものが面白かったのだった。ドロドロした怨念がまるで伝わってこないので、怪談物の面白さがさっぱりだった。高岡早紀が健康的すぎたのだった。この健康的でさっぱりしたお岩がクライマックスで光線を発射して暴れるのも、派手だけどこれをやるのは間違っていると思った。怪談なんだから、ここも暗くジメジメとしたものにしなくては。
投稿者:MARK投稿日:2003-02-18 02:34:34
これってはっきり言って、深作監督の失敗作だよね。
下のカキコは正解だと思いますね。
故人に鞭打つのはいやだけど、監督が芸術を狙っちゃったのがそもそも間違いだと思うね。深作さんはアンチ芸術の態度が魅力だった!

新劇って大嫌いだけどさ、青年座のレパの一つに、「神盟三五大切」(漢字にちょうと自信が無い・・・・)って題名の芝居がある。同じように忠臣蔵外伝だが、その芝居のほうがずっと迫力あるよ。70年代に見た芝居だけどね。最近、また演ったみたい。見てないけどね。本はしっかりしていた。
この映画のダメなところを端的に言えば、お岩がちっとも恐くないところ。
主人公の浪人もなんも鬼気がない。(辻斬りの子役が少し良かった。)
火野くんなんか期待したけど、全然、彼らしくない。
荻野目慶子・・・・・・かわいそう。これが芝居だと思わされている。まだ「いつかギラギラする日」の学芸会のほうが、芝居ってなんだってことが学べる役だったかもしれない。
渡辺某という女優は、学芸会を死ぬまでやるつもりかね。彼女は舞台を作る側に回るべきだと思うな。なんか勘違いしている気がする。樹木きりんさんみたいな人が女優と呼べる人なんだっていうことがいい加減わからなくちゃね。

大好きな蟹江さま、石橋さま、あんたがたもこの映画ではババひいたよ。
投稿者:ASH投稿日:2002-01-22 21:38:22
【ネタバレ注意】

 斬新なアイデアだは思うが、早紀ちゃんのアメリカン・クラッカーみたいな巨乳にゃびっくりしたな、もう。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 作品賞 
 ■ 主演男優賞佐藤浩市 
 ■ 主演女優賞高岡早紀 
 □ 助演女優賞渡辺えり子 
  荻野目慶子 
 ■ 監督賞深作欣二 
 ■ 脚本賞深作欣二 
  古田求 
 □ 音楽賞和田薫 
 ■ 撮影賞石原興 
 ■ 照明賞中島利男 
 □ 美術賞丸井一利 
  西岡善信 
 □ 録音賞鈴木信一[音響] 
  広瀬浩一 
 □ 編集賞園井弘一 
 ■ 新人俳優賞高岡早紀 
■ 主演女優賞高岡早紀 
■ 特別賞渡辺えり子 「怖がる人々」に対しても
【レンタル】
 【DVD】忠臣蔵外伝 四谷怪談レンタル有り
 【VIDEO】忠臣蔵外伝 四谷怪談レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 「忠臣蔵外伝・四谷怪談」ミュージック・ファイル
新品:¥ 2,621
3新品:¥ 2,095より   4中古品¥ 1,573より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION