allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ウンタマギルー(1989)

メディア映画
上映時間120分
製作国日本
初公開年月1989/10/07
ジャンルドラマ/ファンタジー

【クレジット】
監督:高嶺剛
製作:山田晶義
製作総指揮:増田通二
プロデューサー:伊東準一
針生夏樹
脚本:高嶺剛
撮影:田村正毅
美術:星埜恵子
編集:吉田博
音楽:上野耕路
助監督:森崎偏陸
出演:小林薫ギルー
青山知可子マレー
平良進西原親分
戸川純
ジョン・セイルズ
照屋林助
エディ
【解説】
 “日本返還”前の沖縄が舞台。森の妖怪キジムナーの娘を救った礼として、空を飛ぶ能力を授けられた労働者ギルー。彼は本土復帰派や米軍統治派の金持ちから金品を盗み、独立ゲリラにそれをばらまいていく……。沖縄古来のイメージで描かれたファンタジーで、セリフも沖縄方言のため標準語の字幕が付いている。ブタの化身である美女を青山知可子が熱演。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
428 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:半熟卵投稿日:2010-01-01 08:25:30
青山知可子
投稿者:きらきら投稿日:2009-07-16 19:14:11
すごいじゃないですか。
もっと早く見ればよかった!!

豚の化身の女と結ばれて、それが村の権力者の逆鱗に触れて、異能を持った「ウンタマギルー」に生まれ変わる男の話。
いいね!!

鈴木清順とはべつのスタイルで独自の世界を描いた傑作だと思います。
安っぽいCGも夢のなかみたいな感覚だし、空中浮遊もいい。
なによりもそんな嘘の世界を支えている沖縄という場がすばらしい。

昔から沖縄は好きで、何度か行ったことがある。
あそこは絶対に別世界です。
少なくとも「日本」なんてつまらない国のひとつにカウントすべきじゃない(笑)
投稿者:ポッパー見習い投稿日:2003-08-23 12:57:14
沖縄の風景がいい〜くらいしか印象に残ってません;小さい頃に見たんで。
以前学校の行事で遠方した時に高嶺監督とお会いする事ができたのですが、
監督はとてもいい方で、知識も豊富に持ち合わせている方でした。
とは言っても会話したのは深夜で、その時は僕も監督もかなり酒が入ってた
のですが。(っていうか未成年だろアンタ)
投稿者:カトウスタール投稿日:2002-01-16 23:54:57
 全編通じて琉球弁が使われてるので,邦画なのに字幕というのがまず技あり。返還間近という近代でありながら沖縄にはまだ精霊が存在しているというのも私のようなヤマトンチュには不可思議で,しかもそこに圧倒的な自然美が加わってそれだけで合わせ技一本です。ワキの青山知可子(豚の化身!)と戸川純も良かった。たぶんウチには当時の青山のピンナップがまだとってあるはず(笑)。
投稿者:ASH投稿日:2002-01-15 22:44:06
これは、難解でした。沖縄の風景は美しいが、青山知可子のムッチリした体型
のほうが印象に残っちゃって。今度、またちゃんと観直してみます。
【レンタル】
 【VIDEO】ウンタマギルーレンタル有り
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION