allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

タオの月(1997)

メディア映画
上映時間96分
製作国日本
初公開年月1997/11/29
ジャンルアクション/時代劇/SF

【クレジット】
監督:雨宮慶太
製作:渡辺繁
プロデューサー:久保聡
田口聖
脚本:田中徹
松本肇
雨宮慶太
キャラクターデザ
イン:
雨宮慶太
撮影:木所寛
特殊メイク:中田彰輝
美術:井口昭彦
衣装:竹田団吾
福田明
編集:普嶋信一
音響効果:斉藤昌利
音楽:Buddy-ZOO
太田浩一
木下伸司
ビジュアルエフェ
クトスーパーバイ
ザー:
松本肇
助監督:金子功
出演:森山祐子マリエン/アビラ/クズト(三役)
阿部寛疾風
永島敏行酔狂
榎木孝明角行
螢雪次朗武器庫番
吉野紗香れんげ
谷啓忠興
井田州彦門番
佐々木俊宣マカラガ
ジーコ内山泥丸
舘正貴山助
津村和幸ツムラ
神威杏次カムイ
豊嶋稔トヨシマ
嶋田豪シマダ
丹野由之タンノ
栩野幸知トチノ
江幡高志エバタ
半田雅和ハンダ
小林勇治コバヤシ
松本肇従者
小松沢陽一側近
江並直美側近
川村千里デプンの女神
【解説】
 戦国の世、巨大な石でも両断にしてしまう一振りの剣があった。刃こぼれしてもたちどころに回復するその刀に恐怖した浅見忠興は、剣の出元を探るべく2名の配下を送り出した。様々な術を身につけた修験者・酔狂と、優れた剣の使い手・疾風である。そのころ3人の異形の者が天より降り立った。森の中で争いを繰り広げる異形の者たち。森に住む少女れんげは、傷ついた異形の者からタオを託される。やがて酔狂、疾風と行動を共にすることになったれんげだが、強大な術を己の野心のために使おうとする角行に捉えられてしまう。角行には酔狂の術も及ばない。果たして一行は、角行の野望を阻むことが出来るのか? そして異形の者たちが探し求めるマカラガとは何なのか?
 雨宮慶太監督が放った待望のオリジナル新作は、時代劇に特撮技術をたっぷり盛り込んだ痛快作である。地球にやって来た異形の者には、雨宮作品ではお馴染み森山祐子が一人三役で挑戦、螢雪次朗も小心者の武器庫番で顔を出すなど、雨宮ファンが楽しめる作りになっている。CGを使ったマカラガをはじめとする特撮技術の見所も多い。ただ雨宮監督はこの作品の製作に当たって『七人の侍』をかなり意識したと思われるが、それが今ひとつこなれていないのは残念なところだ。永島敏行が扮した皆のまとめ役となる気さくな坊主・酔狂は明らかに『七人の侍』で志村喬が演じた勘兵衛を模しており、阿部寛が扮した寡黙な剣の達人・疾風は宮口精二が演じた久蔵に当たるのだろうが、『七人の侍』でそれぞれの俳優が見せた存在感には及ばない。またロケ地の問題か、戦国の光景も荒々しさに欠け、白けている。そんな難点はあるものの、本作は題材の取り上げ方をはじめ冒険心に富んでおり、好感を抱かせる。
 なお本作は、短命に終わったシネマジャパネスクの一環として公開された。シネマジャパネスクは松竹が目指した新しい製作・興行体制で、多数の好企画と一癖ある映画作家と、作品ごとの柔軟な劇場編成とを組み合わせたものだ。シネマジャパネスクの名の下に送り出された作品が、どれも話題性・注目度で1ランク上をいっていたのには驚かされる。しかし興行的にはほとんどの作品が惨敗に近く、松竹の社長交代劇を経て、シネマジャパネスクは終焉に向かう。冒険的な企画の多かったシネマジャパネスクの中でも、特撮を前面に出したのは本作だけであることを考えると、本作が公開に漕ぎ着けたのは奇跡のような幸運だったのかもしれない。本作が、そしてシネマジャパネスクが、多くの映画ファンに心地よい興奮と日本映画への希望を与えたことは、ここに強調しておきたい。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2012-11-11 07:06:49
巨大で屈強な石を一太刀で切りつける剣があり、出所を探す為に阿部寛と永島敏行の2人が送り込まれる。山中で吉野紗香は仲間割れしていた3人の一人からマカラガを渡され後を託されてしまう。盗賊に襲われた吉野を助ける阿部と永島はマカラガが恐ろしい結果を生む事を知り怪物が蘇生してしまう。怪物を
退治するにはタオを使わなければならない・・・。

出だしからラストまで一気に見入ってしまった。チャイドルとして後に有名になる吉野紗香を主役級に据え、永島、阿部という主役にファンには涙ものの森山祐子までが出ていて、しかも雨宮監督だと聞いたら見ない訳にはいかないでしょう。DVDでの鑑賞だったが画質も悪くなく特撮も良く出来ていて言う事なし。
投稿者:フェニックス投稿日:2007-08-02 22:41:02
最初のオープニングの総手書きや音楽、クリーチャーの造型など、「ゼイラム」のまんまですね。おまけに森山祐子が出てるし(笑)
これは劇場公開?ラストの巨大化した怪物が人間を食い殺すシーンは血は多く出てるわ、ちぎられた手足はそこらに落ちてるわで、けっこう残酷描写。TVではそのまま放送できないのではないだろうか。
投稿者:D960投稿日:2007-01-30 12:57:27
「緊迫感の無さ」・「主人公達に感情移入する余地の無さ」が際立っている。
ウルトラマンとか仮面ライダーのシリーズくらいしか見ていない子供に
見せても,あまりに退屈で困ってしまうのでは?
私にとって唯一の救いは,森山祐子の顔が好みに合っていたことくらい。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】タオの月2003/10/24\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】タオの月レンタル有り
 【VIDEO】タオの月レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION