allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

皇帝のいない八月(1978)

メディア映画
上映時間140分
製作国日本
初公開年月1978/09/23
ジャンルサスペンス/ドラマ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:tzukarov投稿日:2011-11-08 02:28:29
【ネタバレ注意】

ポリティカルサスペンスでしょう。『新幹線大爆破』『動脈列島』があるのでどうしても比べてしまいますが、ここは滝沢修さん演じる総理大臣と佐分利信さん演じる政界の大御所(黒幕)の陰謀合戦が見所です。
寝台特急さくらのトレインジャックに全然逼迫感がない。ほぼダイヤ通りに運行し、わざわざご丁寧に第13師団が待ちかまえている福山駅に停車している。福山駅ではほぼ何事も起こらず(同志の東条が死ぬが)、結局発車。『新幹線大爆破』みたいに止まれない理由があるで無し、普通は送電ストップするよな。
自衛隊のクーデターも他部隊の動きも描ききれず、発端の岩手から福岡に及ぶ規模の大きさが無駄になった。
そういった面を描かず総理官邸、内閣調査室、小畑邸の描写に力を注いだのはある意味この作品を救ったのだと思う。この権力争いの仕組まれたクーデターのなかで犠牲になるのが吉永小百合演じる藤橋杏子であり、山本圭演じる石森宏明である。
虐げられるのはいつも社会の末端にいる名も無き一般人。大地喜和子演じるバーのママであり、第一の犠牲者となるさくらの車掌であり、さくらから脱出したところを無差別に打たれる乗客なのである。
ここに描かれる自衛隊の警務隊や内閣調査室は情報管理と諜報を細かくやっているが実際のところどうなのであろうか?
巷で起こる不審死や事故死も工作の結果なのかしらん?

投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 23:06:31
渡瀬恒彦
投稿者:マジャール投稿日:2009-04-06 11:13:51
いよいよ日本映画もグタグタのどうしょうもないものになっていく頃の作品。

でも、内閣調査室長、高橋悦史とか、渡瀬恒彦(狂犬!)を筆頭に山崎努、丹波哲郎といった軍服栄えする男たちの好演もあってなかなか面白く観られる映画です。

相変わらず老獪な滝沢修の悪達者ぶり、英語巻き舌、コップの水片手に薬飲む(何のクスリだ?)・・・・・・面白い!
投稿者:KOTOBA投稿日:2005-08-05 01:24:01
どことなく当時の政界の混沌ぶりがシンクロされてならない。
結局はお約束的なドタバタ劇で、社会的側面への切り込みがイマイチだったきがするが、この規模なら文句なく大作映画に数えても遜色ない。

佐分利信と滝沢修の掛け合いシーンは絶品中の絶品。
貫禄で鳴らす佐分利に対し、滝沢は舞台劇のような演劇的な台詞回しと自然な芝居で説得力を醸していた。
欲丈まんまんな笑みは、政治の暗部に触れた権力者であり、まさに醜悪そのもの。
滝沢の存在感は不気味で気持ちが悪い。
そんなキャラクターをさらりと演じてのける滝沢修はやはり名優。


個人評価:7
投稿者:bond投稿日:2005-04-26 11:18:53
【ネタバレ注意】

中盤までは引っ張るが、後半はちょっと貧相。邦画といえばという感じの俳優大集合。

【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】皇帝のいない八月レンタル有り
 【VIDEO】皇帝のいない八月レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION