allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

日本一のヤクザ男(1970)

メディア映画
上映時間91分
製作国日本
初公開年月1970/06/13

【クレジット】
監督:古澤憲吾
製作:渡邊晋
田波靖男
脚本:田波靖男
撮影:長谷川清
美術:小川一男
編集:黒岩義民
出演:植木等日本一郎
司葉子前野登志子
小林夕岐子前野由紀子
沢田研二流しの歌手
藤田まこと熊井吾郎
山下洵一郎健次
左とん平和助
横山道代昌江
野川由美子鶴子
安部徹根本組長
名和宏横田
多々良純村井社長
睦五郎ヤッパの竜造
荒木保夫半助(根本組組員)
草川直也テツ(根本組組員)
田崎潤前野武造
ハナ肇花山才太郎
清水元萩原(襲名式の親分)
大前亘前野組組員
中山豊根本組組員
松村幸子つくしの仲居
榊田敬二父っつぁん(前野組組員)
勝本圭一郎寺男
人見明仲裁の警官
【解説】
 東宝「日本一の男」シリーズの一作。C調ヤクザ男・日本一郎が対立する二つの組織の間で活躍する、ヤクザ映画のパロディもの。
<allcinema>
【関連作品】
日本一の色男(1963)日本一の男シリーズ
日本一の裏切り男(1968)日本一の男シリーズ
日本一の男の中の男(1967)日本一の男シリーズ
日本一のゴマすり男(1965)日本一の男シリーズ
日本一のゴリガン男(1966)日本一の男シリーズ
日本一のショック男(1971)日本一の男シリーズ
日本一の断絶男(1969)日本一の男シリーズ
日本一のホラ吹き男(1964)日本一の男シリーズ
日本一のワルノリ男(1970)日本一の男シリーズ
クレージー 黄金作戦(1967)シリーズ
クレージー作戦 くたばれ!無責任(1963)シリーズ
クレージー作戦 先手必勝(1963)シリーズ
クレージー大作戦(1966)シリーズ
クレージーだよ 奇想天外(1966)シリーズ
クレージーだよ 天下無敵(1967)シリーズ
クレージーの 怪盗ジバコ(1967)シリーズ
クレージーの 大爆発(1969)シリーズ
クレージーの 殴り込み清水港(1970)シリーズ
クレージーの ぶちゃむくれ大発見(1969)シリーズ
クレージーの 無責任清水港(1966)シリーズ
クレージー メキシコ大作戦(1968)シリーズ
大冒険(1965)シリーズ
だまされて貰います(1971)シリーズ
日本一のヤクザ男(1970)シリーズ
ニッポン無責任時代(1962)シリーズ
ニッポン無責任野郎(1962)シリーズ
花のお江戸の無責任(1964)シリーズ
ホラ吹き太閤記(1964)シリーズ
香港クレージー作戦(1963)シリーズ
無責任遊侠伝(1964)シリーズ
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2016-02-04 13:15:10
古澤憲吾、植木等コンビのユニークなC調ヤクザ映画である。
植木等演じるお馴染みの日本一郎が、今度はヤクザ映画に登場!そのC調ぶりをいかんなく発揮しているが、サラリーマンものとは勝手が違い最後までオヨビでない感はプンプンしている。しかしそれでも強引に映画として仕上げてしまうところは、古澤監督の職人芸だろう。そしてそれをやってのける植木等もまた、間違いなく稀代の喜劇役者だ。
安部徹演じる根本組組長と、田崎潤演じる前野組組長以下、登場人物が皆マジメに正統派のヤクザ映画を演じているので、植木等がいなければ喜劇にはならない。その構成が実にユニークだ。女優陣も司葉子と野川由美子をそろえ、東宝らしく華やかであるのもイイ。しかし、すでに全盛期を過ぎていた時代の作品のせいか、そのナンセンスぶりが結構すべってしまうのは、仕方のないところだろう。時代はより現実的な寅さんシリーズに移っていくのである。
【サウンド】
『今日が命日この俺の』
作詞 :なかにし礼
歌 :植木等
作曲 :猪俣公章
『八九三の子守唄-運がないときゃ』
作詞 :なかにし礼
歌 :植木等
作曲 :猪俣公章
【レンタル】
 【VIDEO】日本一のヤクザ男レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION