allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

日本一のワルノリ男(1970)

メディア映画
上映時間87分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1970/12/31
ジャンルコメディ

【クレジット】
監督:坪島孝
製作:渡邊晋
田波靖男
脚本:田波靖男
撮影:鷲尾馨
美術:阿久根巌
編集:武田うめ
音楽:山本直純
出演:植木等日本兵介
加藤茶白坂八郎
浜美枝高野友紀子
内藤洋子内山佳子
辺見マリクラブSOSの歌手
小山ルミ明美
山口火奈子ミチ(スチームバス嬢)
人見明矢沢課長
北あけみ照子(ペリカンのママ)
田武謙三松永部長
高品格斉田常務
佐々木孝丸古屋
石田茂樹世界陶器総務部長
二瓶正也友吉
大前亘宮下(世界陶器宣伝課)
木村豊幸十郎(分校の生徒)
矢野間啓二九郎(分校の生徒)
水上竜子三島良重
広瀬正一看板を盗む警官
鈴木和夫看板を盗む学生
小磯まり由美(世界陶器総務課)
塩沢とき女子寮の女傑
谷啓谷村浩
【解説】
 東宝「日本一の男」シリーズの一作。元教え子の不始末の尻ぬぐいの為に会社勤めをすることになった男が、大活躍の末、トントン拍子の出世を果たしていく。
<allcinema>
【関連作品】
日本一の色男(1963)日本一の男シリーズ
日本一の裏切り男(1968)日本一の男シリーズ
日本一の男の中の男(1967)日本一の男シリーズ
日本一のゴマすり男(1965)日本一の男シリーズ
日本一のゴリガン男(1966)日本一の男シリーズ
日本一のショック男(1971)日本一の男シリーズ
日本一の断絶男(1969)日本一の男シリーズ
日本一のホラ吹き男(1964)日本一の男シリーズ
日本一のヤクザ男(1970)日本一の男シリーズ
クレージー 黄金作戦(1967)シリーズ
クレージー作戦 くたばれ!無責任(1963)シリーズ
クレージー作戦 先手必勝(1963)シリーズ
クレージー大作戦(1966)シリーズ
クレージーだよ 奇想天外(1966)シリーズ
クレージーだよ 天下無敵(1967)シリーズ
クレージーの 怪盗ジバコ(1967)シリーズ
クレージーの 大爆発(1969)シリーズ
クレージーの 殴り込み清水港(1970)シリーズ
クレージーの ぶちゃむくれ大発見(1969)シリーズ
クレージーの 無責任清水港(1966)シリーズ
クレージー メキシコ大作戦(1968)シリーズ
大冒険(1965)シリーズ
だまされて貰います(1971)シリーズ
日本一のワルノリ男(1970)シリーズ
ニッポン無責任時代(1962)シリーズ
ニッポン無責任野郎(1962)シリーズ
花のお江戸の無責任(1964)シリーズ
ホラ吹き太閤記(1964)シリーズ
香港クレージー作戦(1963)シリーズ
無責任遊侠伝(1964)シリーズ
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2017-06-18 12:07:40
シリーズ第9作のおなじみコメディである。
公開された昭和45年は、日本も高度成長期から安定期に入る頃であり、定番の植木等のナンセンスな出世コメディもひと頃の勢いは無くなっていたのだが、やがてクレージーにとって代わるドリフの加藤茶を準主役に起用してカンフル効果を出している。
今観ても当時43歳の植木に対し、23歳の加藤のフレッシュさは群を抜いていて、完全に弟子が師匠を喰っているのが印象的だが、植木もそのせいかひところの勢いを取り戻して頑張っている。
本作で惜しくも引退した内藤洋子が、清楚な秘書役を演じていて魅力的だ。また小山ルミや辺見マリも、デビューしたての新鮮なオーラを放っていて印象深い。
【サウンド】
『ワルノリソング』
作詞 :田波靖男
歌 :植木等
作曲 :萩原哲晶
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION