allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

カウボーイビバップ(1998)

COWBOY BEBOP

メディアTV Anime
放映局テレビ東京/WOWOW
製作国日本
ジャンルアクション/SF/ドラマ
COWBOY BEBOP Blu-ray BOX (初回限定版)
参考価格:¥ 37,800
価格:¥ 58,500
USED価格:¥ 24,800
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:渡辺信一郎
原作:矢立肇
シリーズ構成:信本敬子
脚本:稲荷昭彦
#10,18,19
横手美智子
#5,7,8,11,16,17,24
佐藤大
#9,14,23
信本敬子
#6,12,13,15,22
村井さだゆき
#4,20,21
渡辺信一郎
#21,24
キャラクターデザ
イン:
川元利浩
メカニカルデザイ
ン:
山根公利
美術監督:東潤一
撮影監督:大神洋一
音楽監督:小林克良
音響監督:小林克良
音楽:菅野よう子
声の出演:山寺宏一スパイク・スピーゲル
石塚運昇ジェット・ブラック
林原めぐみフェイ・ヴァレンタイン
多田葵エド (自称、エドワード・ウォン・ハウ・ペペル・チヴルスキー4世)
速水奨アシモフ
日野由利加カテリーナ
大友龍三郎アブドゥル・ハキム
垂木勉パンチ
長沢美樹ジュディ
千葉一伸メンフィスブラザース 1
室園丈裕メンフィスブラザース 2
巻島直樹メンフィスブラザース 3
高島雅羅ジュリア
若本規夫ビシャス
【解説】
 時空を超えて短時間で惑星間を移動できるようになった21世紀後半の太陽系を舞台に、惑星間航行船ビパップ号を駆り賞金稼ぎを生業とする主人公たちの活躍を描いたTVアニメ。当初は全26話だったが、2、3、7〜15、18話と総集編(Session XX 「よせあつめブルース」)を1〜13話としてテレビ東京で放映(1998/04/03〜1998/06/26)。その後放送局をWOWOWに移して未放映分を含む全話が放映された(1998/10/24〜1999/04/24)。
<allcinema>
【関連作品】
カウボーイビバップ(1998)
COWBOY BEBOP 天国の扉(2001)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
654 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2018-11-24 01:30:28
「オネアミスの翼」みたいに、話より設定、デザイン、演出の上手さが光っていた作品。メインキャラはルパンが元ネタだろうけど、ビシャスは敵になった五ェ門みたいだな。このシリーズを観てると、「ブライガー」は早過ぎた作品だと思うようになった。
投稿者:レキ投稿日:2011-02-11 22:51:56
宇宙を飛び回るハードボイルドSFアクションで、海外でも人気が高い作品。
クールな主人公のキャラが気に入っています。
投稿者:tomovsky投稿日:2008-04-27 02:47:15
昔「ルパン8世」とかいう作品が企画倒れになったそうだが、SF設定=宇宙が仕事場・泥棒ではなく何でも屋探偵=宇宙の賞金稼ぎって所は、そっくりなポイントだと思う。きっとルパンファンがスタッフ陣にいるのだろうが、気の利いた傑作だ。サンライズも、もっとガンダムばかりにたよらず、生身の等身大の人間が活躍する作品にも力を入れた方が良いと思うな。実際、傑作も多いほうだから。いつまでも、「ガンダム・シリーズ」じゃみんな離れていくと思うから・・・・・・。
投稿者:travis投稿日:2007-07-18 18:18:54
SF作品でBGMにjazzが流れていて、なんとなくくつろいだ状態で見れる近未来アニメ。それぞれのキャラが好き勝手に行動しながらも、うまい協力関係にあり、どことなくハードボイルなところもいい。
案外、ハリウッドで映画化しても結構いけそうな気がする。
投稿者:Johnny投稿日:2007-04-15 23:51:03
設定、声優、キャラクターのすべてに文句ナシ!
O.Pの曲もカッコよく、各話それぞれにテーマ曲があるのも楽しい。
メカのデザインも良く、バイク風なところもいいです!
ハードボイルドでもあり、コメディーでもあって
緊張と緩和のバランスが抜群!やっぱ、SFって好きかも。

1話1話はたいした事ないかもしれないけど、毎回趣向をこらしていて
設定もしっかりしているので、回を重ねるごとに深みが増します!
映画じゃないけど『ポリスノーツ』や『スナッチャー』を思い出しました。

前に、これの映画版をTVで放送していて観た事があって
それほど魅力を感じなかったけど、今観ると面白いかな?〆
投稿者:フリクリ投稿日:2006-05-21 13:43:34
恥ずかしいことに、これを始めて観たのはほんの最近。
それまでずっと攻殻機動隊が大好きで、「攻殻最高!」と謳い続けていた。
ヤバイ・・・。何だこの面白さは・・・、このクオリティは・・・。
私の中で「攻殻最強伝説」が崩れ去ろうとしている・・・。
完全にツボにハマってしまい、DVD、サントラ、画集まで買ってしまった・・・。
映画版も最高・・・。このアニメは凄すぎる・・・。
今までの自分はただのもぐりだったのか・・・。
投稿者:cloudy投稿日:2005-12-14 13:52:50
これがテレビ東京で放映されてた頃、周りにアニメ好きがたくさんいるという環境にいたにもかかわらず、見てませんでした。
悔しい。
テレビアニメは子供の頃結構見てたけど、好きな作品は少ししかない。
マンガもあんまり読まない(しかもマンガ好きの友人に言わせると「偏ってる」)。
にもかかわらず、これにはハマりました。
「アニメはちょっと…」という人にもおすすめ。
むしろ、映画ファンにこそ見てもらいたい作品です。
タイトルや音楽、登場人物の名前なんかにもこだわりがあって、音楽好きな人ならそれだけでも結構楽しめるはず。
映画的な音楽アニメです。
大好き!
投稿者:ポッパー見習い投稿日:2005-10-16 11:29:37
後にカウボーイビバップのスタッフは「BONES(ボンズ)」として
独立する事になるんだけど、
正直言ってビバップの時が一番花咲いていた気がします。
「エウレカセブン」や「スクラップドプリンセス」など、
今でも面白い作品をリリースしているのは事実ですが、
主題歌に売れっ子を起用するようになったり、
様々なメディアミックスをするようになったり、
グッズも沢山販売するようになったりと、
どうも商業的になっちゃった感があります。
投稿者:SoH投稿日:2005-05-23 03:39:32
俺がまだ学生だった頃、映画仲間二人にこのアニメを勧められた。俺と友達のNは「最近のアニメってあれだろ?どうせ、このキャラに『萌え!』みたいなのばっかだろ?」と嫌々観たのだが…見事にハマった。俺とNはその後、ちょくちょくとテレビのアニメも観るようになった。確かに「このキャラに萌え!」みたいなアニメも多いが、決してそればかりではないことをこの作品で知ったからだ。このアニメの登場人物たち、特に主要キャラであるスパイク、ジェット、フェイは過去に大きな傷を持っている。そして「人の中で一人ぼっちだって感じるより、一人っきりで孤独を感じる方がまし」(劇中のセリフより抜粋)でいることを一度は選んだ(と思われる)。しかし、そんな彼らが出会い、「やっぱ仲間っていいかもな」と思い始めているのだ。が、それを口に出すことはなく、変に馴れ合うこともしない。一言でいえば、不器用なのかもしれない。言葉にすると安っぽく取られるだろうが、この作品は人間における「言葉に出来ぬ心情」をきちんと描いている(映画友達の一人はこのアニメ、あまり好きじゃないっていってたけど。「過去話」が具体的じゃないからだってさ)。また、台詞回しの凝り方も素晴らしく、菅野よう子の音楽は文句のつけようがない。映像のクオリティ、監督・渡辺信一郎の演出も重畳、声優陣も皆、見事な仕事ぶりだ。…と、とにかく大好きなアニメ!昨年、DVD−BOX買って、「テレビアニメって、何回観ても楽しめるものかなあ」と思いつつ拝見したんですが、俺は何回観ても楽しめてしまいました!各話それぞれにきちんとしたコメントを入れたいくらいですが、たぶん文章オーバーになるので出来ません!ただ、ホントかっこいいです!主人公テンパー、相棒ハゲですが、見た目のかっこよさじゃないんです!後半の方になると、ユーモラスな話が多くなってくるのが個人的には残念なんですが(笑)、必見アニメ!個人的に無茶苦茶好きなのは「第3話〜ホンキィ・トンク・ウィメン〜」(台詞回しとラストがオシャレ!)、「第4話〜ゲイトウェイ・シャッフル〜」(終盤のアクションが手に汗握る!ラストのやりとりがいい!)、「第5話〜堕天使たちのバラッド〜」(スパイクが教会から落ちる場面での映像処理のすごさよ!またジェットの「ええい、くそ!」とスパイクの「オンチ…」は名台詞!)、「第6話〜悪魔を憐れむ歌〜」(台詞回しに凝ってる!終わり方もかっこいい!)、「第7話〜ヘヴィ・メタル・クイーン〜」(粋です。ラストのやりとりなんか特に!「恐怖の報酬」と「コンボイ」の映画ネタ盛り込まれてます)、「第8話〜ワルツ・フォー・ヴィーナス〜」(何度観ても泣く…)、「第10話〜ガニメデ慕情〜」(男の話。「止まった時計」を使ったオチが見事すぎる…!)、「第12・13話〜ジュピター・ジャズ〜」(ビバップならではのお話。ラストの音楽は震えます。ちなみに「サブウェイ・パニック」ネタあり)、「第15話〜マイ・ファニー・ヴァレンタイン〜」(脚本の宮本信子さんがニール・サイモンを意識して作ったとか(笑))、「第17話〜マッシュルーム・サンバ〜」(実に明るくユーモラス!)、「第19話〜ワイルド・ホーセス〜」(昔気質のオヤッさんとスパイクがかっこいい!ラスト、写真で終わるセンスの良さ!)、「第23話〜ブレイン・スクラッチ〜」(意外と社会派。スパイクの「まるでガキだな…」はホント、そこらのガキにいってやりたい名台詞!)、「第24話〜ハード・ラック・ウーマン〜」(ラストの歌が素晴らしくて、それだけで泣けます…。ゆで卵をがつがつ食うスパイクとジェットの姿にも泣けます…)、「第25・26話〜ザ・リアル・フォークブルース〜」(名作「100万回泣いた猫」の話が劇中で語られます!そしてラストは号泣…。クライマックスからラストまでの映像は素晴らしいし、ラストの音楽も神々しく、文句なし…!見事!)といったところ。もちろん、他の話にも見所はぎっしり詰まってます!一緒にこれ観てたNは、「映画では泣いたことがない」といってたくせに、最終回で見事に泣いてました!とにかく。大好きだ、ビバップ!
投稿者:たかゆき投稿日:2005-02-09 04:14:12
「アニメは子供の見るもの」という凝り固まった考えは今や存在しない。カウボーイビバップはそれを証明するものである。このアニメは子供向けには作られていない。その独特の世界は成熟した大人を対象としており、世界観からキャラクター、脚本と至る所が渋い。各章で扱われている問題は宗教、インターネットのバーチャルリアリティ、そしてテロと、現在問題となっている事件を的確に捉え、時にはユーモアを織り交ぜながら問題を多く抱えるこの現実世界を風刺しているように思える。また、キャラクター自体にも魅力がある。ビバップのメンバー四人(+一匹)はそれぞれ個性が強く、チームワークはゼロである。時に裏切り、時に消え、だがそれでもちゃんとホームに帰ってくる、そしていざというときはやっぱり仲間を想っている彼らはどこか愛くるしい。そして最大に注目すべきは菅野洋子氏の担当する音楽である。彼女は非常に素晴らしい曲を提供してくれている。ちなみに各チャプターの名前は全て音楽のジャンルに関連するものであり、そのことを頭に入れながら本編を見ると面白さは倍増されることだろう。サウンドトラックもおススメである。必見!!
【サウンド】
『Tank!』(OP)
演奏 :シートベルツ
『The Real Fork Blues』(ED)
歌 :山根麻以
【エピソード】
Session#1「アステロイド・ブルース」 
 
Session#2「野良犬のストラット」 
 
Session#3「ホンキィ・トンク・ウィメン」 
 
Session#4「ゲイトウェイ・シャッフル」  
 
Session#5「堕天使たちのバラッド」 
 
Session#6「悪魔を憐れむ歌」 
 
Session#7「ヘヴィ・メタル・クイーン」 
 
Session#8「ワルツ・フォー・ヴィーナス」  
 
Session#9「ジャミング・ウィズ・エドワード」  
 
Session#10「ガニメデ慕情」  
 
Session#11「闇夜のヘヴィ・ロック」  
 
Session#12「ジュピター・ジャズ(前編)」  
 
Session#13「ジュピター・ジャズ(後編)」  
 
Session#14「ボヘミアン・ラプソディ」  
 
Session#15「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」  
 
Session#16「ブラック・ドッグ・セレナーデ」  
 
Session#17「マッシュルーム・サンバ」  
 
Session#18「スピーク・ライク・ア・チャイルド」  
 
Session#19「ワイルド・ホーセス」  
 
Session#20「道化師の鎮魂歌」 
 
Session#21「ブギ・ウギ・フンシェイ」  
 
Session#22「カウボーイ・ファンク」  
 
Session#23「ブレイン・スクラッチ」  
 
Session#24「ハード・ラック・ウーマン」  
 
Session#25「ザ・リアル・フォーク・ブルース(前編)」  
 
Session#26「ザ・リアル・フォーク・ブルース(後編)」  
 
Session XX「よせあつめブルース」 
 
【レンタル】
 【DVD】カウボーイビバップ 6th Sessionレンタル有り
 【DVD】カウボーイビバップ 2nd Sessionレンタル有り
 【DVD】カウボーイビバップ 8th Sessionレンタル有り
 【DVD】カウボーイビバップ 9th Sessionレンタル有り
 【DVD】カウボーイビバップ 7th Sessionレンタル有り
 【DVD】カウボーイビバップ 4th Sessionレンタル有り
 【DVD】カウボーイビバップ 1st. Sessionレンタル有り
 【DVD】カウボーイビバップ 3rd Sessionレンタル有り
 【DVD】カウボーイビバップ 5th Sessionレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION