allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ザ・ハウス/襲われた妻と娘(1974)

THE STRANGE AND DEADLY OCCURRENCE

メディアTVM
上映時間78分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・TV放映
ジャンルサスペンス

【解説】
 郊外の家に引っ越してきた一家に様々な災難がふりかかる。それらはすべて家に隠された秘密が原因だった……。どこにサスペンスがあるのか分からないサスペンス・ドラマ。バスルームのドアが開かなくなったり、戸棚から妙な物音がするので開けてみるとモグラがぞろぞろ出てきたりといった凄くスケールの小さい災難が次々と襲いかかる様は冗談でやっているとしか思えず、それに怯えて逃げ回る奥さんと娘を見せつけられる毎に気分が萎えてくる。まったく意外性のない真相は、重労働後のような疲労感を与えてくれるハズだ。モグラってよく見ると結構可愛いということに気づいたのが唯一の収穫。J・L・モクシー監督はテレビ・ムービーを多数演出したベテランだが、この位のレベルの作品が多い。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:やすのり投稿日:2004-10-18 23:40:50
【ネタバレ注意】

題名から「悪魔の棲む家」みたいなのを想像したのですが・・・。
家の庭に実は大金が隠してあって、それを手に入れたいがために犯人が妻や娘にいろいろ悪戯してなんとか引っ越させようとする話でした(最後は実力行使になるわけですが・・・)、幽霊や怨霊など欠片も出てきません。あと上の解説は間違ってますモグラじゃなくてネズミですよ。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION