allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ザ・フライ2/二世誕生(1988)

THE FLY II

メディア映画
上映時間105分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1989/05/03
ジャンルSF/ホラー
【お得な2作品パック】「ザ・フライ(特別編)」+「ザ・フライ 2/二世誕生」(初回生産限定) [DVD]
USED価格:¥ 2,052
amazon.co.jpへ

 Photos
ザ・フライ2/二世誕生

【解説】
 前作で絶命した科学者と女性記者の間に出来た息子が登場。巨大企業に囲われている彼は父譲りの才能を発揮して再び物質転移装置の開発に携わるが、蝿男としての血も受け継いでいた……。前作の単なるヤング・ヴァージョンというだけならまだ良かったが、全体的に漂う陰湿なトーンと描写には閉口せずにはいられない。特にクライマックス以降の主人公の行動は、あまりにも身勝手、非道徳的で常軌を逸しており、その後味の悪さは他に例を見ない。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
637 6.17
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2017-05-06 16:55:05
科学者セスとヴェロニカの間で生まれたマーティン。実験体となっており着々と成長しわずか5年で成人になる。
父の発明した物質転送装置を再度作動させる為に研究に明け暮れ彼女ベスと知り合うが肉体に変化が訪れ・・・。

大ヒットした前作の第2弾。
残念ながらG・デイヴィスの出演は無く死んだ事になっていた。
ヒット映画の2作目は大した事ないのが多いがこの作品は面白く成功した方。
今回も特殊メイクをクリス・ウェイラスが担当しておりドラマ部分に力を入れ
ている。
劇場で鑑賞しCBS/FOXからビデオがリリースされるがスタンダードのドルサラ収録だった。
DVDはビスタサイズのスクイーズで5.1ch収録されていて臨場感UP!
投稿者:william投稿日:2011-09-12 19:29:17
2にしてまた異色の雰囲気を漂わす作品。
キモさと後味の悪さをしっかり残す映画はこの時代では珍しい気がする。
投稿者:フェニックス投稿日:2006-09-09 06:42:49
【ネタバレ注意】

気持ちの悪いシーンは多々あるけれど、因果応報で悪社長が残酷な結末になるのは後味悪い。通常正義が勝って、悪が悲惨な罰を受ける場合、けっこうスカッとすることが多いのだけども。そうか、むごい罰を受けながらそれでも生きなければいけないからか。
あとは主人公が可愛がっていた犬もかわいそう。こっちは全然罪がないのだけれども。
ハデなシーンがけっこうあるものの、全体的に重くすっきりしないのは、上記のようなシーンがあるからか。細かい矛盾点としては、悪社長は服を着ていたが、最後の融合で全然影響はなかったのか。あとは融合直前に主人公は何発か銃で撃たれたはずだが、その弾丸はどうなった?

投稿者:たにし投稿日:2006-07-17 19:07:30
こちらの作品が面白い。

 前作は科学との融合を葛藤もなく見せられたが、
 こちらには悲しみがある。

 が、リー・リチャードソンが最後 肉の塊となってしまうシーン
 はいささかやり過ぎかも。
 もっとも、特殊造詣出身のウェィラス監督故か、
 人体の皮膚をはがれたり、お決まりの溶かすシーンとかもあり
 ただらぬ気持ち悪さはある。

 ヤングの音楽はいい感じである。

 また、前作は科学の使用方法に対してこちらは、自分の運命と
 の葛藤だから面白いのかも。
 ゴールドブラムはハエとの同化を楽しんでたしね。
投稿者:藤本周平。投稿日:2005-12-22 20:30:44
個人的にはこっちのほうが面白いと思う
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-09 14:38:12
面白かった。
投稿者:4531731投稿日:2003-07-20 16:11:16
 監督のクリス・ウェイラスは信用できる男だ。これも、監督第二作「バーグラント」も最高。異端を蝕む悲愴感、行き場のない怒り。異端の苦悩を描写しつつ、ちゃんとエンターテインメントとして成立してる。怪獣の造形がいい。
 確かに異端にはある種、時限爆弾みたいな面もあるけど、引き金を引くのはまわりの人間だ。異端を爆発させるか否かはまわりの人間にかかってる。まわりの人間が引き金を握ってる。だが誰もその事実を認めることはない。見えないものを否定するのは簡単なわけで、見えない引き金引いても誰も咎めたりしないし。異端が抱える苦悩は異常で自分の苦悩は正常とか区別する人間には必ずしっぺ返しがくる。て、ことであのラストは胸がすく思い。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-01-23 07:57:40
【ネタバレ注意】

犬を殺すシーンは泣きそうになった。

投稿者:ASH投稿日:2002-01-20 01:03:36
【ネタバレ注意】

SFXを手掛けていた人が映画を撮っちゃうとテクニックに溺れた(酔った)作品になりがちだけど、コレはまったくその通りの典型的な映画。ストーリーも軌道を逸脱していて、ラストもひどい。いくら悪役とはいえ、あの融合はないだろうよ。特殊メイクの凄さは前作を凌いでいるけども、それを贔屓目に見てもダメ。D・ズニーガの扱いにも激怒!

フランク・ダラボンが共同脚本?あんた、何してたの?

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION