allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ジェイコブス・ラダー(1990)

JACOB'S LADDER

メディア映画
上映時間113分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月1991/04/06
ジャンルホラー/サスペンス
人は、一日に一歩ずつ “ジェイコブの階段”を登っている。
ジェイコブス・ラダー [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,689
USED価格:¥ 1,600
amazon.co.jpへ

【解説】
 旧約聖書のヤコブの話をヒントに、悪夢と現実の間で翻弄されていくベトナム帰りの男の奇妙な体験を描いたサスペンス・スリラー。ニューヨークの郵便局員であるジェイコブは最近夢と現実の区別がつかなくなるほど奇妙な出来事に遭遇していた。疾走する地下鉄に乗る得体の知れない人々。掛かりつけの医者の死亡。自分を轢き殺そうとした車に乗る異様な人物。そしてベトナムの悪夢や幻覚までもが見え始め、その勢いは加速度的に、日々度合いを増すばかりだった。そんな時、ベトナム時代の戦友から電話が入るが相手は何かに怯えているような様子だった……。光と影を巧みに使った刺激的な映像やホラー感覚あふれる描写が非常に印象的な、ベトナム戦争がもたらした悲惨な結果を違った方向から描いた異色作。意外なラストが唸らせる。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14102 7.29
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-30 21:17:23
ゲームソフトの「サイレント・ヒル」は、この映画からかなり影響をうけている。
投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2015-08-09 00:16:47
【ネタバレ注意】

ロードショー見に行ったときの上映前、後部席のオヤジ二人のネタバレ会話を耳にしてしまい、もうサイアク。スリラーの秀作もただの×××かよ!!ってな気分で映画館を後にした苦い思い出がある。クソオヤジめ。グーで殴っとくんだった・・・で、あれから20数年ぶりにDVDにて再見。未見の方のために、ここはノーコメントで。ダークな雰囲気はいいよ。しかし、あのオヤジだけは今でも許せん

投稿者:さとせ投稿日:2015-07-11 06:44:03
ジェイコブは戦時中に受けた心の傷が元でPTSDになっている。仲間から連絡があるが仲間も同様で中には殺害される者も居て、ジェイコブはベトナムに行った事や軍隊のした事を証明しようとするが・・・。

劇場にて鑑賞するが難解で眠ってしまい良く分からなかった。
その作品を24年後にDVDにて鑑賞、難解さは変わらずだがPTSDを具現化した映像で仕事上勉強になった。画質は平成の映像の為か良くて当時を思い起こさせるがホラーでは無かったというのに今回初めて気づきました。
投稿者:sachi823投稿日:2014-08-07 10:46:48
昔からよくある構成の作品で、
映画好きの人なら途中で筋が
わかってしまうかもしれません。
ベトナム戦争時の軍による薬物に関する関与や
精神病がもりこまれているところが
社会派の作品の如き新機軸で興味深いです。
投稿者:vegirama投稿日:2010-06-07 11:58:49
暗い、悲しい、不安のよさ。入り組んで複雑な展開は、ある一定の事象に向かって進む。
現実と夢(幻覚)のどちらが本当のことなのか混乱するが、過去に主人公が経験してしまった事だけは時間軸に筋が通っている。

精神を病んでしまった(と思う)人の末路は様々だが、これほどまでの苦痛の日々に対して、死ということが安らぎに変わることに共感を感じた。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-02-13 18:00:51
難解で知的な作風なのか、単なる反則芸なのか。
投稿者:ジーナ投稿日:2009-12-21 01:20:35
独自の発想が新しい戦争モノですが、難解な展開を面白みに感じられる人じゃないと納得いかないラストでしょうね。
・・・よって、深く狭くファンを獲得しそうな作風です。
オチを知った上で観たほうが深みを感じられるので、観れば観るほどクセになる的な作品かもしれません。

戦地に赴く前、帰還してからの生活、戦争中、謎の幻覚・・・と4つの側面が錯綜するストーリーなので、、どこが現在地なのか混乱するでしょう。
実際、主人公もその4つの次元を行ったり来たりしているような状態なので憔悴しきっています。
しかも、シーンの目まぐるしい切り替えが刺激的で激しいため観ているほうもやつれます。
ゆっくり内容を整理してみよう・・・という気すら起きないほど余分な時間のない構成です。
ある意味、飽きずに観れて良かったのかもしれませんが(笑)

悪夢よりも辛い現実、ベトナム戦争で使用されたと噂される幻覚剤など興味深く鑑賞できる部分もありました。
陰気でくすんだ映像も雰囲気が出ていて良かったと思います。
天国と地獄の演出も斬新でしたね。

主人公を演じたティム・ロビンスは、捉えどころのない魅力で困惑するキャラを際立たせていますし、彼独特の緩急のついた演技は映画全体をレベルアップさせていると思います。
息子3人の中で抜群に可愛いマコーレー・カルキン君・・・本当に透き通るほど清らかな顔立ちですね。
へんにサスペンス仕立てにするよりも、戦争に行った父親と幼くして逝った息子のドラマにしたほうが感動作に仕上がったと思います。
・・・っていうか、ドラマ路線のほうも観てみたい。

心的外傷なのか軍の実験なのか・・・オチの直前まではなかなか見応えのあるサイコスリラーだったと思います。
傑作とまではいかないにしても、埋もれさせておくのは勿体ない気がしますね。

※映像にグロいシーンが含まれていますので鑑賞の際はご注意を。
投稿者:ひつじめえめえ投稿日:2009-10-22 12:55:05
【ネタバレ注意】

「夢オチ」です。前半はよかったのにね。がっくわり。

投稿者:gapper投稿日:2009-07-31 16:03:23
【ネタバレ注意】

 スカパーのAXNを契約しているので、無料感覚で見た作品。

 ホラーの様でサスペンスの様でもあるような形式で話は進んで一転し、実は薬物の影響と思わせて結局は臨終の走馬灯で終わってしまう話。
 どうも見るものを単に翻弄しているだけという感じで、実力がないので小細工でという風にしか見れない。実際、監督のエイドリアン・ラインは「フォクシー・レディ」や「フラッシュダンス」、「ナインハーフ」と常に表層的な感情や心情と現代の風俗を取り入れた作品ばかり。骨太で厳格な構成の作品は、作れないだろう。

 新しいものを作ろうとしているのか、映画の基本を台無しにしている部分も多い。特に、一貫性を欠いているのはどうにもならないだろう。

 また主演のティム・ロビンスは、”学生時代にいたおかしなことをする奴”といった感じそのままのイメージで見ているだけでいやな感じ。日本のドラマでも、そういった役柄で何度も見た感じがよみがえる。
 女優のエリザベス・ペーニャは、顔は好みだがヌードシーンが多いにもかかわらず胸の形が悪い。そういう意味でしか、役立っていないのでヌード重視のほうがよかった。

 有料であれば絶対見なかった作品であり、予想通りのものだった。

投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-01 06:40:40
最後はなるほどって感じなんだけど…そこに至るまでが非常に退屈だった。
残念ながら結構嫌いな部類の映画だが、もう一度じっくり見たいなとも思っている。
投稿者:nightwing投稿日:2007-08-27 21:25:03
今際の際に見た悪夢。
それを見事に狂気のエンターテイメントに仕上げた傑作。
ティム・ロビンスのリアルな演技も素晴らしい。

・・・やはりダニー・アイエロは天使だったのですね。
投稿者:ふじこ投稿日:2004-09-11 07:20:22
場面がコロコロと変わりつつ、その中で襲いかかってくる悪夢。
観ている自分も振り回され、引き込ませておいて最後は・・・。
のぺーっとした怪人のようなものなどが怖いというより、どれが現実なのかよくわからない、つかみ所のない不安感が常にあった。
カルキン君はあどけない笑顔がとてもかわいい。
個人的に振り回されながら観るのは好きだし、T.ロビンスの困惑した顔も結構好きです。
投稿者:karinbar投稿日:2004-08-12 07:32:32
僕の中で、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」が、何故かつながった。
投稿者:ASH投稿日:2004-01-17 00:36:26
やっぱりA・ライン監督の映像センスって好きだな。CM出身の監督は映像表現に凝りがちで、その辺を映画通は嫌うらしいけど、視覚的なセンスに惹かれることは僕には多々ある。評判の悪い「フラッシュダンス」「ナインハーフ」も楽しんだくらいだし。

なんじゃ?おもしろファンタスティック賞って?「おもしろかったで賞」っていう意味?
投稿者:bathory投稿日:2002-06-24 21:33:52
突然出てくる正体不明の化け物みたいなのがめっちゃ恐い!
高熱を出して冷やされるシーンもリアルで衝撃的でした・・・・
でもラストの階段を昇っていくシーンは美しいね。やっと安らぎの死を迎え
られたっていう安堵感が作品を引き締めてくれてる。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-07-06 18:20:50
シュールな映像と内容でアジがとてもある。
ただのノイローゼ帰還兵の心理描写かと思いきや
ラストの数分で「こういう事だったのか」と
判明するように構成された、オチのあるパターン。
猿の惑星や、キャリー、スティングなど、
どんでん返しパターンの作品にも色々あるが、
この作品のそれは、ブルーな映画がますますブルー
になるようなもので、かなりきつい。

とてもよくできた作品だとはおもうけど、ただならぬ
どんより感がのこるので、個人的にはあまり好きじ
ゃない。
投稿者:がお投稿日:2001-05-09 22:18:30
この映画を初めて(ビデオで)観たのは、もう8年くらい前だと思うけど、もうその時の衝撃は言葉に出せなかった。ほんとーに背筋がゾーっとした。(そして寝る時、怖くて電気を消せなかった)それ以来私の中では『最も怖い映画&最も哀しい映画』であり続けている。(トータルで5回くらい観てるけど、未だにコワイ!)
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 観客賞 
 ■ おもしろファンタスティック賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ジェイコブス・ラダー2014/11/05\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ジェイコブス・ラダー1999/12/10\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ジェイコブス・ラダーレンタル有り
 【VIDEO】ジェイコブス・ラダーレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 ジェイコブス・ラダー
新品:
1中古品¥ 3,000より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION