allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

料理長(シェフ)殿、ご用心(1978)

WHO IS KILLING THE GREAT CHEFS OF EUROPE?

メディア映画
上映時間112分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1979/05/05
ジャンルコメディ/ミステリー
料理長(シェフ)殿、ご用心 [DVD]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 4,010
USED価格:¥ 3,666
amazon.co.jpへ

【解説】
 大の美食家として知られる料理雑誌の出版社を経営するマックスは、自ら選んだベスト4のシェフを集め、晩餐会を開いた。しかしその夜を境に4人のシェフが次々と殺されてゆく……。このストーリーからするとサスペンス作品だと想像しがちだが、本作はそれよりもどちらかと言うとコメディ色が強いといった感じの作品。内容もそれなりの出来ばえで、出演陣にジャクリーン・ビセットやフィリップ・ノワレといった豪華メンバーが揃っている佳作です。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
220 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2017-05-27 00:25:23
【ネタバレ注意】

ドラマ『ハンニバル』の原形はこんな所にあったのか。ジャクリーン・ビセットが形容できない美しさ。知性、健康美、お色気、全部詰まってる。オールバック風味の髪型(ボニー・タイラーも80年代似た髪型をしてたっけ)も時代を感じさせる。

投稿者:bond投稿日:2016-03-20 23:35:06
ジャクリーンと料理が美味しそう。事件は横溝正史的で意外な犯人。マンシーニのサントラもいい。
投稿者:hayate9投稿日:2014-02-02 17:43:00
何度も地上波で放送していて、懐かしくてレンタル。
殺人事件がおこるのに、ちょっと粋な雰囲気が素敵。ジャクリーン・ビセットはキレイなんだけど、髪型が残念。当時の流行りだったのかな。
覚えていた犯人とは違う人が犯人だった・・・。

監督が楽しそうに当時の事を語っていたのが印象的。やっぱり美味しい料理は太ってしまうようで・・・。
投稿者:sachi823投稿日:2013-11-14 08:35:30
とてもおしゃれで粋な作品です。
殺人事件に絡めて ストーリーとともに登場する
豪華な料理が魅力です。
このような嗜好の作品はあまり見たことがありません。
当時人気だったジャクリーン・ビセットも
見事なスイーツづくりの腕前を披露しています。

投稿者:ファルド投稿日:2010-12-18 10:21:08
イタリアン・シェフのゾッピとナターシャ(J・ビセット)のエピソード等、コメディ調のところもそれなりに面白いミステリ作品でした。ヌードはないが、J・ビセットも入浴シーンなどでお色気を振りまいていた。浮かび上がる容疑者たちは分かり易い人物で、動機も予想出来る展開なのだが、ラストに明かされる真犯人はちょっと意外だった。
投稿者:マジャール投稿日:2007-01-15 21:27:49
【ネタバレ注意】

オーブンの中から焼死体が。
警部の尋問を受けるヒロイン、ビセット。
「犯人に心当たりは?」「いいえ・・・・わたしの知ってる人には、こんなに肉を焦がす人はいませんわ」(警部、絶句!)
こりゃ、笑える。

投稿者:千野日庸投稿日:2006-11-24 22:59:00
この映画、間違いなく、少なくとも通してはみていないのだけど、淀川時代の「日曜洋画劇場」の予告編、しかも、女性ナレーターの「シェフ殿、ご用心」というタイトル部分のみが、なぜか、頭にこびりついて離れない。こんな例はめったにない。そういえば、確かに昔は、テレビで少なからず、放映していたような気がする。淀川時代の「日曜洋画劇場」でも、一度ならず、のような・・・・。実際の映画の評価は、できないのだが、こりゃ、みるしかないでしょう、自分自身の問題として。
投稿者:シネマA投稿日:2006-03-26 12:23:06
 1970年代のユーモア・ミステリー映画の快作。グルメ系クライム・コメディとでもいうべきか。欧米の一流シェフが得意とする料理法によって次々に殺されていく物語。
 封切館で観た。ある時期まではテレビでもくりかえし放映していたなあ。でも、DVD化はまだなんだね。なんでだろ?! 
 シナリオは『シャレード』『サブウェイ・パニック』のピーター・ストーン。撮影は『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』などキューブリック組のジョン・オルコット。音楽、ヘンリー・マンシーニ。そいでもって、監督は『ランボー』のテッド・コッチェフだよ。当時としてはなかなかの布陣じゃないかしら。
 う〜ん、いざ熱く語ろうとおもったときに言葉が出てこないんで悩ましい映画でもあるなあ。愉しんで観ていたくせに。
 やっぱり、主演のジャクリーン・ビセットに見惚れていたんだろうか。なんか、記憶がとんじゃってるもんなあ。そうとしかおもえない。当時のビセットは美貌の絶頂期だったから無理ないか。映画雑誌のグラビアや人気投票の常連だった。
 そういえば『ザ・ディープ』も、ジャクリーン・ビセットの濡れたTシャツしかおぼえていないぞ。困ったもんだ。
投稿者:ASH投稿日:2003-07-21 11:28:19
【ネタバレ注意】

 ヨーロッパを代表するシェフたちが、自分の得意とする料理法で殺された。犯人は一体誰だ?といったミステリーなのだが、コレが意外と面白い。殺されるシェフたちがヨーロッパ映画界の名優揃いというところも豪華(ジャン・ロシュフォールの名前がないゾ!)だが、何といっても全盛期のJ・ビセットでしょう。彼女が得意とする料理が爆弾ケーキというのにも笑える。コメディとサスペンスのバランスが非常に巧くまとまっている、隠れた佳作だ。ただ、犯人探しのミステリーものという点で観ると、犯人はすぐに分かると思いますよ〜ん!

 き、紀伊国屋から遂にDVD化!! 値段が高ぇ〜ッ!!

投稿者:しんさく投稿日:2001-01-26 02:11:14
 この作品は、20年以上前に、毎年のように正月のテレビ映画で見ていたように思う。子ども心におもしろいと思っていた。もう一度見てみたいんだけど、ビデオが廃盤ってことは、DVD化を待つしかないのでしょうか?あのテーマ音楽も大好きだった。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 助演男優賞ロバート・モーレイ 
■ 助演男優賞ロバート・モーレイ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】料理長(シェフ)殿、ご用心 HDニューマスター2012/01/28\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】料理長(シェフ)殿、ご用心 HDニューマスターレンタル有り
 【VIDEO】料理長(シェフ)殿、ご用心レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION