allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

シェラ・デ・コブレの幽霊<未>(1964)

THE GHOST OF SIERRA DE COBRE

メディア映画
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・TV放映
ジャンルホラー/サスペンス

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-11-07 02:39:33
う〜、ワシも観たい。
投稿者:namurisu投稿日:2011-08-18 17:08:47
さっさとDVDにしろ。
投稿者:MIDO投稿日:2011-03-14 17:27:15
新聞整理をしてましたら日本経済新聞2010年2月28日の文化面でこの映画のことが紹介されてましたので、要約して記載します。

記事の筆者は映画評論家の添野知生(そえのちせ)氏。
映画のタイトルは「シエラデコブレの幽霊」と紹介してます。

本作はSFテレビシリーズ「アウターリミッツ」の脚本家でプロデューサーの
ジョゼフ・ステファノが手がけた唯一の監督作品。

日本では1967年8月20日にNETテレビ(現テレビ朝日)の「日曜洋画劇場」で放送。

物語は、主人公である建築家で心霊探偵でもあるネルソン・オライオン
(マーティン・ランドー)が、資産家夫人(ダイアン・ベイカー)から
「毎晩夫の母の亡霊が無言電話をかけてくる」と調査を依頼されるというもの。



ステファノは放送局ABCとの確執から「アウターリミッツ」を第1シーズンで降板。
ライバル局CBSでの新シリーズ「The Haunted」を企画し、そのパイロット版として作ったのが本作。
CBS局内で試写がおこなわれたものの、あまりの怖さに具合の悪くなる人が
続出で企画そのものが中止。
フィルムはお蔵入りに。
しかし映画は各国でTV放送され伝説的存在になったのだそうです。


近年、米国内のネットオークションでこの映画の16ミリフィルムが出品され
添野氏はそれを知ったが、競売は米国内のみだったため入札が不可。
落札されなかったのを知って、出品者に問い合わせし購入。

自主上映会で試写をしたところ「放送版と結末が異なる」「カラー撮影だった可能性がある」との指摘が鑑賞者より出て、さらにフィルムには「試写用フィルム15番」と記載されいるので完成版ではない可能性があるそうです。

しかしながら現存するフィルムはこの1本。
DVD化にするために必要な著作権者を見つけるため、調査中だそうです。
投稿者:映子投稿日:2007-11-07 10:58:34
たまたまこのページを見つけたのですが、確かに私も子供の頃、日曜洋画劇場でめちゃくちゃ怖かった映画を見て眠れなくなった記憶があり、それがこの作品だったのかなあと思っています。
なんとかしてこの作品をもう一度見てみたいものですね。・・・・
投稿者:うりぼん投稿日:2006-12-09 23:33:50
細かいことは覚えていないのですが、日曜洋画劇場初の2本立て放映として盛んにCMを流していました。CMだけでも十分に怖くて本編はほとんど見れませんでした。題名も強烈に覚えています。37〜8年くらい前じゃないでしょうか。もう1本はミイラ男の映画でした。だから1時間弱の映画というかテレビ番組だったのでしょう。大森望氏のHPに内輪の上映会をやったという話が載っていたので話が広がってビデオにならないかな。
投稿者:プラム投稿日:2006-05-07 20:14:37
誰も見ていない時に写真の中からすーっと顔が現れたり、よせばいいのに忘れ物を取りに墓場に一人で戻ったりと、怖いシーンが連続で、目つぶったり開いたりしながら見てました。
最初、「しーられこぶれの幽霊」って覚えていたんですが、ある大人が「それはきっとシェラマドレの幽霊だ」と言うもので、以来「シェラマドレ」と覚えてしまっていました。
子供だから怖かったのか、秀作なのか、もういちど見てみたい!
投稿者:まゆ投稿日:2003-06-07 09:29:19
実は、長い間この映画の題名を「シェラデコブの幽霊」と覚えていました。子どもの頃に見た最も怖い映画の一つです。でも不思議なことに、IMDBでは1964年作となっています。ここでは59年ですが、一体どちらが正しいのでしょうか。他のサイトでも、同じような体験を持った人は多いらしく、もう一度みたいという人がいるようです。何とか、もう一度上映!運動でもしたいくらいですね。
投稿者:tomason投稿日:2003-06-02 01:06:02
禁を破って、この映画にコメントを入れている方々にお願いします。もし詳細がお分かりでしたら、いつでも情報をお寄せください。私も調べていますが...まるっきり分からん。私も小学生の頃、日曜洋画劇場で観ました。これははっきり憶えているのですが、何とハマー58年「吸血鬼ドラキュラ」との豪華2本立て。納涼怪奇映画特集でした。当然お目当てはドラキュラだったのですが、この映画は凄い!! 皆さんのコメントどおり、幽霊(だったのでしょうか?)の出現シーンの不快なガラスをこするような音、何とも口では表現できないイメージは本当に恐かった。私の記憶では通常の劇場映画より短かったような気がするのですが.....うーん。誰か35年間の
投稿者:投稿日:2003-01-18 04:55:38
小学生の頃、当時NET(現テレビ朝日)日曜洋画劇場で見ました。
淀長さんの「シェラデコブレってなにかシャレコウベみたいですね。コワイですね」というコメントを憶えています。
何かドラッグと幽霊の出現が関係していたと記憶しています。
幽霊の姿。空中に小さく現れ少しずつ迫ってくる、この顔がおそろしく怖かった。
どうにかもう一度見られないでしょうか。
投稿者:ホラーファン投稿日:2002-03-26 05:00:56
私も子供の頃に見て細かいところは覚えていませんが,とにかく猛烈に怖かったことが記憶に残っています.日本では未公開,再放映もなく,また海外のサイトでチェックしてもヒットしません.是非とももう一度見てみたい映画です.
投稿者:酒尽尽投稿日:2002-01-19 15:40:29
私が子供のころ、この映画がテレビ(日曜洋画劇場)で(もちろん)夏に放映されて、記録的な視聴率だった。
本当に怖い映画だった。
今見ると、あまり怖くないかもしれない、ということが怖くて、また見るのをためらっている。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION