allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

地獄のコマンド(1985)

INVASION U.S.A.

メディア映画
上映時間107分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1986/07/05
ジャンルアクション/サスペンス
地獄のコマンド(テレビ吹替音声収録)HDリマスター版 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,631
USED価格:¥ 2,150
amazon.co.jpへ

【解説】
 全米で突如始まった同時多発テロ。合衆国の危機を救うべく東側の陰謀に元特殊コマンド、マット・ハンターが立ち向かう。“アメリカ侵略”とはちと大袈裟だが、適度に配分されたアクション・シーンやクライマックスの軍隊出動の臨場感などB級活劇水準作の出来栄えは保っている。主人公のヒーロー像に魅力が無いのがつまらない。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
219 9.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:spqc2y29投稿日:2017-10-04 21:50:34
野暮ったくて日本では人気でなかったけど、昔チャックノリスが好きだった。
この作品は中でも好きな方だった。今見てもかっこいい。(ご都合主義な展開だけど)
投稿者:tomovsky投稿日:2007-12-04 18:49:52
二挺マシンガン炸裂って言うだけで、シビれるね! 残念なのは、「地獄のヒーロー・シリーズ」よりは、アクションが少し小ぶりかなと思う。市街戦が主体だから仕方ないかもしれないが・・・・・・。それでも、確かにラスボスはいいキャラだ。残虐な所がグッド。やっぱりアクション映画は、敵役に魅力があるのが一番だよな。ボスの死にっぷりに、10点。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2006-08-10 00:08:14

敵役が全米でテロを行う武装集団、となるとさすがのチャックも手に余る
というか、全米で事件が起こっている感が薄いのが作品としての難点。
なんだかチャックのいる所でばかり事件が起きている様に見えちゃうんだよ
なあ。
そのかわりアクションは冴えまくりで、肩から吊ったマイクロUZIの二挺
拳銃で、建物におびき寄せたテロ集団を片っ端からやっつける。
敵役ロスコフのR.リンチもイカレてていい感じ。死に様もボスキャラに
ふさわしい派手な「弾けっぷり」でした。

他の方も書かれていますが、アクションにCGとかVFXが導入される
以前の、アクションの本来の魅力がある作品です。
投稿者:ノリス投稿日:2005-11-08 18:19:58
この作品は、おそらくチャック・ノリスの出演した作品の中では、「デルタフォース」に次ぐ規模の大きいアクション大作であり、チャック自身も実際に共同脚本を手掛けるなど、作品に対する意欲が感じられる。いかにも80年代らしい雰囲気が漂うテイストで、全米では初登場1位という快挙を成し遂げたわけだが、日本では当時人気絶頂だった現カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーや、シルベスター・スタローンなどの人気に押されあまり受け入れられていない作品であると感じるが、もともとチャック自身も日本の受け自体が悪く、単なるB級C級の俳優(もしくは二番煎じ)として見られがちだがこれも、国の価値観の違いかと思わせる次第である。
 だが内容としては、それほど悪い出来でもないし、今見るとなかなか楽しめる良作であると自分は思う。また見所であるアクションシーンもそれ相応の迫力があり、”孤高のヒーロー”(というか一匹狼)チャック・ノリスの体を張ったアクションや、最後の格闘が特に見所である。それに現在のCGを多用した偽物の映像ではないことであることは確かであるし、実際にアメリカの観客自体CGを多用して、莫大な費用(1億ドルぐらい)のかけた胡散臭いアクション映画にはもう肥えているようであり、その代表的な例として現在アメリカで公開中の「マスク・オブ・ゾロ」の続編「レジェンド・オブ・ゾロ」もあまり好評ではなかったし、「キングダム・オブ・ヘブン」や「アイランド」や「ステルス」という大作映画も金をかけた割には期待通りの興行成績には至らなかったわけだから、何でも金をかけて大衆的な娯楽を作るのも難しい時代であることがよく分かるし、かつシュワルツェネッガーやスタローンなどの”大衆のヒーロー”という存在がいなくなってしまったのも一つの要因ではないかと、考えてしまう。そう考えると昔のCGを使っていなかった80年代のアクション映画が非常に懐かしく思う。
投稿者:精神分析マニア投稿日:2004-03-07 20:25:38
 南から一斉に侵略し全米を制圧しつつあるテロリスト集団をたった1人の男が叩きのめす姿を描いたヘンな映画ですが、『スペース・バンパイア』と並んで全盛期のCannon Filmを代表する大作だけに、本物志向の重量級アクション・シークエンスは1980年代有数の迫力ものです。主人公が度を越えて強過ぎると云う欠点は嫌でも目に付きますが、CG流行の今日には無い魅力を持っている貴重な1本であることも事実かと思います。http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/4257/index.html
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION