allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

地獄の7人(1983)

UNCOMMON VALOR

メディア映画
上映時間105分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Par=CIC)
初公開年月1984/06/
ジャンル戦争
地獄の7人 [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 971
USED価格:¥ 2,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 ひとりの退役軍人がベトナム戦争でMIA(戦闘中行方不明)となった息子を救出すべく、かつての息子の戦友らと共に現地へ飛び、熾烈な攻防戦を繰り広げる戦争アクション。 「ランボー/怒りの脱出」「地獄のヒーロー」といったMIA救出映画の元祖(小説ではJ・C・ポロックの『ミッションMIA』の方が古い)であり今のところベストの作品である。
 元米軍大佐のローズは、ベトナム戦争が終結して10年経った今も、戦時中に行方不明となった息子が現地で生き続けていると信じていた。国は行動を起こしてくれず居ても立ってもいられなくなったローズは自ら現地へ向かうことを決意。同じく息子が行方不明になっている石油王マグレガーの援助を得て、まずはメンバー探しに取り掛かる。そして息子の戦友たちに実践未経験の若手スコットを加えた6人を集め、訓練を開始するローズ。スコットの父もまたベトナムで消息不明になっていた。やがて、準備の整ったローズたちは捕虜収容所のある東南アジアへ向かうが…。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
426 6.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2017-03-05 23:28:23
やや粗削りだが、戦友と父の努力で挑む。普通に面白い。
投稿者:sachi823投稿日:2014-06-27 22:47:47
ハックマンの的確な演技で主人公の性格がわかりやすく
アクション映画としても楽しめます。
現実はこんなに単純ではないでしょうが、
有無を言わせない力強さは感じます。
投稿者:gapper投稿日:2012-01-13 23:12:50
 仕事を断らない俳優、ジーン・ハックマン主演ベトナム戦争作品。

 個のとき53歳のハックマン。
 アクション物はかなりきつい筈で特にアクション俳優と言うわけでも無いのに出演、彼は基本的に仕事は断らないそうだ。
 ある意味なんでも器用にこなすバーバラー・スタンウィックの様だ。

 アクションが不得意なわけでもないのでそれなりに楽しめるのだが、1980年代らしくシリアスな題材にもかかわらず前半の訓練シーンは緊張感が無い。
 確かに仲間で実際は安全なアメリカ国内だから良いといえばよいのだが、本来なら生死をかけた救出になるのは分かっているのだから逆の演出が適切ではなかろうか。
 終盤の戦闘シーンにしてもやたらと爆発があるものの個々に必要性は無く、派手な娯楽物の印象だ。
 題材からすると反対に静かな戦闘の方が、深みと迫力が出たのではないかと思う。

 1973年にニクソン大統領により終戦の宣言が出されていて、作品での1982年では捕虜収容所といっても刑務所的な感覚になっていたのではないかと思う。
 軍隊的な武装で監視するには、より多くの経費がかかるであろうし米軍は近くに居らず必要性があるように思えない。
 うそ臭い状況に感じさらに娯楽としては、題材はシリアスな物だ。
 なんにしても1980年代の作品に感じる良くない部分が多数あり、個人的には評価したくない作品だ。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:メカゴジラ投稿日:2010-02-16 13:52:26
 
久しぶりにDVDにて鑑賞。

物凄くストレートなMIA奪還モノなんだけど、軍事オタクのミリアスの息がかかっているせいか、描写や展開がリアル。
主人公たちはちゃんと情報収集を行い、偵察機の写真を元に実物大のキャンプを作って訓練を繰り返す。民間人に余計なマネをしてほしくない軍やCIAはガッチリ横槍を入れる。火器や装備を手に入れそこねた主人公たちは、つてを頼ってポンコツ銃器を手に入れ、作戦を続行する。
帰還兵たちがそれぞれ抱えている心の瑕や、何年も捕虜として囚われていた米兵たちの反応(「助けに来たぞ」「だめだ、畑の世話をしないと」「じゃあ畑も持って帰ろう」)もグサッと来る。

惜しいのは妙に演出と編集がタルくて、全体にノンビリしちゃっているところ。
特にクライマックスの襲撃シーンなんか、それぞれが秒刻みで行動してるんだから、もっと細かい編集で緊迫感とスピード感を出して、圧倒してほしかったね。
とはいえ苦さの残るラストまで、かなり面白い作品。

キャストでは元海兵隊の強行偵察部隊だけど実戦経験なしのスコットを演じたパトリック・スウェイジが印象的。彼がなぜこの作戦に参加したかがわかるシーンはちょっと感動する。
投稿者:藤本周平、投稿日:2009-12-16 22:26:54
あ〜面白かったです。昔の作品は登場する皆が目標に向かって真っ直ぐ進むから観てて元気付けられます。救出に向かう7人も皆個性的で良かった。特に橋を自ら爆破して死んだ奴とデブのラストが超カッコイイ!!!
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2006-01-21 17:39:12
いわゆるベトナム捕虜救出物だが、娯楽アクションとして見ればなかなかの拾い物である。まあ、多少はB級感があるもののクライマックスのドンパチはすごい迫力で、好きな人にはたまらんだろう。
監督は「ランボー」のテッドだが、これは完全に製作の‘戦争オタク‘ミリアスの映画なのである。なにしろハックマンは当初「地獄の黙示録」でキルゴアを演じる予定であったし、撮影のブラムは同作で応援撮影をしたし、クライマックスの村の様子も同作に似た感じである。
おそらくドンパチシーンの撮影時には、あのオッサンのこと、「もっとやれえ!!」と絶叫してたに違いない(笑)近年、彼はどうしてるのだろうか?映画そっちのけでFPSゲームでもしてるかもしれない・・・
演技陣、ハックマン素晴らしい。あとはコブが印象に残った。
投稿者:だんだんだん投稿日:2003-11-12 14:42:16
ラストは、北朝鮮の拉致問題を思い起こさせる。
投稿者:ASH投稿日:2002-07-16 21:56:19
【ネタバレ注意】

「ランボー2」と「地獄のヒーロー」と同じ設定で、製作はこちらの方が先。

昔の仲間と集結して戦闘中行方不明者の息子を探すG・ハックマンが素晴らしい。

まぁ、アクション映画なんだから細かいこといわずに単純に楽しんで観るべき。

生粋のタカ派であるAチーム(ミリアスとB・フェィトシャンズ)製作だからね。

ハックマン以下、6人のふてぶてしい面構えも個人的にはGOOD!

【レンタル】
 【DVD】地獄の7人レンタル有り
 【VIDEO】地獄の7人レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION