allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

地獄のヒーロー(1984)

MISSING IN ACTION

メディア映画
上映時間101分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1985/06/22
ジャンルアクション/戦争
チャック・ノリス アクション ブルーレイBOX(4枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,161
価格:¥ 3,927
USED価格:¥ 3,577
amazon.co.jpへ

【解説】
 B級アクション・スター、C・ノリスの代表的代名詞ともなる「地獄のヒーロー」シリーズの一作目。ベトナムで今なお捕虜となっているアメリカ人兵士を救うべく、単身戦場に乗り込んだ一人の男の戦いを描く。
 地獄のベトナム戦線を生き長らえ、捕虜収容所を辛くも脱出したブラドック大佐。彼は10年経った今も、あの頃の悪夢に苛まれていた。未だに米軍兵士がベトナム軍の捕虜になっていることを確信するブラドックはある日、上院議員と共に現地へ赴くが、国外追放の身に。それでも仲間の救出を諦めないブラドックは、戦友タックの協力を得てベトナムに侵入し、捕虜の移送車を追走。激戦の末、4人の捕虜の救出に成功するのだが…。
<allcinema>
評価
【関連作品】
地獄のヒーロー(1984)シリーズ第1作
チャック・ノリスの 地獄のヒーロー2(1985)シリーズ第2作
ブラドック/地獄のヒーロー3(1988)シリーズ第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
425 6.25
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2013-03-27 11:41:03
演出:8
演技:8
脚本:7
音響:7
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-07-20 18:08:11
悪くないんだが、
いずれ他の映画とごっちゃになって記憶に残らない気がする。
投稿者:tomovsky投稿日:2007-12-04 19:35:00
【ネタバレ注意】

このての作品は多いよな。(ストライクコマンドー・地獄のテロリスト等、チャック・ノリス以外の作品でも、地獄の・・・とかってタイトルの戦争アクション作品多いよな。俳優で売るか、作品の内容で売るか難しい所だろうな。「地獄のヒーロー・シリーズ」はどうなんだろうな? もし、無名俳優だったら、これ程知名度は上がらなかったんだろうなとも思うが・・・・・・。)爆破シーンとかは確かにハデなんだが、船に乗って出発するまでが少しテンポが悪く感じる。上陸してからはハイテンポになるからいっきょに面白くなるが。強敵ってやつは、中盤位で全て片付けちまってるのが致命的かな。後半は、MIAをつれてただ逃げてるだけのような気がするんだが。それでも、迫力は十分ある。でも、個人的には2の方が少しだけ傑作の匂いがする。

投稿者:メカゴジラ投稿日:2007-05-13 12:48:50
【ネタバレ注意】

 
正直チープだし、考証も変なところが多い(「プラトーン」以前だし)。
しかしコケの一念で(しかも自腹切って)捕虜を奪還するブラドックの
ガッツとパワフルさが実に頼もしい。男だねぇ。
監督のJ.ジトーは「13日の金曜日完結編」「レッドスコルピオン」
みたいなB級娯楽映画の職人さんで、展開がスピーディーでダレない。
米国の高官が「ヴェトナムに米軍捕虜はいません…」と記者会見している
その場に捕虜を連れて現れるラストシーンは、ノリスの映画の中でも
屈指のかっこよさ。

ところでこの映画、「全洋画オンライン」ではなぜかチャック・ノリスの
出演作品一覧に出てこないんだよな。

投稿者:ノリス投稿日:2006-09-21 14:35:37
 スティーブン・セガールは"沈黙"シリーズで「沈黙の戦艦」(92)が、有名だがチャック・ノリスは"地獄の"シリーズだというほどの彼の不滅の名作であり、スタローンの"ランボー"シリーズとはわけが違う最高のシリーズ。そその第一弾が本作「地獄のヒーロー」(84)原題Missing In Action(戦闘中行方不明者という意味)だ。物語は主人公のブラドック大佐がベトナムに行きそこの捕虜を助けるという内容だが、最初の怒涛のアクションとラストの爆発シーンに銃撃シーンはなかなか迫力ある。途中やや中だるみもあるが古い映画だから仕方がない。もう一つ忘れてはならないのがこの作品に、スタントとしてブレイク前のジャン=クロード・ヴァンダムがクレジットに出ていることで、どこに出演しているかは不明だが、他に見所もあるということだ。
投稿者:チャック投稿日:2004-12-23 10:58:28
この作品を「ランボ−/怒りの脱出」のパクリだと思って
いる人もいるだろうけれども、それは大きな間違いだ!
なぜかというと、「ランボ−/怒りの脱出」の方は製作
年が1985年でこの本作はそれより古い1984年の作品で
どっちかというと「ランボ−」シリ−ズのようなあまり
にも、予算がかかっているハリウッド大作よりもこの
「地獄のヒ−ロ−」シリ−ズのようなキャノン製の
アクション映画の方が好きだ。
投稿者:ASH投稿日:2002-04-15 23:28:42
ノリちゃんによる「ランボー」(続編の方)亜流映画第1弾!
徹底したパクリ精神とB級精神は評価に値する映画だと思います。
本家「ランボー2」もそうだけど、こちらも負けずに乱暴な映画だった。
強引で荒唐無稽な展開についていけるならOK!
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION