allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

成瀬巳喜男 なるせ・みきお

■生年月日 : 1905/08/20
■出身地 : 東京都
■没年 : 1969/07/02

【フィルモグラフィー】
恋にめざめる頃 (1969)脚本
乱れ雲 (1967)監督
ひき逃げ (1966)監督
女の中にいる他人 (1966)監督
乱れる (1964)監督/製作
女の歴史 (1963)監督
放浪記 (1962)製作/監督
女の座 (1962)監督
妻として女として (1961)監督
秋立ちぬ (1960)監督/製作
夜の流れ (1960)製作/監督
娘・妻・母 (1960)監督
女が階段を上る時 (1960)監督
コタンの口笛 (1959)監督
鰯雲 (1958)監督
杏っ子 (1958)脚本/監督
あらくれ (1957)監督
流れる (1956)監督
妻の心 (1956)監督
驟雨 (1956)監督
くちづけ (1955)製作
浮雲 (1955)監督
晩菊 (1954)監督
山の音 (1954)監督
あに・いもうと (1953)監督
 (1953)監督
夫婦 (1953)監督
稲妻 (1952)監督
おかあさん (1952)監督
お国と五平 (1952)監督
めし (1951)監督
舞姫 (1951)演出
銀座化粧 (1951)監督
薔薇合戦 (1950)監督
白い野獣 (1950)監督/脚本
怒りの街 (1950)演出/脚本
石中先生行状記 (1950)監督
不良少女 (1949)脚本/監督
四つの恋の物語 (1947)演出
浦島太郎の後裔 (1946)演出
三十三間堂通し矢物語 (1945)演出
芝居道 (1944)演出
愉しき哉人生 (1944)脚本/監督
歌行燈 (1943)監督
秀子の車掌さん (1941)脚本/演出
なつかしの顔 (1941)脚本/演出
旅役者 (1940)演出/脚本
化粧雪 (1940)原作
まごころ (1939)演出/脚本
はたらく一家 (1939)演出/脚色
鶴八鶴次郎 (1938)脚本/演出
禍福 後篇 (1937)演出
禍福 前篇 (1937)演出
女人哀愁 (1937)演出/原作/脚本
桃中軒雲右衛門 (1936)演出/脚本
噂の娘 (1935)演出/脚本
妻よ薔薇のやうに (1935)脚本/演出
乙女ごころ三人姉妹 (1935)演出/脚本
限りなき舗道 (1934)監督
夜ごとの夢 (1933)原作/監督
君と別れて (1933)原作/監督/脚色
生さぬ仲 (1932)監督
腰辨頑張れ (1931)原作/監督/脚本
【ユーザー評価】
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2010-09-14 14:47:34
浮雲 1955
娘・妻・母 1960
乱れ雲 1967
投稿者:孤狼投稿日:2008-04-09 18:22:21
黒澤・小津・溝口・成瀬だったはずが、何故か成瀬が省略され、他の三人しか挙げない人が多くなったようだ。
誤解を恐れずに言ってしまうが、私にはどうも黒澤・溝口の才気というものが解らない。確かに彼等の作品群にも傑作はあるが、私にとってそれは数えられる程度である。
一方、小津安二郎や成瀬巳喜男のフィルモグラフィーは逸品揃いで、小津の『東京物語』、成瀬の『めし』や『浮雲』、『鶴八鶴次郎』等は日本映画史上に輝く至宝である。昔の日本映画といえば黒澤の名前くらいしか浮ばないという映画ファンには是非、小津・成瀬から“デビュー”してほしいと思う。
投稿者:Bava44投稿日:2007-10-31 19:21:33
上のリストにはない1937年製作の『女人哀愁』を見た。
嫁に行った受身的なヒロイン(入江たか子)が、嫁ぎ先での圧力に耐えるうちに自我に目覚める映画。

入江たか子のアイドル映画みたいな面や、(当時の)女性の自立を描いた作品としての面だけでなく、
成瀬のテンポの良い活き活きとした映像表現で映画としても、それなりに成功している。(娯楽的な映画ではあるけど)

終盤は多少サスペンス風になるが、それ以前の些細な描写の積み重ねでヒロインにかかる圧力を観客にも感じさせるのが上手い。
それがヒロインに感情移入させ、そして彼女の行動に説得力を与えている。また、嫁ぎ先の舅姑が特に悪い人間ではないというのも良い。
7点
投稿者:KUROSYOU7投稿日:2006-08-27 15:30:55
日本における、最も優れた映画人は、彼なのではないかと時々思う。
投稿者:アリョーシャ投稿日:2003-07-29 22:49:27
成瀬巳喜男の作品を見てゆくと、「銀座化粧」「おかあさん」の田中絹代と香川京子、「めし」の原節子と島崎雪子、「稲妻」の高峰秀子と香川京子、「あにいもうと」の京マチ子と久我美子、「山の音」の原節子と角梨枝子、「浮雲」の高峰秀子と岡田茉莉子、「驟雨」の原節子と香川京子、「鰯雲」の淡島千影と司葉子、といった具合に大スター女優と当時の新進スター女優を組み合わせた作品が多いことに気づく。そしてその何れもが成功している。まさに女性映画の巨匠と言われる所以である。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 監督賞稲妻 「おかあさん」に対しても
【ソフトリリース】
・発売中
【邦画】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】あに・いもうと2016/10/28\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】あに・いもうと2005/05/27\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】稲妻2012/10/26\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】稲妻2005/05/27\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】浮雲2005/07/22\4,500amazon.co.jpへ
 【DVD】女が階段を上る時2005/08/26\4,500amazon.co.jpへ
 【DVD】女の中にいる他人2005/07/22\4,500amazon.co.jpへ
 【DVD】銀座化粧2002/09/01\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】流れる2005/08/26\4,500amazon.co.jpへ
 【DVD】成瀬巳喜男 THE MASTERWORKS 22005/08/26\20,000amazon.co.jpへ
 【DVD】成瀬巳喜男 THE MASTERWORKS 12005/07/22\20,000amazon.co.jpへ
 【DVD】放浪記2005/08/26\4,500amazon.co.jpへ
 【DVD】乱れ雲2005/08/26\4,500amazon.co.jpへ
 【DVD】乱れる2005/07/22\4,500amazon.co.jpへ
 【DVD】娘・妻・母2005/07/22\4,500amazon.co.jpへ
 【DVD】めし2005/07/22\4,500amazon.co.jpへ
 【DVD】山の音2005/08/26\4,500amazon.co.jpへ
【評価】
作品名投票数平均
【監督】
歌行燈8 9.25
乱れる14 9.07
おかあさん15 8.87
流れる19 8.84
稲妻10 8.80
山の音9 8.78
放浪記13 8.77
浮雲26 8.65
驟雨8 8.25
乱れ雲13 8.15
めし15 7.93
秋立ちぬ9 7.89
あらくれ8 7.38
女が階段を上る時11 7.27
鰯雲9 7.11
女の座6 7.00
妻の心7 6.71
娘・妻・母6 6.50
【製作】
乱れる14 9.07
放浪記13 8.77
秋立ちぬ9 7.89
【脚本】
鶴八鶴次郎10 9.60
妻よ薔薇のやうに6 9.17
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION