allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フランク・ボーゼージ 

Frank Borzage

■生年月日 : 1894/04/23
■出身地 : アメリカ/ユタ州ソルトレイクシティ
■没年 : 1962/06/19

【フィルモグラフィー】
聖なる漁夫 (1959)製作/監督
戦火 (1958)<未>監督
Moonrise(原題) (1948)<未>監督
永遠に君を愛す (1946)<未>監督/製作
愛の協奏曲 (1946)<未>監督
アメリカの恋人 (1946)撮影/監督
海賊バラクーダ (1945)監督
ステージドア・キャンティーン (1943)<未>製作/監督
春の序曲 (1943)監督
花の合唱(コーラス) (1942)製作/監督
死の嵐 (1940)<未>監督
大編隊 (1940)監督
三人の仲間 (1938)監督
緑の灯 (1937)監督
大都会 (1937)監督
歴史は夜作られる (1937)監督
真珠の頚飾 (1936)監督
海行かば (1935)監督
第三階級 (1934)監督
ますらを (1934)監督
お姫様大行進 (1934)製作/監督
青空天国 (1933)監督
秘密 (1933)監督
ほほえみの街 (1932)監督
ヤング・アメリカ (1932)監督
戦場よさらば (1932)監督
医者の妻 (1931)監督
親爺は若い (1931)監督
バッド・ガール (1931)監督
我が心の歌 (1930)監督
リリオム (1930)監督
幸運の星 (1929)監督
 (1929)監督
巴里見るべし (1929)監督
街の天使 (1928)監督
第七天国 (1927)監督
待てば海路の日和とか (1926)監督
新婚第一年 (1926)監督
愛馬の面影 (1926)監督
なまけ者 (1925)監督
喧嘩両成敗 (1925)監督
在りし日 (1925)監督
死に行く我が子 (1925)監督
秘密 (1924)監督
冬の胡蝶 (1923)監督
汝犯す勿れ (1923)監督
空想の成功 (1922)監督
雪谷の脅威 (1922)監督
裸一貫 (1921)監督
ユーモレスク (1920)監督
巴里の花売 (1919)監督
神の鉄槌 (1919)監督
モルモンの少女 (1917)出演
紅一点 (1917)監督
【ユーザー評価】
【ユーザーコメント】
投稿者:noir fleak投稿日:2011-10-14 22:51:34
(1948)がYoutubeで見られた。期待通りの傑作フィルムノワールだ。しかし撮影や出だしは完全なノワールだが、内容はちがう。舞台は南部の田舎町。父を絞首刑にされた男が、子供のときから自分をいじめていた男(ロイドブリッジズ)を喧嘩で誤って殺してしまう。そこからはその男の苦悩を周囲の人々が救うという、なんともノワールらしくない展開なのだ。悪人は一人もでてこない。保安官でさえも超紳士的! エセルバリモアのおばあさんもいいが、圧巻は黒人の犬使い。この当時の映画に出てくる黒人らしさ(言葉使い、顔つき、、)が全くなく、哲学的なのだ。セリフもすばらしい。すごい俳優がいたものだ。彼が最後に言う言葉の意味が私のヒアリングでは理解できないのが悔しい、、、
近年再評価されている名作。主演のデーンクラーク、36歳でアル中のため早世したゲイルガーネット(そんな人には全然見えない!)も立派な演技を見せている。

なお、冒頭のダンスパーティーで男性クルーナーが歌う歌の中に Magic in moonrise と出てくる。この歌手はうまいし、男性が歌うというのはノワールの中できわめて珍しい。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 監督賞バッド・ガール 
■ 監督賞第七天国 
【評価】
作品名投票数平均
【監督】
歴史は夜作られる7 8.71
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION