allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ソフィア・ローレン 

Sophia Loren

ソフィア・ローレン

Photo:AFLO

ソフィア・ローレン (16才頃)

■生年月日 : 1934/09/20
■出身地 : イタリア
■本名はSofia Villani Scicolone。母妹と共にナポリで貧しい生活を送る。当時から素晴らしいプロポーションだったが50年、“海の女王コンテスト”で12人の中に選ばれ、その賞金で演劇学校に通う。その後残りの賞金でローマに移住。同年「クォ・ヴァディス」で映画デビュー(エキストラ)。しかし依然生活は厳しく、ヌードで映画出演したり、モデルになったりしていた。だが次第に運も味方につき、「ナポリの饗宴」に出演してイタリアで火が着き始め、55年「河の女」の野性的な魅力で世界的にも名前が知られるようになる。そしてそれを見たスタンリー・クレーマーによって57年「誇りと情熱」でハリウッドデビュー。以降、演技面でも実力を発揮して数々の賞を受賞。イタリアを代表する大女優となった。現在でもその美貌は決して失われてはいない。57年、下積みの頃から知り合いであり、良きアドバイザーだったプロデューサーのカルロ・ポンティとメキシコで結婚。しかしローマ・カトリックの布教されていないメキシコでの、既婚者だったカルロの離婚と結婚を教会は許可せず、逆にカルロを重婚罪で告訴、戸籍上は不成立となった。その後長い同棲生活の末、66年パリで結婚成立。イタリアの上告裁判でも重婚罪は却下された。以降二人とイタリアの関係はあまり良くないと言われている。68年に長男、73年に次男を出産している。

 Photos

【フィルモグラフィー】
ソフィア・ローレン 母の愛 (2010)<TVM>出演ロミルダ・ヴィッラーニ
NINE (2009)出演ママ
マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶 (2006)出演
微笑みに出逢う街角 (2002)出演オリビア
アルマーニ (2000)出演
ラブリー・オールドメン/釣り大将LOVE LOVE日記 (1995)<未>出演
プレタポルテ (1994)出演
ふたりの女 (1989)出演
ルシアの生涯 (1988)<TVM>出演
勇気 (1986)<TVM>出演
美女誕生/ソフィア・ローレン (1980)<TVM>出演
リベンジャー (1979)出演
愛の彷徨 (1978)<未>出演
ブラス・ターゲット (1978)出演
特別な一日 (1977)出演
カサンドラ・クロス (1976)出演ジェニファー・チェンバレン
ガンモール/おかしなギャングと可愛い女 (1975)出演
逢いびき (1974)出演ローラ
愛の終りに (1974)出演
旅路 (1974)出演
ラ・マンチャの男 (1972)出演
結婚宣言 (1970)出演
ひまわり (1970)出演ジョバンナ
イタリヤ式奇跡 (1967)出演
伯爵夫人 (1967)出演
アラベスク (1966)出演ヤスミン
栄光の丘 (1966)出演
レディL (1965)出演
クロスボー作戦 (1965)出演
あゝ結婚 (1964)出演
ローマ帝国の滅亡 (1964)出演
アルトナ (1963)出演
昨日・今日・明日 (1963)出演
真夜中へ5哩 (1962)出演
ボッカチオ'70 (1962)出演
戦場を駈ける女 (1961)出演
エル・シド (1961)出演
求むハズ (1960)出演
ふたりの女 (1960)出演
バラ色の森 (1960)出演
ナポリ湾 (1960)出演
西部に賭ける女 (1960)出演
私はそんな女 (1959)出演
黒い蘭 (1958)出演
月夜の出来事 (1958)出演
 (1958)出演ステラ
楡の木蔭の欲望 (1958)出演
失われたものゝ伝説 (1957)出演
誇りと情熱 (1957)出演
島の女 (1957)出演
バストで勝負 (1955)出演
殿方ごろし (1955)出演
河の女 (1955)出演
無常なるかな人生 (1954)<未>出演
侵略者 (1954)出演
ナポリの饗宴 (1954)出演
クォ・ヴァディス (1951)出演
【ユーザー評価】
【ユーザーコメント】
投稿者:アリョーシャ投稿日:2015-07-16 23:09:20
映画全盛期のスターとニューシネマ以降のスターとでは、その位置づけが全く違うことを感じさせる、文字通り天上に輝く星を意味する、最後の大スター女優だと思います。またハリウッドで一番活躍したイタリア女優でもありますね。
投稿者:ベルセルク投稿日:2010-01-21 18:32:24

 ハリウッド黄金期(50年代〜60年代)のスター達の輝きは今のスター達の比ではありません。
 言ってみればおよそ現実離れした美の魔物(女神・妖精・名花含む)たちでした。
 
 20年代末〜60年代までのスター達は時を経るごとに輝きを増していき、それは驚異の域に達していると思います。
 逆にニューシネマ〜現代のスター達は時と共に色褪せてくるような気が…

 そのいわゆる伝説的スーパースター達の中でも自分的に特にきらめいて見えたのはソフィア・ローレンとグレース・ケリー。
 ソフィアは悲劇良しシリアス良しの高い演技力を誇ると同時に極上のコメディエンヌでもあったのが他のスター達から抜きん出ている所ではないでしょうか?

 「ボカッチョ70」「昨日・今日・明日」「ああ結婚」なんかは、もうケチ付ける所が無いくらいに完璧な演技だし、魅力も爆発的。
 彼女の数多い演技賞受賞歴の対象は、ほぼ悲劇作品によるもののようですが、どうしてコメディの演技がもっと評価されなかったんでしょうか不思議です。

 残念な事に例外を除けば60年から70年の約10年しか輝かしい実績を残していないようですが、その短期間の間にあれほどの名作・代表作を量産したのは驚くしかありません。
 
 キャリア最後の佳作となった77年の「特別な一日」の頃は役柄もあるんでしょうが、大分渋ーくなってました。(まぁ全盛期にはあり得なかった“受け”の演技が出来る様になったという事でもあるんでしょうが)
 「ガンモール」なんて彼女が得意としたお転婆娘のコメディエンヌぶりが随分と精彩を失い悲惨なものになってて残念でした。

 ただ、美しさも演技力もセックスアピールも同期のスーパースター、リズやオードリーに比べて衰えてなかった彼女、まだまだ成熟した熟女役で名演技を残せるはずだったのに叶わなかったのが残念でなりません。

 彼女の成功はデ・シーカの力も大きかったんでしょうね。


 全盛期の彼女はその存在感や輝きがあまりにも強烈過ぎて、“受け”の演技が出来ない役者はみんな彼女に食われてしまうようなところがありました。
 コメディが不得意、というのもあるんでしょうが、あのカリスマ的名優、マーロン・ブランドでさえそうだったんだから、彼女のスターとしての強烈さが改めて痛感されます。

 
 ソフィア・ローレンはまさに“太陽の女”だったように思えます。
 そばにいる役者達は彼女の強烈な日差しを浴びて焼き消されてしまうか、見えなくなってしまうか、或いは海の水面のように上手に光を受けてキラキラと反射させるか…
 …そんな感じだったように思えます。

 その“海の水面”のような俳優、名コンビで知られたマルチェロ・マストロヤンニなんかは“受け”の演技は抜群に上手かった。


 彼女の代表作として名高い「二人の女」、実は最初ソフィアは母親役ではなく娘役だったそうです。
 母親役は誰だったと思います?
 なんとあのアンナ・マニャーニだったそうですよ!

 ところがマニャーニがソフィアが娘役であることを嫌がって降りてしまった。
 分かるような気がします。
 あの、自分が女王でなくでは気が済まないようなプライドの高いマニャーニにしてみれば美しさは当然のこと、演技力や存在感でもソフィアに脅威を感じていたんでしょう。

 でもそれくらいの大物だったと思います、ソフィアは。

 「ボカッチョ70」あまり知られてないですが、スーパースターとしてのソフィアの代表作である事は間違いないと思います。
 その貫禄溢れる明るいお色気、圧倒するようなオーラ。そして何よりお話が親しみやすくて面白い。
 何故この贅沢極まりない(監督がヴィスコンティ&フェリーニ&デ・シーカの共作)作品が普及してないかというと、長大な上にヴィスコンティのエピソードが思いっきり下らないからじゃないかと思います。
 (マリオ・モニチェリ監督の第1話はまだいいとして、ヴィスコンティの第3話はハッキリ言って見ない方がいいくらいです)

 DVDはレンタルしてませんがビデオでは出てるようです。
 是非お勧め。
投稿者:映子投稿日:2005-02-26 23:13:23
その昔、私が多分小学生だった頃、笑福亭仁鶴さんの対談番組にゲスト出演されたのを覚えています。その頃はまさに旬の時期で私も大ファンでした。
オードリー・ヘップバーンは今でも変わらずその頃から大好きなのですが、なぜかこの方は80年代に入り、私の好きなスターからはなんとなく遠のいてしまいました。特に感動したのは「ひまわり」と「チャップリンの伯爵夫人」なのですがなぜかこの両作品も今見直すとあの頃の感動が出来ません。あの頃は今のようにビデオもなく、映画館に行く事もあまり出来なかったので、テレビで放映される作品が本当に楽しみでした。映画に対する情熱はあの頃が最高に強かったと時々思います。
投稿者:Carol Sakeski投稿日:2004-12-24 15:56:00
“ひまわり”を見て、そこらへんのエキストラとは
一段違う位置にいる雰囲気。ただ立っているだけで、
ただ歩いているだけで、大女優の貫禄。
こういう強い感じに年を重ねたいな、って思いました。http://www010.upp.so-net.ne.jp/Carol_s/
投稿者:キボ投稿日:2001-03-04 21:32:35
日本人からは「火星人みたい」なんて言われたらしい彼女ですが、
その迫力のある力強い美しさは、日本人にはなじみはなくてもとにかく美しいです。大作りな顔立ちとパワフルなスタイルは、陽気でせつないイタリアの象徴になっていると思います。
現在66歳の大女優さんですが、新作を楽しみにしています。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 名誉賞 
□ 主演女優賞ああ結婚 
■ 主演女優賞ふたりの女 
■ 女優賞ふたりの女 
■ 功労賞 
■ 女優賞黒い蘭 
■ 功労賞 
■ 女優賞ふたりの女 
□ 助演女優賞プレタポルテ 
 ■ セシル・B・デミル賞 
■ 世界でもっとも好かれた女優 
■ 世界でもっとも好かれた女優 
■ 助演女優賞 
■ 世界でもっとも好かれた女優 
■ 女優賞(国外)ふたりの女 
【ソフトリリース】
・発売中
【洋画】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ああ結婚2001/06/28\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】あゝ結婚 HDニューマスター版2009/12/02\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】あゝ結婚 HDマスター版2015/12/26\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】アルマーニ2004/06/16\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】MGMミュージカルBOX <初回限定生産>2005/06/03\12,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】エル・シド2012/05/11\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】エル・シド デジタルニューマスター版2006/05/25\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】エル・シド2012/05/11\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】エル・シド デジタルニューマスター版2003/02/27\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】鍵2017/02/27\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】カサンドラ・クロス2001/04/27\3,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】カサンドラ・クロス2016/07/20\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】カサンドラ・クロス2006/10/27\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ガンモール/おかしなギャングと可愛い女2011/02/28\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】昨日・今日・明日2006/10/27\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】昨日・今日・明日2001/06/28\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】昨日・今日・明日 HDマスター版2015/12/26\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】昨日・今日・明日 HDニューマスター版2009/12/02\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】世界名作映画全集 94 クォ・ヴァディス2006/03/25\2,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】クォ・ヴァディス2010/04/21\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】クォ・ヴァディス2008/11/19\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】クォ・ヴァディス2005/07/01\2,667amazon.co.jpへ
 【DVD】【ワーナー・プラチナ・コレクション】 クォ・ヴァディス2008/11/19\3,790amazon.co.jpへ
 【DVD】クォ・ヴァディス2008/04/24\934amazon.co.jpへ
 【DVD】クラシック名画シアター3 ふたりの女/キング・ソロモン2006/05/26\980
 【DVD】結婚宣言2012/11/26\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】西部に賭ける女2008/01/18\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】西部に賭ける女2010/05/28\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】西部に賭ける女2005/08/19\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】戦場を駈ける女2004/08/27\2,838amazon.co.jpへ
 【DVD】ソフィア・ローレン・フィルムス2001/06/25\3,200amazon.co.jpへ
 【DVD】ソフィア・ローレン プレミアム DVD-BOX2010/10/06\8,400amazon.co.jpへ
 【DVD】月夜の出来事2015/07/08\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】特別な一日 HDマスター版2015/12/26amazon.co.jpへ
 【DVD】プレミアムプライス版 特別な一日 HDマスター版 《数量限定版》2017/01/28\1,690amazon.co.jpへ
 【DVD】特別な一日2004/07/16\2,838amazon.co.jpへ
 【DVD】NINE2011/06/24\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】NINE スペシャル・エディション2010/09/09\2,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】NINE Blu-ray2010/09/09\3,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】NINE Blu-ray2011/06/24\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ナポリ湾2010/05/28\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ナポリ湾2005/12/16\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ナポリ湾2008/01/18\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】伯爵夫人 <初回限定生産>2011/05/25\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】伯爵夫人2012/12/05\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】伯爵夫人 <初回限定生産>2009/01/22\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】伯爵夫人 <初回限定生産>2006/11/30\933amazon.co.jpへ
 【DVD】伯爵夫人 <初回限定生産>2008/08/07\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】伯爵夫人 <初回限定生産>2007/11/08\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】バラ色の森2015/07/08\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ひまわり デジタルリマスター版2005/06/24\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ひまわり デジタルリマスター版1999/12/24\3,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ひまわり2013/07/26\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ひまわり HDニューマスター版2009/12/02\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ブラス・ターゲット2013/12/09\3,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】プレタポルテ2012/04/04\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】プレタポルテ1999/04/05\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】プレタポルテ2012/04/04\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】誇りと情熱2005/09/30\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】誇りと情熱2006/11/24\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】微笑みに出逢う街角 デラックス版2005/11/25\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ボッカチオ'702003/11/21\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】ボッカチオ'70 <全長版> [HDニューマスター版]2010/05/05\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ボッカチオ'70 HDマスター版 <全長版>2016/01/29\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】名優マルチェロ・マストロヤンニ COLLECTORS DVD-BOX2017/03/30\6,800amazon.co.jpへ
 【DVD】マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶2008/10/03\5,400amazon.co.jpへ
 【DVD】求むハズ2004/10/22\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】ラ・マンチャの男2005/04/08\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ラ・マンチャの男2011/06/22\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ラ・マンチャの男2006/10/27\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】ラ・マンチャの男2004/12/03\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】リベンジャー2004/01/23\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】リベンジャー2009/06/05\500
 【DVD】ローマ帝国の滅亡 デジタルニューマスター版2006/05/25\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ローマ帝国の滅亡2012/05/11\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ローマ帝国の滅亡 デジタルニューマスター版2003/02/27\3,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ローマ帝国の滅亡2012/05/11\2,381amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION