allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

キャサリン・ヘプバーン 

Katharine Hepburn

■生年月日 : 1907/05/12
■出身地 : アメリカ/コネティカット州ハートフォード
■没年 : 2003/06/29
■本名はKatharine Houghton Hepburn。飾り気のないスタイルと個性的な魅力、比類なき演技力で万人から愛された演技派大女優で、現在のところオスカー受賞4回という最多記録を持つ。著名な外科医の家庭に6人兄妹の2番目として生れる。12歳でアマチュア劇団の舞台を踏み、女子大でも演劇に熱中する日々を送り、卒業後エドウィン・ノッフの主宰する劇団に入りプロ・デビュー。同年ブロードウェイでも舞台に上がる。32年の舞台で注目されRKOと契約し「愛の鳴咽」で映画デビュー。翌年の出演3作品目の「勝利の朝」で大絶賛され、アカデミー主演賞を受賞。40年の「フィラデルフィア物語」は、前年ブロードウェイで幕を開けると、すぐに彼女自身が映画化権を取得、MGMに持ちこんだという経緯もあった。42年「女性No.1」でスペンサー・トレイシーと初共演し以降、計9本を共にして公私に渡って親密な関係を続けたのは有名な話(62年の“LONG DAY'S JOURNEY INTO NIGHT”出演以降の5年間は映画に出ず、病に伏したトレイシーを彼の妻と交代で看病していた)。67年トレイシーの遺作となった「招かれざる客」で2度目の、翌年「冬のライオン」で3度目のオスカーに輝く。その後プロードウェイの舞台と映画に間隔を置きながら出演。81年の「黄昏」で4度目のオスカーを手中にした。「アフリカの女王」、「旅情」、「去年の夏突然に」も代表作として明記したい。結婚は28年に学生時代から交際していたフィラデルフィアの名士の息子としたが34年に離婚。「招かれざる客」のキャサリン・ホートンは姪にあたる。03年06月、老衰のためこの世を去った。
■関連人物 : キャサリン・ホートン

 Photos

【フィルモグラフィー】
映画の巨人 ジョン・フォード (2006)<OV>出演
めぐり逢い (1994)出演
たった一度のクリスマス/ある逃亡者との物語 (1992)<TVM>出演
ニック・ノルティ/キャサリン・ヘップバーンの 愉快なゆかいな殺し屋稼業 (1985)<未>出演
黄昏 (1981)出演
ゆかいな風船旅行 (1977)出演ミス・パッド
オレゴン魂 (1976)出演ユーラ・グッドナイト
恋の旅路 (1975)<TVM>出演
トロイアの女 (1971)出演
シャイヨの伯爵夫人 (1969)出演
冬のライオン (1968)出演
招かれざる客 (1967)出演
夜への長い旅路 (1962)<未>出演
去年の夏 突然に (1959)出演
おー!ウーマンリブ (1957)<未>出演
雨を降らす男 (1956)出演リジー
ロマンス・ライン (1956)出演
旅情 (1955)出演
パットとマイク (1952)<未>出演
アフリカの女王 (1951)出演ローズ・セイヤー
アダム氏とマダム (1949)出演
愛の立候補宣言 (1948)<未>出演
大草原 (1947)出演
愛の調べ (1947)出演
底流 (1946)<未>出演
ステージドア・キャンティーン (1943)<未>出演
火の女 (1942)出演
女性No.1 (1942)出演
フィラデルフィア物語 (1940)出演
赤ちゃん教育 (1938)出演
素晴らしき休日 (1938)出演
ステージ・ドア (1937)出演
偽装の女 (1937)出演
メアリー・オブ・スコットランド (1936)<未>出演
女性の反逆 (1936)出演
男装 (1935)出演
乙女よ嘆くな (1935)出演
心の痛手 (1935)出演
野いばら (1934)出演
小牧師 (1934)出演
ヘプバーン&トレーシー物語 (1933)<未>出演
勝利の朝 (1933)出演
若草物語 (1933)出演
人生の高度計 (1933)出演
愛の鳴咽 (1932)出演
【ユーザー評価】
【ユーザーコメント】
投稿者:noir fleak投稿日:2011-05-05 16:29:26
作品リストに出ていないが、これは大珍作。MGMがビンセントミネリ監督、ヘップバーンとロバートテイラー主演、しかもロバートミッチャムも起用して作ったフィルムノワールである。ミネリ、ヘップバーンがノワール?! それぞれの経歴の中で多分これ一作だけだろう。そして出来も立派なものだ。
知性も金もある理想の男テイラーと結婚したヘップバーンは、彼には行方不明になった兄がいることを知らされる。しかしテイラーは兄の話をすることをいやがり疑念がますます深まっていく。何となく「レベッカ」的ストーリーで、最後は全く予想外な展開。サスペンスも充分だ。ヘップバーンにこのような
「か弱き?」役柄はミスキャストという見方もあるが、映画としては面白いし、彼女の名演技ももちろんたっぷり楽しめる。
全編に名曲So In Loveが使われており、これがミステリーの引き金となる。
また、動物の演技がすばらしいのに驚いた。
ノワールファンなら見逃すことはできません。
投稿者:古井武士投稿日:2010-11-23 20:27:47
「英語圏で最高の演技派男優は誰か?」と映画ファンに問えば異論百出、すぐにウォルター・ブレナン、ジョン・バリモア、スペンサー・トレイシー、ジョン・ギールグッド、ローレンス・オリビエ、リチャード・バートンらの名前が挙がり、とても一人には絞りきれない。
ところが、これが女優となれば話は簡単で「それはケイト(キャサリン)・ヘップバーンだ」のひと言で片が付き、どこからも異論は出ない。
ハリウッドの黄金時代、演技派女優といえばベティ・デイビスやスーザン・ヘイワードに付く枕詞だったが、それも「ケイトは別格として」の話だった。
類稀な美貌、グラマラスな肢体、コケティッシュな愛嬌といった、当時の女優に求められたものが一切なく、唯一無二の演技力を武器にして頂点を極めた。
自分に絶対の自信を持つゆえにプライドが高く、撮影終了を確認するや監督に唾を吐きかけたり、くだらない脚本を送ってよこしたプロデューサーを電話で怒鳴りつけたりといったエピソードは数多い。
同じ俳優にも容赦はなく、『雨を降らす男』でバート・ランカスターと共演したとき、遅刻したランカスターを「あんたなんかプロじゃない」とスタッフの面前で罵り、全員に謝罪させたのは有名な話。
(当時のランカスターはハリウッドの反逆児と呼ばれ、自分の独立プロで製作した『マーティ』がオスカーを受賞するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いだった)
デビュー2年目にして初めてオスカーを獲得したものの、次の受賞まで34年も間が空いたのは、こういった態度がメジャー・スタジオの力が強かった当時のハリウッドで製作者や監督たちに嫌われたからだ。
もしケイトが彼らと上手に付き合っていたら、手にしたオスカーは1ダースでも足りなかったろうとまで言われている。
『アフリカの女王』でオスカーを逃したときには、共演のハンフリー・ボガートが(自身は主演男優賞を獲得しているにもかかわらず)「とてもフェアな選考とは思えない」と嘆息したほどだった。
逆に言えば、それほど嫌われていながら出演依頼が引きもきらなかったということは、彼女に代わる者など誰もいない、完全無欠のオンリーワンであったことの何よりの証明だろう。
大のスカート嫌いでパーティ嫌い(4度もオスカーに輝いたのに、受賞式に出たのはたった1回、それもプレゼンターとしての登場で10分も会場にいなかった)、派手なアクセサリーも大嫌いだった。
投稿者:uptail投稿日:2010-09-13 16:34:55
赤ちゃん教育 -Bringing Up Baby 1938
フィラデルフィア物語 THE PHILADELPHIA STORY 1940
アダム氏とマダム ADAM\'S RIB 1947
投稿者:柚木紗世投稿日:2006-08-19 15:23:28
日本ではこの偉大なるキャサリンよりも、オードリーの方が断然好かれている。
私はそれが理解できない。
確かにオードリーは個性的だし、人間的にもとても素晴らしい人だった。
けれど、やはり私はキャサリンが好きだ。
何といってもあの演技。そして魅力ある個性的なスタイル(すごくお洒落!)。
とにかく、ああ、素敵な人だな、と思わせてしまう。
オードリー好きの人にも是非、キャサリンの映画を観てもらいたい。
きっと彼女の良さも分かってもらえると思う。
それと同時に、日本でもキャサリンの認知度が上がって欲しい。

投稿者:まろっこ投稿日:2003-09-09 15:10:02
CNNで、彼女を知る人が、彼女の性格、彼女の演技に対する思い入れなど、キャサリン・ヘプバーンについて語っていました。その時、ある人が、彼女はとても傲慢な女性だといっていました。けれど、そのことばには、決して悪い意味はなく、彼女への尊敬の意の表れだったことを覚えています。
しかし、私はそんなヘプバーンを全く知らず、どんな素晴らしい女優なのかと期待をふくらましていたところ、数日後、他界されてしまい、とても残念に思っています。
でも、彼女の女優としての、女性としての、人間としての生き方は、これからも受け継がれることでしょう。
ヘプバーン自身も、末永く尊敬され、その名は永遠に人々の心に残るでしょう。
ご冥福をお祈りいたします。
投稿者:mooo投稿日:2003-07-03 02:32:26
とにかく単純に「カッコイイ」という一言がピッタリの人でした。映画を観ればその見事な演技に、自伝などを読んだりすればその生き様に・・・。E・テイラーの追悼コメントの『女優が憧れた女優』であったという言葉はお世辞では無いと思います。ヘプバーン自身が、パートナーであったS・トレイシーについて「男の中の男」という表現を使ったけど、彼女もまさしく「女の中の女」でありましょう・・・。本国での扱いと違って、日本では「役者の誰々さんが亡くなりました」というニュースとしておざなりな扱いですが、心よりご冥福を申し上げます。
投稿者:ハル@投稿日:2003-07-01 01:48:35
今日キャサリンが亡くなった事をインターネットで知りました。
その時はまるで実感がなく今も同じです。
僕は彼女をビデオでしか知らず存在を知った頃にはもう現役ではありませんでした。
しかし彼女の存在が僕を映画に興味を持たせてくれました。

彼女の作品で好きなのは「黄昏」です。
この映画を見たとき僕は10代でした。
演技の事ではあまり高い評価を受けてないようですね。僕はそういう事はよく分かりませんが、この映画のエセルは凄く素敵な女性で、キャサリンもまるで演技である事を忘れているのではないかと思うほど楽しげに、そして生き生きとしていました。
見ている僕はいとおしい気持ちになりました。
素晴らしい映画でした。


感動を、笑いをありがとう。
そして、まだ僕の見てない作品でまた会いましょう。
スクリーンで見れなかったのが残念です。

ご冥福お祈りします。
投稿者:D.T投稿日:2003-06-30 23:57:38
29日午後、キャサリン・ヘップバーンが米国コネティカット州オールド・セイブルックの自宅で死去した。―享年96歳。



キャサリン・ヘップバーンという女優は映画劇中で演技のテンションが落ちない。

例えば、30歳代のキャリア中の黄金期においても、決して圧倒的な美貌や可愛らしさでファンの目を惹きつけるわけではなく、しかし、映画劇中で段々輝きを増して行く演技の底力ゆえに多くのファンを集めた女優なのだと思う。ここら辺に、僕は極めて映画女優的な資質を感じ取る。



いま、ぼんやり思うのは、「幾つかの映画中で僕が感じていたヘップバーンのオーバーアクトって、多分に意図的なものだったのだろうな…」ということ。



彼女が映画で演じたヒロイン像からは、ヘップバーン本人の資質であろう大らかさ、人懐っこさ、並外れた生命感が立ち現れている。

加えて、彼女は映画に写る者としての美徳のひとつである快活さ(※例えば、『赤ちゃん教育』というスクリューボールコメディでは、意図的なオーバー・アクトによって、“快活さ”に“狂気性”が加わっていたように思う)を外面に纏いながら、時おり、無垢、知性、人徳、達観といったものを垣間見せる。つまり、僕らは、ヘップバーンが演じた役柄を通して、ヘップバーン自体の内面的な輝きをも見て来たに違いない。



この大女優のキャリアを数多く、また、丁寧に追ってこれなかった僕のような骨っ節の弱い映画ファンでも、彼女の存在、演技によって映画に強靭な生命力が加わった事を実感できる何本かの映画に此処まで接して来れたのは幸いだ。



僕がここまでに向き合った彼女の出演映画は、『赤ちゃん教育』(1938)『フィラデルフィア物語』(1940)『アフリカの女王』(1951)『旅情』(1955)『招かれざる客』(1967)『黄昏』(1981)がすべて。そのいずれも、劇中の役柄の年代やら、出演時のヘップバーンの実年齢などとは別次元に、ただただ、画面から物凄い熱気、生命感を放つ身振り、加えて、心を掴まれるような“素晴しい人間の表情”とでも言ったものが立ち現れる瞬間があったことが忘れがたい。



中でも、『赤ちゃん教育』は時代を突き抜ける映画ヒロインのひとつと言えそうな気がする。ここでヘップバーンは資産家の娘スーザンに扮し、(※詳細は省くが)結婚式を翌日に控えた恐竜学者デビッド(ケーリー・グラント)を追い掛け、追い詰め、ついに主人公をよろめかせてしまう。

―僕にとっては、『赤ちゃん教育』というスクリューボールコメディでの彼女を、“余りに我がままな…”、“余りにお転婆な…”等々と形容してみても収拾がつかない。ともかく、終幕でティラノザウルスの骨格が崩れて行く中、グラント扮する恐竜学者のように彼女に入り込まれてしまっている。



この映画だけでなく、僕がこれまで向き合ってこれたどの作品のヘップバーンにも、この2003年現在に向き合った時に決定的な古臭さを感じることはないように思う。彼女の成し得た演技の偉大な部分だろう。

別の言い方をすれば、彼女の演技というものは、映画が作られた時代背景の意義や重みから一旦開放されているように思うのだ。



僕は、今後、彼女の遺した映画(演技)に触れる度に、キャサリン・ヘップバーンという映画女優、映画スターに改めて敬意、愛情を深めて行くこととなるだろう。

―僕は、ヘップバーン出演映画中の未見のもの、例えば、キャリア後年の『冬のライオン』(1968)、『トロイアの女』(1971)、『オレゴン魂』(1976)、さらに、キューカー演出の『若草物語』(1933)、『素晴らしき休日』(1938)などに一つずつ向き合って行きたい。未だ見ぬ彼女と未だ見ぬ映画たちに驚かされたいのだ。



最後に、

ひとつの道を貫いて、多くの映画ファンを虜にした女性、偉大な映画女優に深い哀悼の意を捧げたい。


■http://ohwell.exblog.jp/
投稿者:Longisland投稿日:2003-06-30 16:28:58
東急文化会館閉館企画(東急名画座:ニーシネマパラダイス)観る為 早起きした電車内で知りました。なんか運命的・・・ 名画座の終わりと往年の名女優の死。 個人的には後年の印象が強かったが、最近『赤ちゃん教育』等古い作品を観て、この女優綺麗だったんだ〜と再認識。 意志の強い負けず嫌いの役柄が多かったせいか米国人の理想の女性になってますよね。
投稿者:Ikeda投稿日:2003-06-30 15:49:22
先ほど、亡くなられた事を知りました。解説にある通り演技派で、私の好きな女優の一人です。映画としては「フィラデルフィア物語」「女性No.1」「アダム氏とマダム」と言った所が好きでしたが、彼女だけを取り上げれば「アダム氏とマダム」が一番、印象に深いです。

ご冥福を祈ります。

投稿者:mozimo7投稿日:2003-06-30 10:08:49
さっきみたワイドショウでお亡くなりになったとのこと、謹んでご冥福をお祈りいたします。昨日ビデオで『冬のライオン』を見たばかりでしたので、とても驚きました。
『旅情』『黄昏』『フィラデルフィア物語』の三本が私のお気に入りです。
投稿者:tea-cup投稿日:2001-07-20 04:49:28
コネチカット州の病院に入院されたとのこと・・・。

どうぞ、お大事になさってください。

日本の一ファンより。

 
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 主演女優賞黄昏 
■ 主演女優賞冬のライオン 
■ 主演女優賞招かれざる客 
□ 主演女優賞LONG DAY'S JOURNEY INTO NIGHT 
□ 主演女優賞去年の夏 突然に 
□ 主演女優賞雨を降らす男 
□ 主演女優賞旅情 
□ 主演女優賞アフリカの女王 
□ 主演女優賞女性No.1 
□ 主演女優賞フィラデルフィア物語 
□ 主演女優賞乙女よ嘆くな 
■ 主演女優賞勝利の朝 
■ 集団演技賞LONG DAY'S JOURNEY INTO NIGHT 
■ 最優秀女優賞若草物語 
■ 女優賞フィラデルフィア物語 
□ 主演女優賞黄昏 
■ 主演女優賞冬のライオン 
 ■ 主演女優賞招かれざる客 
□ 女優賞(国外)雨を降らす男 
□ 女優賞(国外)旅情 
□ 女優賞(国外)パットとマイク 
【ソフトリリース】
・発売中
【洋画】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】愛の立候補宣言2012/07/06\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】赤ちゃん教育 HDマスター2016/06/15\3,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】赤ちゃん教育2016/06/15\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】世界名作映画全集 16 赤ちゃん教育2004/11/25\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】赤ちゃん教育2002/08/25\3,500amazon.co.jpへ
 【DVD】赤ちゃん教育1999/04/25\3,500amazon.co.jpへ
 【DVD】赤ちゃん教育2005/07/01\2,667amazon.co.jpへ
 【DVD】赤ちゃん教育2011/10/21\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ハワード・ホークス パック 「赤ちゃん教育」+「大自然の凱歌」2005/11/25\4,699amazon.co.jpへ
 【DVD】アダム氏とマダム2007/01/25\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】世界名作映画全集 90 アフリカの女王2006/03/25\2,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】アフリカの女王2011/07/20\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】アフリカの女王2001/12/21\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】アフリカの女王2003/01/25\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】アフリカの女王2011/10/21\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】アフリカの女王2005/06/21\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】アフリカの女王2005/07/01\2,667amazon.co.jpへ
 【DVD】巨匠たちのハリウッド エリア・カザン傑作選 DVD-BOX 12012/12/07\8,400amazon.co.jpへ
 【DVD】乙女よ嘆くな2013/05/03\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】オレゴン魂2016/11/18\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】オレゴン魂 <初回限定生産>2008/08/07\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】オレゴン魂2003/08/22\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】オレゴン魂 <初回限定生産>2006/06/23\1,429amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】オレゴン魂2013/06/26\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】オレゴン魂 <初回限定生産>2009/05/09\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】オレゴン魂2010/08/04\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】オレゴン魂 <初回限定生産>2007/10/11\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】オレゴン魂2005/01/05\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】去年の夏 突然に2004/06/23\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】去年の夏 突然に2010/09/22\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】去年の夏 突然に2016/10/04\1,400amazon.co.jpへ
 【DVD】去年の夏 突然に2007/04/04\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】偽装の女2003/10/25\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】偽装の女2000/02/25\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】偽装の女2010/03/01\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】偽装の女2011/10/21\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】勝利の朝2010/03/01\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】勝利の朝2003/10/25\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】勝利の朝2000/03/25\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】勝利の朝2011/10/21\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】巨匠たちのハリウッド ジョージ・スティーヴンス傑作選 DVD-BOX2013/05/03\8,400amazon.co.jpへ
 【DVD】女性No.12010/02/25\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ジョン・ウェイン ウエスタン・コレクション2008/12/04\5,600amazon.co.jpへ
 【DVD】ジョン・フォード傑作選 ベスト・セレクション DVD-BOX2014/12/03\12,000amazon.co.jpへ
 【DVD】ステージ・ドア2011/10/25\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ステージドア・キャンティーン2006/06/26\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】素晴らしき休日2014/12/25\4,667amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】西部劇 ベストバリューBlu-rayセット <期間限定スペシャルプライス>2016/12/21\8,250amazon.co.jpへ
 【DVD】西部劇 ベストバリューDVDセット <期間限定スペシャルプライス>2016/12/21\5,250amazon.co.jpへ
 【DVD】黄昏 <初回限定生産>2010/02/03\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】黄昏 <初回限定生産>2008/03/13\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】黄昏 <初回限定生産>2006/11/30\933amazon.co.jpへ
 【DVD】黄昏 <初回限定生産>2008/10/09\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】黄昏 <初回限定生産>2009/03/12\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】黄昏2009/07/08\1,714amazon.co.jpへ
 【DVD】黄昏2012/04/13\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】黄昏2011/11/23\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】大草原2012/12/07\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】底流2015/11/03\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】デスク・セット2005/09/30\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】アメリカの巨匠 ハワード・ホークス DVD-BOX2012/06/29\7,500amazon.co.jpへ
 【DVD】フィラデルフィア物語2005/07/01\2,667amazon.co.jpへ
 【DVD】フィラデルフィア物語2001/11/23\2,000amazon.co.jpへ
 【DVD】世界名作映画全集 31 フィラデルフィア物語2005/03/25\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】フィラデルフィア物語 スペシャル・エディション2005/10/07\3,790amazon.co.jpへ
 【DVD】フィラデルフィア物語2008/04/24\934amazon.co.jpへ
 【DVD】【ワーナー・プラチナ・コレクション】 フィラデルフィア物語2008/06/11\3,790amazon.co.jpへ
 【DVD】フィルム・ノワール ベスト・コレクション DVD-BOX Vol.62015/09/02\18,000amazon.co.jpへ
 【DVD】不滅の映画監督 ジョン・フォード傑作選 第2集 DVD-BOX 22011/10/07\8,400amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】冬のライオン2018/06/29\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】冬のライオン HDマスター版2011/03/25\3,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】冬のライオン HDマスター版2012/12/21\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】冬のライオン HDマスター版2012/12/21\2,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】冬のライオン HDマスター版2011/03/25\4,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】冬のライオン HDマスター版2014/05/23\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】冬のライオン HDマスター版2014/05/23\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】冬のライオン デジタルニューマスター版2002/01/30\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】冬のライオン2018/06/29\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】巨匠たちのハリウッド フランク・キャプラ 傑作選 DVD-BOX2012/07/06\8,400amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】招かれざる客2013/06/26\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】招かれざる客2010/02/03\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】招かれざる客 製作40周年アニバーサリー・エディション2008/01/23\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】招かれざる客2006/12/20\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】招かれざる客1999/05/28\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】招かれざる客2011/01/26\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】メアリー・オブ・スコットランド2011/10/07\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】めぐり逢い2002/06/07\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】めぐり逢い2013/11/06\1,429amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】旅情2012/06/08\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】旅情2012/06/08\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】旅情2000/08/25\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】若草物語2001/12/21\3,500amazon.co.jpへ
 【DVD】若草物語2011/10/21\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】若草物語2003/03/25\3,500amazon.co.jpへ
 【DVD】旅情2006/10/27\2,500amazon.co.jpへ
【評価】
作品名投票数平均
【出演】
赤ちゃん教育13 8.46
旅情10 8.40
素晴らしき休日6 8.17
招かれざる客15 8.00
若草物語6 8.00
黄昏17 7.88
冬のライオン13 7.85
アフリカの女王12 7.83
フィラデルフィア物語8 7.12
【広告】