allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

カルロス・レイガダス 

Carlos Reygadas


【フィルモグラフィー】
闇のあとの光 (2012)監督/製作/脚本
【ユーザー評価】
【ユーザーコメント】
投稿者:Laetitia投稿日:2014-08-09 06:19:31
やっとレイガダス監督の映画が日本劇場公開されて嬉しい。

皮肉にも彼の長編デビュー作のタイトルは『ハポン』、すなわち日本。

現代社会と暴力の関係性をテーマにした映画作家として、ほぼ同時期にハネケ、デュモンとレイガダスが世界的に注目され始めたにもかかわらず、レイガダスの作品だけが日本に紹介されるまでかなりの時間を要してしまった。

日本人の感性には赤裸々すぎる性描写が配給会社を躊躇させていたと思うが、通算3作目にあたる Silent Light ではあえて性描写を排除し、新たな境地へ達する偉業を遂げていただけに、何とか日本でも公開してほしい。

ほとんど音楽を使わず、自然音を重視するところも、個人的に評価が高くなる。
一度彼の公開インタビューに参加する機会に恵まれたが、観客の質問に的確に回答できる監督にあまりお目にかかったことがなかったため、改めて頭脳明晰さに感心させられた。

今後の活躍が非常に楽しみな監督のひとり。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ パルム・ドール闇のあとの光 
 ■ 監督賞闇のあとの光 
□ パルム・ドールLuz silenciosa 
 ■ 審査員賞Luz silenciosa 
□ パルム・ドールBatalla en el cielo 
■ カメラ・ドール(特別表彰)Japon 
□ 外国映画賞Stellet licht (メキシコ=フランス=オランダ=ドイツ)
【ソフトリリース】
・発売中
【洋画】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】闇のあとの光2014/12/03\4,500amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION