allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「あーぼう」さんのコメント一覧 登録数(207件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[181]もらとりあむタマ子
 父と娘を描いた邦画らしい邦画あーぼう2014-08-27
 【ネタバレ注意】
前田敦子に興味はなくとも、評判がよいのも納得のよくできた父と娘の物語だった。四季の移ろいとともに人間関係などの疑問が解けていく展開や、ロケ地の風景、クスリとさせる中・・・
続きを読む
前田敦子に興味はなくとも、評判がよいのも納得のよくできた父と娘の物語だった。四季の移ろいとともに人間関係などの疑問が解けていく展開や、ロケ地の風景、クスリとさせる中学生などなど、二度見たらきっと新しい発見がありそうな映画である。特にアクセサリー教室で饒舌に父親のダメなとことを話すタマ子がよかった。あの舌足らずなしゃべり方は地なのか。 しかし、最後の最後のあのハプニングシーンが、映画の品位を下げてしまったのが残念でならない。DVD特典に入れるべきであった。
隠す
  
 
[182]欲望のバージニア
 田舎のトラブルあーぼう2014-08-27
 【ネタバレ注意】
予備知識なしで観て、終わってから豪華な出演陣に驚き。 どこかでみたと思っていたのは『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステイン。これまたどこかでみたと思ってい・・・
続きを読む
予備知識なしで観て、終わってから豪華な出演陣に驚き。 どこかでみたと思っていたのは『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステイン。これまたどこかでみたと思っていたのは『永遠の僕たち』『イノセントガーデン』『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』のミア・ワシコウスカ。最近よく見るけど印象が全部違うのはすごい。男性陣も個性派ぞろい。ラストの銃撃戦以外は簡単に銃を撃たないのは、時代や土地柄のせいなのか分からないが面白い。
隠す
  
 
[183]オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
 ヴァンパイアは楽じゃないあーぼう2014-08-27
 【ネタバレ注意】
『ブロークンフラワーズ』には期待しすぎたので、気楽に鑑賞。若くは見えないが年寄りにも見えないティルダの容貌がヴァンパイアっぽくて適役。 ストーリーらしいストーリーも・・・
続きを読む
『ブロークンフラワーズ』には期待しすぎたので、気楽に鑑賞。若くは見えないが年寄りにも見えないティルダの容貌がヴァンパイアっぽくて適役。 ストーリーらしいストーリーもなく、デトロイトで話が終わるのかと思ったが、後半やや急展開(?)でヴァンパイアがピンチに。しかし何とかなりそうな気配は、ここまで生きてきた余裕のなせる業か。映画全体がまったく独特のテンポであり、このテンポがジャームッシュなのだと思わせる。
隠す
  
 
[184]アウェイクニング
 雰囲気はあるが無理もあるあーぼう2014-08-20
 【ネタバレ注意】
前半は寄宿舎のすばらしい建物と雰囲気にワクワクさせられたが、子どもたちが休暇へ行くころから失速。できが良いとは言えないCG、必要とは思えないロマンス、大味で説得力に・・・
続きを読む
前半は寄宿舎のすばらしい建物と雰囲気にワクワクさせられたが、子どもたちが休暇へ行くころから失速。できが良いとは言えないCG、必要とは思えないロマンス、大味で説得力に欠けるラスト。 同じ閉じられた空間という設定で魅せた「シャイニング」の映像美と恐怖はやはり偉大だった。
隠す
  
 
[185]ブリングリング
 監督の作家性あーぼう2014-08-14
 
物事をあまり掘り下げないで表面をなぞるようなストーリーが特徴的なソフィア・コッポラ。分かりやすい掘り下げた映画が好きな人には不評だが、掘り下げないことが、逆に観客に・・・
続きを読む
物事をあまり掘り下げないで表面をなぞるようなストーリーが特徴的なソフィア・コッポラ。分かりやすい掘り下げた映画が好きな人には不評だが、掘り下げないことが、逆に観客に考えさせる余韻を作りだす。 クールな音楽、美しい映像で描くのは、セレブ宅に侵入する金に困っているわけでもないプチセレブの若者たち。それを騒ぐマスコミ。アメリカという国のごくごく一部の人々のから騒ぎ。 夜のセレブ宅の望遠定点撮影が印象的、と思っていたらsomewhereでも撮影をつとめたハリス・サヴィデスがこの作品を最後に亡くなっていたとは・・・。あの美しい映像もこれで見納めか。 かつて気鋭と言われた監督たちのほとんどが、単なる雇われ監督と化してしまったハリウッドにおいて、ソフィア・コッポラは作家性を保持している稀有な監督である。しかし、レベッカについてはもう少し掘り下げて欲しかった。終盤、重心がややニッキーに移ったため、レベッカとマーク中心の前半とのズレがラストを弱くし、映画全体をぼかしてしまった。しかしそれも所詮2人はその程度の人間ということなのかもしれない。
隠す
  
 
[186]ある殺し屋
 日本的しみじみハードボイルドあーぼう2014-08-05
 【ネタバレ注意】
過去と現在を交互に物語が進み、その結果としてのラストはよくできていたと思う。成田三樹夫が思ったより出演時間が長く、準主役であるのに驚いた。小池朝雄は登場するなりいつ・・・
続きを読む
過去と現在を交互に物語が進み、その結果としてのラストはよくできていたと思う。成田三樹夫が思ったより出演時間が長く、準主役であるのに驚いた。小池朝雄は登場するなりいつもの悪い顔で、終盤の絡みを予感させる。 突っ込み所もあるが、役者、映像、音楽、時代の雰囲気が感じられるしみじみとした良い作品である。コメントが多いのに驚き。
隠す
  
 
[187]着信アリ
 10年後に初見あーぼう2014-07-30
 【ネタバレ注意】
公開当時は観る気も起きなかったが、10年後にはじめて観てみた。 田中哲司、中村靖日あたりが出演しているのがおもしろい。男性の音声は聞き取り難いとことがあり、岸谷五朗・・・
続きを読む
公開当時は観る気も起きなかったが、10年後にはじめて観てみた。 田中哲司、中村靖日あたりが出演しているのがおもしろい。男性の音声は聞き取り難いとことがあり、岸谷五朗のセリフはほとんど聞こえなかった。 主人公たちが助かるために謎を解こうとするストーリーは「リング」に似ているが、こちらは成功していない。廃病院に行ってからはお化け屋敷状態となり、ホルマリン漬けやゾンビ(?)にいたっては失笑するしかない。 虐待の話など面白くなりそうなネタではあるが、三池監督らしく表面をなぞっただけで深みのない話になってしまった。結局、一番怖かったのは柴咲コウの過去のトラウマ話であった。
隠す
  
 
[188]七つまでは神のうち
 隠れた良作あーぼう2014-07-29
 
同一事務所所属タレント(当時)ばかりが出演する事務所映画である。 はじまりはややスピード感・説得力に欠け、先が思いやられたが、中盤からはそれぞれの失踪事件が最後につな・・・
続きを読む
同一事務所所属タレント(当時)ばかりが出演する事務所映画である。 はじまりはややスピード感・説得力に欠け、先が思いやられたが、中盤からはそれぞれの失踪事件が最後につながるストーリーに引き込まれた。ホラー色は薄くサスペンス色が強く、見終わってみればありきたりな話ながら、時間軸の見せ方や伏線などがよくできている。後半は屋内や夜間のシーンが多いが、前半の屋外シーンの映像の美しさも印象に残った。 それぞれの女優の現在を考えても青春の記念的映画・・かもしれない。
隠す
  
 
[189]新幹線大爆破
 豪華出演陣だが切ないあーぼう2014-07-15
 【ネタバレ注意】
健さんがギリギリのところをくぐり抜ける展開はハラハラして観るのがつらいほど。そして最後に思わぬ(?)関門が・・・。 捜査側と犯人側ともに失敗が多く、他の方々のコメント・・・
続きを読む
健さんがギリギリのところをくぐり抜ける展開はハラハラして観るのがつらいほど。そして最後に思わぬ(?)関門が・・・。 捜査側と犯人側ともに失敗が多く、他の方々のコメント通り、突っ込みどころ満載ながら豪華な顔ぶれ(みな渋い)で切ない人間ドラマになっている。
隠す
  
 
[190]凶悪
 実話の面白さあーぼう2014-07-08
 【ネタバレ注意】
現実にあった話が元ネタということで、淡々と話は進み、特に山場もない(のが魅力)。暴力シーンも昨今の映画では目新しいものでもない(それはそれで問題かもしれないが)。山田演・・・
続きを読む
現実にあった話が元ネタということで、淡々と話は進み、特に山場もない(のが魅力)。暴力シーンも昨今の映画では目新しいものでもない(それはそれで問題かもしれないが)。山田演じる記者がそこまで事件にのめり込む背景も、母親の介護だけでは説得力に欠け、妻とのやりとりも冷たいものよりも逆に人間味あふれるものでもよかったかもしれない。ピエールは動の演技は、風貌を生かしたものであったが、静の演技では残念ながら底の浅さを露呈していた。リリーフランキーは逆に不思議なほど安定していたと思う。 長さを感じさせない力を感じるものの、主人公のキャラクターの浅さが映画を凡庸なものにしてしまった。
隠す
  
 
[191]MAMA
 物理的接触ありの幽霊は怖くないあーぼう2014-07-08
 【ネタバレ注意】
オープニングから、幽霊は物理的にジェフリーを殺した(殺せる)のか?人間に育てられないと人間は四足歩行になるのか?といった疑問がわき、壁の染みの意味は?幽霊が壁や床の中・・・
続きを読む
オープニングから、幽霊は物理的にジェフリーを殺した(殺せる)のか?人間に育てられないと人間は四足歩行になるのか?といった疑問がわき、壁の染みの意味は?幽霊が壁や床の中を移動する意味は?幽霊は噛み付くのか?人間の体を乗っ取れるのか?夢でジェフリーは結局、弟のルーカスに何を伝えたかったのか?ラストが雑すぎでは??と、疑問満載。 ママの髪の不気味さや、ママの正体を探っていくくだりはよいのだけど、後は 取って付けたような母性愛の押し付けにがっかり。ラストのCG頼みの映像はディズニーでも見せられているようだった。
隠す
  
 
[192]悪いやつら
 韓国社会の面白さあーぼう2014-07-05
 
韓国社会の親戚や先輩後輩の、コネ社会が面白い。最後に生き残るのはうまく立ち回った者なのは、昔でも今でも、どんな社会でも変わらない。
  
 
[193]夏の終り
 女性の成長と自立あーぼう2014-07-05
 【ネタバレ注意】
過去と現在が並行して語られるのだが、冗長なしーんが多く、それが本作のテーマと思われる女性の成長と自立を分かりにくくしていた(ラストでははっきり描いていたが)。メインキ・・・
続きを読む
過去と現在が並行して語られるのだが、冗長なしーんが多く、それが本作のテーマと思われる女性の成長と自立を分かりにくくしていた(ラストでははっきり描いていたが)。メインキャストの3人は存在感を発揮していたが、線の細い満島は若干ミスキャストか。正妻との電話シーンは迫力あり。
隠す
  
 
[194]不安の種
 怖くはないあーぼう2014-07-05
 
原作未読ながら、予告編が面白そうだったので観てみる。オープニングのグダグダで早くも駄作の予感。石橋杏奈が登場してからようやく落ち着いて観れるようになったものの、怖く・・・
続きを読む
原作未読ながら、予告編が面白そうだったので観てみる。オープニングのグダグダで早くも駄作の予感。石橋杏奈が登場してからようやく落ち着いて観れるようになったものの、怖くなりそうで最後まで恐怖は感じず・・・。不思議な世界を楽しむ映画のようだ。
隠す
  
 
[195]ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌
 撃ちまくるあーぼう2014-06-10
 【ネタバレ注意】
トニーレオンがインファナル・アフェア以前に似た役をしていたのが面白い。こちらはだいぶ軽いノリで、ストーリーらしいストーリーも中盤まで。あとはひたすら撃ちまくるのみ(・・・
続きを読む
トニーレオンがインファナル・アフェア以前に似た役をしていたのが面白い。こちらはだいぶ軽いノリで、ストーリーらしいストーリーも中盤まで。あとはひたすら撃ちまくるのみ(長い)。 バイクアクションシーンなど、観せたい(やりたい)事が場面ごとにはっきりしている。香港映画らしくツッコミどころ満載だが、それを言うのは野暮というもの。真面目にみてはいけないが、当時の体をはったアクションは見ごたえあり。
隠す
  
 
[196]暗殺の詩/知りすぎた男どもは、抹殺せよ
 大きすぎる代償あーぼう2014-06-03
 【ネタバレ注意】
よかれと思った行動が裏目にでる話ではあるが、それにしても三者ともイライラさせられる。 映像と雰囲気はよい。
  
 
[197]雨のニューオリンズ
 中途半端あーぼう2014-05-27
 
夢見がちな田舎の女の人生だが、もう少しシュールに突き放して描いてもよかったかもしれない。音楽も合ってないが、60年代の映画とすればこんなものかという気もする。
  
 
[198]きいろいゾウ
 感情移入が難しいあーぼう2014-05-27
 
原作は未読ながら、なんだか舞台向きの作品な気もした。 個々のエピソードを無理やりゾウでまとめた感がある。長回しシーンなど、俳優陣は健闘したとは思うが・・・。
  
 
[199]オンリー・ゴッド
 神がいるあーぼう2014-05-27
 【ネタバレ注意】
かっこいいゴズリングを期待して観ると肩透かしをくらうことに。 レフン監督の作品を乱暴に分けるならば、「ヴァルハラ・ライジング」と「ドライヴ」の中間のような作品。中盤・・・
続きを読む
かっこいいゴズリングを期待して観ると肩透かしをくらうことに。 レフン監督の作品を乱暴に分けるならば、「ヴァルハラ・ライジング」と「ドライヴ」の中間のような作品。中盤以降のセリフの少なさと緊張感がすごい。 笑えるチャンのカラオケシーンが、異世界感を醸し出す。
隠す
  
 
[200]殺人の告白
 軽いノリあーぼう2014-05-16
 
重い韓国映画かと思っていたら軽いノリのアクション映画。よくできた話ではあるので、アクションを減らし、重く撮っていたら傑作になっていたかも。しかしきっと、このノリが監・・・
続きを読む
重い韓国映画かと思っていたら軽いノリのアクション映画。よくできた話ではあるので、アクションを減らし、重く撮っていたら傑作になっていたかも。しかしきっと、このノリが監督の目指したところなのだろう。要所は押さえてあるし、気楽に観れる。
隠す
  
 
[201]とらわれて夏
 人生は短いあーぼう2014-05-16
 【ネタバレ注意】
劇場にて鑑賞。脱獄囚と、とらわれた女とその息子の物語。息子の視点で語られるため、母親の気持ちの変化が客観的に捉えられている。不安定な精神状態の女が、脱獄囚にあっさり・・・
続きを読む
劇場にて鑑賞。脱獄囚と、とらわれた女とその息子の物語。息子の視点で語られるため、母親の気持ちの変化が客観的に捉えられている。不安定な精神状態の女が、脱獄囚にあっさりと気持ちを許してしまう状況に感情移入できるかは観る人しだい。観る人の年齢、境遇、大切な人の有無によって両極端な評価になりそうな映画。悪人顔のジョシュ・ブローリンは脱獄囚にぴったりだが、もう少し甘い顔の俳優でもよかったかも(この人の出ている映画はけっこう観ているが、印象薄い)。ケイト・ウィンスレットはだんだんメリル・ストリープにみえてきた。。 気にする必要もないが、フランクの脱獄理由と料理上手な理由が知りたかった。 微妙なバランスの映画だが、うまくまとめて後味は悪くない。
隠す
  
 
[202]ストラッター
 ロードムービーだけどあーぼう2014-05-06
 
ロードムービーだけどなかなか旅に出ない。前半は振られて落ち込む主人公とその周辺が描かれるが、登場人物がみな魅力的で悪くない(モノクロのせいか主人公たちの実年齢が分か・・・
続きを読む
ロードムービーだけどなかなか旅に出ない。前半は振られて落ち込む主人公とその周辺が描かれるが、登場人物がみな魅力的で悪くない(モノクロのせいか主人公たちの実年齢が分かりにくいが、きっと若いのだろう)。旅に出た頃には悩みのほとんどは解決しているような雰囲気。 深刻にならずにからりと描く青春ロックムービー。短いのもよいね。
隠す
  
 
[203]悪の法則
 クールあーぼう2014-04-08
 
スタイリッシュなセレブの生活と、反対に汚物にまみれた裏社会が美しい映像で綴られている。 登場人物達が破滅へ向かうストーリーが淡々とすすみ、感情移入をゆるさない。散り・・・
続きを読む
スタイリッシュなセレブの生活と、反対に汚物にまみれた裏社会が美しい映像で綴られている。 登場人物達が破滅へ向かうストーリーが淡々とすすみ、感情移入をゆるさない。散りばめられる格言めいたものに目新しいものはないが、逆にそれが人生だと思い知らされる。退屈に感じる人もいるとは思うが実はなかなかの良作。 しかし近年のリドリースコットは多彩な作品を撮るので個性が見え難くなった。
隠す
  
 
[204]ロスト・ボディ
 サスペンスの佳作あーぼう2014-04-01
 
死体安置所から消えた死体を追う警部役にホセ・コロナド。死体の資産家女性にベレン・ルエダ。映画が終わるまで、ホセ・コロナドが「悪人に平穏なし」の役者さんとは気づかず・・・・
続きを読む
死体安置所から消えた死体を追う警部役にホセ・コロナド。死体の資産家女性にベレン・ルエダ。映画が終わるまで、ホセ・コロナドが「悪人に平穏なし」の役者さんとは気づかず・・。まるで別人。ベレン・ルエダも「永遠のこどもたち」とは違う、ギラギラした女性を演じていた。 残念ながら中盤で黒幕(?)と動機は想像がついてしまったが、よくできたサスペンス映画だと思う。派手なアクションはほとんどないが、最後まで飽きない。
隠す
  
 
[205]世界にひとつのプレイブック
 ちぐはぐな映画あーぼう2013-10-29
 
色々なエピソードが編集の過程で落とされた感があり、なんだかまとまりのない映画。クリスタッカーは久しぶりにみたけど、あの役は映画に必要だろうか。俳優陣の演技も平均点。
  
 
[206]ゼロ・ダーク・サーティ
 娯楽として傑作あーぼう2013-10-29
 
実際にあったことなので政治的な話を抜きに観るのは難しいのかもしれないが、単純にサスペンスアクション「映画」として傑作である。アメリカに色々突っ込みたくなるだろうが抑・・・
続きを読む
実際にあったことなので政治的な話を抜きに観るのは難しいのかもしれないが、単純にサスペンスアクション「映画」として傑作である。アメリカに色々突っ込みたくなるだろうが抑制は効いていたと思う。 「ハートロッカー」は無駄なシーンが多いと感じたが、今作はその長さと裏腹に無駄が削ぎ落とされており、最後まで緊張感が維持されていた。日本でお馴染みのハリウッドスターが出演していないのも理由の一つだろうか。「アルゴ」よりも全然面白い。
隠す
  
 
[207]フッテージ
 惜しい!あーぼう2013-10-08
 【ネタバレ注意】
過去の殺人を追う作家が、殺人がおきた家に家族ごと引っ越すが、そこで8ミリフィルムをみつけて・・・。予備知識なく鑑賞したので、犯罪ものなのか超常現象ホラーものなのか途・・・
続きを読む
過去の殺人を追う作家が、殺人がおきた家に家族ごと引っ越すが、そこで8ミリフィルムをみつけて・・・。予備知識なく鑑賞したので、犯罪ものなのか超常現象ホラーものなのか途中まで分からず、かえって面白くみれた。 8ミリフィルムの映像のザラつきが不気味でよくできていた。主人公と奥さんとのぶつかり合いも納得でき、最後の主人公の決断に説得力を持たせていた。後半、ホラーに大きく舵を切ってから映像的に失速。ラストも冗長であったのが残念。仕方ないとは思うがありがちな虚仮威しがもう少し少なくてもよかったかと。傑作になり損ねた。イーサンホークは個性を発揮しないこの手の役が多い・・・のが個性か。
隠す
  
 
[208]L.A. ギャング ストーリー
 失敗作あーぼう2013-10-08
 
ストーリーにまったく深みがない。主人公と家族の物語とか、ミッキーコーエン個人の物語とか、ゴズリング演じる巡査部長の恋物語とか、中心となるべき物語の候補はあったと思う・・・
続きを読む
ストーリーにまったく深みがない。主人公と家族の物語とか、ミッキーコーエン個人の物語とか、ゴズリング演じる巡査部長の恋物語とか、中心となるべき物語の候補はあったと思うが、どれも中途半端。結果、魅力的なキャストがまったく活きていない残念な結果に。 「ゾンビランド」の監督と後で知って納得。重厚な物語を撮るには経験不足です。
隠す
  
 
[209]プッシャー3
 チンピラボスの生活あーぼう2013-07-29
 【ネタバレ注意】
ヤクの世界の世代交代が進み、プッシャー1の頃と比べると、影響力が低下したと思われるミロが主人公。だいぶ体も太っている。そのせいか1、2と比べるとスピード感がやや落ち・・・
続きを読む
ヤクの世界の世代交代が進み、プッシャー1の頃と比べると、影響力が低下したと思われるミロが主人公。だいぶ体も太っている。そのせいか1、2と比べるとスピード感がやや落ちる。しかし、全体を通してどこへ話が向かうのか分からない緊張感が凄い。ラスト近くのグロシーンは思わず目を背ける。DVD特典も面白い。1、2、3通して観るべき!
隠す
  
 
[210]ナイロビの蜂
 努力は認めるあーぼう2013-07-19
 
重いテーマを何とかエンターテイメントにしようとする努力は認められるが、結局伝えたいことが勝ちすぎて、ストーリー映画として失敗している。過酷であったと思われるロケを活・・・
続きを読む
重いテーマを何とかエンターテイメントにしようとする努力は認められるが、結局伝えたいことが勝ちすぎて、ストーリー映画として失敗している。過酷であったと思われるロケを活かそうとする、作り手の思い入れが強すぎる。
隠す
  
 
前へ 2 3 4 5 6 7
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION