allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

投稿されたユーザーコメント
 
 「ASH」さんのコメント一覧 登録数(4492件)rss
 コメント題投稿者投稿日
[241]スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン2
 (無題)ASH2016-01-11
 【ネタバレ注意】
 TVアニメ版と侮るなかれ。「クローン・ウォーズ」と同じく、コレだって立派に「SW」の正史として扱われているんだから。まあ、確かに主人公のエズラは向こう見ずな少年なので・・・
続きを読む
 TVアニメ版と侮るなかれ。「クローン・ウォーズ」と同じく、コレだって立派に「SW」の正史として扱われているんだから。まあ、確かに主人公のエズラは向こう見ずな少年なので、ターゲットとされている視聴者に合わせて子供っぽい振る舞いが多くてイラッとさせられるところはあるが、映画版ではあまり描かれなかった銀河帝国の内部事情が垣間見れたりと、「SW」好きには堪らんもんがある。なんせ帝国軍を引っ掻き回すゲリラ部隊の物語なんだから。  「EP検廚ら遡ること5年前という時代設定が、旧態ファンの心をクスぐる。出てくるビークルがお馴染みのデザインだったりと、「クローン・ウォーズ」に馴染めなかった俺でも、こりゃ愉しい。「クローン」はシーズン3の途中で脱落しちまったからな。ちなみに、甥っ子は「クローン」と「反乱者」だったら「クローン」の方がオモロいとヌカしやがる。中学生くらいの連中ってのは、「EP機廚らの3部作を支持してるんだよな。  データには載ってないけど、原語版でエズラのマスター、ケイナンの声を当てているのはフレディ・プリンゼ。ケイナンは悩み多きマスターなんです。エージェント・カラスの声を当てているのはデビッド・オイェロウォ(発音しずらい名前)。
隠す
  
 
[242]奇跡の2000マイル
 誰もが孤独だASH2016-01-10
 【ネタバレ注意】
 リースの「ワイルド」って映画に設定(というか、主人公の動機)がなんとな〜く似てるけど、コッチの方がはるかに過酷!(歩行距離も「ワイルド」の倍以上)。 なぜそこまで・・・
続きを読む
 リースの「ワイルド」って映画に設定(というか、主人公の動機)がなんとな〜く似てるけど、コッチの方がはるかに過酷!(歩行距離も「ワイルド」の倍以上)。 なぜそこまでする?、と凡人の俺は思うのだが、現状打破のために後先考えずにフラッと、てな部分は分かる気がする。そう、憧れを感じるんだよ。んまー、ザックリと言っちゃえばお遍路の過酷バージョン? もちろん、予習映画は「美しき冒険旅行」。  豪州出身のミア・ワシが久しぶりに母国に帰って来て、こういう映画に出るのも、何か意味があるのかもしれない。「クリピー」では寒冷地だったけど、ここでは酷暑での撮影。こういう過酷な状況下でも音(ね)を上げない、スゲェ女優さんなんだな(見たんか、てか?)。ベイダー卿の後継者、カイロ・レンことアダム・ドライバーがここでもひょっこりと出てくる。  「○○大陸横断ヒッチハイクの旅」とかも、根底では同じ(なわけない?)。
隠す
  
 
[243]フランス組曲
 いつかまた会えるASH2016-01-10
 【ネタバレ注意】
 正直、こういう映画は俺の趣味じゃないんだが、予告編でミシェルが出てるのを見かけて、これまた「横浜地区独占上映!」ということなので、この機会に観なアカンと思い立ちイ・・・
続きを読む
 正直、こういう映画は俺の趣味じゃないんだが、予告編でミシェルが出てるのを見かけて、これまた「横浜地区独占上映!」ということなので、この機会に観なアカンと思い立ちイソイソと出かけたんだが、最近、こういうシットリとした映画に涙するようなことが多くなって困るんよ。不覚の涙は評価を上げる! 歳は取りたくねぇもんだわ。  道ならぬ愛、実は好きなんよね。しかも、お相手はドイツ兵だもん。許される相手じゃないわさ。売国奴と罵られるくだりを観て、なんか引っかかるもんを感じて調べてみたら、ホンを書いている人が昨日観た「ブリッジ」と同じ人! そう考えると、交渉のために奔走する姿がみょ〜にダブる。  しかし、ミシェルはこういうクラシカルな映画に映える女優さんになったわね。空襲シーンは意外と迫力があるのは、さすが資本の違い。
隠す
  
 
[244]実録不良少女 姦
 港のマコASH2016-01-10
 【ネタバレ注意】
 不幸のつるべ打ち!! それでも逞しく生きるマコ。ロマポってのは、こういうドン詰まり人生から抜け出そうともがく人を描くことが多いが、それって、観客として想定されている・・・
続きを読む
 不幸のつるべ打ち!! それでも逞しく生きるマコ。ロマポってのは、こういうドン詰まり人生から抜け出そうともがく人を描くことが多いが、それって、観客として想定されている人たちがドン詰まり人生を歩んでいるから、共感を得やすいとか。この映画の場合、濡れ場はロマポとしての体裁を保つためだけにあるのかも。実用性がないから、ティッシュ不要!  オルシネ・ユーザーには嫌われている藤田敏八監督だけど、この監督さんのしみったれた世界観、好きなんよね。
隠す
  
 
[245]ブリッジ・オブ・スパイ
 これがあなたからの贈り物だASH2016-01-09
 【ネタバレ注意】
 「SW」のお陰で12月公開を避けて年明けに封切られる映画が多いんだが、その代表格と言えるのがコレ。スピルバーグ作品とはいえ、そもそも客層が違うので「SW」は敵じゃないと・・・
続きを読む
 「SW」のお陰で12月公開を避けて年明けに封切られる映画が多いんだが、その代表格と言えるのがコレ。スピルバーグ作品とはいえ、そもそも客層が違うので「SW」は敵じゃないとは思うんだが、バッティングを避けたい代理店の思惑は分からなくもない。まあ、そんな業界事情はシロートにはどうでもいいことなので早く封切ってもらいたいもんだが、どっかの誰かさんの言葉を借りれば「タイミング」ってのもあるんだろうな。  さて、勝手な期待が裏切られると、作品の主題とは別の部分で低評価を喰らうことがあるのは世の常だが、米ソ冷戦時代に繰り広げられたスパイ合戦を描いた映画なんだろうというコチラの期待は、アッサリと裏切られる。スパイとは程遠いショボくれたオッサンが逮捕・拘束されるシーンから映画は始まるんだが、このオッサンを弁護するために呼ばれた弁護士とのやり取りが前半を占める。スパイ映画じゃねぇじゃん! と、まずは軽いガッカリ。しかし、このガッカリ感が回復するのは後半に入ってから。  スパイ容疑、つまりは売国奴と罵られる人物を弁護するという、圧倒的に不利な状況下での裁判。弁護士事務所のイメージアップと、どんな人でも弁護するというアピールが目的とはいえ、ドノバンが容疑者として捕まったアベルと信頼関係を深めてゆく過程が、俺には不明瞭に見えちゃってさぁ。アベルを弁護することで物騒な脅迫の被害に遭うくらいだから、ドノバンには何のメリットもなし。ここまで交渉に奔走するのは、職務を果たすための信念ゆえからなんだろうか? と、そんなことをボンヤリと考えちまったわさ。  な、なんと! スピルバーグ作品でありながら音楽担当がジョン・ウィリアムスじゃない! 遂に2人の蜜月が終わってしまったのか! と、早とちりしそうだが、実際は「SW」で忙しかったのと、ウィリアムス御大の「体調不良」が理由らしい。トーマス・ニューマンは文句ナシの人選だが、この人も多作だからなぁ。
隠す
  
 
[246]ディセンダント
 学園改革ASH2016-01-09
 【ネタバレ注意】
 DCコミックに「スーサイド・スクワッド」があるように、ディズニー・ビランのドリーム・チームがあってもいいじゃないか。ってのが企画の発端なのかは知らんが、これはこれで・・・
続きを読む
 DCコミックに「スーサイド・スクワッド」があるように、ディズニー・ビランのドリーム・チームがあってもいいじゃないか。ってのが企画の発端なのかは知らんが、これはこれでアリだよな。ただ、学園モノのフォーマットにハメ込んでいるあたりは、いかにもディズニー・チャンネル! ってか、監督さんが「HM」を手掛けた人だから、当然ちゃー当然か。  DC系作品が日本で放映されると、モレなく日本語吹替えになるが、コレ、字幕版で観てぇ!
隠す
  
 
[247]クリムゾン・ピーク
 幽霊は実在するASH2016-01-08
 【ネタバレ注意】
 同日公開されたスピルバーグの「ブリッジ」とどっちを先に観ようか大いに悩むところだが、「横浜地区独占上映!」の謳い文句につられて「クリピー」を鑑賞!! 「ブリッジ」の・・・
続きを読む
 同日公開されたスピルバーグの「ブリッジ」とどっちを先に観ようか大いに悩むところだが、「横浜地区独占上映!」の謳い文句につられて「クリピー」を鑑賞!! 「ブリッジ」の方は俺んちの最寄りのシネコンでも上映されるから、公開規模の小さい「クリピー」をこの機会に見逃すとスクリーンでの鑑賞が叶わなくなるだろうから、悩むまでもねぇんだけどな。てなわけで、「ブリッジ」への全力投球はまた後日ってことで。  さて、デル・トロ、前作は巨大ロボット・アニメと怪獣映画への愛に溢れた快作だったが、今度はガラリと趣向を変えて、ゴシック・ホラーへの愛に溢れた快作を放ちやがった!! 正直、俺はスプラッター映画はそんなに趣味じゃないんだが、オカルト映画やゴースト・ストーリーには目がねぇんだよな。まあ、雰囲気作りに終始しただけの映画であって、血も凍るような恐怖を求める向きには「なっちょらん!!」シロモノかもしれんが、今にも朽ち果てそうな屋敷の様相は、オールド・ダーク・ハウスものをこよなく愛する身には堪らんもんがある。  ゴシック・ロマンやゴシック・ホラーの味わいを再現した、悪い言い方をしちゃえば「手段の目的化」なんだろうけど、血塗られた屋敷の秘密が明かされてゆく展開は、定石通りとはいえこの手の映画を好む俺にはすこぶる魅力的。赤い粘土層の上に建つ屋敷は、雪が降ると地面から赤が滲み真紅に染まる。冷たいゴシック調の映像に、真っ赤な色彩がよく映えること! 赤粘土でレンガを作る地下の製造所なんか、血の池みたい。壁からジクジクと赤い液体が流れてるのも、な〜んかイヤよね〜。  日本人が好む(?)幽霊ってのは「呪怨」や「貞子」系なんだけど、コチラの幽霊は「ヘルレイザー」風で、あんなのが出てきたら、マジ、おっかねぇ! しかもイーディスに警告をする母親の幽霊や、姉弟に殺された被害者の幽霊があんな恐ろしい姿なら、サッサと逃げ出すわさ。この辺、日本人的な感覚からすると理解不能なんだが、幽霊に対する接し方ってのは洋の東西では違うんだろうな。イーディスを祟るために出てきているわけではないんだから。
隠す
  
 
[248]おそ松さん(第2クール)
 実松さんASH2016-01-06
 【ネタバレ注意】
 スゲェ、放送終了後すぐに感想がネットにUPされる。で、「実松さん」、シャレんなんねぇくらい怖ぇ。
  
 
[249]暁の挑戦
 堤防決壊!ASH2016-01-05
 【ネタバレ注意】
 コレも長らくフィルムの所在が行方不明だった映画。日本映画界ってのは、原版管理がそーとーいい加減みたいだな。スペクタキュラーな展開は、ケッコー、オモロいんだわ。
  
 
[250]ダメ男に復讐する方法
 他の女じダメかしら。ASH2016-01-05
 【ネタバレ注意】
 「きみ読む」や「私の中」みたいなシットリとした映画がある一方で、こういう映画もモノにするニック・カサベテスのふり幅の大きさには感心しちまうんだな。キャムとは「私の・・・
続きを読む
 「きみ読む」や「私の中」みたいなシットリとした映画がある一方で、こういう映画もモノにするニック・カサベテスのふり幅の大きさには感心しちまうんだな。キャムとは「私の中」でコンビを組んでいたけど、本質的にはコッチよね〜。  アプトンの揺れる巨乳に釘付けになること請け合い!
隠す
  
 
[251]ディーン、君がいた瞬間(とき)
 ジミーが変えるASH2016-01-04
 【ネタバレ注意】
 ベン・スティラーの「LIFE!」に先を越されちゃったからこんなダセェ邦題(句読点「、」が付く邦題って嫌い)になっちゃったけど、コレこそがまさに「LIFE」誌のカメラマンの・・・
続きを読む
 ベン・スティラーの「LIFE!」に先を越されちゃったからこんなダセェ邦題(句読点「、」が付く邦題って嫌い)になっちゃったけど、コレこそがまさに「LIFE」誌のカメラマンの物語。「クロニクル」や「アメスパ2」でお馴染み、デコッぱちのデハーンがジミー役だなんていい度胸してやがるが、だんだんそう見えてくるから不ッ思議〜!!  ちょっとBL、入ってる? 監督のアントン・コービン先生はフォトグラファー出身だけに、一度はやりたかった題材なんじゃね。カメラのストロボの♪バシャっていうフラッシュ音が、こんなにカッチョいい映画は初めて観たわ。
隠す
  
 
[252]完全なるチェックメイト
 だから私は真実を求めるASH2015-12-26
 【ネタバレ注意】
 チェスはもちろん、囲碁も将棋も麻雀もやらん、いいとこオセロぐらいしかできない頭の悪い俺が果たしてこの映画を愉しめるだろうか? という一抹の不安もあったが、コレがす・・・
続きを読む
 チェスはもちろん、囲碁も将棋も麻雀もやらん、いいとこオセロぐらいしかできない頭の悪い俺が果たしてこの映画を愉しめるだろうか? という一抹の不安もあったが、コレがすこぶるオモロいんだわ。その昔、「ボビー・フィッシャーを探して」って映画でこのお話の主人公であるボビー・フィッシャーの名前を知った程度の予備知識しかなくても大丈夫。チェスのルールを知っていればもっと愉しめるんだろうが、俺のような無知無学でも2人の対局シーンからは目が離せなくなったもんな。  早速、邦題は大いなる【ネタバレ注意】なんだが、70年代に行われたボビーとスパスキーの対局は史実として知られているので勝敗の行方は周知のことなんだろうが、それでも観る者をグイグイと惹き込んでゆく。TV中継を観ているわけではないのでお互いがどんな手を打ったのかは画面を観る限りでは分からんのだが、そこを補うのが2人の表情や仕草。このジリジリとした緊迫感が堪らない。サスペンス映画でもないのに、まさに手に汗握る展開。またチェスってのは、肘をついて考えに耽る姿が画(え)になんのよ。  チェス世界大会でソ連の勝者と対局するというのは、ボビーにはそのつもりがなくても、冷戦時代においては米ソの対戦と匹敵する。憎ッくき仮想敵国をギャフン(死語)と言わせるには格好のチャンスだ。おのずとボビーの双肩にアメリカの威信がかかる。ボビーのキメ手となる一手と、利用されてお払い箱にされた彼の境遇が原題(「Pawn Sacrifice)」を意味していることが最後に分かる。メンタルな部分で問題を抱えていたボビーが、妄想に取り憑かれて次第に壊れてゆく様を見るのは、辛いもんがあるんだわ。  独学でチェスを学んだボビーは類稀な才能を持った天才型プレイヤーだ。だが、天才ゆえにフツーの人とは違う、悪く言っちゃえば社会不適合者なんだわ。あのわがままぶり!! さらには極度のパラノイア気質!! こんなヤツがそばにいたら気苦労が絶えないわ。だが、俺は破滅型の天才を「映画」で観るというのは、ケッコー好きなんだわ(「アマデウス」然り)。極度の神経質で、第1戦での挙動不審な行動は、「これ、ホントに実話かよぉ?」と言えるくらいのレベル。会場にいた観客も、頭ん中に「?」がいくつも浮かんだことだろうよ。  ボビーと対戦するスパスキーもいい迷惑だわ。紳士的な態度でボビーに接するも、当のボビーはまるでガキんちょ。2戦目をすっぽかして不戦勝だなんて、スパスキーにすれば気持ちのいい勝ち方じゃねぇだろうよ。ここで分かるのが、スパスキーは師匠の下で修業を積んだ秀才型のプレイヤーであって、実際に対局をすることでボビーをぶっ潰してやりたいと願う根っからの勝負師。スポーツ映画のような醍醐味が、次第に増してくる展開に唸るんだわ。  囲碁や将棋のTV中継では盤を挟んでムッツりとした顔で対局するというイメージなんだが、チェスって椅子から離れて会場内を歩き回ってもいいもんなんだと、この映画で初めて知ったわ。ありゃ、真剣勝負とは言えんぞな。対局相手が神経質なヤツだと分かれば、わざと気を散らせて混乱させる作戦も可能だわ。ボビーの理解者であるロンバーディ神父が場外で彼の手を読もうとするくだり、ゾクゾクするような興奮が味わえる。チェスのルール、知らんのに!  トビーは「マイブラ」でも何かに取り憑かれたような男を演じていたが、案外、飄々としたおにいちゃんよりもこういう狂気じみた役の方が似合うかも。可愛げのないヤツだけど目が離せない。なるへそ、トビーは製作も兼任しているだけに渾身の役作りなんだろうな。対するリーブも上手い! 最後の対局での敗北を認めたときの清々しいくらい笑顔、最高! トビーはコレでオスカー候補になってもいいくらい。  ボビーのパラノに影響されちゃったのか、スパスキーまでもが「椅子が振動している。X線で検査してくれ」というくだり、場内からクスクス笑いが! 「蛍光灯を詳しく調べた結果、中からとんでもない物が見つかりました!!」と言われて差し出されたモノには場内もドッと沸く! 地味な映画だけど、笑えるシーンもチラホラあって、上映時間中はまったく飽きないんだわ。  10代のボビーを演じていたのはリメイク版「オーメン」のダミアンこと、シーマスくんだったのかぁ〜! 野村祐人、気付かんかったぁ〜!
隠す
  
 
[253]クリード チャンプを継ぐ男
 夢をつかめ、その拳でASH2015-12-23
 【ネタバレ注意】
 やっぱコレは「クリード」であって「ロッキー」じゃないから、お馴染みのファンファーレはあるシーンになるまでは流れないんだけど、泣けるんだよなぁ〜。「フォースの覚醒」・・・
続きを読む
 やっぱコレは「クリード」であって「ロッキー」じゃないから、お馴染みのファンファーレはあるシーンになるまでは流れないんだけど、泣けるんだよなぁ〜。「フォースの覚醒」への批評に「オマージュ」と「焼き直し」だなんて言ってたヤツら、その意味ではコレなんかも「オマージュ」と「焼き直し」。しかし、シッカリとスピリッツが次世代に受け継がれている。ケッコーなことじゃねぇか。
隠す
  
 
[254]スター・ウォーズ/フォースの覚醒
 あの子を連れて帰って来てねASH2015-12-19
 【ネタバレ注意】
 観たぜ、「EP察!! これで心置きなくネットが閲覧できる。物語の核心に触れるような【ネタバレ注意】を目にしても大丈夫!! ってなわけで、俺もキョーレツな【ネタバレ注意・・・
続きを読む
 観たぜ、「EP察!! これで心置きなくネットが閲覧できる。物語の核心に触れるような【ネタバレ注意】を目にしても大丈夫!! ってなわけで、俺もキョーレツな【ネタバレ注意】をカマしてやるぜ。なんったて、直撃世代のボンクラにとってはこの日が来ることをずっと待ちわびてたんだから、これが熱くならずにいられるかってんだ。そうなんだよ、直撃世代が観たかったのは「EP機廚ら続く3部作ではなく、「EP此廚慮紊諒語。つまり、ルークやハンがどうなったのか。  ルーカス先生の手から離れたのは大いなる懸念事項だったが、JJが自分なりに「SW」サーガの軌道修正を試みたような作りが、まずは嬉しい。さすがはウルサ方の多い「ST」をあそこまでお見事にリブートさせただけの実績はある。ウルサ方の数では引けを取らない(それ以上?)であろう「SW」信者どもを充分に満足させているはずだ。「EP此廚ら30年、ルーク、ハン、レイアがどんな人生歩んでいたのか。勝手な妄想を膨らませていた俺だが、そういうことへの解答みたいなホン作り。JJ、やっぱあんたは分かってる人なんだね(エラソーな物言い)。  辺境の惑星でわびしく暮らすレイが、フィンと出会ったことで銀河へ飛び出すことになる。ただし、ここではないどこかに思いを馳せていたルークとは違い、レイは家族を待っているという。幼い頃に辺境の惑星に置いていかれた(?)彼女の過去については次回以降の持ち越しとして、やはりレイが「フォースの覚醒」をするくだりは感動的なんだよ。ライトセーバーを扱えるのは、ジェダイの血筋。ルークや、スノークの下で修業を積んだカイロ・レンでもタジタジになるほど、レイ、強ぇ!! 初めて握ったであろうライトセーバーをあそこまで使いこなせるレイのフォースは強力だ。また雪の中での対決ってな画(え)がカッチョええ! ちょっと日本の時代劇、入ってたりして。  実は「SW」にしては宇宙空間でのドッグファイトはあまりなくって、タイファイターの大群が太陽をバックに飛来してきたり、緑の惑星ではXウィングとタイファイターとの空中戦が繰り広げらりたりと、「SW」サーガでは珍しい。そんな中、ミレニアム・ファルコンが登場するくだりは素直に心が震える。思わず「おおッ!! 出たよ〜」ってなもんだ。船内の様子も30年経ってるのに全然、変わんねぇ〜。モンスターチェスなんか、まだ起動するんだな。  さて、俺は一切の情報をシャットアウトして鑑賞に臨んだので知らずに観ることができた幸運な観客のうちのひとりなんだろうが、早速、ネット上で飛び交ってるハン・ソロについての噂、ありゃホントだね。正直、俺もかなりショッキング。またチューイの痛切な叫びが涙を誘うんだわ。  アクバー提督の再登場に、泣いた! イウォークはやっぱ出番ナシね。スリープモードに入っていて殆ど起動していないR2に対して、ボール型ドロイドのBB-8がカワイイったらありゃしない!! 表情がないのに感情が手に取るように伝わってくるんだわ。もちろん、CGは随所で使われているんだろうけど、デジタル過多気味だった「機廖繊岫掘廚紡个靴董∈脳限にとどめているような気がする。マズ・カナタの酒場なんて、カンティーナっぽくって、なんか愉しくなる。演奏する曲はレゲエ調? JJお馴染みのレンズフレアは、今回は控え目なんじゃねぇの。  最後にようやく登場するルーク・スカイウォーカー。オビ・ワンもそうだったけど、ジェダイ騎士団はパダワンの修業が失敗すると、どういうわけか辺境の惑星で隠遁生活を送る。それって、職務放棄? 意外とメンタルな部分で弱いんだよな。出演シーンは5分かそこらで台詞も一言もないのに、クレジットでは堂々と2番目のマーク・ハミル。壮大な、サーガの主人公だもんな。
隠す
  
 
[255]ストレイト・アウタ・コンプトン
 ストリートの知識を見せつけてやるぜASH2015-12-17
 【ネタバレ注意】
 ♪You are now about to witness the strengh of street knowledge  まずは、読み手を不快にさせる「自分語り」から始めさせてもらうが、俺の場合、ヒップホップでもギャン・・・
続きを読む
 ♪You are now about to witness the strengh of street knowledge  まずは、読み手を不快にさせる「自分語り」から始めさせてもらうが、俺の場合、ヒップホップでもギャングスタ・ラップってのは実は苦手なジャンルで、PEはよく聴いてたんだが、デ・ラ・ソウルやトライブのようなニュースクール一派や、Pファンク系をサンプリング・ネタにするような連中は、ケッコー夢中になって聴いてたんだよな。で、N.W.A.。「コンプトン」と次の「ニガズ4」はよく聴いていた。英語が分かんなくてもヤバそうな雰囲気は伝わってくるんだわ。「まざふぁか」とか、そんな言葉がビシバシ出てくるんだもん。
隠す
  
 
[256]チャタレイ夫人の恋人
 チャタレイ裁判開廷!ASH2015-12-15
 【ネタバレ注意】
 プロダクション・デザインが、後にバートン版「バットマン」を手掛ける今は亡きアントン・ファーストだったりなんかする。撮影監督も、後に「きみ読む」で美しい映像を提供し・・・
続きを読む
 プロダクション・デザインが、後にバートン版「バットマン」を手掛ける今は亡きアントン・ファーストだったりなんかする。撮影監督も、後に「きみ読む」で美しい映像を提供した人だったりと、スタッフはしっかりもんが多い。ゴシック調、とは言わんが、ケッコー、丹精込めて作られてんのな。
隠す
  
 
[257]食人族
 (無題)ASH2015-12-13
 【ネタバレ注意】
 少々、値は張るけど、紆余曲折を経てなんとかリリースにこぎつけた例のBDを購入してみたんよ。なんせこの映画、B級映画好きを公言しておきながら、実は今の今まで観たことな・・・
続きを読む
 少々、値は張るけど、紆余曲折を経てなんとかリリースにこぎつけた例のBDを購入してみたんよ。なんせこの映画、B級映画好きを公言しておきながら、実は今の今まで観たことなかったんよね。意識的に避けてたってのもあるが、コレがヒットしたってのも、当時は映画にパワーがあったんだね〜。俺は混んでいた「E.T.」を躊躇なくチョイスしたけど、確かに隣ではコレがかかってたわ。
隠す
  
 
[258]リディキュラス6
 君たちも参加しないか?ASH2015-12-11
 【ネタバレ注意】
 セス・マクファーレンの「荒野」を通過した後ではいささか分が悪い気もするが、アダム・サンドラー率いるハッピー・マジソンも対抗心で作ったわけでもないんだろうけど、西部・・・
続きを読む
 セス・マクファーレンの「荒野」を通過した後ではいささか分が悪い気もするが、アダム・サンドラー率いるハッピー・マジソンも対抗心で作ったわけでもないんだろうけど、西部劇コメディを放ちやがった。で、実にアダムらしい、いい意味での「なれ合い」映画に仕上がってんだわ。
隠す
  
 
[259]リアル刑事(デカ)ごっこ in LA
 なら、警官になろう!ASH2015-12-09
 【ネタバレ注意】
 デジタル配信にて鑑賞!! ええと、残念ながらコレはメディアは「TV」ではなく、れっきとした「劇映画」ッす! 北米チャートでもトップ10にランクインしたから、そこそこのヒ・・・
続きを読む
 デジタル配信にて鑑賞!! ええと、残念ながらコレはメディアは「TV」ではなく、れっきとした「劇映画」ッす! 北米チャートでもトップ10にランクインしたから、そこそこのヒット作です。警官の扮装でパーティに出席したボンクラ2人組が、そんなかっこうなので本物の警官と間違えられて調子に乗ってたら騒動に巻き込まれるという、「成りすまし」コメディの亜種。  「ジュラシック・ワールド」でコントロールセンターに最後まで居残り、Tレックスの檻を開けるあんちゃんを演じたジェイク・ジョンソンと、デイモン・ウェイアンズJRという、初期「New Girl」の2人の再共演!  相変わらずFOXは、未公開コメディにはふざけた邦題を付けるわな。
隠す
  
 
[260]映画 ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜
 【台詞なし】ASH2015-12-09
 【ネタバレ注意】
 先行デジタル配信にて鑑賞!! うん、俺も悔しいけど「ミニオンズ」との類似性に気付いた。ホンを書いた人が同じなんじゃないかと思うくらい、よ〜似とるやんけ! いなくなっ・・・
続きを読む
 先行デジタル配信にて鑑賞!! うん、俺も悔しいけど「ミニオンズ」との類似性に気付いた。ホンを書いた人が同じなんじゃないかと思うくらい、よ〜似とるやんけ! いなくなってせいせいするようなヤツでも、実際、いなくなると、自分たちのためによくしてくれたことを思い出す、ってなくだり、泣ける。アードマンのキャラは、チョイと見はキショいんだけど、コレがチョコマカと動くと愛らしく見えるんだから不ッ思議〜!
隠す
  
 
[261]ビル・マーレイ・クリスマス
 このクリスマス特番は国の恥だASH2015-12-09
 【ネタバレ注意】
 クリスマスの特番で歌を披露することになったビル・マーレイが、オンエアが始まってもイヤだイヤだとゴネまくり、クリス・ロックを巻き込んで歌うも大雪で停電。番組はそのま・・・
続きを読む
 クリスマスの特番で歌を披露することになったビル・マーレイが、オンエアが始まってもイヤだイヤだとゴネまくり、クリス・ロックを巻き込んで歌うも大雪で停電。番組はそのまま中止。で、仕方がないから近くのレストランに立ち寄り停電の影響で結婚式が執り行えなくなり険悪なムードのカップルに人生訓をタレながら気持ちよさそうに歌うと、いつの間にか周りのみんながハッピーに!  TVカメラの前ではあんなにゴネてたのに、番組のためじゃないと気持ちよさそうに喉を震わす。実際、ビルってこんな人なのかも。なるへそ、「ロスト・イン」のソフィアが撮ってるだけに、ビルの素の魅力が出まくってるわ。チョコチョコと出てくる豪華なゲスト・スターも楽しそうに歌を披露する。そこで歌われるのは、日本でもお馴染みのクリスマス・ソングばかりだ。気絶したビルが見る夢のくだりでは、マイリー・サイラスはもちろん、ジョージ・クルーニーまでも歌ってる! 古き良き時代のレビューショーみたいで、ソフィアがコレを撮ってるのかと思うと、チト意外な気がする。  「ミケプロ」の2人が再共演するだけに、自画自賛っぽいとこはヤーね! ところで、出演者は七光り系の人がやたらと多い。ジョージ・クルーニー、マイリー・サイラス、ジェイソン・シュワルツマン、ラシダ・ジョーンズ、マーヤ・ルドルフと、こんなに揃ってる。そー言えば、監督のソフィアも七光りだわ。マイケル・セラが珍しく嫌なヤツを演じてるのは貴重!  ポーグスの「ニューヨークの夢」を、酒焼けしたようなガラガラの声で歌うデビッド・ヨハンセン。オリジナルのシェーンもガラガラのダミ声で歌ってたから、これはピッタリの人選なんではないかと。なんとなく「3人のゴースト」っぽいなぁ、と思ったら、脚本担当のひとりが関係者だったわ。  しんしんと降る雪が、パンケーキにかかる粉砂糖と重なるショットが素敵です。
隠す
  
 
[262]美代子阿佐ヶ谷気分
 ♪チリンチリンASH2015-12-06
 【ネタバレ注意】
 その昔、職場が中野だった関係から阿佐ヶ谷ではラーメンを食ったりしたことはあるけど、ちょっと苦手なエリア。俺は吉祥寺をこよなく愛している。低予算映画ゆえ、70年代当時・・・
続きを読む
 その昔、職場が中野だった関係から阿佐ヶ谷ではラーメンを食ったりしたことはあるけど、ちょっと苦手なエリア。俺は吉祥寺をこよなく愛している。低予算映画ゆえ、70年代当時の再現ができているとはいいがたいが、生産性のないSEXとか、あんな感じだんだろね〜。にしても、座りションベンはねぇわな。  動いている原マスミ(「イマジネィション通信」)って初めて見た。マリーの貧乳に、時代性を見た(意味不明)。
隠す
  
 
[263]レイジング・ケイン
 突然、ケインがASH2015-12-06
 【ネタバレ注意】
 女の人がしゃがんだら、後ろに立ってるってなアレ、こ、怖ぇ〜! デ・パルマ先生の過剰演出にはゲップが出そうだが、そこが堪んない。
  
 
[264]I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE
 それは、君がいい人間だからだよASH2015-12-05
 【ネタバレ注意】
 3D版にて鑑賞!! 全米ではすでに興収$1億突破と、2010年代になっても愛され続ける「ピーナッツ」。何がそんなに受けるのか、単にキャラクターが世界的に知られているだけな・・・
続きを読む
 3D版にて鑑賞!! 全米ではすでに興収$1億突破と、2010年代になっても愛され続ける「ピーナッツ」。何がそんなに受けるのか、単にキャラクターが世界的に知られているだけなんじゃねぇの、とそんな斜めな気持ちで鑑賞に臨んだんだが、いや、参った。こりゃトンデモない傑作!! CGアニメというのは表現の方法のひとつに過ぎず、原作者のシュルツの精神はちゃんと活かされている。まあ、遺族がホンを書いてるわけだから、当然ちゃー当然だがな。  福くんのチャーリー・ブラウン、これが上手いんだわ。あの自信なさそうなオドオドした喋り方とか、現行TV版も彼がやっても問題ないくらい。ルーシーや他の声も「人気子役」と呼ばれているガキんちょたちが当ててるんだが、みんな上手い! また話題作りのタレント起用かと侮るなかれ。まあ、演じているキャラと実年齢が近いってのは大いなる強みだがな。
隠す
  
 
[265]ゾンビ・コップ
 永遠に生きられるんだぞ!ASH2015-12-05
 【ネタバレ注意】
 B級映画をこよなく愛する俺だが、リアルタイムに接することができなかった映画ってのはMCMに認定されないことがままあるんだよな。この映画とか、「ヒドゥン」とか「死霊の・・・
続きを読む
 B級映画をこよなく愛する俺だが、リアルタイムに接することができなかった映画ってのはMCMに認定されないことがままあるんだよな。この映画とか、「ヒドゥン」とか「死霊のしたたり」とか、ちんちんに毛が生えたばかりの頃に目にしたんなら、多分、今でもオキニな1本になってたんだろうけどさぁ。  ピスコポって、初めて見たわ。監督さんはアクション映画界では名の知れた編集マン。試しに名前をクリックしてみぃ。名だたる名作の数々がそこに! どうりでタイトな映画に仕上がってるわけだよ。  邦題は「デッドヒート」の方がいい。同意も賛成もしないし、されたくもない。
隠す
  
 
[266]帰ってきたMr.ダマー バカMAX!
 僕の腎臓を使ってくれASH2015-12-04
 【ネタバレ注意】
 ファレリー兄弟の映画をスクリーンで鑑賞するのは、なんと「Mr.ダマー」以来!! 20年ぶりにスクリーンで再会したハリーとロイドのバカ2人組は、ずっと時が止まってたんじゃ・・・
続きを読む
 ファレリー兄弟の映画をスクリーンで鑑賞するのは、なんと「Mr.ダマー」以来!! 20年ぶりにスクリーンで再会したハリーとロイドのバカ2人組は、ずっと時が止まってたんじゃないかってくらい変わってなかった。ただ、30代そこそこだった2人もさすがに還暦が近くなると、顔に刻まれたシワも痛々しく感じちまうんだよなぁ。下品でくだらないギャグは楽しいんだが、素直に笑えな痛さもある。げにコメディとは、ムツカシイもんだわな。  ファレリー兄弟の映画は、基本、ロード・ムービーだが、2人の「移動」が始まると、映画は途端に面白くなりだす。オッサンになった2人が織りなす下品なギャグも、「わ、笑えねぇ」だったのが、移動が始まると、結構、クスクス。途中からバカ2人と一緒に旅をするハメになったあの男、カワイソす。  エンドクレジットは20年前の前作と対比。ホント、変わんねぇ。  ビル・マーレイってどこに出てたんだ? と思い、IMDbなんかをチェックしてみたら、ロイドが同居している薬物を精製している人、らしい。顔も出なければ、台詞もない役をビルに降るなんて、意味ねぇ〜!
隠す
  
 
[267]御用牙 かみそり半蔵地獄責め
 かみそり責めASH2015-12-04
 【ネタバレ注意】
 うん、俺も半蔵シリーズではコレがいっちゃんオモロかったわ。と思ったら、監督は増村保造!! 「いそぎん」シリーズもそうだったけど、シリーズの世界観を大切にしながらも、・・・
続きを読む
 うん、俺も半蔵シリーズではコレがいっちゃんオモロかったわ。と思ったら、監督は増村保造!! 「いそぎん」シリーズもそうだったけど、シリーズの世界観を大切にしながらも、独自の作家性をアッピール!
隠す
  
 
[268]御用牙 鬼の半蔵やわ肌小判
 幽霊と一発ASH2015-12-03
 【ネタバレ注意】
 半蔵シリーズ第3弾は、意外と語られる機会が少ないのかこのサイトではコメントなし! 相変わらず過激なちんちんを鍛えるくだりが出てくるが、あんなことするとかえって使い・・・
続きを読む
 半蔵シリーズ第3弾は、意外と語られる機会が少ないのかこのサイトではコメントなし! 相変わらず過激なちんちんを鍛えるくだりが出てくるが、あんなことするとかえって使いもんにならなくなるんじゃなかろうかと。なんか、すんげぇふざけてるような気もするが、これもまた勝新の観客への過剰なサービス精神の現れなんじゃなかろうかと。
隠す
  
 
[269]御用牙
 賄賂受け取りASH2015-12-03
 【ネタバレ注意】
 なんちゅ〜か、70年代に突入した時期の「座頭市」とか「子連れ狼」なんかもそうだけど、この頃の勝プロ作品ってのはどれもこれも過剰だよなぁ。観客の痛覚ちゅうもんをビンビ・・・
続きを読む
 なんちゅ〜か、70年代に突入した時期の「座頭市」とか「子連れ狼」なんかもそうだけど、この頃の勝プロ作品ってのはどれもこれも過剰だよなぁ。観客の痛覚ちゅうもんをビンビンに刺激しやがるが、それ以上にポルノチックな描写が満載で、まさにエログロ! ちんちんを鍛えるくだりは、小池一雄イズムに則した結果なんだろうけど。  ちなみにこの映画、英題もあって「Hanzo the Razor」というらしい。評価、高ッ!!
隠す
  
 
[270]朝はダメよ!
 今日は、帰ってくれないASH2015-11-29
 【ネタバレ注意】
 えりさんのロマポ時代のもうひとつの代表作!! 奔放なSEXの末に真の愛に目覚める、ってな話は使い古し系だが、ラストが切なッ! なるへそ、ホンを担当したのはこの後、TVド・・・
続きを読む
 えりさんのロマポ時代のもうひとつの代表作!! 奔放なSEXの末に真の愛に目覚める、ってな話は使い古し系だが、ラストが切なッ! なるへそ、ホンを担当したのはこの後、TVドラマで大活躍する竹山洋なんね。
隠す
  
 
前へ 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION