allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[001]犯罪症候群 Season1
 骨太でリアルな犯罪ドラマHABBY2017-05-28
 【ネタバレ注意】
全8話。WOWOWと東海テレビ(フジテレビ系列)共同製作のリアルな犯罪ドラマ(のシーズン1)。原作未見だが、先入観なく映像に入っていけた。8話を通じて幾つかの事件が描か・・・
続きを読む
全8話。WOWOWと東海テレビ(フジテレビ系列)共同製作のリアルな犯罪ドラマ(のシーズン1)。原作未見だが、先入観なく映像に入っていけた。8話を通じて幾つかの事件が描かれているが、個人的には最初の"小口誘拐"の話が一番印象に残った。玉山鉄二演じる私立探偵のキャラ(娘を事件で亡くし、それがきっかけとなって警察を退職した過去がある)が緊張感を内包していて個性的で良い。渡部篤郎演じるエリート刑事との関係がどう発展するのか、6月からWOWOWでシーズン2が始まるのでそちらも合わせて楽しみたい。
隠す
  
 
[002]あいつだ
 あいつかHABBY2017-05-28
 【ネタバレ注意】
韓国産ホラー。日本のそれの平均値に比べ残虐描写により凄みがあるように感じた。
  
 
[003]アウト・オブ・コントロール
 グダグダな展開bond2017-05-28
 
記憶喪失型サスペンスだが、主役の女性がイマイチと大雑把な脚本でつまんね。
  
 
[004]ボーダーライン
 ハイリスク、ハイテンションHABBY2017-05-28
 【ネタバレ注意】
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』に続いて勇ましいエミリー・ブラントが拝める。アメリカとメキシコの国境沿いにある、ブルータリティとカオス。こういう凄惨さを見せられ・・・
続きを読む
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』に続いて勇ましいエミリー・ブラントが拝める。アメリカとメキシコの国境沿いにある、ブルータリティとカオス。こういう凄惨さを見せられると、トランプが国境を封鎖したくなる気持ちも少しは理解できる。この前ツイッターでやり取りしていた妙齢のメキシコ女性にいきなり求婚されて戸惑ったが、「自分たちの街の混沌とか、ラテン男の非誠実で暴力的な気質に心底幻滅しているの」と言われてその遣る瀬無い気持ちが幾らか共有出来た。
隠す
  
 
[005]パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛
 女子の濃い(恋)妄想HABBY2017-05-27
 【ネタバレ注意】
韓国産のロマンティックサスペンスコメディ。日本の少女漫画でありがちな、妄想胸キュン恋話系。全編通じてコテコテしたお笑い感覚に覆われていて、三谷幸喜作品の質感に近いも・・・
続きを読む
韓国産のロマンティックサスペンスコメディ。日本の少女漫画でありがちな、妄想胸キュン恋話系。全編通じてコテコテしたお笑い感覚に覆われていて、三谷幸喜作品の質感に近いものがあるかも。主演女優(ハン・ジウォン)やその妹役(ユン・ソヒ)、その周辺の俳優陣も含めて日本の同系統の作品と同水準の水準だと思う。
隠す
  
 
[006]淵に立つ
 お世話になります。タミー (Mail)2017-05-27
 
監督曰く「孤独な肉体を抱えた個々の人間が、たまたま出会い、夫婦となり親となり子となって、当たり前のような顔をして共同生活を営んでいる。私にとって、家族とは不条理です・・・
続きを読む
監督曰く「孤独な肉体を抱えた個々の人間が、たまたま出会い、夫婦となり親となり子となって、当たり前のような顔をして共同生活を営んでいる。私にとって、家族とは不条理です」 じゃあそこに異物が入り込んだら? ちょっとした一言で模範囚さながらだった男が「なんだお前、ああん?」とスイッチが入ってしまったり、何気ない思い出話が人を淵に追いやったり。 本当に言葉には気を付けなければ。 それにしても山上孝司くんのあの地雷踏みまくりな様子は、お前絶対わざとやってんだろ、と思っちゃう。ナチュラルボーンなものなのかな? そして、あの夫の衝撃発言「あの日、俺たちは夫婦になったんだよ」。 じゃあラストで彼は何になったのだろう?
隠す
  
 
[007]ゴーストバスターズ
 いらないリメイクbond2017-05-27
 
CGの進化を確認できた。
  
 
[008]さらば愛しき女よ
 哀歌HABBY2017-05-27
 【ネタバレ注意】
ハードボイルド、男の色気。子供の頃見た『探偵マイク・ハマー』をチラッと思い出した。ランプリングもいい存在感。
  
 
[009]ウィッチ
 アニヤ・テイラー=ジョイsaint_etienne_heaven2017-05-27
 【ネタバレ注意】
祝! 公開! 絶対やらないと思ってたので海賊版で観てしまった。
  
 
[010]チャールズ・チャップリン -放浪紳士の誕生-
 サクセスストーリーbond2017-05-27
 
チャーリーが成功するまでが、ダイジェストで解りやすい。
  
 
[011]ジェーン・ドウの解剖
 逆に直球saint_etienne_heaven2017-05-27
 【ネタバレ注意】
某POVホラーの二作目や「死霊のしたたり」なんかを思い浮かべながら鑑賞。 結果は、近年豊作なジャンルのアレだった。
  
 
[012]ザ・コンサルタント
 天路歴程もしくは逃亡者本読み2017-05-27
 
親父さんの劇中の描写ではただのスパルタにしか見えないが、元々の設定がグリーンベレーの心理作戦班ということなら、多少納得できる。中には心療内科や精神分析方面の学位を持・・・
続きを読む
親父さんの劇中の描写ではただのスパルタにしか見えないが、元々の設定がグリーンベレーの心理作戦班ということなら、多少納得できる。中には心療内科や精神分析方面の学位を持つものもいるからだ。ドラマのアクション部分は見終わった後すぐに忘れてしまうようなものだが、折々の小道具とそれにまつわるエピソードは印象に深く刻まれる。エンドテーマに惹かれたのは、ユー・キャン・カウント・オン・ミーのピルグリム以来。皆さんと同様、続編またはTVシリーズ化希望です。
隠す
  
 
[013]エロチカ・ポリス/ニューヨーク大捜査
 極秘作戦ファルド2017-05-27
 
FBI捜査官のマカロニは、NYの大物ギャングであるビッグ・ジョンを逮捕すべく、ローマの刑事ジャンヌ(E・フェネシュ)とタラッロをNYに呼び、潜入捜査をさせるが…。 前・・・
続きを読む
FBI捜査官のマカロニは、NYの大物ギャングであるビッグ・ジョンを逮捕すべく、ローマの刑事ジャンヌ(E・フェネシュ)とタラッロをNYに呼び、潜入捜査をさせるが…。 前2作と同じようなノリで、同じような出来。エロ的には、E・フェネシュのヌードシーンが1度しかなく、イマイチだけど、彼女が胸元が大きく開いたストライプ柄の服を着ていた時は、結構セクシーだった。 内容は相変わらず、ドタバタしているだけと言う感じであまり笑えなかったが、マカロニが極秘捜査と言いつつも、派手なインディアン・スタイルで街を移動するシーンは少しだけ笑えた。
隠す
  
 
[014]女と男の危機
 ファルド2017-05-27
 
男と女の恋愛に関する描写が、いかにもフランス映画らしいなと思えた。自分勝手な人物が多く登場するが、そんな中、ミシュー(P・ティムシット)ののほほんぶりが良いクッショ・・・
続きを読む
男と女の恋愛に関する描写が、いかにもフランス映画らしいなと思えた。自分勝手な人物が多く登場するが、そんな中、ミシュー(P・ティムシット)ののほほんぶりが良いクッションになっていた。ヴィクトール(V・ランドン)とミシューがTGVに乗っている時、車窓から見える景色とスコアが、何とも言えない哀愁を漂わせていて良かった。
隠す
  
 
[015]マイ・ライバル
 5種競技ファルド2017-05-27
 
クリス(M・ヘミングウェイ)とトリー(P・ドネリー)の心情描写はそれなりにされていたと思うが、それほど感動的ではなかった。この二人のレズシーンやサウナでのヌードシー・・・
続きを読む
クリス(M・ヘミングウェイ)とトリー(P・ドネリー)の心情描写はそれなりにされていたと思うが、それほど感動的ではなかった。この二人のレズシーンやサウナでのヌードシーンが印象に残るが、二人とも貧乳の上、顔がなんとなく男っぽい印象を個人的には受けたので、あまりエロさは感じなかった。
隠す
  
 
[016]機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 7 虹の彼方に
 (無題)ちゃぷりん2017-05-27
 
「めぐりあい宇宙」や「逆襲のシャア」のラストに匹敵する腹八分目感。 ラプラスの箱のインパクトは、「カムイ伝」の家康の出自や「地球へ…」のコンピューターがミュウの発生を・・・
続きを読む
「めぐりあい宇宙」や「逆襲のシャア」のラストに匹敵する腹八分目感。 ラプラスの箱のインパクトは、「カムイ伝」の家康の出自や「地球へ…」のコンピューターがミュウの発生を停めない理由を思い出した。 あとリディがジェリドみたいにならなくて良かった。
隠す
  
 
[017]愛の嵐
 フェティッシュHABBY2017-05-27
 【ネタバレ注意】
禁断の愛。十分芸術的、哲学的、文学的だが、卑猥なシーンも多くエロ目線でも楽しめる。シャーロット・ランプリングが美しすぎ(今現在のクリステン・スチュワートをもう少し寂・・・
続きを読む
禁断の愛。十分芸術的、哲学的、文学的だが、卑猥なシーンも多くエロ目線でも楽しめる。シャーロット・ランプリングが美しすぎ(今現在のクリステン・スチュワートをもう少し寂し気に、大人っぽくした感じ)。『悲しみの青春』のドミニク・サンダや『ルームメイト』のブリジット・フォンダに抱いたのと同等の恋心。
隠す
  
 
[018]ドグラ・マグラ
 想像より良かったけど・・・ボンクレー2017-05-27
 【ネタバレ注意】
キャスティングといい世界観の再現といい、想像以上の出来栄えだと思いました。 セットや小物類が少々チープな感じもしますが、それは仕方ないでしょうね・・・ 桂枝雀の正木博・・・
続きを読む
キャスティングといい世界観の再現といい、想像以上の出来栄えだと思いました。 セットや小物類が少々チープな感じもしますが、それは仕方ないでしょうね・・・ 桂枝雀の正木博士なんて口調といいルックスといい非の打ち所がないように感じます。 ただひとつ難を言うなら、終盤で主人公がモヨ子に櫛を投げるシーンはダメですね・・・ 正木博士・若林博士から延々と刷り込まれる暗示、容赦なく突き付けられる物的根拠、そして隣室から浴びせられる追い詰めるようなモヨ子の声、何ひとつ記憶を取り戻せない主人公にとってこの全てが苦悶の元凶になり、その逃れられない苦しみこそが主人公にとっての「胎児の夢」のはずなのに・・・ 櫛を投げ渡すより、狂気の表情で頭掻きむしって叫びながら走り去るぐらいの方がまだマシだったんじゃなかろうかと思います。 何を思ってあんなシーンを入れたのか理解に苦しみます。 そこだけが残念。
隠す
  
 
[019]料理長(シェフ)殿、ご用心
 グルメと猟奇殺人のペアリングHABBY2017-05-27
 【ネタバレ注意】
ドラマ『ハンニバル』の原形はこんな所にあったのか。ジャクリーン・ビセットが形容できない美しさ。知性、健康美、お色気、全部詰まってる。オールバック風味の髪型(ボニー・・・・
続きを読む
ドラマ『ハンニバル』の原形はこんな所にあったのか。ジャクリーン・ビセットが形容できない美しさ。知性、健康美、お色気、全部詰まってる。オールバック風味の髪型(ボニー・タイラーも80年代似た髪型をしてたっけ)も時代を感じさせる。
隠す
  
 
[020]共喰い
 (無題)spink2017-05-26
 
中上健次の世界に対する憧れ、堕胎、暴力、血とかを土俗的なイメージと適当に混ぜ合わせてそれらしく仕上げました感 かつてのATGとかのパロディ映画のようなそんな印象を抱いた・・・
続きを読む
中上健次の世界に対する憧れ、堕胎、暴力、血とかを土俗的なイメージと適当に混ぜ合わせてそれらしく仕上げました感 かつてのATGとかのパロディ映画のようなそんな印象を抱いた 青山監督には期待しているので今回はきっと原作がしょぼかったんだと思っている。
隠す
  
 
[021]情熱の狂想曲(ラプソディ)
 サウンドに取り憑かれた男bond2017-05-26
 
ハリージェームスと選曲がいいjazz映画。前半の盛り上がりから、以降悲惨なロマンスから墜落が始まる。正にjazzの鬼。
  
 
[022]海よりもまだ深く
 抗うな、身を委ねるべしHABBY2017-05-26
 【ネタバレ注意】
是枝裕和監督らしい優しくて繊細な筆使い。世の中、みんながみんな勝ち組人生を歩めるんじゃないんだから。身を委ね、一期一会を味わうのも大切。テレサ・テンの音楽がさりげな・・・
続きを読む
是枝裕和監督らしい優しくて繊細な筆使い。世の中、みんながみんな勝ち組人生を歩めるんじゃないんだから。身を委ね、一期一会を味わうのも大切。テレサ・テンの音楽がさりげなく、うまく使われてる。
隠す
  
 
[023]狙撃者(スナイパー)アンジェリカ
 ゲームファルド2017-05-26
 
コードネーム「エンジェル」の女殺し屋アンジェリカ(L・ウォルデン)は、幼い女性を誘拐し、性産業で働かせている組織の関係者を始末する指令を受ける…。 アンジェリカの胸の・・・
続きを読む
コードネーム「エンジェル」の女殺し屋アンジェリカ(L・ウォルデン)は、幼い女性を誘拐し、性産業で働かせている組織の関係者を始末する指令を受ける…。 アンジェリカの胸の谷間を強調したコスチュームがそれなりにセクシーだった。序盤、バイクの青年を誘惑し、バスルームでHするシーンはそれなりにエロっぽかった。しかし、内容は安っぽい感じで面白くなかった。
隠す
  
 
[024]ヒトラー最期の日
 チョコレートファルド2017-05-26
 
殆どが地下壕での出来事なので、低予算で作られた感じ。側近からも裏切られていき、次第に追い詰められていくヒトラー(A・ホプキンス)。生涯最後の想い出作りとかは、何だか・・・
続きを読む
殆どが地下壕での出来事なので、低予算で作られた感じ。側近からも裏切られていき、次第に追い詰められていくヒトラー(A・ホプキンス)。生涯最後の想い出作りとかは、何だかなー。 あと、何も知らずに犠牲になる子供たちが可哀想だった。
隠す
  
 
[025]麻薬捜査官バニシング・サンダー
 麻薬戦争ファルド2017-05-26
 
ファビオのやり口が無茶苦茶すぎ。ラスト、マークが妻子を救出するシーンは、それなりに派手だけど、ドンパチやっているだけと言う感じで、全体的にはイマイチでした。
  
 
[026]エロチカ・ポリス/コスプレ大作戦
 風紀ファルド2017-05-26
 
ジャンナ(E・フェネシュ)は、施設から逃げ出してきた少年の母親を捜すため、娼婦になりすまして、潜入捜査を始める。その後、人身売買組織の存在を知り、捜査を進めるが…。 ・・・
続きを読む
ジャンナ(E・フェネシュ)は、施設から逃げ出してきた少年の母親を捜すため、娼婦になりすまして、潜入捜査を始める。その後、人身売買組織の存在を知り、捜査を進めるが…。 前作と同じようなノリで、似たり寄ったりの内容。 お色気面では、E・フェネシュの長めのシャワーシーン(ヘアヌード有り)など、前作より少しエロシーンが多め。 釣りの部分は少しだけ笑えたけど、全体的に、コメディとしてはあまり笑えなかった。
隠す
  
 
[027]スピード・インシデント/身代金略奪逃亡
 ビジネスファルド2017-05-26
 
ダムのゴンドラのシーンはそれなりにスリルがあったけど、それ以外の森林地帯での攻防がイマイチだった。ヘレン(L・パール)の悪女っぷりが少し印象に残るものの、彼女の夫婦・・・
続きを読む
ダムのゴンドラのシーンはそれなりにスリルがあったけど、それ以外の森林地帯での攻防がイマイチだった。ヘレン(L・パール)の悪女っぷりが少し印象に残るものの、彼女の夫婦関係が何だかね…。
隠す
  
 
[028]先生はムショ帰り
 ベースボールファルド2017-05-26
 
詐欺師のケイド(A・ギアリー)は、刑期を終え、かつての恋人ジュリー(L・パターソン)が住んでいる場所へ帰ってくるが、彼女には婚約者が居るという。彼女を諦めきれないケ・・・
続きを読む
詐欺師のケイド(A・ギアリー)は、刑期を終え、かつての恋人ジュリー(L・パターソン)が住んでいる場所へ帰ってくるが、彼女には婚約者が居るという。彼女を諦めきれないケイドは、彼女が勤務する高校に、経歴を詐称(実在した人物になりすます)して応募し、校長として迎えられるが、その高校は校内暴力や麻薬など、問題が山積していた…。 ケイドのムショ仲間だったレインズ(B・D・ウィリアムズ)も副校長として採用されるなど、学校が抱える問題は深刻だけど、内容はかなり軽いノリの学園モノでした。
隠す
  
 
[029]エロチカ・ポリス
 潜入捜査ファルド2017-05-26
 
婦警になることが夢だったジャンナ(E・フェネシュ)は、採用試験を受けるが失態を犯す。しかし、コネで採用されることになり、赴任するものの、次々と失態を犯す…。 個人的に・・・
続きを読む
婦警になることが夢だったジャンナ(E・フェネシュ)は、採用試験を受けるが失態を犯す。しかし、コネで採用されることになり、赴任するものの、次々と失態を犯す…。 個人的に、イタリアン・セクシー・コメディは好きだけど、この作品はイマイチでした。お色気面は、E・フェネシュのヌードシーンが少しと彼女のパンチラが主だけど、あまりエロさは感じなかった。コメディとしても、あまり笑えなかったし、カーチェイスのフィルム早回しもイマイチでした。
隠す
  
 
[030]メッセージ
 “表義”文字黒美君彦2017-05-26
 【ネタバレ注意】
哲学的なSFは嫌いではないし、この映画がそれをどう映像表現にするか相当苦労しただろうな、というのもよくわかる。ファーストコンタクトを言語という側面から解こうとするの・・・
続きを読む
哲学的なSFは嫌いではないし、この映画がそれをどう映像表現にするか相当苦労しただろうな、というのもよくわかる。ファーストコンタクトを言語という側面から解こうとするのも意欲的。さらにそこに「時間」を織り込もうというのだから…。 ただ言語学の権威ルイーズ・バンクス役にエイミー・アダムスというのは正直今ひとつ乗らなかった。内省的な演技ができるタイプではないように思えるから、という個人的な感想に留まるのだが。 冒頭をはじめ、ところどころ挿入される娘とのシーンも「これは『未来の思い出』なんだな」と、比較的早い段階で整理できてしまったので謎にならなかった、というところもある。ヘプタポッド言語に触れる前から彼女が未来を思い出せたのは何故?と思わないではなかったけれど。 結局時間の概念がなく、未来の自分に導かれるならばタイムスリップと同じことになり、ニワトリが先か卵が先かのタイムパラドックスに嵌まってしまいそうなものなのだが…。 一方で言語をめぐる考え方は面白い。いわゆる「表意文字」「表音文字」ではない「表義文字」という概念を持ち込み、言語が脳の働きに大きな影響を与えるという発想は面白い。この作品では「時制のない表義文字」がすなわち「時間の概念のない世界に生きる」エイリアンにつながる。それが「未来の思い出」に生きるルイーズにだけ理解できる、ということになるのだけれど…。たださすがにこの辺りは説明不足の感が否めない。ヘプタポッドも「3000年後」とか言っているから、時間の感覚が全くないわけではないようだけれど…。 ただ、言語こそが武器である、という考えは嫌いではない。 言語しかコミュニケーション手段はない。なぜその武器を有効に使わないのか。人類はそう問われているようにも思える。 それにしても宇宙と家族、という組み合わせは、壮大な対象と最も卑近な存在、ということで描きやすいのかも知れないけれど、若干陳腐な気もした。 そんなこんなで少々物足りない印象は拭えないのだが、ハリウッドでこうした思弁的な映画を作り上げたというのはそれだけで評価すべきかもしれない。 それにしても妻の死に際の言葉を囁かれて直前で攻撃をやめた中国のシャン上将、いったいその言葉はどのようなものだったのだろう?
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION