allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[001]狼は暗闇の天使
 報われぬ恋心HABBY2017-07-23
 【ネタバレ注意】
ギャング映画だが、ヒロイン(サラ・セラヨッコ)の可憐さが大きな存在。彼女がいるといないとでは印象が大きく違ってくるだろう。悲痛なラストシーンの余韻も印象的。
  
 
[002]ダーク・プレイス
 オチが弱いbond2017-07-23
 
ややこしいオチ。なんとなく腑に落ちない。
  
 
[003]裁かれるは善人のみ
 不完全な制度下、生き抜くって大変だHABBY2017-07-23
 【ネタバレ注意】
主人公一家が役人の横暴という不可抗力に遭って崩壊していく様を描きつつ、官僚腐敗とか、現代社会と信仰(宗教。ロシアの場合はロシア正教)との付き合い方の難しさなどを暗喩・・・
続きを読む
主人公一家が役人の横暴という不可抗力に遭って崩壊していく様を描きつつ、官僚腐敗とか、現代社会と信仰(宗教。ロシアの場合はロシア正教)との付き合い方の難しさなどを暗喩的に描いている作品だと思った。邦題はなかなか急所をついていると思う。 最近ロシアでは教会内でポケモンGOをやっていた人間(そこそこ有名なユーチューバーらしい)が不敬だとされて有罪になり、挙げ句の果てテロリスト認定されてしまったようだが、この件で反政府的な気運も高まっていると聞く(有名ユーチューバー間でこの逮捕された人間を支持する動きも広がっているらしい)。本作を見ながら、ロシア内にたちこめるある種の歪みのようなものを意識する自分がここにいた。
隠す
  
 
[004]シチズンフォー スノーデンの暴露
 エネミーオブアメリカbond2017-07-22
 
結局よくわからない。監視はあるのだろうけど、明らかな証拠が無い。
  
 
[005]すばらしき映画音楽たち
 名作の陰に名テーマ曲ありHABBY2017-07-22
 【ネタバレ注意】
無声映画の頃に劇場で即興で音を奏で観客に臨場感を与えていた超アナログの時代の説明から始まって、『キングコング』、『ジョーズ』、『ロッキー』、『2001年宇宙の旅』、『サ・・・
続きを読む
無声映画の頃に劇場で即興で音を奏で観客に臨場感を与えていた超アナログの時代の説明から始まって、『キングコング』、『ジョーズ』、『ロッキー』、『2001年宇宙の旅』、『サイコ』、『007』、『続・夕陽のガンマン』、『スター・ウォーズ』、『インディー・ジョーンズ』、『スーパーマン』、『ET』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』、『ダークナイト』、『タイタニック』といった超有名作品のテーマ曲とそれらに携わった作曲家たちの天才性がコンパクトに、しかし仔細に伝えられる。映画音楽の発展とその当時に流行っていた音楽、最新技術との関係性についても論じられており、クラシック音楽からよりモダンなロック音楽、シンセサイザーが主役のテクノ音楽まで、人間の音に対する飽くなき探究心に限界はないものだと感心した。ジョン・ウィリアムス、ハンス・ジマー。70〜80年代を中心に君臨したこの両巨頭が映画音楽に及ぼした影響を再確認。 ちなみに本作では取り上げられなかったが、思春期の頃に観て感動した『バックドラフト』のテーマ曲もなかなか印象に残る名作だったなと思い作曲者を確認したところ、やはりというかハンス・ジマー御大でありました。
隠す
  
 
[006]テープ
 おもしろくないKi-Adi-Mundi2017-07-22
 
とくに序盤の20分が酷すぎる。脚本も、撮影も編集もだ。今をときめくリンクレーターもこの当時はこの程度の撮影しかできなかったのか。ショボいカットを無駄に重ねる最序盤は失・・・
続きを読む
とくに序盤の20分が酷すぎる。脚本も、撮影も編集もだ。今をときめくリンクレーターもこの当時はこの程度の撮影しかできなかったのか。ショボいカットを無駄に重ねる最序盤は失笑しかない。 カメラを二台使い、1つは監督が回したそうだ。照明もおざなりで素人レベルのひどい撮影だ。その代わり、二台同時にまわしたおかげの早撮りで、一週間で撮影したらしい。 リハにはたっぷり時間をかけたらしく、三人の掛け合いは面白く観られる。芝居に重点を置いた会話劇で、相手をはめるために仕掛けた録音テープが彼の思惑を超え、三人の関係性と物語を動かす鍵となる。とは言え、最後のエイミーの行動が、なんとなく物語を終わらせるための無理やりな展開にしか思えずおもしろいとおもえない。
隠す
  
 
[007]アバンダンド 太平洋ディザスター119日
 為せば成るbond2017-07-22
 
実話なのか?わりと漂流ライフ楽しんでいたよね。
  
 
[008]さよなら歌舞伎町
 生きる糧を求めてHABBY2017-07-21
 【ネタバレ注意】
2時間半という尺の長さ、ラブシーンの濃厚さがまずは印象に残った。それぞれ長所と観る人間、そうでない人間がいることだろう。群像劇らしい、それぞれのドラマがふわっと積み・・・
続きを読む
2時間半という尺の長さ、ラブシーンの濃厚さがまずは印象に残った。それぞれ長所と観る人間、そうでない人間がいることだろう。群像劇らしい、それぞれのドラマがふわっと積み重なりながらパラレルに進行していく展開。出稼ぎで効率的に金を稼ごうとする外国人娼婦の存在含め、歌舞伎町という生態(自分にはとんと縁のない世界だが)の一端が垣間見えたのはなかなか興味深かった。
隠す
  
 
[009]午後8時の訪問者
 非〜こそmototencho2017-07-21
 
非ドラマティックこそドラマティック。サスペンスが日常を駆動させ、人によっては退屈だが、分かる者には極上の人間ドラマ。
  
 
[010]ジェームス・ブラウン 〜最高の魂(ソウル)を持つ男〜
 溜めが大事bond2017-07-21
 
やっぱり天才なんだろうなぁ。独特のリズムでスイングする。溜めの効いたブラスセクションがカッコいい。
  
 
[011]あした晴れるか
 コメントゼロなんて!?モリタマン2017-07-21
 
古い邦画をスクリーンで観るには、今の東京は最適な環境です。名画座が姿を消してもなお、至る所で特集上映など。2017年7月21日、東京・神田神保町シアターで拝見。面白・・・
続きを読む
古い邦画をスクリーンで観るには、今の東京は最適な環境です。名画座が姿を消してもなお、至る所で特集上映など。2017年7月21日、東京・神田神保町シアターで拝見。面白かったです!
隠す
  
 
[012]ガタの国から
 ムツゴロウのムッチー黒美君彦2017-07-21
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>タイからの観光客が急増している佐賀・嬉野温泉に、ドラマの撮影のためにやってきたタイのスーパーアイドル、サムット(ティティ・マハーヨーターラック)。過密ス・・・
続きを読む
<あらすじ>タイからの観光客が急増している佐賀・嬉野温泉に、ドラマの撮影のためにやってきたタイのスーパーアイドル、サムット(ティティ・マハーヨーターラック)。過密スケジュールに老舗旅館を抜け出したサムットは、一人娘の片瀬未来(上白石萌音)とともに写真を見て憧れた干潟を目指す。未来のたった一人(一匹)の友達ムツゴロウのムッチー(声:高木渉)とともに…。 垢抜けない田舎の少女役をさせれば上白石萌音の右に出る者はない、ということで、彼女の魅力で見せる異色の青春ファンタジー。佐賀の温泉・干潟、SNS、タイ、イケメン…といったいくつかのピースを巧く組み合わせている。タイ語を通訳するのがムツゴロウ…というのはさすがに強引なファンタジーではあるが、佐賀の干潟の魅力は伝わってきた。 タイのスーパーアイドルを演じたティティ・マハーヨーターラックは1996年生まれで、インスタグラムのフォロワー250万人以上という本当のタイの人気俳優だそうで。 がばいばあちゃんの島田洋七も当然?出演。その他も手堅い配役で「地域発ドラマ」として楽しく観ることができた。
隠す
  
 
[013]プライベート・ライアン
 ライアンがいいヤツで良かった・・・ローランド2017-07-20
 
  こんなに怖い思いをするくらいなら一瞬で死んだほうが良く、核兵器が戦争の勃発を抑止しているという効果があるのなら・・・ との危うい思いがしてくるくらいに、さぞかし・・・
続きを読む
  こんなに怖い思いをするくらいなら一瞬で死んだほうが良く、核兵器が戦争の勃発を抑止しているという効果があるのなら・・・ との危うい思いがしてくるくらいに、さぞかし手間暇かけて念入りに撮影したのだろうと思わせる始まってすぐの30分近くに及ぶ恐ろしく悲惨な戦闘場面が評判通りに凄いのだが、これは怖さだけではなくて画的な完成度も高いみたいで、この後に続くアンドリュー・ワイエスの絵を見ているような景観もそうなんだけど、いまさらながらこの監督さんはいろいろな面で才能豊かな人なんだなって感心してしまいます。      なのにスピルバーグ作品で一番好きなのが 『激突』 というのはどうしたことだろうと考えると、巨匠と言われるようになるにつれて意気込みが強くなって作品が重厚長大になり、観賞する側からはなくても良いように思われる部分が付け加わるからではなかろうかとの気がするのだけど、この作品もテンポを考えてもう少し短くしても良かったのではないかと。      ある面で飛びぬけて優れた才能を持った人間にはその分少しは凹んでいるところがあるはずと、藤井聡太棋士が美術が全く苦手で意味が分からんと語っているを知って頷くような気持ちになったのだけど、ま、これは俗人の潜在的な劣等感からくるものとしても、そういうことを考えると右脳感覚も左脳感覚も優れたものが必要なんだろうと思われる映画製作には、生半可ではない良いものを目指したなら多くの優れた才能を必要とするのだろうね。      大地の芸術祭などで媚びることなく芸術の垣根を低くしてしかも斬新な感覚で大衆を近づけるアートディレクターの北川フラムさんが語ってらしたのだけど、開催される地域の住民も志が高くなり参加意識が生じるのか、おばあちゃんが自動販売機から飲み物を買ってきてそれを発泡スチロールの箱に入れて道端で販売していたのだって。  もちろん観客のためで商売っ気なんかまったくなくて爐祭り瓩亡悗錣蠅燭ったって事のようです。    人の悪口しか楽しみのないような俗世間が浄化されるいい話だなって感じ入ったもので、ちょっと脱線してしまいました。      星の数は7個以上8個未満です。
隠す
  
 
[014]クロコダイル・ダンディー2
 ホームグラウンドbond2017-07-20
 
マフィアも平原では、弱者。パート2だが、いい出来。
  
 
[015]キングコング:髑髏島の巨神
 出た!地球空洞説リベルタド!!2017-07-20
 【ネタバレ注意】
オカルト研究家・飛鳥昭雄氏が提唱する“地球空洞説”、まさかハリウッド映画でお目にかかれるとは!かのバード少将が南極飛行中に偶然発見した地下世界“アルザル”がモチーフだよ・・・
続きを読む
オカルト研究家・飛鳥昭雄氏が提唱する“地球空洞説”、まさかハリウッド映画でお目にかかれるとは!かのバード少将が南極飛行中に偶然発見した地下世界“アルザル”がモチーフだよね!“ファミ劇”の「緊急検証シリーズ」ではお馴染みのネタ。 それ以外にも、スカルクローラーが「エヴァ」の使徒ぽかったり、冒頭に登場するミヤビ演じる日本兵の名前が“イカリ”だったりと、マニアックなネタには事欠かない かなと。ロック好きな自分は、CCRとかサバスとか70年代ロックがガンガン流れるのも良かった! エンドクレジット後のオマケ映像に、ゴジラ、モスラ、キングギドラのシルエットが登場!期待させるね!早く観たい!
隠す
  
 
[016]MARS〜ただ、君を愛してる〜
 夢中、、、夢の中HABBY2017-07-20
 【ネタバレ注意】
少女コミック由来と思われるキラキラ感が全編を支配する中、人の命の重み、一期一会を強調するラストの急展開にハッとする自分がここにいた。実世界の諸課題をトレースしたよう・・・
続きを読む
少女コミック由来と思われるキラキラ感が全編を支配する中、人の命の重み、一期一会を強調するラストの急展開にハッとする自分がここにいた。実世界の諸課題をトレースしたような深み重みはないが、まあ若者の生き様とはこんなものだよなあ(自らの若かりし頃を回想しつつ)。ひとまずキスマイファンの外人に推薦しておこう。山崎紘菜って桜田淳子の若い頃に似てるかも。
隠す
  
 
[017]宮沢賢治の食卓
 生きている、生かされているHABBY2017-07-20
 【ネタバレ注意】
全5話。古き良き日本、宮沢賢治が育んだ大地の息吹を五感で得られるみずみずしいドラマでした。作中登場する食材のバラエティにこだわるも良し、鈴木亮平のカメレオン俳優ぶり・・・
続きを読む
全5話。古き良き日本、宮沢賢治が育んだ大地の息吹を五感で得られるみずみずしいドラマでした。作中登場する食材のバラエティにこだわるも良し、鈴木亮平のカメレオン俳優ぶりに感得するも良し、悲運の女を演じた石橋杏奈の繊細な表情に感情移入するも良しでしょう。
隠す
  
 
[018]ソーセージ・パーティー
 下品すぎるトイストーリー!リベルタド!!2017-07-20
 
「サウスパーク」「チームアメリカ」の興奮がよみがえる! 絵面がかわいいので、間違って健全なキッズが観てしまう危険あり。 まあキッズが観ても意味わからないか。
  
 
[019]殺戮にいたる山岳
 ヤンスン黒美君彦2017-07-20
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>15年前の鉱山事故で生き残ったムン(アン・ソンギ)は、命を救ってくれた男の知的障害のある娘ヤンスン(ハン・イェリ)を気にかけていた。今やだれも寄りつかない・・・
続きを読む
<あらすじ>15年前の鉱山事故で生き残ったムン(アン・ソンギ)は、命を救ってくれた男の知的障害のある娘ヤンスン(ハン・イェリ)を気にかけていた。今やだれも寄りつかない山で、偶然金鉱を見つけたヤンスンの祖母はパク刑事(チョ・ジヌン)に連絡するが、パク刑事は双子の兄やその仲間と金を奪おうと老婆を殺害。偶然居合わせたムンやヤンスンも殺害しようと追う…。 64歳になった韓国の国民的俳優アン・ソンギが山を走りまわるアクション?映画。双子の極悪警官(何で双子やねん)やその仲間が撃たれたり、河で勝手に足を滑らせて頭を打って死んだり、何だかワケわからん。 そこに山に伝わる小鹿を食らう白い化け物の話やら、ヤンスンが父親(の幽霊?)にバッタリ会ったりとか、余計な要素も入ってきてうーむ。 ホラーのようでホラーではないし、何というかジャンル分けが難しい。 で、結局アン・ソンギのワルだった息子が、ヤンスンの母親を孕ませたのだということがわかり、実はアン・ソンギとハン・イェリが実の祖父と孫だった…ということらしいが、その要素は必要か?? 間抜けにもどんどん死んでいく悪い連中と、ランボーもかくや、というアン・ソンギの老人アクションを楽しめたらいいのかなあ。 そもそも「山岳」という割には、里山チックでさほど恐怖を感じるような山ではないし。 そもそもこの邦題『殺戮にいたる山岳』って、どれだけセンスないんだという話。意味不明だし、わけわからん。 30歳を超えたハン・イェリが幼い知的障害のある娘ヤンスンを演じる、というのはさすがと思わせる巧演。こんな役でもこなしてみせる、という彼女の女優魂を感じることが出来る。 いずれにせよ、アン・ソンギの無駄遣い(笑)のような作品。何だかもったいない。
隠す
  
 
[020]クロスロード〜声なきに聞き形なきに見よ〜
 キャストは豪華黒美君彦2017-07-20
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>定年まで1年、尾関辰郎(舘ひろし)は大森臨港署の刑事課に異動した。一方板垣公平(神田正輝)は、再びフリーライターとして活動していた。そんな中、大田区の河・・・
続きを読む
<あらすじ>定年まで1年、尾関辰郎(舘ひろし)は大森臨港署の刑事課に異動した。一方板垣公平(神田正輝)は、再びフリーライターとして活動していた。そんな中、大田区の河川敷で君塚瞳(野村真美)の他殺体が見つかる。彼女には娘がいたが、無戸籍であることが判明する。捜査を進めるうちに尾関は10年前の風俗嬢連続殺人事件との関連を疑い始める。事件は尾関の先輩の故前川宏樹(若林豪)が、その後死刑が宣告された立石修(金児憲史)に自白を強要したのではなかったのか。一方板垣は、週刊レポの後輩ライター片山明日子(栗山千明)と取材を始めたが、10年前に立石犯人の記事を書いたのが板垣自身だった…。 相変わらず豪華キャストの、でも地味な(笑)ドラマ。 無戸籍児の存在がクローズアップされて来たところで、もう少しそこが深まるかと思ったのだが、意外にもそうはならず、無戸籍児を支援するNPO法人代表が事件に結構深く関わっていたという展開に…。無戸籍児の支援NPOが協力に名を連ねていたけれど、このストーリー展開も認めたのなら太っ腹だなあと思ったりして。 板垣は10年前に書いた記事について、死刑囚となった男の親族から罵詈雑言を浴びせられるが、連続殺人事件であれば世間は大騒ぎだっただろうから、一人のライターの記事で一気に事件が動く、なんてことはないはずだけどな。 今回は尾関と板垣はほとんど接点を持たない。ふたりとも独自に同じターゲットに向かって捜査・取材する様子が並行的に描かれるだけで、そこはやや物足りなさも感じた。 登場人物が多いので、若干人物の描き方が浅い感じも。栗山千明演じるライターも、もうひとつ掘り下げが足りないかなあ。もう少し人物を絞って一人ひとりを深く描けば、もっと面白くなりそうなのだが…。
隠す
  
 
[021]カラーズ/天使の消えた街
 CRASH黒美君彦2017-07-20
 【ネタバレ注意】
ロス市警のギャング特別班“CRASH”を舞台に、ベテラン刑事ボブ・ホッジス(ロバート・デュヴァル)に鍛えられる新米捜査官ダニー・マクガヴァン(ショーン・ペン)の成長物語。 ・・・
続きを読む
ロス市警のギャング特別班“CRASH”を舞台に、ベテラン刑事ボブ・ホッジス(ロバート・デュヴァル)に鍛えられる新米捜査官ダニー・マクガヴァン(ショーン・ペン)の成長物語。 強引な捜査を進めるマクガヴァンをたしなめながら、更正を誓ったはずのギャングに裏切られるホッジス。 何が正解とはいえないものの、ロスの暗部と立ち向かう警察官たちの命がけの捜査を描く。乱暴な捜査を辞さないマクガヴァンは、乗車している黄色い車から「パックマン」と呼ばれて憎まれることになるのだが…。 ひとつ間違えると逆に殺されてしまう危険を孕んだ捜査は大変だとは思うが、一方でこの映画が撮られた80年代の貧富の格差も映し出される。犯罪に手を染めないと生きていけない連中が、最下層にひしめいている社会情勢。当然そこにいるのはアフリカ系であったりヒスパニック系だったりするわけで、人種間格差は厳然と存在するわけだが。 ただデニス・ホッパーは社会派映画にはせず、アクションと新旧捜査官の絆を淡々と描いている。 メス牛を狙うオス牛の話を、マクガヴァンが新米に繰り返す辺りの話は、ありがちではあるけれど嫌いではない。 意外に評判はさほど高くないのだが、当時一世を風靡したハービー・ハンコックの音楽や、若き日のショーン・ペンのギラギラした感じとか、個人的には悪くないと感じた。 それにしても簡単に殺されてしまうんだよな、人間って。
隠す
  
 
[022]ヒトラーへの285枚の葉書
 突きつけてくる黒美君彦2017-07-20
 【ネタバレ注意】
ドイツが快進撃を続けている時代に、ヒトラーを批判する葉書を書き続ける労働者階級のオットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のクヴァンゲル夫婦。 ・・・
続きを読む
ドイツが快進撃を続けている時代に、ヒトラーを批判する葉書を書き続ける労働者階級のオットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)のクヴァンゲル夫婦。 彼らが政府を批判するのはただひとつの理由から。ひとり息子を戦場で死なせたこと。 もっと生産量を増やせ、というナチの官僚に「機械を増やしてくれるのか」と反論するオットー。政府にもっと協力すべきだと言われて、「息子の命を捧げたんだ、これ以上の貢献があるなら教えてくれ」と言い放つ。 周囲がナチス一色になっていくなかで、この夫婦を支えたものはいったい何だったのか。 ひたひたと迫る警察とゲシュタポ(秘密国家警察)の捜査。 ゲッシュタポから無能呼ばわりされる警察のエッシャリヒ警部(ダニエル・ブリュール)は、285枚の葉書のうち、回収されなかった18枚を除くすべての葉書を読んだのは自分だけだ、と呟く。 そしてその内容が間違っていないということを確信した彼は、最後に死を選ぶ。 原作は、ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの記録文書に基づいて4週間で書き上げた『ベルリンに一人死す』(1947年)。ファラダは書き上げて3か月後に53歳でこの世を去ったという。2009年初めて英訳が刊行され、世界的なベストセラーになったのだとか。 決して多くを語らないエマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソンがそれぞれ巧演。 英語での台詞がやはり違和感を覚えざるを得なかったが、それでも静謐な映像は見応えがある。 圧倒的な権力の前で、もしかすると決して届かないかもしれない葉書を黙々と書き続ける人間の営みが、いまの自分たちのありように「そこまでの覚悟はあるのか」と突きつけてくる。
隠す
  
 
[023]薔薇の葬列
 18禁pumpkin2017-07-20
 
オクテだった上、映画に関心がなかったものですから、自分で選んで見に行った最初の映画がこれ。たぶんピーターが好きだったからではないかな。面白い面白くない以前にあまり出・・・
続きを読む
オクテだった上、映画に関心がなかったものですから、自分で選んで見に行った最初の映画がこれ。たぶんピーターが好きだったからではないかな。面白い面白くない以前にあまり出来が良くないと思った記憶があります。それでも18禁の映画を見て満足して帰りました。
隠す
  
 
[024]紅の空
 もう一度見たいpumpkin2017-07-20
 
親が全く映画館に連れて行ってくれなかったものですから、映画館で最初に見た映画はたぶん「妖星ゴラス」と本作。前者も面白かったけれど、本作もとても面白く、長い間あれは何と・・・
続きを読む
親が全く映画館に連れて行ってくれなかったものですから、映画館で最初に見た映画はたぶん「妖星ゴラス」と本作。前者も面白かったけれど、本作もとても面白く、長い間あれは何という映画だったろうと思っていました。佐藤允が印象的で、痛快で、最後の方にしゅんとなるシーンがあったと思います。
隠す
  
 
[025]アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
 錯誤HABBY2017-07-20
 【ネタバレ注意】
ケイト・ベッキンセイル、ベン・キングズレー。もっとおどろおどろしい内容かと思ったが、意外とソフトだった。
  
 
[026]KARATE KILL/カラテ・キル
 和製ドラゴンghost-fox2017-07-19
 【ネタバレ注意】
亜紗美の扮装(笑)
  
 
[027]キャプテン・フィリップス
 放水よりも銃撃nabeさん2017-07-19
 
トム・ハンクス主演の海洋サスペンスである。 アメリカ船籍の大型船がソマリアの沖合で海賊に会い、船長が人質に取られた実話をもとにストーリーが展開する。冒頭から、海賊た・・・
続きを読む
トム・ハンクス主演の海洋サスペンスである。 アメリカ船籍の大型船がソマリアの沖合で海賊に会い、船長が人質に取られた実話をもとにストーリーが展開する。冒頭から、海賊たちの小さなボートに放水して逃げまどいながらも、彼らの乗船を許してしまうスリリングな場面から始まるが、結局海賊のリーダーが船員たちに取り押さえられてしまい、まずは一段落という感じになってしまう。しかしこの後、船長が海賊たちに拉致されてからが、名優トム・ハンクスの独壇場だ。特に海兵隊に救出されるラストシーンの名演技は凄いリアリティで、観終わった後も長らく余韻が残る迫力である。 派手なアクションシーンこそ無いが、この地味な話をスリリングな佳作に仕上げたポール・グリーングラス監督に敬意を表したい。
隠す
  
 
[028]ジョン・ウィック
 京都 新進亭はこまる2017-07-19
 
人がコロコロ死ぬし、ずっと激しいアクションが続くから生理的にゲンナリしそうだけど、そうはならないのが不思議。 監督の演出スタイルのせいかなって思ったけど違う。これは・・・
続きを読む
人がコロコロ死ぬし、ずっと激しいアクションが続くから生理的にゲンナリしそうだけど、そうはならないのが不思議。 監督の演出スタイルのせいかなって思ったけど違う。これは、やはりキアヌのパーソナリティーのおかげでしょう。 実に古典で立派なスター映画です。キアヌがみんなに愛されてるからこそ成立する映画。 浮き沈みの激しいハリウッドにおいて、自分を見失わず、異国の地で一人ラーメンできる男はカッコいい。
隠す
  
 
[029]銀の匙 Silver Spoon
 なにこれ?joker-die2017-07-19
 
俺の好きな「ピザ」のシーン…。 ベーコン焼いて… ここで見るの辞めた。
  
 
[030]キングコング:髑髏島の巨神
 メイキングのデザイン画で十分namurisu2017-07-19
 
黄緑っぽい絵の具世界が、うざい。監督が脳なしの能なし。また、サミュエル。ブリーのタンクパイスラがエロくない。ピーター監督の圧勝。
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION