allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[001]ヤング・アダルト・ニューヨーク
 いつか老いるhayate92018-10-17
 【ネタバレ注意】
ナオミ・ワッツのヒップホップが可愛い(笑) 子供が携帯を当然のように扱うあのラストの比喩は面白いなと思いました。
  
 
[002]ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
 幽霊に借りを返せリベルタド!!2018-10-17
 【ネタバレ注意】
アメリカ開拓時代、魔女狩りによって火炙りなった女の亡霊が子供をさらう。 洋画版の「ほん怖」みたいな感じかな。 ニコラス・ケイジは安定の名演技をみせる。母親役のサラは、・・・
続きを読む
アメリカ開拓時代、魔女狩りによって火炙りなった女の亡霊が子供をさらう。 洋画版の「ほん怖」みたいな感じかな。 ニコラス・ケイジは安定の名演技をみせる。母親役のサラは、「プリズンブレイク」「ウォーキングデッド」を観てたので勝手に親近感もってる。ただ、吉田羊さんに見えて仕方ない。
隠す
  
 
[003]散り椿
 『椿』と言えば三十郎笠勝利2018-10-17
 【ネタバレ注意】
岡田准一の殺陣がリアルで素晴らしい。お見事! 昨冬亡くなった葉室麟の小説は、直木賞受賞以降文庫化が目白押しだったのを幸いに、随筆含め30冊余り手に取っているが、どれも・・・
続きを読む
岡田准一の殺陣がリアルで素晴らしい。お見事! 昨冬亡くなった葉室麟の小説は、直木賞受賞以降文庫化が目白押しだったのを幸いに、随筆含め30冊余り手に取っているが、どれも心地良く読んだはずなのに史実を背景にしていない本作は記憶が薄かった。そのせいだろうか、妻の思いをめぐる主人公と旧友の対峙がいまひとつ意味不明で、しかも一方の死のお粗末さに唖然。敵役も類型的に過ぎる。こんな話だったっけ。椿に美しさが感じられず、クレジットは気色悪い。岡目八目。
隠す
  
 
[004]誘惑者
 ありきたりbond2018-10-17
 
ハリウッド映画のマネしたってダメなの。なんだかなー。草刈さんはカッコいいけど。
  
 
[005]運命は踊る
 FOXTROT、またはラクダ黒美君彦2018-10-17
 【ネタバレ注意】
不思議な余韻の残る作品だ。冒頭、イスラエルのテルアビブに住む夫婦のもとに、息子ヨナタンの戦死の連絡がもたらされるところから物語は始まる。悲嘆に暮れる両親。ところが、・・・
続きを読む
不思議な余韻の残る作品だ。冒頭、イスラエルのテルアビブに住む夫婦のもとに、息子ヨナタンの戦死の連絡がもたらされるところから物語は始まる。悲嘆に暮れる両親。ところが、戦死は誤報だったことが明らかになる。だが父親のミハエル(リオル・アフケナージ)は、安堵するより怒りを強め、直ちに息子を家に帰せと主張する。お前たちの言うことは信じられない、と。 一転して、国境近くの検問所。ヨナタン(ヨナタン・シレイ)たち若い兵士四名が、時折通りかかる車を停め、検問するのが仕事だ。時折ラクダがふらっと現れ、ヨナタンたちが検問所のバーを上げるのがユーモラスだ。そこでヨナタンは、アラブ人の若者たちが乗る車を停めた際に、美しい少女が微笑を浮かべるのを見る。次の瞬間、車から落ちた空き缶を手榴弾と見誤った同僚兵士の声で、ヨナタンは機関銃で車内の若者たちを皆殺しにしてしまう。事態を隠蔽されるために大きく穴が掘られ、車が崩れ落ちていく。そこへヨナタン帰還の命令がもたらされる。 再びテルアビブの夫婦。状況が大きく変わっていることが窺われる。夫婦は別居し、妻ダフナ(サラ・アドラー)は心を病んでいることがみてとれる。ヨナタンが赴任先で描いていたイラストが何故か部屋に飾られている…。 三幕から成るギリシャ悲劇のようにこの作品は構成されている。 全編を通して真上から人間を見下ろす俯瞰のカメラが特徴的だ。戦死を告げられた両親の悲嘆は異常なほど。だから同姓同名の戦死と間違えたと言われたミハエルは激昂したのか。 だが、この作品で最も面白いのは二幕目にあたる国境の検問所のシーンだ。女性の笑顔が大きく描かれた廃車(この女性の顔は、サミュエル・マオズ監督の娘がモデルだとか)があるほかは、地平線まで荒涼とした平地が広がるだけの場所。 そこで突然一人の兵士が踊り始める“FOXTROT”。原題にもなっているこの“FOXTROT”は、1910年代初めにアメリカで流行したダンスステップだという。前へ、右へ、後ろへ、左へ…4分の4拍子のステップは、必ず元の場所に戻ってくる。 静寂に彩られた作品の中で、このシーンだけが異彩を放っている。イスラエルのダンサーであるイタイ・エクスロード演じる兵士は、華麗にステップを踏み、銃を女性のように抱きすくめる。 兵士が生活をしているのは、毎日少しずつ沼地に沈んでいくコンテナだ。缶詰の肉を食べながら、少しずつ傾いでいくコンテナに、彼らはなす術もない。 時折検問所で停められる不機嫌なアラブ人たちの表情も印象的だ。 車の外へ出ろといわれた中年の太ったドレス姿の女性は、突然降り始めた激しい雨に打たれ、泣き出しそうな顔で途方に暮れる。 もともとこの物語は、監督自身の経験にインスパイアされたのだという。 彼の長女は朝が苦手で、タクシーで学校に行くという彼女を叱りつけ、バスで向かうよう命じた朝、そのバスがテロリストによって爆破されたのだという。長女はバスにも乗り遅れたために惨事に巻き込まれずにすんだが、監督は彼女に連絡がつかない間、「自身の戦争の時期をすべて合わせたよりもひどい」「人生で最悪の時間を過ごすことにな」ったのだという。 彼はインタビューで語っている。 「ヘブライ語で、『人間はあれこれ企むが、神はそれをせせら笑う』という言葉があります。運命の笑みとは、人が運命を変えようともがいている様を神が笑っているということです」(杉本穂高による監督インタビュー。https://www.huffingtonpost.jp/hotaka-sugimoto/destiny-movie_a_23536427/) 人間の営みは些細な偶然の積み重ねで行われており、時によってはそれは生死すら決定することがある。 危険な戦場においてはとりわけそうだろう。紙一重で生死を分けたエピソードは事欠かないのだから。 FOXTROTは、そんな皮肉な運命を象徴するステップだ。運命を逃れたとしても再び同じ場所に戻って来るしかない。そういうと、この作品がまるで「運命論」を語っているかのように思われるかも知れないが、そこで翻弄される人間の感情や現状を彼は描きたかったのではないだろうか。 ぼんやりしたラクダですら、ヨナタンの運命を握っていた。 そしてひとりの人間の死は、確実に周辺の人々の人生にも干渉するのだ。
隠す
  
 
[006]キングスマン:ゴールデン・サークル
 頭脳とスキルと縄跳び名人?リベルタド!!2018-10-17
 【ネタバレ注意】
まずは、マシュー・ボーン自ら続編を監督してくれたことに興奮! ボーンが監督しなかった「キックアス2」にはちょっとガッカリだったので。 今回印象に残ったのは、雪山で開く・・・
続きを読む
まずは、マシュー・ボーン自ら続編を監督してくれたことに興奮! ボーンが監督しなかった「キックアス2」にはちょっとガッカリだったので。 今回印象に残ったのは、雪山で開く星条旗のパラシュート!「私を愛したスパイ」かよ!ってうれしくなった。 いろいろ歴代スパイ映画に“目配せ”ありそうで、それを探すだけでも楽しい。 頼れる裏方だったマーリンの最期は心底シビレた。一方で裏方だったジンジャーが“ウィスキー”のコードネームを引き継ぐくだりにワクワクした。演じているのが、ハル・ベリーってのも贅沢。 “テキーラ”ことチャニング・テイタム全然働いてないので、さらなる続編に期待。 やはり、マシュー・ボーン監督でね!
隠す
  
 
[007]怪猫岡崎騒動
 ポスターからも伝わる怖さちゃぷりん2018-10-17
 
入江たか子のなりきり演技が圧巻。ベティ・デイヴィスに勝るとも劣らない。
  
 
[008]イコライザー2
 ゴーストタウンKatsumi_Egi (Mail)2018-10-17
 
 これも面白い、のみならず、突出した画面造型を持った活劇だが、それにしても、デンゼル・ワシントンが強い。強すぎる。  ブリュッセルでの事件と、主人公ワシントンの卑近・・・
続きを読む
 これも面白い、のみならず、突出した画面造型を持った活劇だが、それにしても、デンゼル・ワシントンが強い。強すぎる。  ブリュッセルでの事件と、主人公ワシントンの卑近な世直し行為とをクロスで繋ぐ構成を、メリッサ・レオが橋渡しして、プロットが交錯するのだが、イマイチ、スカッとした繋ぎでない。例えば、ホテルの暴漢2人組みの再登場や爆殺場面なんかは、性急過ぎる。あるいは、ワシントンの隣人で画家を夢見る若い友人、アシュトン・サンダーズの造型は全般に良いと思うが、ギャングの仲間から奪還するクダリは、ちょっとやり過ぎかもしれない。前後のプロットが省略され過ぎている感覚を持つ。アシュトン・サンダーズがらみでは、ワシントンの部屋で、書棚の裏に隠れるシーンは出色だ。マジックミラーの使い方は、イーストウッドの『目撃』を想起する。  イーストウッドと云えば、クライマックスの嵐の中の浜辺の町での対決は『ペイル・ライダー』なんかを思い出させる、西部劇志向の場面設定だ。激しい風雨の道具立ても効果的だが、住民が全員避難している状況なので、無人の町、ゴーストタウンのような舞台設定をシンプルに作り出している。嵐に関しては、中盤ぐらいから、その到来についてジワジワと描き込まれるが、なかなか来ないで、クライマックスで過剰に見せてしまうという扱いもいい。  あと、ペドロ・パスカルも雰囲気のある良い役者だと思うが、やっぱり怖さが足りない。ワシントンに拮抗する要素が微塵も描かれない。 #登場する書籍は「世界と僕のあいだに」「シッダールタ」「失われた時を求めて」
隠す
  
 
[009]アンフレンデッド
 ネットホラーbond2018-10-17
 
アイディアはいいけど、オールPC画面で見にくい。ホラーというより、サスペンス。
  
 
[010]たそがれ酒場
 カメラが奮闘pumpkin2018-10-16
 
内田吐夢作品としては珍しい新東宝映画です。そのため、後年スターになった丹波哲郎、宇津井健、天知茂が顔を見せています。さらに、津島恵子がストリッパーという仰天のキャス・・・
続きを読む
内田吐夢作品としては珍しい新東宝映画です。そのため、後年スターになった丹波哲郎、宇津井健、天知茂が顔を見せています。さらに、津島恵子がストリッパーという仰天のキャスティング。プリントが比較的良いことは意外。実験的な作品なので、コメントしにくいですが、酒場の中だけのカメラワークがなかなか面白かった。後年のキン・フー監督の「迎春閣之風波」のカメラを思い出しました。
隠す
  
 
[011]ボブという名の猫 幸せのハイタッチ
 優しさに溢れる映画bond2018-10-16
 
猫の恩返し。凄いラッキーな出会い、前世でもペットだったんじゃない?根が素直だったから立ち直れた。
  
 
[012]ミスタア・ロバーツ
 ヘンリーフォンダルーテツ2018-10-16
 
邦題の”ミスタア”という表記がなんとも良い味を出している 時代の産物なのだろうが”ミスター”より”ミスタア”の方が、作品に漂う軽いコメディ感にハマる 主演はヘンリー・フォ・・・
続きを読む
邦題の”ミスタア”という表記がなんとも良い味を出している 時代の産物なのだろうが”ミスター”より”ミスタア”の方が、作品に漂う軽いコメディ感にハマる 主演はヘンリー・フォンダ 本作でのジョン・フォード監督との確執は有名だが、1300回以上も舞台に立った自負もあったのだろう 無能艦長に扮するのがジェームズ・キャグニーで、彼ほどの大物がなぜこんなつまらない役を引き受けたのかわからない 助演で、引退作となったウイリアム・パウエル、そして映画デビュー間もないジャック・レモンは本作でオスカーを獲る 他作品ではまず見かけない、30年代、40年代、50年代の各世代の名優の共演がこの映画のキモ 何といっても、すっと鼻歌を歌っている軽薄なお調子者というパルバーのキャラクター 舞台のパルバーは演者を含めて知らないし、レモンのアドリブがどのくらい入っているのだろうというのが気になるところだ どんな役でも一瞬で他の役者では演じられないオリジナリティを吹き込んでしまうところが、レモンの名優たる所以だろう 続編でロバート・ウォーカー・Jrがほぼレモンをコピーしたパルバーに扮し、不評を買ったそうだが、個人的には、上手く真似していて叩かれるほどではないように思えた
隠す
  
 
[013]濡れた荒野を走れ
 シナリオが無軌道ちゃぷりん2018-10-16
 
意味不明なバイオレンスもの。ラリった状態で脚本書いてたのかな。
  
 
[014]レオン/完全版
 マチルダFFF2018-10-16
 
最初の劇場版より多くの重要なシーンが追加されており別物と言っていいぐらい。 特にポートマンは大人びた演技が全部カットされてたみたいでびっくり。ベッソンは最後にマチル・・・
続きを読む
最初の劇場版より多くの重要なシーンが追加されており別物と言っていいぐらい。 特にポートマンは大人びた演技が全部カットされてたみたいでびっくり。ベッソンは最後にマチルダを撮れるのか?
隠す
  
 
[015]ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡
 感動のサバイバルbond2018-10-15
 
Never give up.ダニエル・ラドクリフ渾身迫真の演技。
  
 
[016]マリオ〜AIのゆくえ〜
 不老不死黒美君彦2018-10-15
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>2023年東京。ある警察官(西島秀俊)が事故で脳に再起不能のダメージを受けてしまう。AIの研究者で、警察業務用人工知能を開発した時枝悟(田中哲司)は、彼に人・・・
続きを読む
<あらすじ>2023年東京。ある警察官(西島秀俊)が事故で脳に再起不能のダメージを受けてしまう。AIの研究者で、警察業務用人工知能を開発した時枝悟(田中哲司)は、彼に人工知能を埋め込む手術を独断で行う。「マリオ」と名づけられた男は、警察に追われる立場になるが、時枝に「自由に生きろ」と命令を受け、時枝の息子神崎至(福崎那由他)のもとへ逃れる。至はいじめを受け、自殺しようとする直前だった…。 人間が機械と融合し、超人になるのはサイボーグ。では、AIが頭脳の代わりになり、人間の肉体を持ったらどうなるのか…ということをシミュレーションしてみた近未来SF。人間の非合理的な思考を学ぶAIは、子どものように矛盾する人間の思考を学んでいくが、はてさてそうした矛盾面が穏当な間はいいけれど、もし犯罪的な思考を抱く人間を真似たらどうなるんだろう。 それはともかく、ロシアで複数のメディア企業を営む富豪は、人間の記憶や知識、感覚をデータにしてAIに吹き込むことを目論んでいるのだそうで、そうなると「死」の意味すらよくわからなくなってしまう。 この作品でも、マリオの肉体は銃撃されて死んでしまうが、サイバー上でMARIOは生き続けるわけで、至は嬉しいかも知れないけれど、不気味な感じもしないわけではない。 例えば余命が宣告された患者がいるとして、患者が生き延びれば生き延びるほど経済的負担が莫大になるのだとしたら、AI的に考えれば患者は早く死んだ方が家族にとっても、医療費負担の面からもよい、ということになってしまわないか。 肉体はいつか滅びる、という前提が崩れたとき、不老不死は実現するのだろうか。 そんなこともぼんやり考えていたけれど、ドラマとしてよく出来ていたと思う。久しぶりに倉科カナを観た気がした。 製作はドリマックス…ってTBSの子会社だけど(苦笑)。
隠す
  
 
[017]デッドプール2
 X-Force!dadada2018-10-15
 
個人的には、前作よりも断然面白かった。 Xフォースの面接〜出撃〜全滅?〜ケーブルとの追っかけ...って件は最高。 時間を遡って...って、ラストもいろんな意味で泣ける・・・
続きを読む
個人的には、前作よりも断然面白かった。 Xフォースの面接〜出撃〜全滅?〜ケーブルとの追っかけ...って件は最高。 時間を遡って...って、ラストもいろんな意味で泣けるじゃん。
隠す
  
 
[018]ふきげんな過去
 吉展ちゃん誘拐事件pumpkin2018-10-15
 
台詞の間が独特で、小演劇風です。小泉今日子好みという感じがしますが、未来子はその名とうらはらに、キョンキョン世代よりかなり以前の世代を思わせます。康則ちゃん誘拐事件・・・
続きを読む
台詞の間が独特で、小演劇風です。小泉今日子好みという感じがしますが、未来子はその名とうらはらに、キョンキョン世代よりかなり以前の世代を思わせます。康則ちゃん誘拐事件は吉展(よしのぶ)ちゃん誘拐事件を連想しますし、爆弾作りにいそしむ未来子は、過激派を連想させます。ただ、小演劇の舞台ならともかく、映画としてはこなれていないのではないかな。
隠す
  
 
[019]少年メリケンサック
 パンクとは?pumpkin2018-10-15
 
最初に「パンクって何?」ってせりふがあるけど、パンクとは「成長しない、賢くならない」ことだと思います。その点、この映画の登場人物は、宮崎あおいも含めてみんなパンクです。・・・
続きを読む
最初に「パンクって何?」ってせりふがあるけど、パンクとは「成長しない、賢くならない」ことだと思います。その点、この映画の登場人物は、宮崎あおいも含めてみんなパンクです。 むかし見た時は結構面白いくらいに思いましたが、今度見直したら、すごく面白かった。その理由は、「あまちゃん」を見たから。「あまちゃん」を見ると「メリケンサック」が面白くなり、「メリケンサック」を見ると、「あまちゃん」が面白くなると思います。登場人物が成長しない点、「あまちゃん」もパンクなのかも。
隠す
  
 
[020]刑事ニコ/法の死角
 デビュー作をプロデュースちゃぷりん2018-10-15
 
「逃亡者」のムカつく刑事2人組も出てたな。あとで検索したら、1人は「ダークナイト」で、デントにバーで撃ち殺される人か。
  
 
[021]キングスマン:ゴールデン・サークル
 オースティンパワーズbond2018-10-14
 
まあ、CGとアクションで頑張ってるが、既視感 否めない。
  
 
[022]サプライズ
  ま、いーんじゃないっすかぁwここちち2018-10-14
 【ネタバレ注意】
オチも話もフツーだけど 楽しめました。 テンポもいいし、94分もちょうどいい。 しかし、背中に矢がぶっ刺さってて 鎮痛剤はワラタ 強力だなアメリカの鎮痛剤は。 主人公の・・・
続きを読む
オチも話もフツーだけど 楽しめました。 テンポもいいし、94分もちょうどいい。 しかし、背中に矢がぶっ刺さってて 鎮痛剤はワラタ 強力だなアメリカの鎮痛剤は。 主人公の女の子は サバイバルスクールに通ってただけで強すぎw ミキサーで殺すとかw
隠す
  
 
[023]セントラル・インテリジェンス
 微妙すぎるここちち2018-10-14
 【ネタバレ注意】
うーん、ロック様は素敵だよ。 話もギャグも映像も とくに問題ないけど 観終わったあと、何も残らんね。 きれいさっぱりw 誰もコメントしてないしw ほんと、文句も称賛も・・・
続きを読む
うーん、ロック様は素敵だよ。 話もギャグも映像も とくに問題ないけど 観終わったあと、何も残らんね。 きれいさっぱりw 誰もコメントしてないしw ほんと、文句も称賛もない。 言うことがないw
隠す
  
 
[024]マイ・ボディガード
  メキシコやばすぎここちち2018-10-14
 【ネタバレ注意】
まーまーかな。 でも、ケツの穴にC4入れて爆殺とか 復讐エンジョイしてるだろw ディスコ爆破してるしw ハードボイルド風だけど けっこうメチャクチャだよな 刀で首切ら・・・
続きを読む
まーまーかな。 でも、ケツの穴にC4入れて爆殺とか 復讐エンジョイしてるだろw ディスコ爆破してるしw ハードボイルド風だけど けっこうメチャクチャだよな 刀で首切られて?プールに浮いてたのは ミッキー・ローク? ちゃんと死ぬとこ見せろよ。 ミッキー・ロークが「俺はやられるのヤダ、 撮らせない」って駄々こねたと邪推します。 2回目の映画化らしいので スコット・グレンの1回目も 機会があったら観てみたいですね。
隠す
  
 
[025]VIKING バイキング 誇り高き戦士たち
 ロシアの素(もと)HABBY2018-10-14
 【ネタバレ注意】
「ウクライナ正教会、露正教会から独立へ 正教会分裂の恐れ」と言ったデリケートなニュースが伝わってきたタイミングでの鑑賞。2016年のロシア映画興行収入第1位に輝いた作品・・・
続きを読む
「ウクライナ正教会、露正教会から独立へ 正教会分裂の恐れ」と言ったデリケートなニュースが伝わってきたタイミングでの鑑賞。2016年のロシア映画興行収入第1位に輝いた作品。後の大国ロシアの礎を築いた英雄の戦いをダイナミックに描く。日本に例えるなら天照大神とスサノオノミコト(素戔鳴尊)辺りの争いを活劇風に描くようなものかな。日本人からすると大仰なファンタジー作品に見えなくもないけど、何はともあれ雄大な景観は一見の価値あり。イリーナ役、スヴェトラーナ・コドチェンコワの美貌を楽しむのもよし。
隠す
  
 
[026]バッカス・レディ
 シリアスにしてどうするghost-fox2018-10-14
 【ネタバレ注意】
こういう話こそ笑いが必要
  
 
[027]ジャスティス・リーグ
 やっぱりアフレックじゃないちゃぷりん2018-10-14
 
彼が復活してから、前作より面白くなって来た。でもステッペンウルフがイマイチ。
  
 
[028]トワイライト ささらさや
 のどかな奇跡、ママに降り注ぐHABBY2018-10-14
 【ネタバレ注意】
「ささらさや 」は「サーガ」のパロディ宣言なのかな。一途な若未亡人を演じる新垣結衣にメロメロ。白無垢とか喪服とか色々コスプレあり。ファンは必見でしょう。全体的には、・・・
続きを読む
「ささらさや 」は「サーガ」のパロディ宣言なのかな。一途な若未亡人を演じる新垣結衣にメロメロ。白無垢とか喪服とか色々コスプレあり。ファンは必見でしょう。全体的には、落語の人情物語をそのまま映像化したような豊穣な潤いが感じ取れます。邦画って良いなあ、と感じるひととき。
隠す
  
 
[029]死霊のはらわた リターンズ (シーズン2)
 5段階評価の3(平均)さとせ2018-10-14
 
アッシュ、パブロ、ケリーの3人がパーティー中にルビーに呼び寄せられる。 ジャクソンビルへ戻ったアッシュは皆に父を紹介、町へ戻るが住民たちはアッシュを歓迎してくれない・・・
続きを読む
アッシュ、パブロ、ケリーの3人がパーティー中にルビーに呼び寄せられる。 ジャクソンビルへ戻ったアッシュは皆に父を紹介、町へ戻るが住民たちはアッシュを歓迎してくれない。 そこへ又もや死霊が現れ町が血の海となり・・・。 あの伝説スプラッターのTVシリーズ第2弾で今回も30分番組のためサクサク見れる。 長い戦いがようやく終わったと思ったが何と次シーズンもあるみたいでどういう風に展開するのか。
隠す
  
 
[030]暴力金脈
 実録総会屋nabeさん2018-10-14
 
総会屋映画の先駆け的作品である。 実在する伝説の総会屋小川薫をモデルに描いているが、東映実録路線の過渡期にあるせいか脚本や演出にも迷いが見られ、なんとも中途半端な出・・・
続きを読む
総会屋映画の先駆け的作品である。 実在する伝説の総会屋小川薫をモデルに描いているが、東映実録路線の過渡期にあるせいか脚本や演出にも迷いが見られ、なんとも中途半端な出来になってしまっている。大袈裟なタイトルに反して、内容は若手総会屋の青春譚といったところだ。 主演の松方弘樹を中心に、小沢栄太郎、丹波哲郎、若山富三郎らベテランが次々に登場するので映画としては成立しているが、やはり支離滅裂なラストがせっかくの脚本を台無しにしてしまっているのが残念。 ヒロインの池玲子が、女っぷりのいいマダムを好演している。大物総会屋役の田中邦衛は、明らかにミスキャストだろう。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION