allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[001]喜劇 新宿広場
 当時の新宿西口地下広場とは無関係松竹錠ver.22018-07-22
 
このタイトルにして、1969年の製作だから、当時新宿駅地下広場で行われていたフォーク集会が、何らかの形で描かれているのだろうと期待した。 しかし、ドキュメンタルなフッテ・・・
続きを読む
このタイトルにして、1969年の製作だから、当時新宿駅地下広場で行われていたフォーク集会が、何らかの形で描かれているのだろうと期待した。 しかし、ドキュメンタルなフッテージはおろか、登場人物の台詞もそれらしい出来事には触れないので、失望。 とは言え、元・任侠の徒であった板前を演じる藤田まことの“男っぷり”の空回りが笑いを誘い、かろうじて“喜劇”の面目が保たれる所は買おう。 やはり柳沢類寿が脚本に関わった『縞の背広の親分衆』っぽい楽しさもあるし。
隠す
  
 
[002]極道大戦争
 極上大駄作北村もとい2018-07-22
 
三池監督曰く、劇場に見に来て何だこれは!という体験をしてもらいたいとのことらしいが、その意味では成功と言えるだろう。 最初から最後まで観客おいてけぼりで、見ている方・・・
続きを読む
三池監督曰く、劇場に見に来て何だこれは!という体験をしてもらいたいとのことらしいが、その意味では成功と言えるだろう。 最初から最後まで観客おいてけぼりで、見ている方は全く何も面白くない。 素人がヤクザになるというのをゾンビ映画風に設定しているが、もとからヤクザだらけなので、ただ同じようなヤクザが増えているだけ。設定が全く効果的に活かされていない。 最後はもう全く意味不明。 まごうことなき駄作である。
隠す
  
 
[003]陽炎
 出来も陰ろう北村もとい2018-07-22
 
五社英雄監督晩年の樋口可南子主演の任侠アクションもの。 ストーリーもイマイチ盛り上がらないが、最後の意味不明のブレードランナー風エンディグが何とも言えない。 最後の旅・・・
続きを読む
五社英雄監督晩年の樋口可南子主演の任侠アクションもの。 ストーリーもイマイチ盛り上がらないが、最後の意味不明のブレードランナー風エンディグが何とも言えない。 最後の旅館での立ち回りでの仲代達矢は動きが間寛平みたいで妙に笑える。 自分の旅館を救うために戻ってきたのに、最後は自ら旅館を舞台に大破壊しているが、よく分からない展開だ。
隠す
  
 
[004]YMO PROPAGANDA
 YMO ナンジャコレハ北村もとい2018-07-22
 
YMOの散開ライヴの映像とメンバーが出演するイメージ映像を組み合わせた映像作品。 一応少年が主人公のドラマパートだが、ストーリーはほぼあってないがごとしで、YMOの楽曲も・・・
続きを読む
YMOの散開ライヴの映像とメンバーが出演するイメージ映像を組み合わせた映像作品。 一応少年が主人公のドラマパートだが、ストーリーはほぼあってないがごとしで、YMOの楽曲も演奏は完奏されず、ズタ切りなので、YMOの相当のファンでも最後まで見るのはキビしい・・・。 これなら普通に散開ライヴの映像を見ていた方が良い。
隠す
  
 
[005]ジュラシック・ワールド/炎の王国
 ハラハラドキドキは健在!レッド・キング2018-07-22
 
昨日THXにて鑑賞しました。 非常に楽しめました。題名が「炎の王国」なので全編が島の話か?と 思いきや、すぐに島は無くなてしまうのですね? 逆にそれがいいテンポとなり後半・・・
続きを読む
昨日THXにて鑑賞しました。 非常に楽しめました。題名が「炎の王国」なので全編が島の話か?と 思いきや、すぐに島は無くなてしまうのですね? 逆にそれがいいテンポとなり後半に繋がってると思いました。 インドミナラピトルとの古城での追いかけっこ及び対決はホラー映画 風でとても良かったです。続編が非常に楽しみです。 ちなみに恐竜のオークション、あれも好きで、楽しいシーンでした。 恐竜の島って、サイトAとB、2つあったと思うんですが? もう1島は健在?
隠す
  
 
[006]ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
 ダース・ディズニーFFF2018-07-22
 
SWは毎回ツッコミとカタルシスが共存して世代ごとに好き勝手言うのが楽しいと思うのだが。 終止暗い画面で展開される若きハンソロの冒険。 列車のビジュアルは素晴らしい。ハ・・・
続きを読む
SWは毎回ツッコミとカタルシスが共存して世代ごとに好き勝手言うのが楽しいと思うのだが。 終止暗い画面で展開される若きハンソロの冒険。 列車のビジュアルは素晴らしい。ハレルソンが求心力だがどっちころんでも感動なし。L3はよかった。 下の方のコメントにあるようにサプライズはアニメでの設定だそうだが「?」でした。 ローグワンじゃベイダーが大暴れしてたのでそれなりに期待するちゅうもんでしょ。 ハンソロの映画なんだからベタにジャバやボバが出てしかるべきだと思うのだが。 風の旅団(勝手に命名)もどこに繋がるのかわからず。ういろうが一番のサプライズでしたわ。
隠す
  
 
[007]ストロベリーナイト
 土砂降りナイト北村もとい2018-07-22
 
姫川シリーズの原作の中では一番地味なインビジブルレインだが、原作が最後なので一番派手にすべき劇場版で映像化することになったが、ブレードランナーばりの終始雨降り演出で・・・
続きを読む
姫川シリーズの原作の中では一番地味なインビジブルレインだが、原作が最後なので一番派手にすべき劇場版で映像化することになったが、ブレードランナーばりの終始雨降り演出でそれなりの見応えあるハードボイルド調の警察ものになっている。 ミステリーとしては犯人がかなり唐突でミスディレクションのためだけに設定された感が否めず、事件の全体像とテーマにいまいち絡まってないような気がする。
隠す
  
 
[008]野獣暁に死す
 凡作北村もとい2018-07-22
 
仲代達矢がマカロニウェスタンの黒澤リスペクトから招かれて出演した異色作。 脚本はダリオ・アルジェントが共同で担当しているが、特にどうってことない筋運び。 トニーノ・チ・・・
続きを読む
仲代達矢がマカロニウェスタンの黒澤リスペクトから招かれて出演した異色作。 脚本はダリオ・アルジェントが共同で担当しているが、特にどうってことない筋運び。 トニーノ・チェルヴィ監督の演出はケレン味がなく、優等生過ぎて盛り上がりに欠ける。 仲代達矢の怪演のみしか見どころなし。
隠す
  
 
[009]天国と地獄の美女 江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」
 正月から裸のオンパレードレッド・キング2018-07-22
 
番組の冒頭、ヘアースタイルのビシッ!と決まった天知茂がオープニング解説します。「..では、息をもつかさない大スペクタクルをどうぞお楽しみ下さい」..って、え?大スペクタ・・・
続きを読む
番組の冒頭、ヘアースタイルのビシッ!と決まった天知茂がオープニング解説します。「..では、息をもつかさない大スペクタクルをどうぞお楽しみ下さい」..って、え?大スペクタクル?この初回放送何日も前から「裸が沢山出るぞ!」「オッパイが沢山出るぞ!」ってCMでさんざん宣伝してたくせに? 大スペクタクル?それとも裸が大スペクタクル? 火山シーンはマグマ大使のピープロ並だし、裸女を襲うタコは、可愛い顔の大きな縫いぐるみだし...なぜ、裸が見どころですって言わないかなぁ〜? よく見ると、大勢の裸女の中に、当時のAVギャルの顔が見えます(教団でのお祈りシーン)。 今は「AV強制出演被害」でAVアダルト業界を散々叩いてますけど、当時はTV業界もこのように、使えるときはAVギャルをいいように使い放題だったんですねぇ、だからTV業界も同罪だろ? 正直、一番の見どころは叶和貴子さんの素敵な裸体ですよね。はっきり言って、決して素晴らしいプロポーションではないけど、日本人的な素敵な裸体でした。こんなどうしようもない作品でこれほどの美人女優がなぜ脱いだか分かりませんが..とても好感が持てました。 逆に秘書役の五十嵐めぐみさん、潜入捜査でわざと洗脳されて罠にハマったフリはいいんだけど?裸女のコレクションの中に一人だけきっちり洋服を着てハイポーズ? これって洗脳されて裸女コレクションじゃないの?裸になるの嫌がったら潜入捜査ってバレるんじゃないのですかね?非常にご都合よく潜入できるんですねぇ... 五十嵐さんって天知茂事務所の女優さんだったんですね?だから優遇されてんだね?でも個人的にあまり好きな髪形ではないなぁ〜オッサンみたいな髪形。 しかし、叶さんが裸なのに随分とVIP待遇だこと。
隠す
  
 
[010]賞金稼ぎ
 マカロニ時代劇北村もとい2018-07-22
 
若山富三郎主演による当時のマカロニウェスタンのノリを時代劇に持ち込んだ娯楽編。 007ばりの小道具系武具と若山富三郎による豪快な立ち回りアクションが見どころ。 中盤、・・・
続きを読む
若山富三郎主演による当時のマカロニウェスタンのノリを時代劇に持ち込んだ娯楽編。 007ばりの小道具系武具と若山富三郎による豪快な立ち回りアクションが見どころ。 中盤、若山富三郎が弟の勝新ばりに座頭市をパロディで演じるサービスもある。
隠す
  
 
[011]楽聖ショパン
 聖ショパン68生男2018-07-22
 
永く残ってほしい伝記映画。見るたびに強い感動に打たれる。ショパンの生涯が、「映画」という2時間弱の枠の中に「起承転結」としてくっきりと描かれている。名作に数えられて・・・
続きを読む
永く残ってほしい伝記映画。見るたびに強い感動に打たれる。ショパンの生涯が、「映画」という2時間弱の枠の中に「起承転結」としてくっきりと描かれている。名作に数えられているのは、この輪郭の際立ちによるものと思える。 邦題もいい。原題よりもいいのではないか。「楽聖」というのがいい。「楽」は音楽、およそ誰でも知っているショパンの才能だが、この作品は、その天才の奥にある人格の「聖」つまり「不滅性」というものに強く光をあてている。才能のみに生きるか、それを捨てても「聖」なるものに殉ずるか、その葛藤に、本作は臆することなく答え切った。 名優ポール・ムニが、楽天的かつ情熱的、かつ紳士的という難しい役どころの、教師エルスナーを演じている。練れた演技で全編を支え、もう一人の主役ともいうべき。 主演のコーネル・ワイルドは、まだ若く端整で、ショパンの「型」として優れていた。 リストが好きなのだが、この映画を見てもっと好きになった。ラストシーンのリストがいい。
隠す
  
 
[012]奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール
 お仕事映画pumpkin2018-07-22
 
「お仕事小説」好きのわたしには、大根監督の「お仕事映画」も好物です。登場人物のような編集者やライターも結構いるんですよね。それにしても水原希子のはまりっぷりがすごい。ほ・・・
続きを読む
「お仕事小説」好きのわたしには、大根監督の「お仕事映画」も好物です。登場人物のような編集者やライターも結構いるんですよね。それにしても水原希子のはまりっぷりがすごい。ほかのキャストは考えられないです。
隠す
  
 
[013]夕陽の群盗
 チンピラの腐れ縁bond2018-07-22
 
よくある青春の暴走。ジェフブリッジスはやっぱ演技上手い。
  
 
[014]ミューズ
 接してはならない存在bond2018-07-21
 
アルジェントのインフェルノにインスパイアされたような印象。展開は悪くないが、もう少し練って欲しかった。
  
 
[015]パンク侍、斬られて候
 念動力Katsumi_Egi (Mail)2018-07-21
 
 冒頭の街道の場面での、綾野剛と近藤公園のフルショットでのシネスコの使い方も良いと思うが、それ以上に、中盤までの屋内での画面造型とカッティングが面白い。例えば、豊川・・・
続きを読む
 冒頭の街道の場面での、綾野剛と近藤公園のフルショットでのシネスコの使い方も良いと思うが、それ以上に、中盤までの屋内での画面造型とカッティングが面白い。例えば、豊川悦司と綾野のシーンの、2ショットでのカット割り。或いは屋内望遠カットの圧縮感も。しかし、豊川は絶好調だ。國村隼の台詞回しもあらためて上手いと感じる。染谷将太もコメディパートとしては良い役で、この人が一番笑わせる。結局、中盤あたりまでは、そのぶっ飛び加減がかなり面白い映画だ。おおよそ、茶山−浅野忠信(登場のインパクト!)が出てくるあたりまで、或いは、ナレーションがデウスという名の猿だった、ということが分かる辺りまでか。デウス登場の際、目のアップで、これは間違いなく永瀬正敏の目だ、と分かる見せ方も(メイク含めて)とてもいい。  ただし、後半のカオスの表現はもっと効果的な見せ方があるんじゃなかろうか。デジタル処理は安っぽい。あと、北川景子の登場シーンの照明は、イマイチ。なんか黄色っぽい画面が嫌だ。また、北川への寄り過ぎの構図が目立つ。ダンスが変なのはいいが、この人だけ肌の露出度が低い、というのはどうだろうか。  その他、杓子定規な殿様・東出昌大、北川に惚れる密偵・渋川清彦、念動力を使う若葉竜也含めてキャラクターの描き分けと、きちんと見せ場を用意する演出は、大したものだと思う。
隠す
  
 
[016]ジュラシック・ワールド/炎の王国
 エレベータKatsumi_Egi (Mail)2018-07-21
 【ネタバレ注意】
 これはシリーズ中でもかなり面白い、良く出来た活劇。殆ど弛緩することなく、驚くべきアクション場面が繰り出される。  冒頭は真っ暗な水中。光のカットがあり、海底探査艇・・・
続きを読む
 これはシリーズ中でもかなり面白い、良く出来た活劇。殆ど弛緩することなく、驚くべきアクション場面が繰り出される。  冒頭は真っ暗な水中。光のカットがあり、海底探査艇が現れる。海の中の門が開き、前作で海に沈んだインドミナス・レックスの骨の一部が採取される。この後のアクションで、まず度肝を抜かれるのだが、同時に海中の水門が印象付けられるのだ。そして、続くブライス・ダラス・ハワードの登場はエレベータで、扉に挟まれそうになる演出だ。というように、全編に亘って、左右、上下のスライド開閉扉のモチーフが沢山出てくる。ラプトルの檻の扉は前作でも印象深い使われ方だったが、死活の境界線としての、ドアを使ったスリル創出が本作の肝だろう。本作では、恐竜の檻の扉だけでなく、島のシーンでは、あの丸い乗り物(ジャイロスフィア)のドアを絡めた場面も指摘できる。或いは、後半の邸宅の中の部屋にある荷物用の小さなエレベータだとか。  そして本作で新たに登場する怪物は、前作のインドミナス・レックスをさらに凶暴狡猾にしたインドラプトルというハイブリッド恐竜で、体が小さめなので、敏捷性も増しており、屋内のアクションシーンで上手く機能するようにできている。足の爪を床に打ち付けてリズムを取る音が不気味な効果を発揮する。ヴェロキ・ラプトルの生き残り、ブルーとの対決がクライマックスだが、その帰結は、第一作(『ジュラシック・パーク』)のラストを思い出させる、標本展示を使った演出だ。(さらに『ダーティハリー4』も想起させる)  エンディングは、かなり放りっぱなしの感があり、好悪が分かれるところだと思うけれど、これはこれで良いと思う。この続きは無い方が良いと思う。
隠す
  
 
[017]エクソシスト
 何が凄いのか?ameniutaeba2018-07-21
 【ネタバレ注意】
古い映画ですが表現のリアリティがいつまでも私の心に残る。 傷だらけの母親がサングラス姿で神父に会うところ、 現代医学の医師が悪魔祓いをすすめるところ、 サインを求めた・・・
続きを読む
古い映画ですが表現のリアリティがいつまでも私の心に残る。 傷だらけの母親がサングラス姿で神父に会うところ、 現代医学の医師が悪魔祓いをすすめるところ、 サインを求めた警部が実はファンであることを漏らすところ、 ささいなシーンがいつまでも忘れられない恐ろしい映画です。
隠す
  
 
[018]シャドウ・スナイパー
 中途半端bond2018-07-21
 
無駄なカット割り多く、オチも半端過ぎ
  
 
[019]打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?
 駆け落ちごっこちゃぷりん2018-07-21
 
途中までは「特定の世代が神格化してるだけでは?」と思ってたが、主人公が水泳で「勝って」から、ドラマなのに映画を観てるような気持ちになって来た。ハイビジョンで観たかっ・・・
続きを読む
途中までは「特定の世代が神格化してるだけでは?」と思ってたが、主人公が水泳で「勝って」から、ドラマなのに映画を観てるような気持ちになって来た。ハイビジョンで観たかったなあ。
隠す
  
 
[020]リヴォルト
 エスケープ・フロム・ザ・トラップHABBY2018-07-21
 【ネタバレ注意】
『マッドマックス』的でもあり、『チャッピー』的でもあり、『クローバーフィールド/HAKAISHA』的でもあり。退廃的で近未来的なバトルクライシスもの。ヘリが墜落し住民が逃げ・・・
続きを読む
『マッドマックス』的でもあり、『チャッピー』的でもあり、『クローバーフィールド/HAKAISHA』的でもあり。退廃的で近未来的なバトルクライシスもの。ヘリが墜落し住民が逃げ惑い兵士が跋扈するオープニングシーンはどうやって撮影したんだろう。カメラワークも含めて随分技巧的でスタイリッシュ。 ベレニス・マルローが男勝りで格好良い。おまけに美人。さすが『007 スカイフォール』でボンドガールを務めただけの事はある。アンジェリーナ・ジョリーとキーラ・ナイトレイを足して2で割った雰囲気の彼女、今後さらにビッグになっていくと予想。 コンパクトにまとまってるところとマルローの美貌に敬意を評して星一点加点。
隠す
  
 
[021]ドント・スクリーム
 ため息が出るkopi2018-07-21
 
ドントブリーズに比べると格段に評価は下がる。 ストーリー展開に「はぁ・・・」とため息が出ます。
  
 
[022]孤高のスナイパー
 剣はペンよりも弱しHABBY2018-07-21
 【ネタバレ注意】
環境問題を憂うのはいいけど、その主張を達成するために一方的にテロという手段に訴えるのはあかんよね。今の時流に合致した北欧発の社会派作品。日本をいつも一方的に、悪し様・・・
続きを読む
環境問題を憂うのはいいけど、その主張を達成するために一方的にテロという手段に訴えるのはあかんよね。今の時流に合致した北欧発の社会派作品。日本をいつも一方的に、悪し様に罵る某団体の名を想起しつつ鑑賞。
隠す
  
 
[023]ならず者
 ゆらす者北村もとい2018-07-21
 
大富豪のハワード・ヒューズ監督の2作目。 風と共に去りぬと同じくらいの製作費がかかっているのだが、どこにそんな金がかかったのかさっぱり分からない地味なシーンばかり。 ・・・
続きを読む
大富豪のハワード・ヒューズ監督の2作目。 風と共に去りぬと同じくらいの製作費がかかっているのだが、どこにそんな金がかかったのかさっぱり分からない地味なシーンばかり。 ほぼハワード・ヒューズの偏執的な撮り直しだけで金がかかってしまっているようだ。 見どころはジェーン・ラッセルの胸の谷間くらいしかなく、ハワード・ヒューズの演出は非常にのんびりしている。 最後はなぜかホモセクシャルっぽくなるのが不思議。
隠す
  
 
[024]刑事コロンボ/構想の死角
 傑作かこれ?北村もとい2018-07-21
 
TVシリーズ1作目でスピルバーグ監督作ということで、水野さんをはじめ、コロンボの傑作としていつも挙げられる作品だが、正直これそれほど傑作か? 最後の決め手とかかなり薄・・・
続きを読む
TVシリーズ1作目でスピルバーグ監督作ということで、水野さんをはじめ、コロンボの傑作としていつも挙げられる作品だが、正直これそれほど傑作か? 最後の決め手とかかなり薄味なんですが・・・・。 どう考えても第一シリーズの中では二枚のドガの絵とかの方が傑作でしょう。 これをコロンボの傑作エピソードにあげてくる人は信用できん・・・・。
隠す
  
 
[025]刑事コロンボ/愛情の計算
 シリーズ屈指の無茶トリック北村もとい2018-07-21
 
刑事コロンボシリーズでトリックが最も無茶な作品。 ロボットを使ってアリバイ作りって、AIが発達した今でさえ可能かどうか微妙なライン。 ラストのコロンボの決め手も単なる不・・・
続きを読む
刑事コロンボシリーズでトリックが最も無茶な作品。 ロボットを使ってアリバイ作りって、AIが発達した今でさえ可能かどうか微妙なライン。 ラストのコロンボの決め手も単なる不当逮捕からの脅迫ですからな。
隠す
  
 
[026]バッドガイズ!!
 バッドムービー!!北村もとい2018-07-21
 
ターザンリボーンのアレキサンダー・スカルスガルドが主演した悪徳警官ものクライムコメディ。 ハチャメチャな主人公達がお洒落なBGMに乗せて下ネタトークと人種差別ギャグ喋ら・・・
続きを読む
ターザンリボーンのアレキサンダー・スカルスガルドが主演した悪徳警官ものクライムコメディ。 ハチャメチャな主人公達がお洒落なBGMに乗せて下ネタトークと人種差別ギャグ喋らせておけば、今流行のマシューヴォーンやエドガーライトみたいな作品になるだろうと才能のない監督がやってみて見事にハズした駄作。 共感するところもないし、突き抜けたブラックな面白さもないしで、全く最後まで盛り上がらない無残な出来だ。 見る価値なし!
隠す
  
 
[027]地獄のコマンド
 終いにゃ怒るど北村もとい2018-07-21
 
キャノンフィルム全盛期の85年にキャノンフィルム快進撃の立役者であるチャックノリス主演で制作されたB級アクション作品。 これでも全米一位を獲得しているので日本で思う以・・・
続きを読む
キャノンフィルム全盛期の85年にキャノンフィルム快進撃の立役者であるチャックノリス主演で制作されたB級アクション作品。 これでも全米一位を獲得しているので日本で思う以上にチャック作品は人気がある。 マット・ハンターのキャラが全く描きこまれてないが、チャックがやるなら本人の分身として見ろということか。 メリッサ・プロフェットのヒロインも途中でどうでも良くなっている。 子供も容赦なくロケットランチャーで家ごと吹き飛ばす豪快な爆破シーンや最後の軍隊出動のシーンなどは当時のキャノン作品らしい妙な勢いがあって良い。
隠す
  
 
[028]ストライク・コマンドー
 パチモンランボー2北村もとい2018-07-21
 
イタリアパチもん映画の巨匠であるヴィンセント・ドーン監督によるランボー2のパチモン作品。 主演は地獄の7人でジーンハックマンと共演したまでは良かったが、その後はマカ・・・
続きを読む
イタリアパチもん映画の巨匠であるヴィンセント・ドーン監督によるランボー2のパチモン作品。 主演は地獄の7人でジーンハックマンと共演したまでは良かったが、その後はマカロニ落ちでヴィンセント・ドーン監督御用達俳優となってしまった華のないマスクが特徴のマッチョ俳優のレブブラウン。 まあイタリア製のパチもんだと最初から思って見るとそこそこ楽しめるか。 89年に淀川さんの日曜洋画劇場で地獄のバトルコマンドーの邦題で放送されている。
隠す
  
 
[029]最前線物語
 戦争映画の最高傑作北村もとい2018-07-21
 
アメリカのB級映画の巨匠であり、ヌーベルバーグ派やベンダースやジャームッシュらも崇拝するサミュエルフラー監督による自伝的戦争映画。 フラー作品に高額予算が付くはずはな・・・
続きを読む
アメリカのB級映画の巨匠であり、ヌーベルバーグ派やベンダースやジャームッシュらも崇拝するサミュエルフラー監督による自伝的戦争映画。 フラー作品に高額予算が付くはずはないので、第二次世界大戦の主な戦いを舞台にしているが、カメラに映らないところは一切金をかけないという低予算ならではのテクニックで押し切っている。 凄いのはノルマンディー上陸作戦のシーンで、まともにやれば何万人というエキストラが必要なシーンだが、これを上陸艇一機、連合国側兵士30人ほど、ドイツ側兵士0人だけで描き切っているのだ。 大量物流スペクタクルが無理なかわりに、主人公の小隊のドラマに絞り、印象的なエピソードを繋げていくことで、実に映画的なエモーショナルを感じさせる作りになっている。 戦争アクションでもなく、反戦映画でもないという実にユニークな味わいの戦争ドラマになっており、個人的には歴代戦争映画ベストワンである。 リーマービンは勿論、スターウォーズのルークことマークハミルやデビットキャラダインなど部下を演じる若手俳優も魅力的だ。
隠す
  
 
[030]あなた買います
 この作品買います北村もとい2018-07-21
 
小林正樹監督による当時の新人野球選手獲得を巡る球団スカウトとそこに蠢く欲深い人間の姿を描いた社会派ドラマ。 食わせ物の伊藤雄之助のキャラが前半を引っ張るが、後半は純・・・
続きを読む
小林正樹監督による当時の新人野球選手獲得を巡る球団スカウトとそこに蠢く欲深い人間の姿を描いた社会派ドラマ。 食わせ物の伊藤雄之助のキャラが前半を引っ張るが、後半は純朴そうだった田舎の家族も欲望向きだしで、新人投手も最後は・・とさすが切腹で日本の武士道の欺瞞を暴き出した小林正樹監督らしいテイストだ。
隠す
  
 
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION