allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[031]希望のかなた
 「ゴールデン・パイント」黒美君彦2018-01-15
 【ネタバレ注意】
人生の滋味をいつも感じさせる映像作家アキ・カウリスマキ。彼が、難民問題を「人間の問題」として描いた作品は、いみじくも欧州の縮図を描く形となった。 首都ヘルシンキに、・・・
続きを読む
人生の滋味をいつも感じさせる映像作家アキ・カウリスマキ。彼が、難民問題を「人間の問題」として描いた作品は、いみじくも欧州の縮図を描く形となった。 首都ヘルシンキに、主人公のシリア人青年カーリド(シェルワン・ハジ)が故郷アレッポから戦火を逃れてこの街にたどり着く。彼は正直に警察に出頭し、難民申請をするが、施設を転々とさせられるばかりで難民認定は難しそうだとわかり、施設から脱走する。彼は空爆で自宅を失い、両親と弟も亡くしている。ただ一人生き残った妹とも、ハンガリーの国境での混乱ではぐれてしまう。 同時並行で描かれるのは、中年のフィンランド人男性ヴィクストロム(サカリ・クオスマネン)。彼は酒浸りの妻と別れ、商売を替えてレストラン経営に乗り出す。元手はポーカーで稼いだ金。念願のレストラン「ゴールデン・パイント」を手に入れるが、それぞれひとくせありそうな個性的な従業員も店についてくる。 そんなヴィクストロムが、ゴミ捨て場に隠れているカーリドを見つけ、「出て行け」「いやだ」と言い合って殴り合いに。 ところがその次のカットでは、レストランで食事を与えられるカーリドと、鼻血を拭うヴィクストロム。なぜか「ここで働きたいか?」と尋ね、「是非(Very much)」とカーリドが答えて、レストランの一員になるのだ。 ひと目で彼を難民と見抜いたヴィクストロムは、敢えて面倒を承知で彼を引き受けるのだ。 同じ境遇、というわけではないが、従業員が拾ってきた犬コイスティネン(ヴァルプ=監督の愛犬!)を飼うのと同じように、困って行き場のない彼を、ヴィクストロムたちは引き受けるのだ。 警察が来れば匿い、住まいまで提供する。 得することがあるわけではない。特別扱いするわけでもない。つかず離れず、ただそこにいることを認めるのだ。 一方で、難民に攻撃的なネオナチ風の男たちも登場する。 暴力に訴える排外的な連中は、世界中に共通している。 やがて、収容所仲間から妹が元気だと知ったカリード。ここでもヴィクストロムがひと肌脱いで、妹の密入国を手伝う。 国際運送のトラック運転手が報酬を断り、「こんな素晴らしい荷物を運べたんだ、金は要らない」なんていうシーンは素敵過ぎる。 コミカルなシーンもちゃんと用意されている。カウリスマキ監督が日本贔屓であることは良く知られているが、この映画でも経営が不振なレストランを盛り上げようと「寿司店」に衣替えするシーンがある。「いらっしゃいませ」という日本語はともかく、ワサビの使い方があれでは…(笑)。 難民というよそ者がこの地に溶け込むためのアドバイスとして「楽しそうに笑いながら、決して笑いすぎないこと」と教えられる場面がある。確かにこの映画の登場人物は決して中途半端な笑いは浮かべない。 カウリスマキ監督は言う。 「私がこの映画で目指したのは、難民のことを哀れな犠牲者か、さもなければ社会に侵入しては仕事や妻や車をかすめ取る、ずうずうしい経済移民だと決めつけるヨーロッパの風潮を打ち砕くことだ」。 ラストは痛ましい。これもまた現実なのだ。だが、映画のあちこちに登場する何気ない優しさもまた現実であると信じたい。問題は何気ない優しさは、少数の暴力や悪意によってかき消されてしまうことだ。 アキ・カウリスマキ監督は、従来の彼の文体を活かしたまま、難民問題について鋭く衝いている。
隠す
  
 
[032]エクスペンダブルズ3 ワールドミッション
 ギネスに挑戦!nabeさん2018-01-15
 
オールスターアクションの第3作である。 前作に引き続き、アクション界のレジェンドたちが暴れまわるが、今回は新たにハリソン・フォード、メル・ギブソン、アントニオ・バン・・・
続きを読む
オールスターアクションの第3作である。 前作に引き続き、アクション界のレジェンドたちが暴れまわるが、今回は新たにハリソン・フォード、メル・ギブソン、アントニオ・バンデラスのビッグネームが参加しているのが凄い!さすがスタローンである。 68歳のスタローンを筆頭に、67歳のシュワルツェネッガー、72歳のハリソン・フォード・・・と、みんな痛々しくなるほど老人が弾けていて楽しい!特にスタローンは、若手スター顔負けのアクションシーンの連続で、さすが!という感じだ。若手俳優たちも頑張っているが、なんせこれだけの御大たちがフル出場してしまうと全く目立たないので可哀そうである。
隠す
  
 
[033]謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス
 「快楽の園」をめぐる考察いろいろ黒美君彦2018-01-15
 【ネタバレ注意】
ヒエロニムス・ボス(1450頃〜1516)は現在のオランダ南部、初期フランドル派の画家として知られる。 2017年は、彼の没後500年を記念してさまざまなイベントや展示会が開かれた・・・
続きを読む
ヒエロニムス・ボス(1450頃〜1516)は現在のオランダ南部、初期フランドル派の画家として知られる。 2017年は、彼の没後500年を記念してさまざまなイベントや展示会が開かれたが、この作品もそのひとつといっていいだろう。ボスの代表作「快楽の園」について、スペインのプラド美術館の全面協力を得て撮影されたのがこの作品。 数年前、私自身もプラド美術館でこの作品を直接観たことがあるが、緻密にして異形であるこの作品は異彩を放ち、とんでもない魅力を感じさせた。 三連祭壇画「快楽の園」は1490年頃1510年ごろに描かれたとされる。 普段閉ざされている祭壇画が開かれると、中央のパネルには多種多様な果物や動物とともに、一糸まとわぬ男女が狂乱の宴を繰り広げている。左側にはアダムとイヴが、右側のパネルには地獄のようなおぞましい画像が描かれている。 作品では美術史家による科学分析や解釈のみならず、現在の多種多様なクリエイターがそれぞれの見方を語るのが刺激的だ。 歴史家や哲学者、小説家や歌手、音楽家、マンガ家、演出家、写真家、中国人芸術家…果ては脳科学者まで。 ボスの生涯をもう少し深めて欲しかった感もあるが、「快楽の園」が同時代のどの絵画とも異なるオーラを放っていることだけはみな認める。詳細に見れば見るほど、そこに描かれた世界が想像の枠を超えている。 なかにはこれはボスが見た「夢」の光景だ、とする考察もあり、それはそれで納得させられる。 サルマン・ラシュディの姿を久しぶりに見たのも新鮮だった。 芸術作品の醸し出す謎は、結局解かれることはない。 だが、きっとそれはそれでいいのだ。「快楽の園」に溺れてしまうことこそが、最も正しいこの作品の鑑賞方法だということを、改めて確認させられたドキュメンタリー映画だった。
隠す
  
 
[034]不屈の男 アンブロークン
 途中から2倍速観賞ちゃぷりん2018-01-15
 【ネタバレ注意】
生真面目な作りが却って退屈。ラストで「ミッドナイト・エクスプレス」を思い出した。「アンビリバボー」のスタッフの方が、テンポ良く纏められる。
  
 
[035]愛の地獄
 水気o.o2018-01-15
 
ある若くて美しい女性と結婚した小さなホテルの経営者が、妻が浮気をしているのではないかという妄想に取り付かれ、次第に狂気に陥っていくというお話なのですが、ストーリー (・・・
続きを読む
ある若くて美しい女性と結婚した小さなホテルの経営者が、妻が浮気をしているのではないかという妄想に取り付かれ、次第に狂気に陥っていくというお話なのですが、ストーリー (出来事) がただそこにあるだけで、プロット (出来事の提示の仕方) にまったく工夫がない、平べったーく、悶絶級につまらぬ映画でした。最初のシーンでなんかつまらなそうだなと直感したのですが、その直感は間違っていませんでした。「早く終わんないかなあ」と思いながら見るのは久しぶりですが、これも修業です (何の?)。 たぶんこの映画の売りは主演女優であるエマニュエル・ベアールの色気ということになるんじゃないかと思いますが、大したシーンがある訳ではありません。フランスでは人気女優なのかもしれませんが、あまり好きなタイプではありません。花に例えれば、水仙だとかスミレだとかのぺしゃっとした水気の多い花という感じで、自分はバラ科の花のような乾いたタイプの花が好きなのです。でも、どうしても付き合いたいというのなら、検討してあげてもいいです。 主人公がなぜかくも妄想に取り付かれてしまったのかについてはまったく不明です。そもそも浮気を疑い始める前から鏡にむかって頭の中の誰かとぶつぶつ喋っており、女房がどうのということとは関係なく最初から狂気の芽があったことは間違いありません。その声がだんだん大きくなっていってまるで別人のようになってしまい、最後は、何かが解決される訳でもなくおしまい、という陰気な映画です。合理的な理由もなく狂ってしまう人間の不思議さがテーマと言えば言えるのかもしれませんが、それにしても面白くありません。 これでいいのかフランス人、という感想です。
隠す
  
 
[036]クリムゾン・ピーク
 色を味わうべき逸品HABBY2018-01-15
 【ネタバレ注意】
デル・トモらしい映像魔術、色彩感覚。美と醜の対比が凄まじい。まさに蝶と蛾。ミア・ワシコウスカの透き通った美貌(グウィネスの若い頃にますます似てきた)。ジェシカ・チャ・・・
続きを読む
デル・トモらしい映像魔術、色彩感覚。美と醜の対比が凄まじい。まさに蝶と蛾。ミア・ワシコウスカの透き通った美貌(グウィネスの若い頃にますます似てきた)。ジェシカ・チャスティンはミアの引き立て役、かな。黒髪の彼女もまた素晴らしいが。衣装と装飾へのこだわりも必見。
隠す
  
 
[037]コードネームBT85 大統領暗殺を阻止せよ!
 安直bond2018-01-14
 
ありがちなB級。エステラの熟女っぷりと劣化。
  
 
[038]アイアン・スクワッド/甲鉄戦線
 怜悧(cold-hearted)な凶器HABBY2018-01-14
 【ネタバレ注意】
『チャッピー』の亜流。タランティーノ風の暴力描写も少々。全体的にB級風味なのは否定し難い。まあ将来こういう世界(ロボットが兵士となって戦う)が訪れるのは多分回避でき・・・
続きを読む
『チャッピー』の亜流。タランティーノ風の暴力描写も少々。全体的にB級風味なのは否定し難い。まあ将来こういう世界(ロボットが兵士となって戦う)が訪れるのは多分回避できないんだろう。
隠す
  
 
[039]キングコング:髑髏島の巨神
 巨大生物の島bond2018-01-14
 
キングコングというより、ジュラシックに近いが、ミリタリー色強くして、バトルものとして楽しめる。
  
 
[040]ある天文学者の恋文
 天文学的距離の交信HABBY2018-01-14
 【ネタバレ注意】
この監督の前の作品『鑑定士と顔のない依頼人』と世界観が通底してるような気がした。老人とうら若き女との間の儚き純愛物語。神秘的で、この上なく美しい。で、『君の名は。』・・・
続きを読む
この監督の前の作品『鑑定士と顔のない依頼人』と世界観が通底してるような気がした。老人とうら若き女との間の儚き純愛物語。神秘的で、この上なく美しい。で、『君の名は。』に代表される新海作品にも共通するベクトル(互いの距離感や、届きそうで届かない恋心etc)を持ってたりするかも。 しかしオルガは美人だなあ。この監督は女優をうまく撮るし、人選も良い。次作にも期待。 ジェレミー・アイアンズの視点で見ると、これは第二の『ロリータ』であったりするのかも。
隠す
  
 
[041]鉄男 THE BULLET MAN
 5段階評価の2さとせ2018-01-14
 
東京でサラリーマンとして働くアンソニーは3歳の一人息子を車で轢かれ亡くしてしまう。 絶望の淵に陥ったアンソニーは怒りの絶頂から身体が鉄化し腕が銃になり復讐を開始して・・・
続きを読む
東京でサラリーマンとして働くアンソニーは3歳の一人息子を車で轢かれ亡くしてしまう。 絶望の淵に陥ったアンソニーは怒りの絶頂から身体が鉄化し腕が銃になり復讐を開始していく・・・。 あのカルト作「鉄男」のリメイク。 オリジナル同様不気味な雰囲気が漂っているが、あの理不尽な訳の分からなさ が無くなっているのがファンには痛いだろう。 しかし女優陣の美しさは特筆すべき点で此れは嬉しい。 DVDでの鑑賞だが劇場同様の爆音効果を発揮する為に5.1ch化されていて音の洪水が聞ける。
隠す
  
 
[042]ブラッディ・バレンタイン 3D
 5段階評価の2・5さとせ2018-01-14
 
ハリーが炭鉱での惨劇から救助されるが、復活したら病院を殺戮現場としてしまう。 炭鉱でパーティーをしていた若者たちも殺害されアクセルやサラは逃げ延びるが、逃げ遅れたト・・・
続きを読む
ハリーが炭鉱での惨劇から救助されるが、復活したら病院を殺戮現場としてしまう。 炭鉱でパーティーをしていた若者たちも殺害されアクセルやサラは逃げ延びるが、逃げ遅れたトムは警察の救助によりどうにか助かる。 10年後、炭鉱を売り飛ばす為に地元へ帰って来たトムは自分の恋人だったサラがアクセルと結婚しているのを知る。 失意のままモーテルに泊まるトムだが、隣でSEXしていた知合いの女がガスマスクを被ったツルハシを持った大男に殺害され、警察官のアクセルへ赤い箱 に入った心臓が送り付けられる。 次々と殺人事件が発生し警察は何時も現場付近に居たトムが怪しいと目測を付けるが・・・。 あのスプラッター「血のバレンタイン」のリメイクで何と3D作品。 殺戮シーンは残酷極まりなく一応、犯人探し的なサスペンス部分も含まれていて退屈しない。 最近は「スーパーナチュラル」でのディーン役が有名なJ・アクレスが違った一面を見せてくれるしJ・キングも良い。 DVDでの鑑賞だが3Dはしょぼい赤青メガネで何故3DTVに合わせなかったのかが分からない。 まあ飛び出す事は飛び出すが全体的に見づらいのはマイナス、しかし音声はdtsの為迫力アリ。
隠す
  
 
[043]ゾンビ・アット・ホーム (シーズン2)
 持ちつ持たれつHABBY2018-01-14
 【ネタバレ注意】
全6話。引き続き、ゾンビと人間との共生に伴う悲喜こもごもを描きながら、「自分にとっての他者」との距離感、付き合い方をメタファーとして提示する構成。英国における人種差・・・
続きを読む
全6話。引き続き、ゾンビと人間との共生に伴う悲喜こもごもを描きながら、「自分にとっての他者」との距離感、付き合い方をメタファーとして提示する構成。英国における人種差別や移民問題を想起しつつ鑑賞。
隠す
  
 
[044]グレムリン2/新・種・誕・生
 5段階評価の2・5さとせ2018-01-14
 
大企業のクランプ・エンタープライズが地上げ目的で骨董屋へやって来る。 ウィンは当然断るが病気により亡くなってしまい店を解体、ギズモは寸でのところで逃げ出し2人組に拾・・・
続きを読む
大企業のクランプ・エンタープライズが地上げ目的で骨董屋へやって来る。 ウィンは当然断るが病気により亡くなってしまい店を解体、ギズモは寸でのところで逃げ出し2人組に拾われる。 故郷を出たビリーと恋人のケイトはNYのクランプのビルで働いていた。 ビリーはタレントから遺伝子研究所の事を聞き、そこでギズモと再会し連れ出す事に成功するが・・・。 あの「グレムリン」の続編で監督、出演者が一緒なのが嬉しい。 予算が増えた為グレムリンの質や量がパワーアップして、あらゆるものを破壊していく。 ダンテ監督らしくコメディ感覚たっぷりで所々にギャグを織り交ぜていてある意味前作を超えている。 劇場で鑑賞した時に超人H・ホーガンが出ていたので狂喜した事を昨日のように思い出す。 ワーナー・ホーム・ビデオからビデオがリリースされ当然の如くスタンダード収録。 しかしながらLDは何とウルトラプライス3,800円で発売(LDは最低でも4,700円した時代)され、ビスタサイズでの収録だったが、ホーガン出演部分をJ・ウェインに変更されていた。 今回DVDで28年振りに鑑賞したが5.1ch収録されているので迫力抜群、劇場同様ホーガン出演シーンになっていた。
隠す
  
 
[045]ナイト・オン・ザ・プラネット
 あんまし面白くないビリジョ2018-01-14
 【ネタバレ注意】
 そういえばジム・ジャームッシュって最近どんなの撮っているのか作品を見てないな。最近の作品も見てみようかな。相変わらずなのかな。  それほど面白い話でもない短い話が・・・
続きを読む
 そういえばジム・ジャームッシュって最近どんなの撮っているのか作品を見てないな。最近の作品も見てみようかな。相変わらずなのかな。  それほど面白い話でもない短い話が5つ。4カ国にもまたがってご苦労様なことである。  トム・ウェイツの歌はいいけれど。  それほど、ぴんと来なかった。何かねえ、ちょっと違うんじゃないかなあ、と途中で思ってしまったのだな。オートマチックの車をあんなに下手に運転できるかなあ、とかさ。ローマの話も(本サイトの解説が間違っているぞ。パリじゃないぞローマだぞ)少し誇張が過ぎるのではないかと思ったし。  ジャームッシュは好きなのだが、本作はぴんとこなかった。体調のせいかもしらんが。  ただ、こうした作風の監督さんが、それなりに著名になってしまうという事態は好感をもってしまうので、映画界はいいところだなあと思う次第である。
隠す
  
 
[046]悪魔の追跡
 カーアクションはすごい流氷一滴2018-01-14
 【ネタバレ注意】
邪教集団の「禁断の儀式」を偶然目撃した二組の夫婦の乗るキャンピングカーが、どこまでも追いかけられるというお話。ジャンルそしてはホラー映画だろうけと、見どころは後半の・・・
続きを読む
邪教集団の「禁断の儀式」を偶然目撃した二組の夫婦の乗るキャンピングカーが、どこまでも追いかけられるというお話。ジャンルそしてはホラー映画だろうけと、見どころは後半のカーアクション。CGなどない時代だからごまかしようがなく、生身の人間が「ど派手なスタント」をこなすから、見ている方も手に汗握る。 代表的なホラー映画は一人また一人と消されていくが、映画のラスト直前までは四人とも生き残った。ラストに集まった連中の顔をみると、見たことある顔が数人いる。なぜ、邪教集団が、これほどしつこく追いかけまわすことができ、口封じをしようとした理由がわかる。 ところでモデルになったのは、アメリカ南部に今でもいる、白い三角巾を被る連中ではないのか? 
隠す
  
 
[047]サム・ペキンパー 情熱と美学
 才能あり、タフ、めちゃくちゃpumpkin2018-01-14
 
ペキンパーのファンというわけではないけれど、紹介された映画はたぶん全部見たと思います。わたしが現役当時お世話になり、尊敬もしていた人がちょっとこのペキンパーみたいな・・・
続きを読む
ペキンパーのファンというわけではないけれど、紹介された映画はたぶん全部見たと思います。わたしが現役当時お世話になり、尊敬もしていた人がちょっとこのペキンパーみたいな人だったので、昔はこんな人珍しくなかったなぁと思いながら見ていました。
隠す
  
 
[048]フライト
 アル中spqc2y292018-01-14
 【ネタバレ注意】
どんなに人を救っても、アル中、薬中であれば公に非難される社会と、 一方アル中のダメさ加減も描いている。考えさせられます。 前半は飛行機嫌いが余計嫌いになりそうな映像満載。
  
 
[049]キングスマン:ゴールデン・サークル
 ポピーランドカール犬2018-01-13
 【ネタバレ注意】
「善良なドラッグ使用者」ってなんだよ? って思ってしまったらその後の展開に結構なズレが生じる。 この世から薬物使用者を一掃できるという 千載一遇のビッグチャンスが、、・・・
続きを読む
「善良なドラッグ使用者」ってなんだよ? って思ってしまったらその後の展開に結構なズレが生じる。 この世から薬物使用者を一掃できるという 千載一遇のビッグチャンスが、、、あ〜あ、、 (という根底が大統領寄りの人間だったよ自分) なので薬物依存者への嫌悪感や排他意識があると、 ウィスキーがあそこまでひどいスケキヨの刑にあうのって たぶん釈然としないだろうな。 彼の明かす哀しい過去なんて一顧だにされる間もなく 殺戮アクションに突入だ。 きっとドラッグなんて全部合法化してもいいじゃんね。 って思っているのは、 ジュリアン・ムーア演じるポピーじゃなくて、 善良なるイカれた監督マシュー・ヴォーン。 映像はね もういちいちキレイだよ。 タロン・エガートンの フォーマルとカジュアぶりの落差見せも相変わらずいい感じ。 そしてそれは到底チャニング・テイタムに真似できる芸当ではないらしく、 カウボーイ姿から続編ありきのスーツ姿まで、 一貫したイモ感が別の意味ですごい。冷凍保存中の股間のもっこりもね。 そして荒ぶるエルトン・ジョンはどう見てもカラフルなビッグバードだった。
隠す
  
 
[050]早春
 こじらせた童貞モノLongisland2018-01-13
 
15歳のうぶな少年が性に奔放な年上女性に恋をし、嫉妬し、挫折する・・・ 洋の東西問わず、いつの時代にも、そんなに多くは無いが出てくる『こじらせた童貞モノ』です。 さ・・・
続きを読む
15歳のうぶな少年が性に奔放な年上女性に恋をし、嫉妬し、挫折する・・・ 洋の東西問わず、いつの時代にも、そんなに多くは無いが出てくる『こじらせた童貞モノ』です。 さらさら前髪をいつも気にしてる美少年ジョン・モルダー=ブラウン、 いかにも70年代らしいキュートな赤毛美人ジェーン・アッシャー(ポールマッカートニーの元婚約者)この美男美女の二人を見ているだけで至福! オープニング自転車、夜の街を看板を抱えて逃げる、空っぽのプール等々美しい映像と音楽の連続。 そしてあの伝説のホットドッグ屋台シーンはもう最高! 今回デジタルリマスターで再上映なんだとか。   久しぶりに映画館行ってみようかなぁ.....なんてね。
隠す
  
 
[051]西遊記 ヒーロー・イズ・バック
 おもしろいspqc2y292018-01-13
 
知っている西遊記とは違うけど、これはこれで面白い。 3Dで鑑賞したら凄そうです。
  
 
[052]グレムリン
 5段階評価の2・5さとせ2018-01-13
 
発明家のランドは骨董屋でモグワイと呼ばれる動物見る。 息子ビリーへのクリスマスプレゼントとして手に入れたいが店主から拒否される。 経営が苦しいのを知っている孫はこっそ・・・
続きを読む
発明家のランドは骨董屋でモグワイと呼ばれる動物見る。 息子ビリーへのクリスマスプレゼントとして手に入れたいが店主から拒否される。 経営が苦しいのを知っている孫はこっそりモグワイをランドへ売り、モグワイを貰ったビリーは大喜びするが、水に濡らすな、光に当てるな、真夜中に餌を与えるなと3つの決まり事を言いつけられる。 ビリーは言いつけを良く守り楽しい日々を過ごすのだが誤って夜中に餌を与えてしまい・・・。 当時、ヒットメーカーだったJ・ダンテ監督作品。 スクリーンやロードショー誌で毎回アイドル扱いを受けていたP・ケイツをヒロインに迎えスマッシュヒット。 何と言ってもモグワイが無茶苦茶可愛くぬいぐるみも発売され実は私も持っていた(笑)。 当時TVやビデオで見た時は面白かったが今回見てみたら少し退屈してしまい、年代によって面白さが変わるというのは本当なんだな〜と。 ビデオはワーナー・ホーム・ビデオからリリースされていたがスタンダード収録でLDも同様。 DVDになりようやく5.1ch収録のビスタサイズのスクイーズ収録になったのが嬉しい。 なお、新版DVDにはヒロインP・ケイツ嬢のコメンタリーも収録されている。 ノヴェライズ(ジョージ・ガイプ・新潮文庫)も当時出版されていた。
隠す
  
 
[053]ニュースの真相
 いかん泣いてしまったビリジョ2018-01-13
 【ネタバレ注意】
 何で泣くのかな。遠いアメリカのテレビ局の話なのに。  ジャーナリズムには厳しい時代になった。下にも、この映画の趣旨を全然分かっていないアホな書き込みがあるし。  ・・・
続きを読む
 何で泣くのかな。遠いアメリカのテレビ局の話なのに。  ジャーナリズムには厳しい時代になった。下にも、この映画の趣旨を全然分かっていないアホな書き込みがあるし。  それでも、ダン・ラザー氏の言う通り、ジャーナリズムは恐らくは、津波に襲われた人たち、テロの犠牲になった人たち、貧しい人たち、暴力におびえる人たちの味方になろうとしているのだ。時々ボタンの掛け違えはある。ボタンをかけ直せばいいのに。  色々言いたいことがあふれてしまう。短くまとめられない。  脇役もみなさん、俳優陣の演技がすばらしかった。
隠す
  
 
[054]ブラック・スキャンダル
 実話だからspqc2y292018-01-13
 
実話故話が盛り上がらない。
  
 
[055]ワンダーウーマン
 思ったより楽しめたにゃんにゃん2018-01-13
 
全然期待していなかったが、かなり評判が良かったので見てみた。 確かになかなか出来がよく、思ったより楽しめた。 初めて人間界に来たワンダーウーマンの無鉄砲さ、世間知ら・・・
続きを読む
全然期待していなかったが、かなり評判が良かったので見てみた。 確かになかなか出来がよく、思ったより楽しめた。 初めて人間界に来たワンダーウーマンの無鉄砲さ、世間知らずさが笑えるし爽快でもある。 この辺りは「クロコダイルダンディ」に通ずる面白さ。 そして彼女のアクションシーンもそれなりに魅せる。銃弾をはじき、塔を破壊する面白さ。 ラストのバトルシーンはやや力技に頼りすぎだが、それもご愛嬌。 面白かった。
隠す
  
 
[056]クレイジー・パーティー
 どんちゃん騒ぎHABBY2018-01-13
 【ネタバレ注意】
下ネタ、不謹慎ジョークが程よく詰まったアメリカンなコメディ。難しく考えず単純にお笑い系として楽しむべき。ジェニファー・アニストンはいつもの安定感。硬派な作品でも軟派・・・
続きを読む
下ネタ、不謹慎ジョークが程よく詰まったアメリカンなコメディ。難しく考えず単純にお笑い系として楽しむべき。ジェニファー・アニストンはいつもの安定感。硬派な作品でも軟派な作品でも器用。オリヴィア・マン、本作でも勝気な女を好演。目力強い。
隠す
  
 
[057]エクスペンダブル・ミッション
 ヘタこいたbond2018-01-13
 
結構なキャスティングなのに、C級な仕上がり。演技も変だぞ。
  
 
[058]リベンジ・ファイト 相棒は天才ハッカー!?
 文武両道HABBY2018-01-12
 【ネタバレ注意】
体育会系マッチョマンと文系オタクによるシンデレラ救出物語。硬軟織り交ぜてなかなか爽快。あっちの女優はほんと美人が多い。
  
 
[059]不屈の男 アンブロークン
 日本悪者bond2018-01-12
 
捕虜サバイバルの実話だが、虐待の程度はどこまで本当?渡辺のオリンピック選手への嫉妬?
  
 
[060]殺人課
 ユダヤ人の血search2018-01-12
 
差別と偏見と孤独
  
 
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION