allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[031]シークレット・ロード
 同性愛者とその妻68生男2018-06-21
 
好きなキャシーベイカーが出ているので見た。ロビン・ウィリアムス主演ということで、またハートフルかなと、気が乗らなかったのだが、ホーモーサピエンスの話だったので序盤興・・・
続きを読む
好きなキャシーベイカーが出ているので見た。ロビン・ウィリアムス主演ということで、またハートフルかなと、気が乗らなかったのだが、ホーモーサピエンスの話だったので序盤興味深く見始められた。 ロビン・ウィリアムスは何に出ていても浮き上がって見えていたが、年配になって変態的な役をやり始めてから、よく画面に馴染んできたような気がする。最後の主演作らしいが、今まで見た中で一番良かった。 全体に、脚本演技とも繊細で、しみじみ見られる。 キャシーベイカーは久しぶりに見たがあまり変わっていなかった。老けて顔立ちが別人のようになる人も多いが、何が違うのだろうか。「ジャックナイフ」でデニーロが誉めていた「いい体」は健在で、何気に胸がデカい。やっぱり健康なのかな。 この夫婦役は実に見事なはまり役だと思った。特に妻役は、もしも自分が配役するとしたらと想像しても、この役はどうしてもキャシーベイカーにやらせたい。見終わって、ベイカーの存在と演技に、深い芸術的感興を覚え、しばらく恍惚としていた。
隠す
  
 
[032]忍びの者 霧隠才蔵
 死んだフリも完璧nabeさん2018-06-21
 
シリーズ第4作である。 真田幸村に仕える霧隠才蔵たち忍者が、主君の宿敵徳川家康の命をいかに奪うかを、大坂冬の陣と夏の陣の進行に合わせて描いている。家康方にも雇われ忍・・・
続きを読む
シリーズ第4作である。 真田幸村に仕える霧隠才蔵たち忍者が、主君の宿敵徳川家康の命をいかに奪うかを、大坂冬の陣と夏の陣の進行に合わせて描いている。家康方にも雇われ忍者がいて、彼ら同士の戦いもスリリングだが、大坂城落城の合戦シーンはなかなか迫力があり、時代劇としても見応え十分だ。 中村鴈治郎の家康が軽すぎるのが難点だろう。城健三朗の幸村は、逆に冷静すぎて面白みがないのが残念だ。
隠す
  
 
[033]人喰いエイリアン
 くつろぎの一本68生男2018-06-21
 
時間のない人は、面白くなければつまらなく、損したと感じる。 時間のある人は、つまらなくなければ面白く、得したと感じる。 多少そういうことはあると思う。 その意味で言え・・・
続きを読む
時間のない人は、面白くなければつまらなく、損したと感じる。 時間のある人は、つまらなくなければ面白く、得したと感じる。 多少そういうことはあると思う。 その意味で言えば、この映画は、かなり面白く、かなり得した。 見心地良しの聴き心地良しだ。 内容的にも、おさな心とすけべ心をしっかり満たしてくれた。 エイリアン役のバリー・ストークスは、どこかで見た顔だと思ったら、ベルばらでアンドレ役だった人だ。出演作が少ないようだから、ここで見られて得した。しかもかなりユーモラス。 ヒロイン役のグローリー・アナン嬢は、この映画でしか見られないようだ(残念)。ちょっと岡田奈々に似ている。嬢の露出が多く、平板なところを十分に補っていた。 短い映画なので、ちょっとした時にまた見てみたい。
隠す
  
 
[034]TOMORROW パーマネントライフを探して
 そもそも人間の存在がpumpkin2018-06-21
 
ここに出てきた人々の努力は素晴らしいと思いますが、ペシミストのわたしにはこんなにうまくいくのかなと思えてしまいます。 もう何十年もむかし、職場の同僚に環境問題に熱心・・・
続きを読む
ここに出てきた人々の努力は素晴らしいと思いますが、ペシミストのわたしにはこんなにうまくいくのかなと思えてしまいます。 もう何十年もむかし、職場の同僚に環境問題に熱心な人がいました(先駆的)。彼はすぐ環境、環境というのでわたしを含めてみんなに煙たがられていました。その彼が「そもそも人間の存在そのものが環境汚染で環境破壊なんだな」と言っていたのが印象的でした。たしかに風力発電の風車をあんなに並べるのは環境破壊といえなくもありません。
隠す
  
 
[035]マルコ・ポーロの冒険
 シギュリッドギュリールーテツ2018-06-21
 
イタリア人や中国人が英語を話すトンデモ設定だが、アドベンチャー物としては結構楽しめる マルコ・ポーロの伝記を元にしているというが、どこまで史実どおりかは微妙なところ・・・
続きを読む
イタリア人や中国人が英語を話すトンデモ設定だが、アドベンチャー物としては結構楽しめる マルコ・ポーロの伝記を元にしているというが、どこまで史実どおりかは微妙なところだろう ちなみに、この作品を初めて観た時から”スパゲティの起源は中国だった”としばらくは信じていたものだ 主演はゲイリー・クーパー 珍しいコスプレ物の作品 あまりアクションはパッとしない感じだが、朴訥な雰囲気が良い味を出している ヒロインのシグリッド・ギュリーという女優 本作でしか観たことがないが、ヨーロッパ的な美人 メイクのせいで眉毛が怖い 助演のバジル・ラズボーンはいつもながら嫌なやつを好演 ワンシーンだけ登場するラナ・ターナーの美しさも印象に残る すっぽんのくだりは面白い
隠す
  
 
[036]白鯨との闘い
 土から油が出るまでのローランド2018-06-21
 
  鯨油相場の活況に沸く港町の情景や帆船というものの魅力を感じさせる帆を張っての出航の様子から、気位は高いが未熟な船長が背伸びして度胸を見せようとあえて嵐の中に突っ・・・
続きを読む
  鯨油相場の活況に沸く港町の情景や帆船というものの魅力を感じさせる帆を張っての出航の様子から、気位は高いが未熟な船長が背伸びして度胸を見せようとあえて嵐の中に突っ込んで行き難破しかける荒れ狂う海での奮闘などCGの威力なんだろうけど全体に画が良くて、牘貽佑燃える瓩箸燭箸┐襦△弔泙蠏澆猟吹きに血が入り込んで赤く染まるまでの鯨と人間の闘いなど迫力満点だし、それに二時間ゆるみなく緊張を維持するし人間ドラマにもそこそこの面白さがあるしと、これは映画館の大スクリーンで観賞したかったなって思わせるだけのものがありまして、多作のロン・ハワード監督作品の中でも上の方にランクされるのではないでしょうか。      エンディング近くにある会話爛撻鵐轡襯丱縫△播擇魴,辰凸が出たとか・・・瓩、鯨油から石油の時代への移り変わりを示唆しているけど、もし土から油が出ていなかったなら反捕鯨業者も出現していなかったということになりそうだ・・・。      この映画を観て景山民夫さんのエッセーにあった 『船が難破して無人島に漂着し、飢えをしのぎ一人が死亡したものの他は無事生還した船員仲間のうちの一人が、元気になった後日に海亀のスープを飲んだとたんに暗い表情になりその夜自殺した。 で、このことからいったい何があったか想像力を駆使して物語を創り上げて行く』 という話を思い出したのだけど、私くし程度の者には当時の苦労がフラッシュバックした?ってくらいにしか想像力が働かないのだけど、皆さんはいかがでしょうか。  答えと言うか民夫さん仲間が創作した物語はこの映画にも関係があるのでネタバレが気になる人は以下を読まないほうがよいです。      その創作物語とは 『食料が尽きて全員餓死寸前のなかで自殺した者と仲の良かった人間が先に死んで、それを食料として生き残ることが正しいこととしたのだが、皆の命を救うための食料となった死者と仲の良かった者にはどうしてもそれを口にすることが出来なかった。 そこで海亀を捕らえたと騙して食べさせ無事生還ということに。 だが後日に事実上生まれて初めて食べた海亀のスープは無人島でのものとは似ても似つかない味で、そこであの時のスープは海亀ではなくて仲間の・・・と気付いてしまった』 ということで、頭の良い人たちはこういう知的な遊びをやっているんだなって感心したものです。        星の数は7個以上8個未満です。
隠す
  
 
[037]デッド・ウェディング 鮮血の花嫁
 5段階評価の2さとせ2018-06-21
 
ベッキーとグラントの結婚式当日に蚊対策として特殊な液体が散布される。 吸った者たちがゾンビ化し襲い掛かって来た・・・。 一応、ちゃんとしたゾンビ映画なのだがゾンビが・・・
続きを読む
ベッキーとグラントの結婚式当日に蚊対策として特殊な液体が散布される。 吸った者たちがゾンビ化し襲い掛かって来た・・・。 一応、ちゃんとしたゾンビ映画なのだがゾンビが出現するまでが緩いため、よっぽどのホラーマニアじゃなければ早送りしてしまうかもしれない。 また結婚する主演女優や周りの女優陣もマスクが今一な為余計に退屈してしまう。 DVDは広大なシネスコが隅々まで映し出している。
隠す
  
 
[038]アメリカン・バーニング
 曖昧なドラマちゃぷりん2018-06-21
 
映画スターが監督するとシリアスな題材を選ぶよな。娘の奇行の起因が描かれてないので、要が無い扇みたいなストーリーになってた。
  
 
[039]ザ・ダンサー
 モダンダンスの先駆者pumpkin2018-06-20
 
ロイ・フラーは日本では1900年パリ万博で川上音二郎・貞奴一座をプロデュースしたダンサー兼興行師としてのみ知られていますが、こういう人だったのかとわかりました(この作品・・・
続きを読む
ロイ・フラーは日本では1900年パリ万博で川上音二郎・貞奴一座をプロデュースしたダンサー兼興行師としてのみ知られていますが、こういう人だったのかとわかりました(この作品でも貞奴の舞台写真が一瞬写りました)。 しかし体力を使うつらそうなステージですね。また、昔の照明は目に悪く、映画俳優は目が強くないと、つとまらなかったそうです。
隠す
  
 
[040]ハイランダー2/甦る戦士
 死ねない男、マクラウドリベルタド!!2018-06-20
 【ネタバレ注意】
前作は素晴らしい傑作だった! 特に、スコットランドの美しく風景を舞台にした前半パートは珠玉。死ねない男コナー・マクラウドが、愛する女性の最期をみとるシーンの刹那さに・・・
続きを読む
前作は素晴らしい傑作だった! 特に、スコットランドの美しく風景を舞台にした前半パートは珠玉。死ねない男コナー・マクラウドが、愛する女性の最期をみとるシーンの刹那さに震えた。 現代に舞台を移した後半も、和的チャンバラアクションが斬新だたし、クイーンの名曲が余韻を残す!それが前作。 そんなカルト的人気作品の続編、どうするのかと思ったら、ある意味、前作の良かった所をかなぐり捨てたかようなハジケっぷり。情緒やロマンはなくなったかもしれないが、前作を凌駕するには仕方ない!? 「悪魔のいけにえpart2」もこんな感じだった。ここは、ラッセル・マルケイの決断を評価したい!
隠す
  
 
[041]フジコ
 力作だが失敗作初代黒龍2018-06-20
 【ネタバレ注意】
「真幸くあらば」では自分の恋人を殺した犯人に魅かれていくという難役を静かに演じヌードにもなり、「そして父になる」でも献身的な妻役で抑えた演技を観せた尾野真千子は気・・・
続きを読む
「真幸くあらば」では自分の恋人を殺した犯人に魅かれていくという難役を静かに演じヌードにもなり、「そして父になる」でも献身的な妻役で抑えた演技を観せた尾野真千子は気になる女優だったが、炊飯器のCMであき竹城を相手に演じた掛け合い漫才風のコミカルな彼女には驚いた。その尾野真千子が殺人鬼役と聞いて興味が湧き、一挙放送を録画して全話を一気に観た。 しかし、力作だとは思うが、やはりこのドラマは肯定出来ない。ポラロイドカメラ、500円紙幣等、時代を感じさせる小道具や、化粧の濃いフジコを見た近所の人の「まるでチンドン屋」という、今は使われないであろうセリフとか、脚本の細かいところに関心したがそれも2回目位までだ。連続ドラマだから毎回見せ場が必要なのだろうが、殺人や残酷なシーンを安易に入れ過ぎる。特に最終回は、美容師、医者、ホステス、自分の夫と、娘の給食代欲しさにたった一晩で少なくとも4人も殺している。一時の感情だけで殺人を繰り返す女、というだけでも観ていて気分が悪いのに、こう何度も観せられてはたまったものでない。それに、被害者が誰も抵抗しない、どの殺しの場面でも目撃者が居ない、そもそも警察が捜査するシーンが全く無いのがおかしい。 尾野真千子も、熱演虚しく単に態度が悪い女にしか観えない。これなら「きみはいい子」で演じた、我が子への虐待が止められない母役の方が遥かに良かった。むしろフジコと対峙する谷村美月のように、終始無表情でいた方が不気味な殺人鬼に観えたと思う(従ってこのジャーナリストはミスキャストで、もっと表情の豊かな女優でないと、実は自分がフジコの娘であることを押し殺していることを表現出来ないだろう)。 または全編をこのジャーナリストの一人称で描けたら、その方が良かったと思う。彼女の半生として過去と現在を交互に描いているが、如何にして殺人鬼になったかという肝心の謎解きの要素が少ないから、客観的な描写ではかえって分かりにくい。それに重要な要素だったはずの新興宗教の登場も唐突過ぎで、実は教団幹部が殺人に関わっていたという謎解きがフジコの半生にマッチしていないのも脚本の弱さと言わざるを得ない(この幹部が今度は娘を狙う、というミステリアスなラストも、はっきり言ってあまりに陳腐でむしろシラケた)。 脚本を絞り込んで、2時間半位の劇場用映画にした方が、もっと内容の濃い作品になったようにも思う。 フジコが縁する男は、働かない奴か仕事に失敗する奴ばかりだ。それも彼女の『カルマ』だ、という視点でも描いて欲しかった。
隠す
  
 
[042]ザ・キング・アーサー外伝
 知らない役者だらけbond2018-06-20
 
アイディアいいが、チープ。でも、B級ではましな方。
  
 
[043]残穢【ざんえ】 -住んではいけない部屋-
 畳すれnightwing2018-06-20
 
ウチにも感知式の自動照明があるのだが、時々ダレもいないのに 点灯する時がある・・・・・・・・・・・・・ 思ってたより正統派のホラーミステリだった。 時代をさかのぼって・・・
続きを読む
ウチにも感知式の自動照明があるのだが、時々ダレもいないのに 点灯する時がある・・・・・・・・・・・・・ 思ってたより正統派のホラーミステリだった。 時代をさかのぼって、真実を解明していく件は横溝ミステリの趣で いきなり愕かす月並みな恐怖演出も無いし、エンドロール後の ラストシーンも後引く怖さがあって好ましい。 にしても首を吊った女優さんの顔が怖かったぁあああ
隠す
  
 
[044]ブルー・バタフライ
 なにひとつghost-fox2018-06-20
 【ネタバレ注意】
良いところが見い出せない
  
 
[045]デッドフォール
 夢の競演dbma2018-06-20
 【ネタバレ注意】
が必ずしも面白くなるわけではない。 でも当時はワクワクドキドキして見に行ったもんだ。 だってランボーとスネークだぜ? 初見の時から酷評されるだろうと思ってたよ。 でもそ・・・
続きを読む
が必ずしも面白くなるわけではない。 でも当時はワクワクドキドキして見に行ったもんだ。 だってランボーとスネークだぜ? 初見の時から酷評されるだろうと思ってたよ。 でもそんなのどうでもいいんだ。 だってあのランボーとスネークだぜ? 何か完成までやっとこじつけた作品だったみたいね。 コメディにしたかったピーターズ vs シリアス路線のコンチャロフスキー。 スタローン vs バリー・ソネンフェルド撮影監督。 途中でクビになったそうで。 ワーナーが納得するまで脚本書き直し、追加撮影、音楽追加。 スチュアート・ベアードが継ぎ接ぎして公開日に間に合わせたんだとさ。 護送車の看守でラッセルの父。 囚人役でコマンドーカットのビリーズブートキャンプ。 コンチャロフスキーのシリアスな骨太アクション もう一本ぐらい見てみたかったなぁ。
隠す
  
 
[046]ラスト・フェイス
 これぞ野蛮人bond2018-06-20
 
地獄のような世界での医療ボランティアには頭が下がる‼ロマンスが半端、
  
 
[047]アローン・イン・ザ・ゼット
 5段階評価の2さとせ2018-06-20
 
アンは山中にてサバイバル生活を送っている。 思い起こせば、ウイルス感染を避け夫と赤ん坊の3人で車で移動しながら生存術の指導を受けていたのだが死亡したみたいだ。 1人で・・・
続きを読む
アンは山中にてサバイバル生活を送っている。 思い起こせば、ウイルス感染を避け夫と赤ん坊の3人で車で移動しながら生存術の指導を受けていたのだが死亡したみたいだ。 1人で行動している時に男女と遭遇し一緒に生活するのだが・・・。 ゾンビを呈しながらのロードムーヴィー。 ホラー映画というかゾンビとして見たら退屈極まりないだろう。 しかしながら孤独に生きていく女の恥もへったくれも無い生活を垣間見れるのが凄いし、実際自分もそうなったらこのような生活をするのだろうと思ってしまう。 DVDは広大なシネスコと5.1ch収録されていてエラい。
隠す
  
 
[048]逆殺館
 5段階評価の2・5さとせ2018-06-20
 
身代金目的の為、豪邸に侵入しキャサリンを誘拐する。 キャサリンは自分を解放しないとやばいと言うが、無視して電話をかけるのだが電話が通じない。 動画を撮って家に送るのだ・・・
続きを読む
身代金目的の為、豪邸に侵入しキャサリンを誘拐する。 キャサリンは自分を解放しないとやばいと言うが、無視して電話をかけるのだが電話が通じない。 動画を撮って家に送るのだが何時まで経っても連絡が来ない。 キャサリンはみんな死ぬと言い残し・・・。 珍しい南アのホラー映画。 大切な1人娘を浚い身代金をせびろうとするが音沙汰なしの為、家に入ると家族皆殺されていたという素晴らしい物語(笑)。 難点というかキャサリンが不細工なのだけが残念でこれが美形なら素晴らしく良かったのに・・・。 DVDは広大なシネスコが建物の隅々までを映しこんでいて逆に流れるエンドクレジットも面白いが、アルバトロス難点の予告がオリジナルでないのだけが残念。
隠す
  
 
[049]続社長漫遊記
 日章丸黒美君彦2018-06-20
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>太陽ペイント社長堂本平八郎(森繁久彌)はひょんなことから妻あや子(久慈あさみ)を連れて別府へ。そこに契約を狙っている米国企業ジュピターの極東支社長らをラ・・・
続きを読む
<あらすじ>太陽ペイント社長堂本平八郎(森繁久彌)はひょんなことから妻あや子(久慈あさみ)を連れて別府へ。そこに契約を狙っている米国企業ジュピターの極東支社長らをライバル社が連れて長崎の造船所に向かったという情報を受け、急遽堂本は長崎へ。一方山中源吉営業部長(加東大介)に勝手に見合いを断られてしまった木村進秘書課長(小林桂樹)は、見合い相手の大浦タミエ(藤山陽子)への気持ちを棄てられない。結局ジュピター接待に失敗した堂本と木村は、芸者の桃竜(草笛光子)やポン太(浜美枝)と飲んで木村は泥酔。一方翌日グラバー邸で桃竜と待ち合わせた堂本だったが、桃竜は彼女にぞっこんのジュピター秘書課長ウイリー田中(フランキー堺)を引き連れていた。3人は島原・雲仙にドライブで向かい、田中を嫌う桃竜と堂本はこっそり抜けて旅館へ向かうが…。 1963年1月に公開された『社長漫遊記』の続編で3月に公開された作品(社長シリーズ第17作)。前作では北九州市の若戸大橋の開通式などが目玉の一つだったが、この作品では出光興産の子会社出光タンカーが発注した大型タンカー「日章丸」(3代目)が登場。総重量は約7万5千トンで、1962年10月に佐世保重工佐世保造船所で竣工した時点では世界最大のタンカーだったとか(1978年に解体)。 それにしてもこの作品でも堂本社長はもてもて。当時29歳の草笛光子、淡路恵子が芸者とスナックママ役でそれなりのモーションをかけてくるのだから、昔の社長はいいですねー。 グラバー邸で草笛光子扮する蝶々夫人と、森繁のピンカートンの妄想シーンもとても楽しめる。 一方39歳の小林桂樹との結婚に前向きの「ミス若戸」の大浦タミエ役の藤山陽子は当時21歳。いくら何でも釣り合わない(笑)。 この作品でも三木のり平の宴会芸は見られるし、テンポ良いコメディ映画として楽しめる。 ここでも日系米人役のフランキー堺が秀逸。「ハワイ生まれ」だという彼の日本語もどきは、どうやら広島弁っぽい。いうまでもなくハワイへの移民に広島県人が多いことはよく知られているが、そうしたことを踏まえた彼の台詞回しはただただ巧いとしかいいようがない。 英語が流暢な雪村いずみも秘書役で登場。 ちなみに最後に小林桂樹と藤山陽子が結婚式場を決めてきたのは「明治記念館」。堂本夫妻と娘夫婦、孫を連れた5人に出会うのは明治神宮だ。なかなか楽しめる作品に仕上がっている。
隠す
  
 
[050]ザ・ギフト
 ギフト、授かり物リベルタド!!2018-06-20
 【ネタバレ注意】
後味悪いというか、気色悪いというか。なかなかエグい“どんでん返し”。 地味な作風ではあるけど、「エスター」なんかとグループ分けできそうな、“衝撃のラスト”がある映画。 し・・・
続きを読む
後味悪いというか、気色悪いというか。なかなかエグい“どんでん返し”。 地味な作風ではあるけど、「エスター」なんかとグループ分けできそうな、“衝撃のラスト”がある映画。 しかも俳優のジョエル・エドガートンが脚本、監督ってのも驚き! 今は亡き俳優、ビル・パクストンが監督した「フレイルティ」も上質なサスペンスホラーだったので、この作品が気に入った人にオススメ!
隠す
  
 
[051]麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜
 報連相が大事68生男2018-06-20
 
最凶のクラッシャー「青柳武明」、「美学」のみの酔っぱらい 中井貴一がもっさりと深刻顔に演じるこの親父。これが本当にどうしようもない。ネジが2本も3本も取れている。いい・・・
続きを読む
最凶のクラッシャー「青柳武明」、「美学」のみの酔っぱらい 中井貴一がもっさりと深刻顔に演じるこの親父。これが本当にどうしようもない。ネジが2本も3本も取れている。いい歳をして報連相が全くできない。この親父が一人よがりに動き回り、すべての事態を悪化させていく。息子の友達を自殺に追い込み、自分も殺される羽目になる。という話。 職場においても現場の問題を全く把握できないダメ管理職。その無能さも後の惨状、わけても自身の死の遠因となっている。 人物像で言えば、息子の留守中に部屋に入ってパソコンを開く、それだけでも即アウトだ。 さらには「開いたらこのページになってたから見えてしまった」とは。見えたんじゃなくて見たんだろそれは。上から下まで読んどいて何を言うか。 万事そんな調子のこのプッツンプリンが、勝手なこと余計なことをしまくって暗躍するのだが、ついには、息子の友達(未成年者)を、息子に内緒で、保護者にも内緒で、偽名で、夜分に、呼び出して脅す。正気なのか。しかも「息子には言わないでしてほしい」って、友達なんだから話すに決まってるだろうよ。本当にこのプリン親父、自分の感情だけが頼りで、周りのことも先のことも何も見えない。だいたいにして、大の男が鶴折ってる場合か。とにかくやることなすことかっこつけばかりで間が抜けているのだが、それはつまりこのシナリオが、シリアス振りのこけおどしに過ぎないということなのだ。 極めつけは、阿部寛刑事が教師にした後智慧の長説教。あれは、自滅した親父を「ヒーロー」にしておくために、教師を悪者に仕立て、ミスリードするために用意された「仕掛け」なのだ(マスコミ論調ゆえ作品への批判も封じられて一石二鳥)。 大事なことは、事故発生当時の判断が『隠蔽』であろうとなかろうと、その後に起きた事に対してこの教師は、全く関係がないし、全く責任はないということなのだ。当時少年たちの事情聴取が行われなかったというそのことによって、実際にいかなる悪果が生み出されたかといえば、それは「プリン親父」のみであるのだ。 だが監督だか原作者だかは、この破滅的夢遊病的人物像を、「正義の人」「理想の父親」として、若者たちを幻惑すべく、キラキラキラキラ、死に花を咲かせることしか考えようとはしないのだ。 速やかに記憶から抹消すべき真の胸糞映画。
隠す
  
 
[052]リベンジ・リスト
 もうちょいかな?edix2018-06-20
 【ネタバレ注意】
他の方も書いているように、よくある復讐もので、ありがちである反面ある意味安心して見られるといってもいい。トラボルタ主演とはいえ、いかにもB級作品なので、もっとハジケ・・・
続きを読む
他の方も書いているように、よくある復讐もので、ありがちである反面ある意味安心して見られるといってもいい。トラボルタ主演とはいえ、いかにもB級作品なので、もっとハジケても良かったように思う。たとえば、「96時間」の1作目のように。  最後、知事まで復讐の手を伸ばすのに爽快感がいまいち。多少都合が良くても主人公のハッピーエンド(逃げた意味ではハッピーかもしれないが)で終わるようにしてほしかった。  アマンダ・シュルはテレビ版「12モンキーズ」以来、結構お気に入り。
隠す
  
 
[053]フォーカス
 マックイーンの名作主題歌McQueeeeeN (Mail)2018-06-20
 
ラストのエンドロールに、マックイーンの名作『華麗なる賭け』の主題歌「風のささやき」を持ってきたところだけ評価したい。 スタイリッシュも過ぎると嫌みな映画になることを・・・
続きを読む
ラストのエンドロールに、マックイーンの名作『華麗なる賭け』の主題歌「風のささやき」を持ってきたところだけ評価したい。 スタイリッシュも過ぎると嫌みな映画になることを知った。 伏線の張り方はなかなかだが、詐欺がテーマの映画を山ほど見てる者にとっては「ほら、やっぱり最後はこうなった」という部分が見えてくる..。 近年は『マッチスティックメン』を越える詐欺映画は現れてない。
隠す
  
 
[054]ゴジラ FINAL WARS
 恥ずかしながら…櫻巒2018-06-20
 【ネタバレ注意】
言いたいことはたくさんあるけれど、宝田明の「こう見えても昔は100発100中の男と言われていた…」のセリフで、すべて許した。 ラスト前、主人公たちに向かおうとするゴジラにミ・・・
続きを読む
言いたいことはたくさんあるけれど、宝田明の「こう見えても昔は100発100中の男と言われていた…」のセリフで、すべて許した。 ラスト前、主人公たちに向かおうとするゴジラにミニラが両腕を広げて立ちはだかった時、もし昔のSEで「ファーファー (パパ?)」と鳴いたとしたら、僕は号泣しただろう。 監督に言いたいことは、自分のやりたいことやりたいならオリジナルで勝負してみろ、だね。
隠す
  
 
[055]リベンジ・ショット 最後の賭け
 雑な展開bond2018-06-19
 
ストリッパー役の女優は良かった。
  
 
[056]スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
 ラモーナ😍😘💕edix2018-06-19
 
とにかく、メアリー·エリザベス·ウィンステッドが大好きで見た作品。元カノとの対決シーンでもアクションを披露してくれたし、最高。なんでスコットとなの?・・・
続きを読む
とにかく、メアリー·エリザベス·ウィンステッドが大好きで見た作品。元カノとの対決シーンでもアクションを披露してくれたし、最高。なんでスコットとなの?って気もするが、まあ良いか!?
隠す
  
 
[057]遥かなるアルゼンチン
 ベティグレイブルルーテツ2018-06-19
 
ベティ・グレイブルがかわいい ピンナップガール全盛期、いちばん脂の乗った時期の作品 健康的なお色気とかわいらしいスマイルで歌って踊る アルゼンチンを舞台に、いろいろ誤・・・
続きを読む
ベティ・グレイブルがかわいい ピンナップガール全盛期、いちばん脂の乗った時期の作品 健康的なお色気とかわいらしいスマイルで歌って踊る アルゼンチンを舞台に、いろいろ誤解が重なって…というドタバタコメディ グレイブルのお相手がドン・アメチー 甘い歌声も披露してくれる 助演は、今回は踊りの少ないシャーロット・グリーンウッド、J・キャロル・ネイシュ、あやしい現地のガイドのレオニード・キンスキーが良い味を出している 取り立てて良かったのがニコラス・ブラザースのアクロバティックなダンス・パフォーマンス 本人役のカルメン・ミランダは「人気者だから出しておこう」的な扱いで、ストーリーとは絡まない グレイブルは当時アメリカで絶大な人気を誇ったアイドル的な女優 当然日本でも…と思うのだが、公開されている作品は少ない
隠す
  
 
[058]ショウダウン 不死身の弾丸
 ダサっbond2018-06-19
 
素人映画
  
 
[059]ノー・エスケープ 自由への国境
 一人国境番人bond2018-06-19
 
スタンダードなマンハントもの。ラストの追いかけっこはドリフターズ的。ニーガンのラストが情けない。
  
 
[060]緑はよみがえる
 ただただ生き抜くHABBY2018-06-19
 【ネタバレ注意】
飢えとの戦い。寒さとの戦い。病(伝染病)との戦い。軍上層部との戦い。これぞ極限状況。白黒に近い雰囲気を醸すカラー。色彩からも寂しさ、辛さが伝わってくる。こういう作品・・・
続きを読む
飢えとの戦い。寒さとの戦い。病(伝染病)との戦い。軍上層部との戦い。これぞ極限状況。白黒に近い雰囲気を醸すカラー。色彩からも寂しさ、辛さが伝わってくる。こういう作品を見ると、戦争は可能な限り避けねばならぬと痛感する。
隠す
  
 
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION