allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[031]飢餓海峡
 爪の匂いHABBY2018-10-19
 【ネタバレ注意】
183分版を鑑賞。三國連太郎&左幸子&高倉健。
  
 
[032]パンデミック・フライト
 駄作bond2018-10-19
 
雑な脚本と設定。
  
 
[033]トライアングル
 ぐるぐるhayate92018-10-19
 
ループものとは知っていたけれど、まさかの展開で最後まで面白く観れました! ヒロインが可愛い時とブチャく見える時とギャップがある。不思議。
  
 
[034]フューリアス 双剣の戦士
 ロシアンソードアクションHABBY2018-10-19
 【ネタバレ注意】
ロシアに伝わる「バトゥのリャザン襲撃の物語」に記された伝説の戦いを映画化したソードアクション。ナスチャ役、ポリーナ・チェルニショヴァの美貌。
  
 
[035]チキンとプラム 〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜
 阿部サダヲ?ディラン2018-10-19
 
エゴイスティックな音楽家の顛末を描いたコメディの体であったものが、悲恋のラブストーリーとしてクローズするという、なかなかに凝ったお話し。 失恋の代償として銘器を手に・・・
続きを読む
エゴイスティックな音楽家の顛末を描いたコメディの体であったものが、悲恋のラブストーリーとしてクローズするという、なかなかに凝ったお話し。 失恋の代償として銘器を手に入れるが、その代償として愛の無い結婚をするはめに。 今度はその代償で銘器を失い、結果命も失うことになる。なんという因果か。 しかし、いくら愛が無いといっても奥さんが可哀想過ぎるよ。 イラーヌ役のゴルシフテ・ファラハニが綺麗すぎる!「パターソン」出演時が初見だったけど、本作の方がめちゃ綺麗に撮られてる。同郷の監督さんの熱い思い入れに違いない。 主役のマチュー・アマルリックがだんだん阿部サダヲに見えてくるって...自分だけ?
隠す
  
 
[036]ピッチ・パーフェクト ラストステージ
 次の賞にsaint_etienne_heaven2018-10-19
 【ネタバレ注意】
ほろ苦い。
  
 
[037]午後8時の訪問者
 医者の倫理asama2018-10-19
 
医者という職業が強いる、あるべき倫理を、一人の若い有能な女医を通して、さりげなく、緊張感あふれる映像で見せつけた秀逸な作品。見るべき価値のある作品です。
  
 
[038]アパートの鍵貸します
 シャーリーマクレーンルーテツ2018-10-19
 
ワイルダー最高の・・・というより映画史でも屈指の傑作 かつて友人にこの作品を教えたら 『今まで何が面白くて映画を観ていたかわからなくなった』 と感想が返ってきたのが忘・・・
続きを読む
ワイルダー最高の・・・というより映画史でも屈指の傑作 かつて友人にこの作品を教えたら 『今まで何が面白くて映画を観ていたかわからなくなった』 と感想が返ってきたのが忘れられない これ以上の説明は要らない
隠す
  
 
[039]教誨師(きょうかいし)
 値しないからこそmototencho2018-10-19
 
傾聴に値しない話こそ、我々にとって身近な真実。死刑の是非ではなく、深い問いかけ。今更だが、大杉漣が亡くなったのは惜しい。
  
 
[040]イコライザー2
 以外mototencho2018-10-19
 
派手なアクション以外が楽しめる?トシを取ると、無駄な動きは極力省き、地味に周りの人との絆を大切にしないと。
  
 
[041]モスクワ、犯された人妻の告白
 性悪HABBY2018-10-18
 【ネタバレ注意】
いろんな意味で、おそロシア。まあ日本と比較したらダメなのだろうが、それにしても首都の治安、こんなに悪いのか?
  
 
[042]別離
 わらしべ貧者HABBY2018-10-18
 【ネタバレ注意】
ここに登場する老若男女、誰もが加害者で、誰もが被害者。密度のある閉塞感。登場人物一人一人のキャラクター、存在感、相関関係の複雑さ。おかしな例えかもしれないが、チェス・・・
続きを読む
ここに登場する老若男女、誰もが加害者で、誰もが被害者。密度のある閉塞感。登場人物一人一人のキャラクター、存在感、相関関係の複雑さ。おかしな例えかもしれないが、チェスや将棋の駒の事を何となく考えてしまった。イランという封建的なお国柄を象徴するエピソードもそこここに。この監督らしい高い水準の悲劇だと思う。ラストシーンがまたお見事。
隠す
  
 
[043]ドント・ブリーズ
 貧乏脱出作戦dbma2018-10-18
 【ネタバレ注意】
人ん家で精子まき散らしてんじゃねえよクソガキ! 盲目の退役軍人?めっちゃ強いとかか? ビンゴじゃねえか!もういいわ。倍速再生ON! 悪ガキ3人さっさと殺しちゃってくれよ。・・・
続きを読む
人ん家で精子まき散らしてんじゃねえよクソガキ! 盲目の退役軍人?めっちゃ強いとかか? ビンゴじゃねえか!もういいわ。倍速再生ON! 悪ガキ3人さっさと殺しちゃってくれよ。 ってお前も精子野郎じゃねえか! 全員死ね! 被疑者死亡。被害者軽傷。盗品無し。 ビッチと幼い妹は100万ドル持って旅立ちましたとさ。 ってハッピーエンドじゃねえか! 災害時の略奪も納得の倫理観。 「貧乏から脱出する権利がある!」とか言ってそう。
隠す
  
 
[044]ストーキング・ミー 狂気の微笑
 つまんねbond2018-10-18
 
どうでもいいような会話が延々と続く。
  
 
[045]妖刀物語 花の吉原百人斬り
 千恵蔵がいいpumpkin2018-10-18
 
歌舞伎の「籠釣瓶」の映画化とされていますが、すっかり脚色されていて、ほとんど別物です。しかし、内田吐夢らしい作品になっています。内田監督は虐げられた者の怒りや悲しみを・・・
続きを読む
歌舞伎の「籠釣瓶」の映画化とされていますが、すっかり脚色されていて、ほとんど別物です。しかし、内田吐夢らしい作品になっています。内田監督は虐げられた者の怒りや悲しみを描くのを得意としていましたが、プロレタリア的でも、社会派的でもないところが、全く独歩だと思います。今井正、山本薩夫、家城巳代治などと比べると違いは歴然です。 水谷良重(二代目水谷八重子)は好演とは言いながら、この頃はバタ臭いので、ちょっと違和感もあります。
隠す
  
 
[046]感激の町
 スペンサートレイシールーテツ2018-10-18
 
小学生の道徳の授業の教材のようなお話 成人が観るとわざとらしい展開に苦笑モノ 『少年の町』の続編 監督、主要キャストはほぼスライドで、神父の友人デイブのみヘンリー・ハ・・・
続きを読む
小学生の道徳の授業の教材のようなお話 成人が観るとわざとらしい展開に苦笑モノ 『少年の町』の続編 監督、主要キャストはほぼスライドで、神父の友人デイブのみヘンリー・ハルからリー・J・コッブに変わっている 悪党の親玉みたいな顔のコッブが善人に扮するのが面白い 評判が良かった前作に、いかにもなエピソードを詰め込んで胡散臭くした続編の見本のような作品 ただこの2作がフラナガン神父の慈善活動を大きく後押ししたという意味ではとても意義があるといえる
隠す
  
 
[047]少年の町
 スペンサートレイシールーテツ2018-10-18
 
フラナガン神父の史実を基にしているというが、大枠以外はほぼフィクションだろう こんな上手くいくなら世の中から悪ガキはいなくなる 昔の映画なので仕方ないが、ご都合主義的・・・
続きを読む
フラナガン神父の史実を基にしているというが、大枠以外はほぼフィクションだろう こんな上手くいくなら世の中から悪ガキはいなくなる 昔の映画なので仕方ないが、ご都合主義的なラストは感動の押し付け 主演フラナガン神父にスペンサー・トレイシーでオスカーを受賞 悪ガキ代表でミッキー・ルーニー 年齢不詳が彼の武器だが、ずいぶん他の少年より年長に見えて変だ ノックアウトされる演技がエンターテイナー ”マスコット”ボブ・ワトソンくんの愛らしさも印象に残る 女の子はいないの?多宗教を容認しているけど人種は? 施設と町との距離感がわかりにくい、など違和感は多い
隠す
  
 
[048]ギルティ 狂った衝動
 このツマラナさ、ギルティここちち2018-10-18
 【ネタバレ注意】
ジョーとカイリーの美女2人は 姉妹のように育った仲良し幼馴染の友人 モデルをしながら女優を目指すカイリーと 広告代理店に勤めるジョーは2人で 丘の上の豪邸で暮らしてい・・・
続きを読む
ジョーとカイリーの美女2人は 姉妹のように育った仲良し幼馴染の友人 モデルをしながら女優を目指すカイリーと 広告代理店に勤めるジョーは2人で 丘の上の豪邸で暮らしている 2人は夜の街に繰り出しては男をあさり ベッドで男の首をベルトで絞殺しながら絶頂を得る じつはカイリーは幼いころに近所の 森に棲む危ない親子に暴行され、 その親子を殺した過去があり そのトラウマから屈折した性癖が。 しかし、オチは カイリーは過去の事件のときに死んでおり、 いまのカイリーは、その事件がきっかけでおかしくなった ジョーの妄想であった。。。 うーん、面白くない。 でも主演の2人がすごくイイ女なので観れる 退屈でつまんない映画だけど 主演の2人がセクシーなので観れる くっそつまんないけど 主演の2人がたまんねぇな まークソ映画ですけど、 主演の2人、たまんねーな!
隠す
  
 
[049]怪猫逢魔が辻
 前作の方が面白いちゃぷりん2018-10-18
 【ネタバレ注意】
愛猫は殺されてないし、毒薬で顔半分がただれるので、殆ど四谷怪談。 出番が少ない勝新は長谷川一夫みたいなメイクで二番手扱い。
  
 
[050]LUPIN the Third -峰不二子という女-
 新・嵐が丘リベルタド!!2018-10-18
 
いまや国民的アニメとも言える「ルパン三世」。定期的にリリースされる、日テレの2時間スペシャルとは一線を画した異色作。 もともとコミックのルパンは、ちょいエロな“成人指・・・
続きを読む
いまや国民的アニメとも言える「ルパン三世」。定期的にリリースされる、日テレの2時間スペシャルとは一線を画した異色作。 もともとコミックのルパンは、ちょいエロな“成人指定”ギリギリの艶っぽい作品。 しかしながら「カリオストロ」以降、作風はお子様向けにシフト。その路線変更が功をそうして、ここまでの長寿番組になったのは素晴らしい!が、本来のアダルトな魅力が著しく不足したことは否めない。 その反動か、この「峰不二子という女」はとことんエロい! つくづく「ルパン三世」という作品の振り幅の広さに感心し、そこに多くのクリエイターが創作意欲を掻き立てられるのだろうなって感じた。特にオープニングの朗読はクセになる。
隠す
  
 
[051]海へのオデッセイ ジャック・クストー物語
 英雄色を好むbond2018-10-17
 
結構やんちゃな人だったのね。
  
 
[052]先生! 、、、好きになってもいいですか?
 チクリ社会への警鐘初代黒龍2018-10-17
 
 女子高生が男性教師を好きになるという昔からよくある他愛ない恋愛劇で、特に目新しさも無いし、テストで90点取れたら先生を好きになってもいいですか?なんて久し振りに聞く・・・
続きを読む
 女子高生が男性教師を好きになるという昔からよくある他愛ない恋愛劇で、特に目新しさも無いし、テストで90点取れたら先生を好きになってもいいですか?なんて久し振りに聞くセリフだ。それでも編集が上手いのか、画面展開がスムーズで、同じ高校生モノでも「アオハライド」や「ストロボ・エッジ」を録画した時は途中で消したけど、この映画は最後まで観れた。  2人のキスがネット上にアップされて問題になる件りはいかにも現代的だ。誰が撮ったかは明かされず、職員会議で校長以下全員が写真を鵜吞みにして世間体を第一に問題視するあたり、いかにも時代を反映している。しかし悪いことばかりではない。ヒロインの友人達は前向きかつ積極的で、相手が教師でオトナだけに多少の小競り合いはあるものの、何とか2人の恋を成就させようと奔走するあたりは清々しさを感じる。ヒロインに思いを寄せているが出番が少ない弓道部員の、みんな噂なんてすぐ忘れる、という激励も結構頼もしく聞こえる。その言葉通り、彼女はラストで何事もなく卒業する。彼女が如何にして『噂』を回避したかは描かれていないが、何らかの形で友人達に守られていただろうことは想像がつく。それが証拠に彼らはメールのやり取りはせず、いつも互いに顔を見て話している。  スマホの普及は、匿名で誰かをあぶり出して犯人に仕立て上げるチクリ社会を創造した。しかし、写真に写ったものは事実であっても真実とは限らない。ラストシーンは、『事実』を守り通した2人が『真実』を勝ち取った姿に観えた。彼女の友人が言った通り、人を好きになるのに誰を好きになってはいけないことは無い。
隠す
  
 
[053]ユアン・マクレガー/荒野の誘惑
 よくわかんないbond2018-10-17
 
キリスト教信者でないと判りにくい。ユアンはミスキャスト。イエス役はマックスフォンシドーがベスト。
  
 
[054]ヤング・アダルト・ニューヨーク
 いつか老いるhayate92018-10-17
 【ネタバレ注意】
ナオミ・ワッツのヒップホップが可愛い(笑) 子供が携帯を当然のように扱うあのラストの比喩は面白いなと思いました。
  
 
[055]ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄
 幽霊に借りを返せリベルタド!!2018-10-17
 【ネタバレ注意】
アメリカ開拓時代、魔女狩りによって火炙りなった女の亡霊が子供をさらう。 洋画版の「ほん怖」みたいな感じかな。 ニコラス・ケイジは安定の名演技をみせる。母親役のサラは、・・・
続きを読む
アメリカ開拓時代、魔女狩りによって火炙りなった女の亡霊が子供をさらう。 洋画版の「ほん怖」みたいな感じかな。 ニコラス・ケイジは安定の名演技をみせる。母親役のサラは、「プリズンブレイク」「ウォーキングデッド」を観てたので勝手に親近感もってる。ただ、吉田羊さんに見えて仕方ない。
隠す
  
 
[056]散り椿
 『椿』と言えば三十郎笠勝利2018-10-17
 【ネタバレ注意】
岡田准一の殺陣がリアルで素晴らしい。お見事! 昨冬亡くなった葉室麟の小説は、直木賞受賞以降文庫化が目白押しだったのを幸いに、随筆含め30冊余り手に取っているが、どれも・・・
続きを読む
岡田准一の殺陣がリアルで素晴らしい。お見事! 昨冬亡くなった葉室麟の小説は、直木賞受賞以降文庫化が目白押しだったのを幸いに、随筆含め30冊余り手に取っているが、どれも心地良く読んだはずなのに史実を背景にしていない本作は記憶が薄かった。そのせいだろうか、妻の思いをめぐる主人公と旧友の対峙がいまひとつ意味不明で、しかも一方の死のお粗末さに唖然。敵役も類型的に過ぎる。こんな話だったっけ。椿に美しさが感じられず、クレジットは気色悪い。岡目八目。
隠す
  
 
[057]誘惑者
 ありきたりbond2018-10-17
 
ハリウッド映画のマネしたってダメなの。なんだかなー。草刈さんはカッコいいけど。
  
 
[058]運命は踊る
 FOXTROT、またはラクダ黒美君彦2018-10-17
 【ネタバレ注意】
不思議な余韻の残る作品だ。冒頭、イスラエルのテルアビブに住む夫婦のもとに、息子ヨナタンの戦死の連絡がもたらされるところから物語は始まる。悲嘆に暮れる両親。ところが、・・・
続きを読む
不思議な余韻の残る作品だ。冒頭、イスラエルのテルアビブに住む夫婦のもとに、息子ヨナタンの戦死の連絡がもたらされるところから物語は始まる。悲嘆に暮れる両親。ところが、戦死は誤報だったことが明らかになる。だが父親のミハエル(リオル・アフケナージ)は、安堵するより怒りを強め、直ちに息子を家に帰せと主張する。お前たちの言うことは信じられない、と。 一転して、国境近くの検問所。ヨナタン(ヨナタン・シレイ)たち若い兵士四名が、時折通りかかる車を停め、検問するのが仕事だ。時折ラクダがふらっと現れ、ヨナタンたちが検問所のバーを上げるのがユーモラスだ。そこでヨナタンは、アラブ人の若者たちが乗る車を停めた際に、美しい少女が微笑を浮かべるのを見る。次の瞬間、車から落ちた空き缶を手榴弾と見誤った同僚兵士の声で、ヨナタンは機関銃で車内の若者たちを皆殺しにしてしまう。事態を隠蔽されるために大きく穴が掘られ、車が崩れ落ちていく。そこへヨナタン帰還の命令がもたらされる。 再びテルアビブの夫婦。状況が大きく変わっていることが窺われる。夫婦は別居し、妻ダフナ(サラ・アドラー)は心を病んでいることがみてとれる。ヨナタンが赴任先で描いていたイラストが何故か部屋に飾られている…。 三幕から成るギリシャ悲劇のようにこの作品は構成されている。 全編を通して真上から人間を見下ろす俯瞰のカメラが特徴的だ。戦死を告げられた両親の悲嘆は異常なほど。だから同姓同名の戦死と間違えたと言われたミハエルは激昂したのか。 だが、この作品で最も面白いのは二幕目にあたる国境の検問所のシーンだ。女性の笑顔が大きく描かれた廃車(この女性の顔は、サミュエル・マオズ監督の娘がモデルだとか)があるほかは、地平線まで荒涼とした平地が広がるだけの場所。 そこで突然一人の兵士が踊り始める“FOXTROT”。原題にもなっているこの“FOXTROT”は、1910年代初めにアメリカで流行したダンスステップだという。前へ、右へ、後ろへ、左へ…4分の4拍子のステップは、必ず元の場所に戻ってくる。 静寂に彩られた作品の中で、このシーンだけが異彩を放っている。イスラエルのダンサーであるイタイ・エクスロード演じる兵士は、華麗にステップを踏み、銃を女性のように抱きすくめる。 兵士が生活をしているのは、毎日少しずつ沼地に沈んでいくコンテナだ。缶詰の肉を食べながら、少しずつ傾いでいくコンテナに、彼らはなす術もない。 時折検問所で停められる不機嫌なアラブ人たちの表情も印象的だ。 車の外へ出ろといわれた中年の太ったドレス姿の女性は、突然降り始めた激しい雨に打たれ、泣き出しそうな顔で途方に暮れる。 もともとこの物語は、監督自身の経験にインスパイアされたのだという。 彼の長女は朝が苦手で、タクシーで学校に行くという彼女を叱りつけ、バスで向かうよう命じた朝、そのバスがテロリストによって爆破されたのだという。長女はバスにも乗り遅れたために惨事に巻き込まれずにすんだが、監督は彼女に連絡がつかない間、「自身の戦争の時期をすべて合わせたよりもひどい」「人生で最悪の時間を過ごすことにな」ったのだという。 彼はインタビューで語っている。 「ヘブライ語で、『人間はあれこれ企むが、神はそれをせせら笑う』という言葉があります。運命の笑みとは、人が運命を変えようともがいている様を神が笑っているということです」(杉本穂高による監督インタビュー。https://www.huffingtonpost.jp/hotaka-sugimoto/destiny-movie_a_23536427/) 人間の営みは些細な偶然の積み重ねで行われており、時によってはそれは生死すら決定することがある。 危険な戦場においてはとりわけそうだろう。紙一重で生死を分けたエピソードは事欠かないのだから。 FOXTROTは、そんな皮肉な運命を象徴するステップだ。運命を逃れたとしても再び同じ場所に戻って来るしかない。そういうと、この作品がまるで「運命論」を語っているかのように思われるかも知れないが、そこで翻弄される人間の感情や現状を彼は描きたかったのではないだろうか。 ぼんやりしたラクダですら、ヨナタンの運命を握っていた。 そしてひとりの人間の死は、確実に周辺の人々の人生にも干渉するのだ。
隠す
  
 
[059]キングスマン:ゴールデン・サークル
 頭脳とスキルと縄跳び名人?リベルタド!!2018-10-17
 【ネタバレ注意】
まずは、マシュー・ボーン自ら続編を監督してくれたことに興奮! ボーンが監督しなかった「キックアス2」にはちょっとガッカリだったので。 今回印象に残ったのは、雪山で開く・・・
続きを読む
まずは、マシュー・ボーン自ら続編を監督してくれたことに興奮! ボーンが監督しなかった「キックアス2」にはちょっとガッカリだったので。 今回印象に残ったのは、雪山で開く星条旗のパラシュート!「私を愛したスパイ」かよ!ってうれしくなった。 いろいろ歴代スパイ映画に“目配せ”ありそうで、それを探すだけでも楽しい。 頼れる裏方だったマーリンの最期の勇姿には心底シビレた。一方で裏方だったジンジャーが“ウィスキー”のコードネームを引き継ぐくだりにワクワクした。演じているのが、ハル・ベリーってのも贅沢。 “テキーラ”ことチャニング・テイタム全然働いてないので、さらなる続編に期待。 やはり、マシュー・ボーン監督でね!
隠す
  
 
[060]怪猫岡崎騒動
 ポスターからも伝わる怖さちゃぷりん2018-10-17
 
入江たか子のなりきり演技が圧巻で、ベティ・デイヴィスに勝るとも劣らない。終盤の展開は「大魔神」に受け継がれてると言える。
  
 
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION