allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[301]マンチェスター・バイ・ザ・シー
 パトリックとリーの物語いまそのとき2018-05-31
 
鎮魂歌。逃れられない苦悩、絶望、喪失、孤独の物語。少年だった頃のパトリックとリー。そして今16歳父を失ったパトリックとリー。重すぎるテーマは辛すぎた。そう簡単には出口・・・
続きを読む
鎮魂歌。逃れられない苦悩、絶望、喪失、孤独の物語。少年だった頃のパトリックとリー。そして今16歳父を失ったパトリックとリー。重すぎるテーマは辛すぎた。そう簡単には出口は見つからないとわかっているからだ。寄り添う男たちのキャッチング。沈鬱で暗い小さな港町の海辺。演技の深さが問われる難しい人間ドラマで見どころ多いのだが、あえて望むなら救済への道のりかもしれない。過去をある意味吹っ切れた女たちの生き方も時間が与えたこれもそれぞれの人生だ。誰も手を差し伸べられない苦悩の闇に堕ちた男たちにもかすかに光が射しこんでほしいと願うばかりだ。これは無骨で粗野だが心波打つまさに男の物語。
隠す
  
 
[302]フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ
 兄弟喧嘩nabeさん2018-05-31
 
日本映画史に残る傑作SF怪獣映画である。 前作では外見がフランケンシュタインそのものだったが、続編となる本作では怪獣らしく醜悪にデフォルメして、実に新鮮な怪獣を創作・・・
続きを読む
日本映画史に残る傑作SF怪獣映画である。 前作では外見がフランケンシュタインそのものだったが、続編となる本作では怪獣らしく醜悪にデフォルメして、実に新鮮な怪獣を創作している。また爬虫類の怪獣を登場させずに、あくまでもクローン同士の兄弟喧嘩に徹したところが、大人の鑑賞に十分耐えうる世界観となっており秀逸だ。 特撮レベルは、数ある東宝怪獣映画の中でも最高のクオリティを誇っている。ガイラが羽田空港に上陸するシーンや、山中を逃げ回るサンダとガイラを自衛隊がメーザー砲で執拗に攻撃するシーンなど、何度見てもその臨場感に圧倒されるが、特にガイラの食人シーンに至っては、現在だったら決して一般公開は許されないほどリアル で、恐怖感満点である。 博士役のラス・タンブリンが、吹き替えだが違和感なくいい味を出している。助手役の水野久美が実にエレガントだ。
隠す
  
 
[303]ジェーン・ドウの解剖
 ジョン・ドウMarcel2018-05-31
 
このサイトの解説が言葉足らずで、「女性の」身元不明者がジェーン・ドウ。 男性の場合はジョン・ドウ。 解剖の場合も、メスを入れるのじゃなくてオスを入れる。
  
 
[304]無限の住人
 ハイランダーかウルヴァリン?bond2018-05-30
 
弱い、切られ過ぎ。不死身なだけじゃん。
  
 
[305]追撃者
 「砂漠の追跡者」のリメイクJerry2018-05-30
 
日本でもテレビ放映された1974年のテレビ・ムービー「砂漠の追跡者」(Savages)のリメイクです。
  
 
[306]結婚の夜
 アンナステンルーテツ2018-05-30
 
ゲイリー・クーパー主演の軽いコメディ…かと思わせておいて、ラスト数分で突如毛色が変わる そもそも不貞ありきのお話で、なんかもやもやがある中でのあのラストだから、後味は・・・
続きを読む
ゲイリー・クーパー主演の軽いコメディ…かと思わせておいて、ラスト数分で突如毛色が変わる そもそも不貞ありきのお話で、なんかもやもやがある中でのあのラストだから、後味はあまりよろしくない クーパーのお相手がアンナ・ステン 『女優ナナ』で拝見した時は冷たい美人という印象しかなかったが、本作では農家の移民の娘役を表情豊かに演じている 作品に恵まれず女優としては不遇だったというが、ハリウッドにはない欧風の美しさは極めて貴重だ その他助演はラルフ・ベラミー、ウォルター・ブレナンなど チョイ役で謎の日本人”タカ”が登場するが、クレジットには名前が無く、英語のサイト等で調べてもわからない 本物の日本人である証拠の、ぶつぶつ独り言を日本語で話すシーンは必見
隠す
  
 
[307]LOGAN/ローガン
 泥臭く奮闘すHABBY2018-05-30
 【ネタバレ注意】
この3部作にあまり思い入れがない身ゆえ、尺が長いなあと言う印象がまずは出てくる。あとは少女の奮闘(某傑作フランス映画におけるシチュエーションとも印象が重なる)。シリ・・・
続きを読む
この3部作にあまり思い入れがない身ゆえ、尺が長いなあと言う印象がまずは出てくる。あとは少女の奮闘(某傑作フランス映画におけるシチュエーションとも印象が重なる)。シリーズに愛着がある人間が見ればまた評価は違ってくるのだろうが、個人的には平均的なSFアクションという感じ。
隠す
  
 
[308]フジコ
 悲惨陰惨bond2018-05-30
 
尾野真千子 頑張ってた。真野響子と浅田美代子もしっかりオバサンしてた。
  
 
[309]ハウスメイド
 嫌な気分にはなるあーぼう2018-05-29
 【ネタバレ注意】
昔、予告を観ていてようやく鑑賞。主人公のメイドは善良というかあまり賢くなく、本能の赴くままといった感じで、誰にも感情移入は難しい。どんでん返しや捻りもなく、金持ち一・・・
続きを読む
昔、予告を観ていてようやく鑑賞。主人公のメイドは善良というかあまり賢くなく、本能の赴くままといった感じで、誰にも感情移入は難しい。どんでん返しや捻りもなく、金持ち一家の崩壊と不穏な雰囲気をはらんだ表面上の存続を描く。冒頭の市井の生活との対比で、近年の韓国の財閥叩きにはこうした感情が下敷きにあるのかもしれない。
隠す
  
 
[310]■嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件
 台湾ウェストサイドストーリーbond2018-05-29
 
兎に角長い、途中でダレル。
  
 
[311]グレースフィールド・インシデント
 惜しい!edix2018-05-29
 
低予算のPOV形式の作品で、いわゆるありがちなストーリーが展開されていくわけだが、最後くらいはちょっとひねってみようという考えなのだろうか、失敗感が強い。とても甘々の・・・
続きを読む
低予算のPOV形式の作品で、いわゆるありがちなストーリーが展開されていくわけだが、最後くらいはちょっとひねってみようという考えなのだろうか、失敗感が強い。とても甘々のエンディングになってしまい、恐怖感あるままで終わっていたら、B級とはいえそれなりに面白かったんじゃないかなと思ってしまう。
隠す
  
 
[312]秘密 THE TOP SECRET
 犬て・・・nightwing2018-05-29
 【ネタバレ注意】
「秘密」てタイトルからしてミステリアスな内容かと思いきや 発狂するような事でも無さそうだし、結局犯人死ぬの見てるだけだし 陰鬱なのか滑稽なのかSFなのか警察モノなのか・・・
続きを読む
「秘密」てタイトルからしてミステリアスな内容かと思いきや 発狂するような事でも無さそうだし、結局犯人死ぬの見てるだけだし 陰鬱なのか滑稽なのかSFなのか警察モノなのか・・・・・・ 観ていて疑問が沸々と・・・・・って感じだったなぁ・・・。 ジェイコブズ・ラダーのシーンをパクっていたのが驚愕。
隠す
  
 
[313]ブレードランナー 2049
 まどろっこしかったゾビリジョ2018-05-29
 【ネタバレ注意】
 やっぱ映画館で見んとだめだよなあこの手の映画は。家のちっこいテレビだとエンドロールの字なんか全然見えんかったぞ。そんなしょっちゅう映画館になんか行けんのだよ忙しく・・・
続きを読む
 やっぱ映画館で見んとだめだよなあこの手の映画は。家のちっこいテレビだとエンドロールの字なんか全然見えんかったぞ。そんなしょっちゅう映画館になんか行けんのだよ忙しくて。どうしたもんかね。  エンドロールが10分ぐらいあったぞしかし。  で、申し訳ないが今いちだった。冷静に振り返ってみると大した話じゃなかった気もするし。登場人物の行動がイミフな所も多かったし。デッカートが、主人公に会った時に何でいきなり何回も殴るのか、とかね。  映像も、前作の魅力を損なわないように気を遣った感じは伝わってきたけど、どうしても既視感がある。  愛の話。であるのであれば、話をこんなにまどろっこしくしなくてもよかったのではなかろうか。  ライアン・ゴズリングは好きな俳優さん。相変わらずヒゲが似合う。女優さんたちもみなさんキレイ。  こんな時代になってもウィスキー飲むのね。
隠す
  
 
[314]コインロッカーの女
 アイデンティティが重要あーぼう2018-05-29
 
非常な裏社会で弱さは命取り。拾った子ども達で容赦ない取り立てをする金貸しの女ゴッドファーザーだが、娘の1人が恋をして・・というストーリー。韓国の疑似家族物としては「・・・
続きを読む
非常な裏社会で弱さは命取り。拾った子ども達で容赦ない取り立てをする金貸しの女ゴッドファーザーだが、娘の1人が恋をして・・というストーリー。韓国の疑似家族物としては「ファイ 悪魔に育てられた少年」を思い出すが、同じフィクションでもより重厚で切なさも十分。ラストで少しだれる以外は緊張感が持続。「応答せよ1988」の登場人物が3人も出ていたのは理由があるのか??おでん屋役でチョン・ソギョンに(また)会えたのは嬉しいが、何と言っても初めて知った主役のキム・ゴウンの魅力にやられた。
隠す
  
 
[315]ラヴ・パレイド
 ジャネットマクドナルドルーテツ2018-05-29
 
欧州の架空の王国を舞台にしたミュージカル・コメディ モーリス・シュヴァリエと本作が映画初出演というジャネット・マクドナルドが主演 若くて初々しいマクドナルド、時代の・・・
続きを読む
欧州の架空の王国を舞台にしたミュージカル・コメディ モーリス・シュヴァリエと本作が映画初出演というジャネット・マクドナルドが主演 若くて初々しいマクドナルド、時代のせいか際どいお色気シーンもある 主演の2人に負けずの存在感だったのが、ルピノ・レインとリリアン・ロス レインの不思議なダンスと、ロスの愛らしいスマイルがとても印象に残った ロスは伝記映画も作られているほどのスター この2人の出演作はあまりソフト化されておらず残念 斜視の人を揶揄するような表現がある、これも時代
隠す
  
 
[316]恋のスケッチ 〜応答せよ1988〜
 泣き笑い横町あーぼう2018-05-29
 
ソウルの横町の家族・幼馴染の物語。過去のシリーズ2作と比べるとどの話も安定して良く出来ており、キャラも立っていた気がする。前半から中盤までは文句なしで傑作。ただ最終・・・
続きを読む
ソウルの横町の家族・幼馴染の物語。過去のシリーズ2作と比べるとどの話も安定して良く出来ており、キャラも立っていた気がする。前半から中盤までは文句なしで傑作。ただ最終回より前に恋愛話が終了(?)してしまい、終盤もやもやしたのが残念であった。時の流れが切ない。
隠す
  
 
[317]葛城事件
 どこかで誰かがあーぼう2018-05-29
 
家族それぞれの行動・感情どれか1つに、何らかの共感を覚えるはずであり、全くそれを感じない人はとても幸運な人であろう。4人とも家族の雰囲気を変える可能性を持っていたに・・・
続きを読む
家族それぞれの行動・感情どれか1つに、何らかの共感を覚えるはずであり、全くそれを感じない人はとても幸運な人であろう。4人とも家族の雰囲気を変える可能性を持っていたにも関わらず、不幸な歯車がピタリと合致し、回し続ける結果となってしまった。 映画の出来としては、そつがないが面白みもない印象。ではこのテーマでどう面白みを出すかというと難しいのかもしれない。
隠す
  
 
[318]マイ・プライベート・アイダホ
 フォルスタッフpumpkin2018-05-29
 
ボブとスコットの部分は明らかにシェイクスピアが元ネタですね。ボブがフォルスタッフ、スコットが王子ヘンリーというわけです。 前作「ドラッグストア・カウボーイ」と感触がよ・・・
続きを読む
ボブとスコットの部分は明らかにシェイクスピアが元ネタですね。ボブがフォルスタッフ、スコットが王子ヘンリーというわけです。 前作「ドラッグストア・カウボーイ」と感触がよく似ている作品で、その点、製作年代よりさらに以前の味わいがします。
隠す
  
 
[319]死臭 つぐのひ異譚
 つまんねbond2018-05-29
 
雑なホラーメイクと大根ばかり。
  
 
[320]レディ・プレイヤー1
 欠落感Katsumi_Egi (Mail)2018-05-28
 
 やっぱり、VRゴーグルをかけた人々の、リアルな動作の映像がいちいち挟み込まれる、というところがポイントだろう。これを面白がる(心の中で笑う)映画だと見た。云うなれば・・・
続きを読む
 やっぱり、VRゴーグルをかけた人々の、リアルな動作の映像がいちいち挟み込まれる、というところがポイントだろう。これを面白がる(心の中で笑う)映画だと見た。云うなれば、『空飛ぶモンティ・パイソン』の「Silly Walker」のコントのような、風刺としての面白さ、として受け取ったということだ。  2045年のオハイオ州コロンブス。冒頭の主人公が住むマンション?からして、嘘っぽい。造型としては面白いが、結局、映画中の現実も、アバターの世界以上に嘘っぽいのだ。住環境も、あるいは、25年後のVRゴーグルが、今現在のものとほとんど変わらないというようなことも含めて(未来のVRギアはゴーグル型だろうか!)。勿論、これって、ワザと狙ってのデザインなのだろう。  一番目のゲーム、レースシーンは凄いスピード感で楽しめた。『AKIRA』の金田バイクかどうかは別として、1台だけ(?)バイクの視点があるのは、とても効果あり、と思う。『シャイニング』の再現を褒める人が多いですが、私には、ニコルソンやデュヴァルが出て来ない、というのは、恐ろしく欠落感があり、がっかりした。(バスタブの女は、元フィルムのカットでしょう?)対して、ダンスクラブの「Stayin Alive」のシーンは美しいデザイン。また、メカゴジラの登場とゴジラのテーマの変奏には、感激した。ガンダムはつまらない。  エンディング近く、集まってきた人々から歓喜で迎えられる、というお約束パターンと、パトカーの中でぶん殴られる悪役、というこれも、よくあるオチ。どうしてこんな子供だましのような演出をするのだろう。子供も大きなターゲットだから、なのかも知れないが、そうだとしたら、子供をバカにしている。
隠す
  
 
[321]溺殺魔 セバスチャン・ドナー
 コックリさんon the waterHABBY2018-05-28
 【ネタバレ注意】
凡庸なパニックホラーながら女優陣が若くてピチピチなので許せる。コックリさん、小学生の頃よくやったなあ。
  
 
[322]犯罪心理分析官インゲル・ヴィーク 〜消えた大統領〜
 どんよりbond2018-05-28
 
犯罪心理分析していない。主役のキャラがイマイチ。
  
 
[323]ブリザード 凍える秘密
 極寒の終着駅HABBY2018-05-28
 【ネタバレ注意】
不思議な感覚。ダークでモダンなお伽話風。なんとも珍妙で悲しいオチ。シェイリーン・ウッドリー&エヴァ・グリーン、2人の美人を見られて幸せ。シェイリーンは大胆ヌード・・・
続きを読む
不思議な感覚。ダークでモダンなお伽話風。なんとも珍妙で悲しいオチ。シェイリーン・ウッドリー&エヴァ・グリーン、2人の美人を見られて幸せ。シェイリーンは大胆ヌードを披露、想像以上にホット(若い頃のエヴァに迫る破壊力)だなと。
隠す
  
 
[324]アメリカン・グラフィティ
 この映画は、製作年のわずか15年ほど前noir fleak2018-05-28
 
のアメリカを描いたものだが、それから更にもう45年も経ってしまった。あー、何たる時の早さ!
  
 
[325]オデッセイ
 無題nedved2018-05-28
 
マット・デイモン
  
 
[326]LOGAN/ローガン
 無題nedved2018-05-28
 
ヒュー・ジャックマン
  
 
[327]マフィア アンダーカバー (シーズン1)
 おもしろいvegirama2018-05-28
 
おもしろい
  
 
[328]IT/イット
 7人の弱虫リベルタド!!2018-05-28
 【ネタバレ注意】
スティーブン・キングの映像化作品では、成功した勝ち組。前半を「スタンド・バイ・ミー」級の高い評価をする人が多いみたい。だけど、キング好きからしてみれば、後半の“トン・・・
続きを読む
スティーブン・キングの映像化作品では、成功した勝ち組。前半を「スタンド・バイ・ミー」級の高い評価をする人が多いみたい。だけど、キング好きからしてみれば、後半の“トンでも”展開のほうがキングらしいかと思う。 そして、あのペニーワイズはホラー映画史に残る強烈キャラ。「ロッキーホラーショー」でフランクン・フルター演じていた、ティム・カリーが正体だと知って、妙に納得した。
隠す
  
 
[329]やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
 意欲的黒美君彦2018-05-28
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>青葉第一中学校に「スクールロイヤー」として赴任した新人弁護士田口章太郎(神木隆之介)。担任から体罰を受けたとして執拗な抗議をして来た保護者を法律を盾に追・・・
続きを読む
<あらすじ>青葉第一中学校に「スクールロイヤー」として赴任した新人弁護士田口章太郎(神木隆之介)。担任から体罰を受けたとして執拗な抗議をして来た保護者を法律を盾に追い返すが、教務主任の三浦雄二(田辺誠一)からは「学校には学校のルールがある」と反発される。騒音だとクレームを繰り返す近隣住民、教師の長時間労働、部活動中の事故の責任、理不尽な校則、そしていじめ…次々降りかかる難問に対して、スクールロイヤーとしてどう立ち向かっていくのか…。 30分ドラマということでコンパクトにまとまったドラマシリーズになったが、主役の神木隆之介がハマり役。頭でっかちな弁護士役を好演している。一方で毎回出てくる学校への理不尽な要求やクレームは実際にありそうな話。倉守賢三校長(小堺一機)が「事なかれをバカにするな!」と怒鳴り、田口が「全然刺さらないなあ」と応じる最終回を観ながら、知り合いの中学校の教師が「学校だけはいつまでも昭和のままなんです」と語っていたのを思い出した。 昭和(といっても昭和40年代〜60年代)の学校は、恐らく性善説に立っていた。共働きはまだ少数派で、先生は敬意を抱かれるべき存在だった。子どももそんな大人たちを見ていた。しかし現代の学校はそうした性善説では最早成立しないのだろう。 親は学校をサービス産業とみなし、小さな社会としてではなく、わが子中心の地動説に立っているかのようだ。であるならば、スクールロイヤーという法律の専門家が学校にいたっておかしくはない。 諸問題に全身全霊で向き合う…そんな余力が教師たちに残っていない現状が異常なのだけど、そんなことも含めてなかなか意欲的なドラマシリーズだった。ひとり死にかけたとしても「自己責任でしょ」とうそぶきそうな現代の親たち、教師、そして政治家。学校もまた現代社会の縮図だ。吐き気を覚えるけどね。
隠す
  
 
[330]モリのいる場所
 「無一物」黒美君彦2018-05-28
 【ネタバレ注意】
1974年、94歳の熊谷守一と周りの人々、彼を包み込む小宇宙を描いたファンタスティックな作品。決して伝記映画ではない。 30年間ほとんど外出しなかったという熊谷守一だが(実・・・
続きを読む
1974年、94歳の熊谷守一と周りの人々、彼を包み込む小宇宙を描いたファンタスティックな作品。決して伝記映画ではない。 30年間ほとんど外出しなかったという熊谷守一だが(実際は20年余り)、彼にとって庭は未知の空間であり、虫や植物との共生が彼にとっての生きがいだった。そんな彼(山崎努)と妻の秀子(樹木希林)、そして周囲の人たちとのやりとりが楽しい。 ところどころやり過ぎか?と思わせるミニコントも挿入されるが、これは沖田修一監督らしいサービス精神か。 それにしても守一の周辺は慌しい。画商やカメラマン、看板を書いて欲しいと訪ねてきた旅館の主人、いつの間にか誰も知らない人物まで入り込んで、それはそれで見過ごされてしまうおかしみ。 庭に穴を掘って池を作ってしまった…というのは本当なんだろうか?? マンションの工事監督(青木崇高)が幼い息子の絵(「台風」を描いたらしい)を守一に見せ、守一が「下手だな。下手は下手でいい」と答える場面は、彼の芸術観が表れているように思う。 金も名誉ももう要らない、超越した?存在の守一だが、そこはかとなく妻たちとの暮らしを愛していることもそこここで描かれている。 好きな言葉しか書かない彼は、信州から看板用の板を持ってきた旅館の主人に「無一物」と書いてみせる。いかにも彼らしいひと言ではある。 恐らく彼の作品を知っている人を対象にした映画なんだろうけど、もう少し実際の熊谷守一の作品も見たかった気がする。
隠す
  
 
前へ 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION