allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[301]ダイ・ハード2
 飛行機事故は嫌ですねBLADE2017-12-26
 
派手さや爆発シーンはさすがはレニー・ハーリンだなと関心はするけれど、どうも真っ赤な流血シーンがリアルで痛々しくて嫌になる。 ましてや飛行機。 個人的にトラウマシーン・・・
続きを読む
派手さや爆発シーンはさすがはレニー・ハーリンだなと関心はするけれど、どうも真っ赤な流血シーンがリアルで痛々しくて嫌になる。 ましてや飛行機。 個人的にトラウマシーンの一つなので、シリーズの中でも好きになれないんだよね。 感情移入しやすい人にはつらいと思うよ、ほんと。 さすがにラストですっきりとはならなかったのが、きつかったかなと。
隠す
  
 
[302]ダイ・ハード
 アクション映画の基礎BLADE2017-12-26
 
色んなアクション映画はあるけれど、その基礎がこの映画にはしっかり入っている。 だからこそ、面白いのでしょう。 派手な爆発、銃の雨あられ、印象に残るセリフの数々。 アラ・・・
続きを読む
色んなアクション映画はあるけれど、その基礎がこの映画にはしっかり入っている。 だからこそ、面白いのでしょう。 派手な爆発、銃の雨あられ、印象に残るセリフの数々。 アラン・リックマンが登場からゾワワと感じる存在感。 これぞ悪役のボスといった所。 ジョン・マクレーンが妻に愛してると何度も言ってきたが、謝ったことは一度もなかったので、自分に何かあったら妻に「すまなかった」と伝えてくれというセリフは、不器用な男がせめてもの想いというのが泣けますね。 そしてその言葉、必ず行きて帰って自分の言葉で伝えろと言う警官もカッコイイ。 本当に、名作だと思います。
隠す
  
 
[303]ピクセル
 レトロゲーム好きならたまらないBLADE2017-12-26
 
公開当時はパックマンのくせに怖い映画な印象を与える感じでしたが、実際に見ると普通に面白い。 オタクは持てないけど、仲間を見つけると楽しいよね。 監督も家族と見ても面・・・
続きを読む
公開当時はパックマンのくせに怖い映画な印象を与える感じでしたが、実際に見ると普通に面白い。 オタクは持てないけど、仲間を見つけると楽しいよね。 監督も家族と見ても面白い、コロンバスだけに展開も良い感じ。 アメリカならばここまでリアルで楽しく表現できるのだから良いですな。
隠す
  
 
[304]BLADE ブレイド
 アニメもあったのねBLADE2017-12-26
 
アニメの数年経ってから、この存在を知りました。 ブレイドシリーズは大好きだけど、イマイチなTVシリーズでガッカリしてから、もうないと思っていましたw まあ映画とは違う扱・・・
続きを読む
アニメの数年経ってから、この存在を知りました。 ブレイドシリーズは大好きだけど、イマイチなTVシリーズでガッカリしてから、もうないと思っていましたw まあ映画とは違う扱いでのアニメということではあるけどね。 声優もTV放送バージョンのブレイドの吹替をやってた大塚さんがやってるので、これは嬉しいね。 あまり映画では出番が少ない剣が普通に使われているアクションもなかなか良いと思います。 全体的にシリアスな展開がずっと、色んな良い人たちも犠牲になっていくので、なかなか鬱展開で結構嫌になる。 悲しい気持ちややりきれない気持ちにさせるのだから、スタッフの思惑通りなのでしょうけど、やや唐突な展開は気になる所。 ボスのフロストが吸血鬼になってまで吸血鬼に復讐するって、何か色々矛盾していて説得力に欠けるし、イライラしてしまう。 これと良い、アイアンマンと良い、このアニメシリーズはヒロインは死ぬのが定説にする必要性が分からないので、好みではないなというのが正直な所。
隠す
  
 
[305]そして父になる
 誰によって育つかBLADE2017-12-25
 
長らくここでコメントなんて書いてなかったのですが、久々に確認すると最後にコメント書いたのが2011年ですか。 良くまだID・PW忘れずにいたなと思う次第ですw またちょいちょ・・・
続きを読む
長らくここでコメントなんて書いてなかったのですが、久々に確認すると最後にコメント書いたのが2011年ですか。 良くまだID・PW忘れずにいたなと思う次第ですw またちょいちょい感想書いていきたいと思いますよ〜。 テレビの放送で確認しましたが、実際に子供の取り違えで人生が大きく変わった人たちというのはいるようですね。 この映画では取り違えを元に、父親はどうあるべきかとかを考えさせてくれる。 良い感じに生活スタイルも、考え方も違う2組の夫婦と子どもたちとの交流。 誰でも長所も短所もあるけれど、皆人間味があって身近にいる感じはありますよね。 考えさせられるのが、福山演じる人が自分の父親は子供と遊ぶような人でなかったと、リリーフランキー演じる人に話すと、その父親と同じことをしなくてもいいだろ?と諭すシーン。 全くその通りだけど、やはり誰でも参考にする父親って自分の父親になってしまうんだよね。 だから、環境によって価値観も決まってしまう物だというのが何ともいえないですね。 そういえば吉田羊が出てたのをクレジットで知り、確認すると最初の方で横顔で少ししか出番が無いという、ブレイク前のときだったんだね。
隠す
  
 
[306]石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜
 国士になれぬ俗人どもHABBY2017-12-25
 【ネタバレ注意】
全8話。外務省機密費を巡る闇、官邸と警察との駆け引きなどを緻密にリアルに描いた傑作社会派ドラマ。山崎豊子氏がご存命ならこの作品に拍手を送ったかもしれない。キャスティ・・・
続きを読む
全8話。外務省機密費を巡る闇、官邸と警察との駆け引きなどを緻密にリアルに描いた傑作社会派ドラマ。山崎豊子氏がご存命ならこの作品に拍手を送ったかもしれない。キャスティングも骨太だが、あえて一部名を挙げるなら佐藤浩市、北村一輝、佐野史郎、菅田俊、真飛聖、飯豊まりえかな。みなさん入魂の演技。 エンディングで鳩山政権時の功績みたいなことに触れられててそれはそうなんだけど、あの政権にはもっと邪な反国家気質が横たわっていたと思うので、全面的に肯定する気にはなれない。要は、機密費にも必要悪の部分も幾らかあるのでは、ということ。もちろん必要な外交に使わず役人が横領するような本作で描かれたような下衆な行いはアウトだが。
隠す
  
 
[307]LUCIFER/ルシファー (シーズン1)
 イマイチbond2017-12-25
 
発想は面白いが、エピソードがありきたり。
  
 
[308]名刺ゲーム
 汚い業界bond2017-12-25
 
TV業界なんて、こんなもんだろう。
  
 
[309]DEMON デーモン
 もう少しspqc2y292017-12-25
 
結局ひねりのない直球映画 もう少し面白くなりそうなのに。もったい無い。
  
 
[310]スター・ウォーズ/最後のジェダイ
 赤い塩Katsumi_Egi (Mail)2017-12-25
 【ネタバレ注意】
 我ながら浅ましき感傷癖なのだが、若きレイアからオビワンへのメッセージ、かのエピソード4のホログラム映像を繰り出される部分で泣きそうになってしまった。或いは、ヨーダ・・・
続きを読む
 我ながら浅ましき感傷癖なのだが、若きレイアからオビワンへのメッセージ、かのエピソード4のホログラム映像を繰り出される部分で泣きそうになってしまった。或いは、ヨーダの登場。こんな役割で出してしまうのも節操がないと思いながら、前作ではヨーダ希求感が強かった私としては、こういうサービスに、結局感動して悔しい思いをしてしまうのだ。  負け戦の映画。だからということもあって、苦悩や確執が描かれるシーンが多く、3部作の中間作として『帝国の逆襲』と似てしまう位置づけにある。ただ、ある程度、敵にも損害を与えるので、それほど悲愴ではないし、子供向けと思しき、チューバッカとボーグのコメディシーンや、下手なジョーク、さらには、命を粗末に(軽く)描く、不遜な演出が思いの外多く、かなりバランスが悪いのだ。  陰気なシーンで、もっとも辛かったのは、レイとカイロ・レンの異空間テレパシー会話の演出部分で、ちょっとこの繰り返しは納得性も低い上に辛気臭過ぎる。もうちょっと芸のある見せ方はなかったものか。また、孤島でのレイとルークのシーンも肩透かしだ。殆ど教育を描く気がない。というか、ルークの教育放棄がいかにも仕方がないかのような扱いで描かれる。そんな中で、レイは本作でも、なんの練習もなしにフォースを身につけるのだ。  さて、本作最後の戦場となる塩の惑星にいたって、ようやく映画に活力が戻ってくる。まず、血のような赤い塩の軌跡がビジュアルとしていい。爆弾をメチャクチャ撃ち込まれても、すっくと立っているルーク。肩の埃を払う紋切型の所作には笑ってしまいながらも、最強のヒーローを造型しようという意志が伝わってくる、映画愛が伝わってくる演出だ。悲しいかな、老いた(或いはもとよりポテンシャルと云うべきか、)マーク・ハミルには荷が重すぎる演出なのだが。  結局、映画俳優として、もっとも良い仕事をしたのは(巷では、中途半端で、扱いが酷いと云われている)、DJ役のベニチオ・デル・トロだったのではないか、と私は思った。彼だけが誰とも違う、現実らしさをまとわない、映画の演技を定着させているのではないだろうか。
隠す
  
 
[311]リベンジ・ファイト 相棒は天才ハッカー!?
 ノリいいバディものbond2017-12-25
 
良くあるバディものだが、ちょっと哀愁のあるポッチャリハッカーがいい味出してる。
  
 
[312]ある戦争
 死にたくないHABBY2017-12-25
 【ネタバレ注意】
タリバンに周りを囲まれた戦闘地域。先にやらないとやられる可能性が高い戦地における倫理学、哲学。兵士の焦りも理解できるし、お手つきをした兵士の処罰について真摯に審理す・・・
続きを読む
タリバンに周りを囲まれた戦闘地域。先にやらないとやられる可能性が高い戦地における倫理学、哲学。兵士の焦りも理解できるし、お手つきをした兵士の処罰について真摯に審理する法の番人たちの正義にも一理ある。戦争は、避けられるのであれば避けなければならぬ。 ノルウェー発のドラマ『ノーベル 〜戦火の陰謀〜』でも似たテーマを扱っていた。ヨーロッパは二度の大戦も経験してるし、「イスラム原理主義VSキリスト」という十字軍的危うさの最前線にいるだけあって、この種のテーマを考察することには大きな意味があるのだろう。
隠す
  
 
[313]夜に生きる
 a Delilahデジゴン2017-12-25
 
子供のときにはあまんり気にしなかった競争心。競争に負けると相手への憎しみや差別心が出るようになって来るのでしょうね。 また、成長するに従い、徐々に世の中が分かってき・・・
続きを読む
子供のときにはあまんり気にしなかった競争心。競争に負けると相手への憎しみや差別心が出るようになって来るのでしょうね。 また、成長するに従い、徐々に世の中が分かってきますねぇ。 現実の矛盾に出会います。葛藤に苦しみます。 生きることは、ある意味自分との戦いでしょうかぁ。 この映画は反白人至上主義的映画とすると、 反対に同時期の「サイバー・リベンジャー」は、ちょっと胡散臭い感じがします。 どちらも現在のアメリカを象徴する映画でしょう、共にシニアが観るには良くできた楽しめる作品だと思いますね。 ベン・アフレックは大人になったねぇ。
隠す
  
 
[314]皆殺しの天使
 2度目の鑑賞浄瑠璃22017-12-25
 【ネタバレ注意】
三百人劇場以来2度目の鑑賞。とにかく冒頭から目が離せないブニュエルの最高傑作。ラストのイメージシーン=軍による制圧と羊の群れ以外はべつに難解でもない。テーマ的には「・・・
続きを読む
三百人劇場以来2度目の鑑賞。とにかく冒頭から目が離せないブニュエルの最高傑作。ラストのイメージシーン=軍による制圧と羊の群れ以外はべつに難解でもない。テーマ的には「ブルジョアジーの秘かな愉しみ」に通底するがあの作品ほどシュールじゃない。本作の不条理はいつ、どこでも起こりうる事件のように思う。劇中だれも説明してないだけ。状況をゾンビに置き替えれば「Rec」 1〜3と同じでしょう。教会から再び脱出不能になったところで完結してもいい。ラストはブニュエルの遊びだと思いました。
隠す
  
 
[315]セトウツミ
 喋るだけの青春黒美君彦2017-12-25
 
<あらすじ>大阪の高校生内海想(高杉真宙)は、塾に行くまでの時間潰しで行った川辺で、サッカー部を辞めた瀬戸小吉(葉山奨之)と知り合う。成績優秀だが、誰とも親しくなら・・・
続きを読む
<あらすじ>大阪の高校生内海想(高杉真宙)は、塾に行くまでの時間潰しで行った川辺で、サッカー部を辞めた瀬戸小吉(葉山奨之)と知り合う。成績優秀だが、誰とも親しくならない内海は、いつの間にか瀬戸とボケ突っ込みの応酬を楽しむようになる。そこに田中真二(森永悠希)や内海に片思いしている樫村一期(清原果耶)、瀬戸に恋するハツ美(片山友希)らも時折加わり…。 2016年の映画化(大森立嗣監督)では、瀬戸(菅田将暉)と内海(池松壮亮)の関西らしいボケツッコミが面白かったが、このドラマはドラマとして面白い。 映画では複雑な家庭環境などはうっすら背景として立ち上ってくるだけだったが、ドラマではシリーズ後半、突然サスペンスの雰囲気が漂い始める。内海の心の闇と、スーパースターだった瀬戸の存在。 瀬戸はアホのように見せかけて実はタダのアホではない、なんてちょいと出来過ぎだけどな。 高杉真宙、葉山奨之の芸歴は知らないが、なかなかの巧演。 ただ、終盤はそこまで極端な設定にしなくとも、あの世代の偏った知識合戦で終始する手もあったような気がする。 大阪を舞台にしながら、ロケは東京・江戸川区平井だったらしい。愛すべきドラマシリーズだった。
隠す
  
 
[316]007/ダイ・アナザー・デイ
 北の死namurisu2017-12-25
 
漫画
  
 
[317]宝石の国
 よくわからないまま黒美君彦2017-12-25
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>遠い昔、度重なる流星飛来のため海に没した地上の生物の中は、微小生物に食われて無機物となり、長い時間を経て宝石の体を持つ人型の生き物に生まれ変わった。28人・・・
続きを読む
<あらすじ>遠い昔、度重なる流星飛来のため海に没した地上の生物の中は、微小生物に食われて無機物となり、長い時間を経て宝石の体を持つ人型の生き物に生まれ変わった。28人の宝石たちは、捕らえて装飾品にしようと襲いかかる月人との戦いを繰り返していた。そんな宝石の中でも脆く、闘いに参加できないフォスフォフィライト(声:黒沢ともよ)は、いつか月人との闘いに加わりたいと願っていた…。 フルCGを駆使した異次元アニメ。原作を読んでいたらもっとこの世界観に没入できるのかな。 画はとてもキレイだったけれど、ストーリーはどこか学園ドラマ風であり、設定を理解していないと置いてけぼりになる。どうして宝石たちも月の住人も「人型」なのか、という根本的な問いはおいておくとして…。 出来の悪いフォスフォフィライトが、何度も手や足を失いながら、合金との合体が上手くいって、少しずつ「能力」を手に出来るようになる。 そしてそれぞれ違う特性を持つ宝石仲間たち。 月人に奪われていく仲間もそこにはいる。装飾のため…とは、月人も現代の人間と同じじゃないの。 そして宝石たちを守る「金剛先生」の正体もよくわからないんだけど…そんなわけで殆ど理解しないまま、画の美しさと静かな物語に惹かれてついファーストシーズンを観てしまった。 結局よくわからんまま…(笑)
隠す
  
 
[318]彼女が目覚めるその日まで
 抗NMDA受容体脳炎黒美君彦2017-12-25
 【ネタバレ注意】
2009年、21歳で突然てんかんに似た発作を起こし、幻聴や幻覚、さらには人格崩壊へと走り始めたNYポスト紙の女性記者スザンナ・キャハラン。この映画では、当事者の感覚と客観・・・
続きを読む
2009年、21歳で突然てんかんに似た発作を起こし、幻聴や幻覚、さらには人格崩壊へと走り始めたNYポスト紙の女性記者スザンナ・キャハラン。この映画では、当事者の感覚と客観的なスザンナの様子を巧みに組み合わせ、容体が悪化する状況をつぶさに描いてみせる。 さまざまな検査でも異常が見つからないことから、医師はアルコール中毒を疑い、飲酒していないことを知ると次には統合失調症を疑う。 統合失調症は、客観的なデータや数値ではなかなか診断できない。かといって生きている患者の脳を開いて見るわけにはいかないのだから、症状から推測するしかないわけだ。 しかし統合失調症との診断に納得できない家族の強い意思に押され、専門医が診ることに。脳生検の結果、抗NMDA受容体脳炎という、一種の自己免疫疾患と判明する。 この抗NMDA受容体脳炎は、神経伝達物質であるグルタミン酸の脳の受容体に自己抗体ができることによって起きる急性脳炎なのだとか。抗原抗体反応によってグルタミン酸を受容しなくなるということか。若い女性に多いという。 まだ2007年に発生機序が明らかになったばかりで、スザンナは診断された217人目の患者だった。 症状を見ていると、いわゆる悪魔憑きや精神病と診断された人々のどれだけがこの病だったのか、と思う。 じわじわと症状が進む様子は、あたかもホラー映画のような怖さがつきまとう。 実話に基づいているだけに迫力があった。認知症でも似たような人格崩壊が起きることがあるが、もしかするとこのNMDA受容体に問題が生じるのだろうか。脳についてはわからないことがまだまだ少なくない。 スザンナを演じたクロエ・グレース・モレッツが熱演。病気のメカニズムについて、原因も含め殆ど解説がないことは少々物足りないし、深みのある映画だとはいえないのだが、知られざる病の怖さは伝わってきた。 脳だけはやられたくないなあ。
隠す
  
 
[319]マッドマックス2
 マックスの奥さんは?blumental2017-12-25
 
マックスの奥さんは? 前作で一命は取留めたと思ってたのに。 ところで、前作に比べ社会がガラッと変わった印象を受けました。こんな社会を想定した作品はこれまでたくさん見・・・
続きを読む
マックスの奥さんは? 前作で一命は取留めたと思ってたのに。 ところで、前作に比べ社会がガラッと変わった印象を受けました。こんな社会を想定した作品はこれまでたくさん見てきました(ほとんど傑作なし)が、マッドマックス2を見る機会がなく今回初めて本作を見て、これがルーツだったんだなってわかりました。登場するみんなが石油、石油と言ってますが、食料品や日用雑貨はどうやって手に入れているんだろうかと心配して観ていました。でも、評判どおり面白い作品です。
隠す
  
 
[320]パコダテ人
 悪女をやってよちゃぷりん2017-12-25
 
この頃は「期待の若手女優」だったので映画出演が多かったな。
  
 
[321]祇園の姉妹
 誕生o.o2017-12-25
 
昭和 11 年の芸者ガールを描いた映画でした。世間というものを何より重んじながら生きる姉と、世間を憎み、したたかに利用して生きてやろうという妹の話なのですが、この映画、・・・
続きを読む
昭和 11 年の芸者ガールを描いた映画でした。世間というものを何より重んじながら生きる姉と、世間を憎み、したたかに利用して生きてやろうという妹の話なのですが、この映画、全体的には人間喜劇風で、主人公があれよあれよと男たちを手玉に取る過程を楽しく見ていられるのですが、最後になって急にシリアスになり、実に暗い終わり方で、それまで笑っていた顔が固まってしまいました。ちょっとバランスがおかしくないかと思わないでもありません。 この映画は、祇園で暮らす芸妓のリアルな生態を描いたということで、当時の祇園からは、商売の邪魔をするなとけっこうな反発を受けたとか。主人公の行動もさることながら、芸妓たちが置屋でいかにもだらしなく寝そべっている姿など、当時としては見たくないものだったのかもしれません。ちなみに最後のセリフは、「なんでこんな芸妓みたいな商売、この世の中にあるんや。なんでなくならんのや。こんなもんなかったらええねん!」です。 しかし、自分がこの映画で一番印象に残ったのは、全編で交わされる戦前の関西弁というか京都弁です。自分は思いっきり関東人なので、まるで外国語を聞いているかのようなのですが、それでいて意味が分かってしまう言葉の不思議さを感じずにはいられません (「え、何だって?」という箇所も多々ありましたが) 時に柔らかく、時に冷たく、くるくるとその色あいを変えながら流れる言葉の数々は、聞き飽きることがありません。 「溝口リアリズムの誕生」だそうです。正直、日本は「書き割り」だらけの国だと思っています。映画には 2 種類あるのではないでしょうか。「書き割り」を立てる映画と「書き割り」を倒す映画と。リアリズムによって「書き割り」がすべて倒されたとき、その外側にはいったいどんな風景が広がっているのでしょうか?
隠す
  
 
[322]スター・ウォーズ/最後のジェダイ
 人、殺しすぎ浄瑠璃22017-12-25
 【ネタバレ注意】
ルークとレイアがこれほど活躍するとは! というのもカイロ・レン以外の新世代が弱いんだと思う。ヒロインのデイジー・リドリーは作年のローグ・ワンのフェリシティ・ジョーン・・・
続きを読む
ルークとレイアがこれほど活躍するとは! というのもカイロ・レン以外の新世代が弱いんだと思う。ヒロインのデイジー・リドリーは作年のローグ・ワンのフェリシティ・ジョーンズと雰囲気が妙に似てるけど演技力の差は大きい。フェリシティには意志があるけどリドリーは怒ってるだけ。まあ3部作つなぎの難しさはあるにしてもストーリー上これほど人を殺さなくちゃならないものかね。太平洋戦争の消耗戦みたいで気分がふさぎます。監督の力量が出たのかな。
隠す
  
 
[323]ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
 傑作浄瑠璃22017-12-25
 【ネタバレ注意】
中心人物すべてが死ぬ宿命を背負ったepisode3.5。生きていたらepisode4でも活躍しないの変だもんね。でも結果、スペースオペラなSWシリーズでも出色のドラマになった。SW本編全・・・
続きを読む
中心人物すべてが死ぬ宿命を背負ったepisode3.5。生きていたらepisode4でも活躍しないの変だもんね。でも結果、スペースオペラなSWシリーズでも出色のドラマになった。SW本編全作は人の死に軽重の差がありすぎるから能天気なほど明るいか必要以上に暗いかのどちらかだけど、本作は主要人物以外の死にも哀しみが感じられた。公開中のepisode8は人を殺しすぎだよ。
隠す
  
 
[324]キングコングの逆襲
 浜美枝(アジア某国諜報部員)バナナミルク2017-12-25
 
カール・ネルソン「君は日本人でも中国人でもない タイ ベトナム ビルマか?」 ドクター・フー「そのうちのどれでもないね」 某国とはどこか、今ならわかる。
  
 
[325]種まく旅人 〜くにうみの郷〜
 第一次産業応援歌HABBY2017-12-24
 【ネタバレ注意】
続編。栗山千明がピュアなハートで好演。
  
 
[326]タイムトラベラーの系譜 サファイア・ブルー
 衣装合わせでトラベルbond2017-12-24
 
結構お色気シーンもあるので、子供向けなのか?
  
 
[327]ドクター・ストレンジ
 何処でもドアbond2017-12-24
 
どうって事はない、闘いモノを、凄いCGで観せる。
  
 
[328]種まく旅人 〜みのりの茶〜
 おもてなしHABBY2017-12-24
 【ネタバレ注意】
第3弾(『夢のつぎ木』)を観て農業の重要性をうまく伝える誠実なシリーズだと思い、遡って鑑賞。想像通りの実直で心温まる作り。第一次産業に生きる方々、次の世代に技を伝承・・・
続きを読む
第3弾(『夢のつぎ木』)を観て農業の重要性をうまく伝える誠実なシリーズだと思い、遡って鑑賞。想像通りの実直で心温まる作り。第一次産業に生きる方々、次の世代に技を伝承する方々へのリスペクトは欠かさないようにしないと。陣内智則、田中麗奈とも微妙に若い。当たり前だが。
隠す
  
 
[329]名刺ゲーム
 ザッツ・エンタテイメントHABBY2017-12-24
 【ネタバレ注意】
全4話。TV業界の強欲で汚らわしい部分を惜しげもなくさらけ出してくれている。鈴木おさむだから書けたというか、自分の業界の汚い部分を利用してお金稼ぎに使っているんだから・・・
続きを読む
全4話。TV業界の強欲で汚らわしい部分を惜しげもなくさらけ出してくれている。鈴木おさむだから書けたというか、自分の業界の汚い部分を利用してお金稼ぎに使っているんだから、同業者(TVという箱の中で生きる人間)は複雑な心境かもしれん。まあ、この世はうまく立ち回ったものが勝つ世界なんだろうけど。 有名芸能人が引っかかる(引っかかっているフリをする)ドッキリ番組を真に受けて笑い転げていた若い頃が懐かしい(笑)。正統派キャラを演じることが多い堤真一にこの役は難しかったと思うが、それが逆に妙なリアリティを生んでいるような気がした。後半は娘役の大友花恋が主役かな。初めて知った女優だが、名前を覚えるよう努力してみよう。
隠す
  
 
[330]クレイジーズ
 5段階評価の3さとせ2017-12-24
 
保安官のデヴィッドが野球観戦中にショットガンを持った男が乱入する。 デヴィッドが射殺するが医師で妻のジュディが診た患者も診断は異常なしながら、夜中に家を燃やして妻を・・・
続きを読む
保安官のデヴィッドが野球観戦中にショットガンを持った男が乱入する。 デヴィッドが射殺するが医師で妻のジュディが診た患者も診断は異常なしながら、夜中に家を燃やして妻を焼き殺してしまう。 翌朝、デヴィッドは沼の底に軍用機を発見するが昨日の彼らの行動は軍用機と水にあるのでは?と疑うのだが・・・。 あのG・A・ロメロの作品を40年振りにリメイク。 評判が良くなく見ていて退屈するが、中盤あたりからの軍に見つからないように行動するシーンやならず者たちとの遭遇など結構スリルがあり面白い。 DVDでの鑑賞だが広大なシネスコと5.1chが作品の迫力を増している。
隠す
  
 
前へ 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION