allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[301]パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間
 アメリカは大丈夫かpumpkin2017-12-28
 
新資料も新説もなく地味なドキュメンタリータッチの作品です。アメリカ映画ですが、イギリス映画に近い感触です。 ちょうど冷戦のまっただ中、一大統領の暗殺ではなく、これに・・・
続きを読む
新資料も新説もなく地味なドキュメンタリータッチの作品です。アメリカ映画ですが、イギリス映画に近い感触です。 ちょうど冷戦のまっただ中、一大統領の暗殺ではなく、これによってアメリカがソ連に打ち負かされるのではないかという恐怖が感じられます。結果的に、それは杞憂だったのですが、当時の人々はそう思ったことでしょう。
隠す
  
 
[302]スター・ウォーズ/最後のジェダイ
 長いspqc2y292017-12-27
 
いつもながら面白いけど、尺が長い。 今回はやられてばかりで、レジスタンスいいとこ無し。 ローグワンのようなカタルシスは無い。
  
 
[303]アンダーカバー
 実話spqc2y292017-12-27
 
人種問題は今やどこにでもある問題 ニュースではあまり取り上げられないけど、日本も他人事ではない。 派手さはないけどいい映画だよ
  
 
[304]石つぶて 〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち〜
 外堀を埋めて、追い詰めるbond2017-12-27
 
警視庁の縄張り争い、政治家の腐敗、それに立ち向かうプライド。面白い。
  
 
[305]手紙は憶えている
 まんまとbond2017-12-27
 
ボケ老人の危なっかしい、リベンジの旅と思いきや、どんでん返し。面白い。
  
 
[306]アポロ18
 低予算nabeさん2017-12-27
 
アポロ計画をヒントにしたSF宇宙ホラーである。 17号で終了したアポロ計画にもし18号があり、もし月へ行っていたら・・・という発想を膨らませ、実際のフィルム映像をう・・・
続きを読む
アポロ計画をヒントにしたSF宇宙ホラーである。 17号で終了したアポロ計画にもし18号があり、もし月へ行っていたら・・・という発想を膨らませ、実際のフィルム映像をうまく使用しながらドキュメント風に仕立てているが、演出がかなり大雑把なせいかリアリティ感が無い。特に、月に未知の生命体を存在させたいならば、それなりの納得性がないと本当にただのB級お化け映画になってしまう。重力の小さい月面での歩行シーンも、ただ普通に歩いているだけではダメだろう。エイリアンの実態も最後までよくわからないので、この点でも不満が残るところだ。
隠す
  
 
[307]ビジランテ
 バイオレンス三兄弟黒美君彦2017-12-27
 【ネタバレ注意】
「ビジランテ」(vigilante)とはスペイン語由来で「自警団」の意。 舞台は埼玉県の架空の町・渡市。三人の子どもに容赦ない折檻を加える父親神藤武(菅田俊)。この父親がその・・・
続きを読む
「ビジランテ」(vigilante)とはスペイン語由来で「自警団」の意。 舞台は埼玉県の架空の町・渡市。三人の子どもに容赦ない折檻を加える父親神藤武(菅田俊)。この父親がその地方を牛耳る大物議員だった、という設定で、そこから少々無理があるのだが。 長男は家出し行方をくらまし、次男の二郎(鈴木浩介)は地盤を引き継ぎ市議会議員に、そして三男の三郎(桐谷健太)はデリヘル店の店長に。ところが父親が死ぬと、長男の一郎(大森南朋)が故郷の町に帰ってくる。長男にすべて遺産を相続させるという父親の遺言を持って…。 自警団の団長になるのが出世の早道、という二郎の妻美希(篠田麻里子)の台詞に驚く。そんな自治体あるのか? ところがこの「自警団」の動きが、外国人との軋轢、暴力沙汰、放火と事態を拡大していく。 一方相続した土地をめぐって、いろいろな力が兄弟たちにかかってくる。 アウトレットモール建設を目論む市議たちは二郎に、さらに暴力団員たちは三郎に、一郎に相続放棄をさせろと迫る。 さて、この一郎、家出してから後のことは結局語らない。横浜・桜木町で風俗関連の仕事に関わっていたことは恋人のサオリ(間宮夕貴)の口から語られ、莫大な借金を抱えていることは窺われるが…。 兄弟三人の確執、殴り合い…突然帰ってきた暴力的な長兄が、一見平穏に見える田舎町にさざなみを立てる。 田舎のムダにだだっ広い空間を強調するかのように、移動する車からの風景が多く映し出されるのが特徴的で、印象に残る。 とはいえ、バイオレンスの方向性があまりに安直でもある。 たかだか田舎のアウトレットモールの一部にかかる土地をめぐって、あそこまで血なまぐさいやりとりがあり得るか?というのもあるし、長男が問題の土地にこだわる理由が「爺ちゃんが金屑を拾って手に入れた土地だから」というのも弱い。 30年も経っているのに、桐谷健太が掘り起こしたらあっという間に一郎がかつて隠した金属製の箱が見つかる…というのもご都合主義的。 ただ、兄弟三人で話さなくちゃ、と傷だらけの桐谷健太がうわごとのように繰り返すシーンはいい。相続なんかどうでもいい、とにかく話さなくちゃ。 それにしても地方の政界はサディストの異常者ばかりかよ。 敢えて極寒の季節を選んで、川で組み合う過酷な撮影現場だったようだが、救いのない地方にありがちな闇はよく描かれている。ただ、観終わった時に「ビジランテ」の意味を問うた時に、答えが見つからないし、救いがあまりにないので、ちょっとしんどくはあったけど。 篠田麻里子は濡れ場にも挑み、ひと皮剥けたかな。
隠す
  
 
[308]淑女は何を忘れたか
 ラストはかなり艶笑的アリョーシャ2017-12-27
 
倦怠期気味の夫婦の生活の中に、奔放な妻方の姪が入ってきて掻きまわし去ってゆき、その結果夫婦は仲を取り戻す。と書くと戦後の成瀬巳喜男の「めし」そのもである。「めし」の・・・
続きを読む
倦怠期気味の夫婦の生活の中に、奔放な妻方の姪が入ってきて掻きまわし去ってゆき、その結果夫婦は仲を取り戻す。と書くと戦後の成瀬巳喜男の「めし」そのもである。「めし」の原作者の林芙美子はこの作品を観ていたのだろうか? しかし「めし」がシリアスな作品であるのに対し、こちらはコメディそれもラストに至ってはエルンスト・ルビッチばりの艶笑コメディである。当時であのような演出は画期的といえるのではないだろうか? 栗島すみ子、飯田蝶子、吉川満子の演じる婦人たちは、お金持ちの夫人たちにしては、着物姿で脚を組んでいたり、また煙草を吸う姿にもやや品がない。また、佐野周二の演じる大学生は家庭教師をしている教え子の宿題の算術の問題が解けず、教え子とその友達から「大学生なんて大したことない。」とからかわれている。このあたりに小津安二郎の上流階級やインテリと言われる人間たちに対する皮肉と風刺が感じられて興味深い。 栗島すみ子は「流れる」でしか知らないが、若い頃から既に大貫禄を感じさせている。そのキリキリしている栗島の妻に対して、恐妻家でありながらもおっとりと構えている夫を演じている斉藤達雄に、奔放でいながらもキュートで洋装もばっちり決まっている姪役の桑野通子も、それぞれに柄を活かした好演で実に魅力的である。 因みに、笠智衆が小津に見出されてから唯一出演していいない作品であると、笠自身がTV番組で話していた。
隠す
  
 
[309]荒野の処刑
 いわゆるマカロニとは違うblumental2017-12-27
 
イタリア製西部劇ではあるが、いわゆるマカロニテイストではない。マカロニ全盛期も終わってからいろいろな異色作が作られたが、傑作・良作はほとんどない中で、これは奇跡的な・・・
続きを読む
イタリア製西部劇ではあるが、いわゆるマカロニテイストではない。マカロニ全盛期も終わってからいろいろな異色作が作られたが、傑作・良作はほとんどない中で、これは奇跡的な快作・良作といえる。残虐性は随所にあるが、銃撃戦に重きを置かず、復讐劇でありながら人情味ある場面を盛り込みつつ、人間性の変貌を描写している。劇中で流れる曲も印象的だった。 作品としては、最近作られている西部劇の印象に近い。遅れてできたマカロニではなく、時代を先取りした西部劇のような気がした。
隠す
  
 
[310]FARGO/ファーゴ3
 描写を抑へすぎverkhovensky2017-12-27
 
細かい無理は大目に見るとして、大まかな筋と登場人物は「2」より絞られてゐて、途中は期待してゐたのですが、それでも兄弟、恋人、警官と焦点が定まらず、特に兄弟は段々劇的・・・
続きを読む
細かい無理は大目に見るとして、大まかな筋と登場人物は「2」より絞られてゐて、途中は期待してゐたのですが、それでも兄弟、恋人、警官と焦点が定まらず、特に兄弟は段々劇的な意味を失つてしまひました。さらによくないのは、最終回にカタルシスが欠けてゐることです。撃ち合ひも見せませんし、女の死に方があつけなく、またラストのぼかし方も、私は気に入りませんでした。 夥しい無駄な馬鹿げた殺し合ひの末に、生き残つた者が覚える虚しさとやるせなさ、それがこのシリーズの味はひだと思ひますが、この「3」はそれが薄まり、余韻がなくなつてしまつたやうに思ひます。ヴァーガの気味の悪さが傑出してゐるだけに、ちよつと惜しい作品です。
隠す
  
 
[311]汚名
 イングリッドバーグマンルーテツ2017-12-27
 
日本人の視点ゆえか、個人的な嗜好かはわからないが、イングリッド・バーグマンは大柄でゴツくて、なのに弱々しいヒロインを演じるところがあまり好きではない ややオーバー・・・・
続きを読む
日本人の視点ゆえか、個人的な嗜好かはわからないが、イングリッド・バーグマンは大柄でゴツくて、なのに弱々しいヒロインを演じるところがあまり好きではない ややオーバー・アクトぎみなのも含めて、良くも悪くも彼女の魅力が詰まった作品と言えよう ストーリーはスパイ物で、そこにメロドラマ的な要素が加わる サスペンスやアクションはほとんどなく、静かなスリルを味わいながら進んでゆく ヒッチコック監督が敢えてそうしているのだろうが、細かい設定がわからないまま進行するので、初見では全体像はぼんやりしかわからなかった バーグマンのお相手、ケイリー・グラントは、コミカルさを封印して職務と恋との間で悩める色男 いつも嫌な役のクロード・レインズは、今回も…と思いきやなんかかわいそうなラスト 母役のレオポルディン・コンスタンティンが、子離れできない怖い怖い姑を演じているがイマイチ 彼女に『レベッカ』のジュディス・アンダーソン級の怖さがあればもっと締まった怖さが加わったであろう 鍵の受け渡しのシーンなどヒッチコックらしいカットもあるが、ラストがややあっけないし、スリルありサスペンスありのヒッチ作品を期待するとちょっと残念
隠す
  
 
[312]熟れた本能
 もっとえぐらなきゃMcQueeeeeN (Mail)2017-12-27
 
登場人物、誰一人共感できる人物が出て来ないし、見せ方も稚拙で陳腐。 あぁーあ...というガッカリ感が強かった。 セルジ・ロペスは『ハリー、見知らぬ友人』での掴み所の無い・・・
続きを読む
登場人物、誰一人共感できる人物が出て来ないし、見せ方も稚拙で陳腐。 あぁーあ...というガッカリ感が強かった。 セルジ・ロペスは『ハリー、見知らぬ友人』での掴み所の無いミステリアスな役どころが良かったが、今作はイマイチ。 不倫という素材をえぐってもいないし、濃密なエロティックな場面があるわけでもないし..。
隠す
  
 
[313]ロング・トレイル!
 生きる証HABBY2017-12-26
 【ネタバレ注意】
温かさと愛に溢れているのはこの監督の『旅するジーンズ〜』、『クジラ』とも共通。爆弾は炸裂しないし宇宙人も襲来しない、人工知能も暴れないけど、正統派のタッチで生きるこ・・・
続きを読む
温かさと愛に溢れているのはこの監督の『旅するジーンズ〜』、『クジラ』とも共通。爆弾は炸裂しないし宇宙人も襲来しない、人工知能も暴れないけど、正統派のタッチで生きること、生き続けることの大切さを表現してくれるこういう作品も大事にしないと。齢80を超えて体育会系作品に出演するレッドフォードにひたすら平伏。
隠す
  
 
[314]ギャラクシー・スクワッド
 会話多過ぎbond2017-12-26
 
会話が中心のC級コメディー。くだらねー
  
 
[315]トゥー・ラビッツ
 二兎を追うHABBY2017-12-26
 【ネタバレ注意】
見せ方が上手い作品。『ユージュアルサスペクツ』や『トレインスポッティング』、『スラムドッグ$ミリオネア』に近い質感。起承転結のメリハリをうまくつければある種のマジッ・・・
続きを読む
見せ方が上手い作品。『ユージュアルサスペクツ』や『トレインスポッティング』、『スラムドッグ$ミリオネア』に近い質感。起承転結のメリハリをうまくつければある種のマジックが生まれることを再確認。本国でヒットしたのも頷ける。 権力を持つものが性悪だと民衆は困るよなあ。サッカーやサンバダンスではあれほど器用なところを見せるブラジルの政治、治安がなかなか落ち着かないのは不思議。良くも悪くもチームプレイ、スクラムが苦手な利己的な国民性ということか。
隠す
  
 
[316]リトル・ボーイ 小さなボクと戦争
 サムライ魂HABBY2017-12-26
 【ネタバレ注意】
メキシコ人監督が日本贔屓な描写をふんだんに織り交ぜて“ガキ大将”アメリカを暗に揶揄。トランプが国境沿いに壁を作るとか豪語して大統領選挙を戦ってた時代に作られた作品。同・・・
続きを読む
メキシコ人監督が日本贔屓な描写をふんだんに織り交ぜて“ガキ大将”アメリカを暗に揶揄。トランプが国境沿いに壁を作るとか豪語して大統領選挙を戦ってた時代に作られた作品。同じ有色人種が住まうメキシコとしてはこの国の横暴に対してふつふつと沸き起こる怒りがピークに達しつつあったのだろう。ジャップやイエローといった表現がそこら中で飛び交うが、作品を覆う真摯で判官贔屓な態度があるからそこまで嫌な気にはならない。白人の傲慢は昔も今もほとんど変わってないし。当時の日本国や米国在住の日系人が味わった艱難辛苦を想起しつつ、老若男女、家族全員で楽しむ価値の作品だと思った。
隠す
  
 
[317]民衆の敵 〜世の中、おかしくないですか!?〜
 違うだろー黒美君彦2017-12-26
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>あおば市の団地で夫・公平(田中圭)と息子・駿平(鳥越壮真)と暮らす佐藤智子(篠原涼子)は、ある日職を失う。高校中退の彼女は、市議会議員になれば高額の議員・・・
続きを読む
<あらすじ>あおば市の団地で夫・公平(田中圭)と息子・駿平(鳥越壮真)と暮らす佐藤智子(篠原涼子)は、ある日職を失う。高校中退の彼女は、市議会議員になれば高額の議員報酬が得られると立候補を決意。繰上げ当選を果たした。彼女は藤堂誠(高橋一生)や小出未亜(前田敦子)、岡本遼(千葉雄大)らの若手市議に無知を呆れられながらも「幸せになろう」と精力的に活動。河原田晶子市長(余貴美子)が失脚すると、市議会のドン犬崎和久(古田新太)に背中を押され、市長選に出馬、当選してしまう。そんな彼女をママ友の千葉報知新聞の記者平田和美(石田ゆり子)は不安げに見ていた…。 地方政治というのは切り方ひとつでドラマ的にいくらでも面白くなる。かつて韓国ドラマ『シティホール』(2009年)という優れたドラマがあったが、これもキム・ソナ演じる市職員が市長になる話だった。 ところがこのドラマではことごとく仕掛けが滑っている。篠原涼子演じる主人公が、あまりに能天気であることがその元凶。最終回で、密かに進められていたニューポート計画が、産業廃棄物処理場ありきであることが明らかになるけれど、これとても韓国ドラマのパクリっぽい。 最終回で佐藤智子(篠原)は「大勢が幸せになるためにひとりが犠牲になるのはおかしい」といい、「ひとりのために大勢が犠牲になるのはいいのか」という藤堂誠(高橋)とやりあうが、これとても消化不良。 その結果、市議会で市民が集まって議論するとは…なんだそれは。 そもそも何度も繰り返される「民衆」って何だ。 このドラマのような使われ方は普通しないだろう。「市民」ならまだわかるけれど、「民衆」とは「マス」であり、目に見えるものではない。自分のことを「民衆」と呼ぶことは普通ない。 地方にはもっともっと深刻な問題があるだろう。人口減少に伴う財源の不足。高齢化と福祉の問題。規制緩和と目先の利益。それは白黒で割り切れるものではなく、悩みながら決断していくものであり、万人に受け入れられる政策なんてものはあり得ないのだ。 しかし主人公は大して悩んでいるとは思えない。それはあまりに無知だからだ。「しゅけんざいみん…?」と最終回で首を傾げる主人公にめまいがしそうだった。 きわめて浅い、上っ面のドラマ。 その浅さに視聴率が最終回でシリーズ最低(4.6%)を記録したというのもむべなるかな、だ。
隠す
  
 
[318]モーガンズ・クリークの奇跡
 ベティハットンルーテツ2017-12-26
 
設定がむちゃくちゃで現実感が無く、長尺のコントを見ているような感じ プレストン・スタージェス監督お得意の強引な展開、そしてオチ 細かいことに突っ込みを入れて観る映画で・・・
続きを読む
設定がむちゃくちゃで現実感が無く、長尺のコントを見ているような感じ プレストン・スタージェス監督お得意の強引な展開、そしてオチ 細かいことに突っ込みを入れて観る映画ではないので、そこはスルーするのが大人の嗜み 出てくる人出てくる人みんな騒々しい 笑えるというよりはうるさくて辟易してくるが、それは個人の好み 主演はベティ・ハットン、歌うシーンが無いのが残念だが、得意の顔芸が堪能できる ただ未成年には見えない いちいちイライラするお相手がエディ・ブラッケン 短気な父役のウィリアム・デマレストが良い味を出し、生意気な妹役のダイアナ・リンがかわいい 最後はブラック・ジョークもあり、あんなご時世によくバカ丸出しの映画作ったな、と感心するが、こういう映画が必要だったと言えるのかもしれない
隠す
  
 
[319]グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース (シーズン1)
 ソープドラマ?pumpkin2017-12-26
 【ネタバレ注意】
主人公が元恋人にあまりにも未練がましいので、最初うんざりしていたのですが、そのうち、登場人物全員が下半身が緩いというドラマだとわかりました。なんか、子供は見ちゃダメ・・・
続きを読む
主人公が元恋人にあまりにも未練がましいので、最初うんざりしていたのですが、そのうち、登場人物全員が下半身が緩いというドラマだとわかりました。なんか、子供は見ちゃダメって感じです。副牧師(この人が一番面白い)に至っては、ゲイなのに、女性に迫られると、あっさり陥落する始末で、思わず笑ってしまいました。
隠す
  
 
[320]アサシン クリード
 マリオンコティヤールedix2017-12-26
 
雰囲気はある作品なのに、通して観るとこれがつまんない。劇場で観ようと思ってたが、見る前に終わっていた。上映期間が短かかったのも納得できた。 ネームバリューのある俳優・・・
続きを読む
雰囲気はある作品なのに、通して観るとこれがつまんない。劇場で観ようと思ってたが、見る前に終わっていた。上映期間が短かかったのも納得できた。 ネームバリューのある俳優が出ていても、だめだったね。劇場じゃなくて良かったよ。
隠す
  
 
[321]いとこ同志
 映画に時代性あるよね映画は娯楽だけど2017-12-26
 
「青春」をこの映画の時代に送らなかった人間には、乗り切れない。ヌーベルバーグ。昔の映画の何やら懐かしい感じだけしかないかな。今や外国映画に異国情緒やあこがれを抱く時・・・
続きを読む
「青春」をこの映画の時代に送らなかった人間には、乗り切れない。ヌーベルバーグ。昔の映画の何やら懐かしい感じだけしかないかな。今や外国映画に異国情緒やあこがれを抱く時代でもない(あんな乱れたパーティーしてみたかったけど)。増してや、美しい女優の肉体観たさもないよね。
隠す
  
 
[322]ミュージック・オブ・ハート
 大きな心の財産にローランド2017-12-26
 
  生活水準の低い地域の子供たちが打楽器のようなものならともかくも簡単には技術が身につかない爛凜.ぅリンなんてメソメソ男のやるもんだ瓩箸慮斥佞發△襪修粒擺錣剖縮を・・・
続きを読む
  生活水準の低い地域の子供たちが打楽器のようなものならともかくも簡単には技術が身につかない爛凜.ぅリンなんてメソメソ男のやるもんだ瓩箸慮斥佞發△襪修粒擺錣剖縮を持つようになる過程が安易だし、脚の悪い生徒にイツァーク・パールマンを引き合いに出して励ますのはいいが狄祐屬和だけで立つのではないのよ、気持ちで・・・瓩辰童斥佞臭くゆるいしと、あまり気の入らないままで観続けていたのだけど、周囲から教え方が厳しすぎると注意をされて優しくしたら生徒どもに犧Fの先生気持ち悪い!瓩噺世錣譴討い弔眥未蠅北瓩辰洞擬爾乏莎い出てくるというあたりから楽しく面白くなってくる。       自分には負担が来ない範囲内で同情や心配をしてくれる俗人とは違って親身になって色々なことに手を焼き手配をしてくれる交友関係を描くためにある程度は必要だったのだろうが、主人公の私生活のことに時間をかけすぎたみたいで、それを少し削って上で述べた爐修粒擺錣剖縮を持つ過程が安易・・・瓩良分を補強したならうんと良くなったのになって気がするのだけど、実話に基づいた実に良いお話ということで綺麗にまとまり過ぎた感じはあるも高名な演奏家までが協力を申し出るところなんかでは思わず目が潤んでしまったのでありました。       メリル・ストリープの芸達者ぶりにはここでも感心してしまうのであって、いかにも都会で生き抜いて行く女という強気で時には感情的になる役柄は狠廊瓩任呂覆いと思わせるくらいなんだけど、それにしてもジャズにクラシックにと名演が多くあるあるまさに音楽の殿堂カーネギーホールでコンサートをやれるだなんて、これは大きな心の財産で特に子供たちにとっては価値があり生涯に渡って心の支えになるんだろうな・・・。       若い頃はあまり気持ちに掛からなかったヴァイオリンなどの擦弦楽器の音色が歳とともに心の波長に合致してきて、ヴィオラにチェロと低音になって行くほどに波長の合う度合いが増すのだけど、そのチェロだけの五重奏という風変りだが演奏も画質もとてもいいのがYoutubeにあります。     https://www.youtube.com/watch?v=jOSnOuIVsBE&list=RDjOSnOuIVsBE#t=3
隠す
  
 
[323]奴隷の島、消えた人々
 恐怖の片道切符HABBY2017-12-26
 【ネタバレ注意】
POVとしては斬新で新味がある。実際の事件をなぞっているせいかリアリティも感じられ、ハリウッド製の二番煎じな作品やファンタジー色全開なJホラーに比べ楽しく鑑賞できた。90・・・
続きを読む
POVとしては斬新で新味がある。実際の事件をなぞっているせいかリアリティも感じられ、ハリウッド製の二番煎じな作品やファンタジー色全開なJホラーに比べ楽しく鑑賞できた。90分弱とコンパクトにまとまっているのも乙。
隠す
  
 
[324]ダイ・ハード/ラスト・デイ
 うーんBLADE2017-12-26
 
映画館へ行って観に行ったけど、結構後悔した記憶があります。 マンネリもあるんだろうけど、ジョンがいる必要性も感じず、ただただ巻き込まえれて、息子に邪魔者扱いをされて・・・
続きを読む
映画館へ行って観に行ったけど、結構後悔した記憶があります。 マンネリもあるんだろうけど、ジョンがいる必要性も感じず、ただただ巻き込まえれて、息子に邪魔者扱いをされて〜という感じ。 ダイ・ハードでなくても良いかなと。 ドラマ部分もさらっと流されてる感があり、感動もどうにも物足りない。 尺も短いから、益々薄っぺらい内容になってしまったかなと。 まあ女性悪役の人は、なかなか不気味で汗まみれな姿はフェロモンを感じて好きかなw
隠す
  
 
[325]ダイ・ハード3
 サミュエルとのかけ合いが良いBLADE2017-12-26
 
1作目の次に好きなシリーズである。 サミュエルの存在を知る映画になったし、今後も彼が出てる映画は積極的に見るようになった。 敵キャラの女の存在感は半端なくて、なかなか・・・
続きを読む
1作目の次に好きなシリーズである。 サミュエルの存在を知る映画になったし、今後も彼が出てる映画は積極的に見るようになった。 敵キャラの女の存在感は半端なくて、なかなか怖いな〜。 直接ブルースと対決するシーンがあったらまた違ったのかなと思ったり。 人種問題も結構盛られていて、確かに黒人側も過剰に差別に反応してしまうというのも、この問題のややこしさなのかもしれない。 まあ過剰になるのも仕方ないのもあるけれど、冷静さもなくなって単に善悪だけの判断で暴動が起きるアメリカ国内の困った所もあるのかもしれない。
隠す
  
 
[326]ダイ・ハード2
 飛行機事故は嫌ですねBLADE2017-12-26
 
派手さや爆発シーンはさすがはレニー・ハーリンだなと関心はするけれど、どうも真っ赤な流血シーンがリアルで痛々しくて嫌になる。 ましてや飛行機。 個人的にトラウマシーン・・・
続きを読む
派手さや爆発シーンはさすがはレニー・ハーリンだなと関心はするけれど、どうも真っ赤な流血シーンがリアルで痛々しくて嫌になる。 ましてや飛行機。 個人的にトラウマシーンの一つなので、シリーズの中でも好きになれないんだよね。 感情移入しやすい人にはつらいと思うよ、ほんと。 さすがにラストですっきりとはならなかったのが、きつかったかなと。
隠す
  
 
[327]ダイ・ハード
 アクション映画の基礎BLADE2017-12-26
 
色んなアクション映画はあるけれど、その基礎がこの映画にはしっかり入っている。 だからこそ、面白いのでしょう。 派手な爆発、銃の雨あられ、印象に残るセリフの数々。 アラ・・・
続きを読む
色んなアクション映画はあるけれど、その基礎がこの映画にはしっかり入っている。 だからこそ、面白いのでしょう。 派手な爆発、銃の雨あられ、印象に残るセリフの数々。 アラン・リックマンが登場からゾワワと感じる存在感。 これぞ悪役のボスといった所。 ジョン・マクレーンが妻に愛してると何度も言ってきたが、謝ったことは一度もなかったので、自分に何かあったら妻に「すまなかった」と伝えてくれというセリフは、不器用な男がせめてもの想いというのが泣けますね。 そしてその言葉、必ず行きて帰って自分の言葉で伝えろと言う警官もカッコイイ。 本当に、名作だと思います。
隠す
  
 
[328]ピクセル
 レトロゲーム好きならたまらないBLADE2017-12-26
 
公開当時はパックマンのくせに怖い映画な印象を与える感じでしたが、実際に見ると普通に面白い。 オタクは持てないけど、仲間を見つけると楽しいよね。 監督も家族と見ても面・・・
続きを読む
公開当時はパックマンのくせに怖い映画な印象を与える感じでしたが、実際に見ると普通に面白い。 オタクは持てないけど、仲間を見つけると楽しいよね。 監督も家族と見ても面白い、コロンバスだけに展開も良い感じ。 アメリカならばここまでリアルで楽しく表現できるのだから良いですな。
隠す
  
 
[329]BLADE ブレイド
 アニメもあったのねBLADE2017-12-26
 
アニメの数年経ってから、この存在を知りました。 ブレイドシリーズは大好きだけど、イマイチなTVシリーズでガッカリしてから、もうないと思っていましたw まあ映画とは違う扱・・・
続きを読む
アニメの数年経ってから、この存在を知りました。 ブレイドシリーズは大好きだけど、イマイチなTVシリーズでガッカリしてから、もうないと思っていましたw まあ映画とは違う扱いでのアニメということではあるけどね。 声優もTV放送バージョンのブレイドの吹替をやってた大塚さんがやってるので、これは嬉しいね。 あまり映画では出番が少ない剣が普通に使われているアクションもなかなか良いと思います。 全体的にシリアスな展開がずっと、色んな良い人たちも犠牲になっていくので、なかなか鬱展開で結構嫌になる。 悲しい気持ちややりきれない気持ちにさせるのだから、スタッフの思惑通りなのでしょうけど、やや唐突な展開は気になる所。 ボスのフロストが吸血鬼になってまで吸血鬼に復讐するって、何か色々矛盾していて説得力に欠けるし、イライラしてしまう。 これと良い、アイアンマンと良い、このアニメシリーズはヒロインは死ぬのが定説にする必要性が分からないので、好みではないなというのが正直な所。
隠す
  
 
[330]そして父になる
 誰によって育つかBLADE2017-12-25
 
長らくここでコメントなんて書いてなかったのですが、久々に確認すると最後にコメント書いたのが2011年ですか。 良くまだID・PW忘れずにいたなと思う次第ですw またちょいちょ・・・
続きを読む
長らくここでコメントなんて書いてなかったのですが、久々に確認すると最後にコメント書いたのが2011年ですか。 良くまだID・PW忘れずにいたなと思う次第ですw またちょいちょい感想書いていきたいと思いますよ〜。 テレビの放送で確認しましたが、実際に子供の取り違えで人生が大きく変わった人たちというのはいるようですね。 この映画では取り違えを元に、父親はどうあるべきかとかを考えさせてくれる。 良い感じに生活スタイルも、考え方も違う2組の夫婦と子どもたちとの交流。 誰でも長所も短所もあるけれど、皆人間味があって身近にいる感じはありますよね。 考えさせられるのが、福山演じる人が自分の父親は子供と遊ぶような人でなかったと、リリーフランキー演じる人に話すと、その父親と同じことをしなくてもいいだろ?と諭すシーン。 全くその通りだけど、やはり誰でも参考にする父親って自分の父親になってしまうんだよね。 だから、環境によって価値観も決まってしまう物だというのが何ともいえないですね。 そういえば吉田羊が出てたのをクレジットで知り、確認すると最初の方で横顔で少ししか出番が無いという、ブレイク前のときだったんだね。
隠す
  
 
前へ 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION