allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[301]響-HIBIKI-
 アルパカと麒麟の笑顔笠勝利2018-09-27
 
原作漫画も欅坂も知らないが、ヒロインの圧倒的な存在感に驚き楽しめた。あまりに類型的だったり必要性のない周辺キャラクターが作品としての物足りなさを不遜に煽っているもの・・・
続きを読む
原作漫画も欅坂も知らないが、ヒロインの圧倒的な存在感に驚き楽しめた。あまりに類型的だったり必要性のない周辺キャラクターが作品としての物足りなさを不遜に煽っているものの、それを凌駕して余りある鮎喰響…なんて名だ! そして個人的にはそれほど可愛さを感じていなかった平手友梨奈が、クールで暴力的で常識外れにブレない響役をリアルに演じて素晴らしい。観終わればハート鷲づかみで魅力の塊と化していた。恐れ入谷の鬼子母神。スクリーンでの再会を切に願う。アヤカ・ウィルソンがまた懐かしい。
隠す
  
 
[302]フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石
 フールズムービー・期待に沈んだ唯の駄作北村もとい2018-09-27
 
トレジャーハンターもので特に海が舞台の映画で傑作ってほぼ存在しないと思われるが、本作も全米1位になっているのが信じられないほど間延びしまくった凡作アドベンチャーコメ・・・
続きを読む
トレジャーハンターもので特に海が舞台の映画で傑作ってほぼ存在しないと思われるが、本作も全米1位になっているのが信じられないほど間延びしまくった凡作アドベンチャーコメディだ。 前半話が全然進まないくせに後半はあっさり宝が見つかる。特にサスペンスもないままで終わる。 暇つぶし程度には見れるが、あえて見るほどの価値は全くない。
隠す
  
 
[303]探偵が早すぎる
 「トリック返し」黒美君彦2018-09-27
 
<あらすじ>十川一華(広瀬アリス)は、親代わりの橋田政子(水野美紀)とともに質素に暮らしてきた大学生。ところが大陀羅家一族の次男・瑛(玉置孝匡)が亡くなり、遺産5兆・・・
続きを読む
<あらすじ>十川一華(広瀬アリス)は、親代わりの橋田政子(水野美紀)とともに質素に暮らしてきた大学生。ところが大陀羅家一族の次男・瑛(玉置孝匡)が亡くなり、遺産5兆円が一華に相続されることに。そうはさせじと長女の大陀羅朱鳥(片平なぎさ)、その娘麻百合(結城モエ)、息子の壬流古(桐山漣)、長男の亜謄蛇(神保悟志)が一華の命を狙う。そこで橋田が雇ったのが、何ごとも先回りして犯罪を未然に防ぐ探偵千曲川光(滝藤賢一)だった…。 広瀬アリスが思い切り変顔を晒し、今後はこの路線でいくのか(笑)と思わせたコミカルなドラマシリーズ。何せストーリーや登場人物、演出までもがどれもマンガチックなので、うーん、こういうのが好きな人もいるのね、という程度で。それでも何となくぼおっと観てしまったので、術中に嵌まってしまったのかも。 それにしてもアリスは広瀬すずの姉とは思えない演技。照れも時折感じられて、まだ少しだけ羞恥心が残っているのか?という気もしたけど。 そこは突き抜けたのが滝藤賢一。飄々とした一見ダメ風敏腕探偵を演じていたが、こちらは少々突き抜けすぎたか。全体的にややバランスを欠いているような気がしたのは、登場人物のテンションにばらつきがあったからか? 「神のものは神に。カエサルのものはカエサルに…トリック返し」というのが滝藤演じる千曲川の決め台詞。 この決め台詞は新約聖書「マタイによる福音書」に書かれている言葉。「神への服従と国家に対する義務とは矛盾しない」という意味のキリストの言葉だ。カエサルは、キリストを迫害したローマ帝国皇帝のことなので、カエサルの肖像が入った貨幣(税金)はローマ帝国に納めても良い、という意味合いがある。 決め台詞はだから、「正しいこと(神のもの)は正義(神)に、悪だくみ(カエサルのもの)は悪人(カエサル)に」というくらいの意味か。 うーむ、今ひとつよくわからん。 ま、あまり印象に残らないドタバタドラマ、という感じかな。
隠す
  
 
[304]義母と娘のブルース
 笑えた黒美君彦2018-09-27
 【ネタバレ注意】
<あらすじ>母を亡くし、父・宮本良一(竹野内豊) と二人で暮らしてきた娘のみゆき(横溝菜帆)の前に、新しい母親として光友金属の営業部長を務めるキャリアウーマン岩木亜希・・・
続きを読む
<あらすじ>母を亡くし、父・宮本良一(竹野内豊) と二人で暮らしてきた娘のみゆき(横溝菜帆)の前に、新しい母親として光友金属の営業部長を務めるキャリアウーマン岩木亜希子(綾瀬はるか)が現れる。「変人」ともいえる亜希子に反発を覚えるみゆきだったが、少しずつ彼女を認め始める。実は彼女は、病気で余命僅かな良一に頼み込まれて母親となるべく結婚を承諾したのだったが、そうこうしているうちに宮本家は少しずつ家族らしくなっていく。良一亡き後、高校生になったみゆき(上白石萌歌)は志望大学も決まらない。働くことの大変さを伝えなくてはと、亜希子は、麦田章(佐藤健)が店長を務める潰れそうなパン屋に再就職する…。 最高視聴率19.2%(平均14.2%、関東)を叩き出した2018年秋の大ヒットドラマ。コミック原作(未読)ということだが、これはもう主要キャストと演出の勝利といっていいだろう。綾瀬はるかはシリーズ前半は笑わないキャリアウーマンを熱演。ニコリともせず腹芸を見せるなんて、いったい彼女に何をさせるんだ!という感じ。だけど、そのフレームアップした演技が笑えるのだからいうことはない。 しかも竹野内豊がとても好感度が高い役柄。仕事は出来ないけれど、誰からも好かれるいいヤツ。 シリーズ後半では、最近役の幅をぐんぐん広げている佐藤健がぐぐっと前面に出てくる。頭がワルくて根性もないパン屋の二代目という役柄。こんな役もこなしてしまうのが彼だけど、細かった眉毛がドラマ後半で太くなっていくのが笑える。 演出面では亜希子の所作にいちいち太鼓やら何やらで効果音をつけていくのがバカバカしくて面白い。大仰にやればやるほど、これまでの綾瀬はるかとのギャップが生まれる。 前半では、主人公たちと知り合いでもない佐藤健がいろいろなものを媒介にしてプラスに物語を方向づける役柄だったので、もしかして佐藤健の役は「天使」の役で、奇跡が本当に起きるのではないか、なんて深読みしてしまったけど、もっとベタだったんだね(笑)ということで。 笑いながら難しいことを考えずに観る分には十分合格点。
隠す
  
 
[305]インシディアス
 駄作ここちち2018-09-27
 【ネタバレ注意】
「ソウ」と「パラノーマルアクティビティ」の スタッフがタッグ、ということで期待。 しかし、映画でもゲームでも いろいろな良作のスタッフが集結して作ると たいてい、ろく・・・
続きを読む
「ソウ」と「パラノーマルアクティビティ」の スタッフがタッグ、ということで期待。 しかし、映画でもゲームでも いろいろな良作のスタッフが集結して作ると たいてい、ろくなもんができない。 この作品も、びくっとするシーンは いくつもあるものの、家に怪奇現象が起こっていく 中盤までがピーク。 中盤以降、怖くもないし、面白くもない。 そもそも、悪魔とかいって 顔が真っ赤な鬼みたいなのがもろに出てきちゃう。 そんなものが怖いはずがない。 監督は恐怖ってものがわかってない。
隠す
  
 
[306]バーフバリ 王の凱旋
 指では無い。首だ!ちゃぷりん2018-09-27
 
こうした映画が一番作りにくいのは日本。演じる方も観る方も照れるからと、昔から父が言ってたな。
  
 
[307]血闘
 ヘイトフルスリーbond2018-09-26
 
密室サスペンスだけど、ちょっと引っ張りすぎ、長い割には単調。
  
 
[308]レッド・ハンター
 近未来西部劇HABBY2018-09-26
 【ネタバレ注意】
コテコテのC級だけど、G・カラーノファンなら満足できる。相変わらずハンサム。
  
 
[309]マニアック
 5段階評価の2さとせ2018-09-26
 
今は亡き母のトラウマを持つフランクはマネキンを愛していた。 マネキン修復師のフランクは女性を殺害し頭部を切断、マネキンに被せているが美貌の写真家アンナと出会ってしま・・・
続きを読む
今は亡き母のトラウマを持つフランクはマネキンを愛していた。 マネキン修復師のフランクは女性を殺害し頭部を切断、マネキンに被せているが美貌の写真家アンナと出会ってしまい・・・。 あの伝説的スプラッターのリメイク。 あのJ・スピネルが演じたフランクをI・ウッドが演じて話題になった。 皆のヒロインC・マンローが演じたアンナをフランスのN・アルネゼデールが演じており此方も美人なのが嬉しい。 DVDでの鑑賞だが広大なシネスコと5.1chが迫力を醸し出している。
隠す
  
 
[310]ナバロンの嵐
 ロングッドウィンブルーノディロッカ (Mail)2018-09-26
 
今でも名曲。ティオムキンも良いが、こちらもよく運動会で聞きます。
  
 
[311]DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団
 シュールギャグパロディーrbond2018-09-26
 
予算グラフのアイディアが効いている。そこそこ笑える。
  
 
[312]ハムナプトラ/失われた砂漠の都
 あのチビの勝ちnamurisu2018-09-26
 
なんでもCGを売りにしていた頃。
  
 
[313]黄金
 ハンフリーボガートルーテツ2018-09-26
 
ボギーはキザな探偵やバーのマスターより薄汚い恰好が良く似合う そして汚い時ほど演技力が冴える 『アフリカの女王』しかり 最期はお約束 黄金に魅せられた3人の男のお話 ジ・・・
続きを読む
ボギーはキザな探偵やバーのマスターより薄汚い恰好が良く似合う そして汚い時ほど演技力が冴える 『アフリカの女王』しかり 最期はお約束 黄金に魅せられた3人の男のお話 ジョン・ヒューストン監督の男臭い映画 父のウォルター・ヒューストンが本作でオスカー助演男優賞を獲得するが、実質主演といっても良い活躍 ウォルターも都会派の洒落たオジサマ役が多いが、本作では薄汚い山師を好演する 強力な個性の2人を向こうに回してのティム・ホルトも良かった 人間の本性、浅ましさ、良心を問いかけてくる作品だが、単純にアドベンチャーとしても十分に楽しめる傑作
隠す
  
 
[314]バーフバリ 伝説誕生
 100人斬る英雄より、1人だけ救う神ちゃぷりん2018-09-25
 
☆の殆どは戦闘シーン。インド版「ロード・オブ・ザ・リング」を作る事が悲願だったのかな。
  
 
[315]北欧サスペンス「凍てつく楽園」〜二度死んだ男〜
 ゲス男の最後bond2018-09-25
 
なんかサスペンスというより、ダメ男の顛末。つまんね。
  
 
[316]ガール・オン・ザ・トレイン
 おぉっ!!hayate92018-09-25
 
緊張感がずっと続いて、私は最後まで楽しめましたよ。 映画を引っ張ったエミリー・ブラントの演技と、美しいレベッカ・ファーガソンと、体当たりのヘイリー・ベネット(シャン・・・
続きを読む
緊張感がずっと続いて、私は最後まで楽しめましたよ。 映画を引っ張ったエミリー・ブラントの演技と、美しいレベッカ・ファーガソンと、体当たりのヘイリー・ベネット(シャンティシャンティ〜〜)のバランスが良かった。
隠す
  
 
[317]インターステラ5555
 PVとしてみれば傑作だディラン2018-09-25
 
ダフト・パンクのアルバム「ディスカバリー」のPVという位置付けだが、独立したアニメ作品としても、そこそこは楽しめるレベルにはある そこには、やはり松本零士のキャラク・・・
続きを読む
ダフト・パンクのアルバム「ディスカバリー」のPVという位置付けだが、独立したアニメ作品としても、そこそこは楽しめるレベルにはある そこには、やはり松本零士のキャラクターやメカニカルデザインに負う部分が大いにあると思う PVという性格上セリフは無いが、そのおかげでストーリーが曲にノッて展開していく小気味よさがある
隠す
  
 
[318]地下に潜む怪人
 何この邦題?ディラン2018-09-25
 
カタコンベ(パリの地下墓地)を舞台としたホラーテイスト満載のトレジャーハンターもの ハリポタ(賢者の石)やインディー(最後の聖戦)からの影響は明らかで、良く似たアイ・・・
続きを読む
カタコンベ(パリの地下墓地)を舞台としたホラーテイスト満載のトレジャーハンターもの ハリポタ(賢者の石)やインディー(最後の聖戦)からの影響は明らかで、良く似たアイテムやシチュエーションが出て来る キーポイントは”贖罪”で、ストーリー上のターニングポイントとなる。これは監督の前作も同様。 老騎士の死体(眠ってるだけ?)、椅子に座った死神、石ゾンビ等々、面白そうなキャラがでてはくるがなぜかほぼ見せ場無し 後半、妙に展開がスピードアップしたり、キャラを無駄にしてしまったのは低予算ゆえの時間の制約か ポスターはお洒落だが邦題も残念POINTのひとつ
隠す
  
 
[319]いつか家族に
 惜しいhide2018-09-25
 
Web(FHD)で観賞。 無字幕でどこまで観られるか試したら面白くて気がついたらエンドマークだった。 前作「ローラーコースター!」もそうだったが映画のセンスが抜群にいい。 今・・・
続きを読む
Web(FHD)で観賞。 無字幕でどこまで観られるか試したら面白くて気がついたらエンドマークだった。 前作「ローラーコースター!」もそうだったが映画のセンスが抜群にいい。 今回も、演出か撮影か編集の功績か分からないが、モンタージュが素晴らしくて陶然となった。 オープンセットも時代の雰囲気が良く出ていたし、韓国映画にありがちな細部の手抜きもない。 演技陣も長男以外の子役を除けば、みな充実しており、すべてが及第点。 ただ終盤の、いわばクライマックスが玉に瑕かな。 それまでの細かい挿話の積み重ねは、往年の日本の巨匠たちの仕事を思い起こすほどよかったのに、作品の売りでもあった、あの終盤は正直いただけない。 ああした展開で話をまとめざるをえない安易なアプローチを乗り越えれば、監督としての名声も確固たるものになると思う。 ちなみに、第28回東京国際映画祭提携企画として「コリアン・シネマ・ウィーク2015」で、すでに上映されている。
隠す
  
 
[320]ちおちゃんの通学路
 クソガキカンチョーちゃぷりん2018-09-25
 
エピソードやキャラ設定にムラがあったけど、楽しめた。
  
 
[321]モアナ 南海の歓喜 サウンド版
 完全にトーキー浄瑠璃22018-09-25
 
2018年9月岩波ホール。違和感なく字幕ト書き(ナレーション)に声と生音がかぶる。すごい。モノクロ映像の美しさは、さらなるリミックス=カラー化の必要を感じさせない。とこ・・・
続きを読む
2018年9月岩波ホール。違和感なく字幕ト書き(ナレーション)に声と生音がかぶる。すごい。モノクロ映像の美しさは、さらなるリミックス=カラー化の必要を感じさせない。ところどころ演出もあり、あらためて「ドキュメンタリーとは何か」を考えさせる。
隠す
  
 
[322]ブリッジ・オブ・スパイ
 冷戦下での実話を下敷きにした作品北村もとい2018-09-25
 
スピルバーグが冷戦下の実話ベースのストーリーを映画化した作品。 それなりに最後まで面白いのだが、やや物足りない淡泊感があるのは、ストーリー展開が予想通りにしか進まな・・・
続きを読む
スピルバーグが冷戦下の実話ベースのストーリーを映画化した作品。 それなりに最後まで面白いのだが、やや物足りない淡泊感があるのは、ストーリー展開が予想通りにしか進まないからか。 コーエン兄弟の脚本は評価されているほどは上出来とも思えない。実話ベースなのであまり大胆な事はできなかったようだ。
隠す
  
 
[323]2度目の二十歳
 みんないい人あーぼう2018-09-25
 
前半は病気や馴染めない大学など、チェジウをみているのが辛いほど。4話あたりから登場人物のキャラが安定して面白くなる。終わってみれば1人も悪人が登場しないほのぼのドラ・・・
続きを読む
前半は病気や馴染めない大学など、チェジウをみているのが辛いほど。4話あたりから登場人物のキャラが安定して面白くなる。終わってみれば1人も悪人が登場しないほのぼのドラマでした。美味しいトッポギを食べてみたい。
隠す
  
 
[324]ザ・リバー
 農家はつらいよ北村もとい2018-09-25
 
80年代当時のアメリカ南部の貧しい農家一家の苦難と絆を描いた地味ながら見応えのある社会派ドラマ。 ハリウッド映画初主演となるメルギブソンと歌えロレッタとほぼキャラが・・・
続きを読む
80年代当時のアメリカ南部の貧しい農家一家の苦難と絆を描いた地味ながら見応えのある社会派ドラマ。 ハリウッド映画初主演となるメルギブソンと歌えロレッタとほぼキャラが被るシシースペイセクが共演で、音楽はジョンウィリアムスに撮影はヴィルモスジグモンドと一流スタッフが揃っており、特にジグモンドによるカメラは見事な映像美を誇っている。
隠す
  
 
[325]トッケビ 〜君がくれた愛しい日々〜
 剣を抜くタイミングあーぼう2018-09-25
 
テレビドラマとしてはロケ、CG等にお金をかけているが、その分若干「力技」で盛り上げようとした感がある。そのためか「次はどうなる?」という中毒性が薄かったものの、最終・・・
続きを読む
テレビドラマとしてはロケ、CG等にお金をかけているが、その分若干「力技」で盛り上げようとした感がある。そのためか「次はどうなる?」という中毒性が薄かったものの、最終回は素直に良かったと思える出来。キム・ゴウンの笑顔には不思議な魅力がある。
隠す
  
 
[326]ガール・オン・ザ・トレイン
 隣の芝生は・・あーぼう2018-09-25
 
始まりからエミリーの顔が酷いが、彼女がアル中であることが分かると納得。映像がシャープすぎて安っぽくみえる。ラストは正直予想できなかったが全体的に何か物足りない。登場・・・
続きを読む
始まりからエミリーの顔が酷いが、彼女がアル中であることが分かると納得。映像がシャープすぎて安っぽくみえる。ラストは正直予想できなかったが全体的に何か物足りない。登場人物を演じた俳優たちが皆魅力的であった。
隠す
  
 
[327]マザー!
 クラインの壺ローランド2018-09-25
 
  なんたって闖入者たちのハチャメチャと言えるほどの乱暴狼藉が凄まじく、それがさらにエスカレートしていって終いには戦争状態になり虐殺も始まるという、まるで悪夢を見て・・・
続きを読む
  なんたって闖入者たちのハチャメチャと言えるほどの乱暴狼藉が凄まじく、それがさらにエスカレートしていって終いには戦争状態になり虐殺も始まるという、まるで悪夢を見ている最中に重ねて悪夢を見るようなイマジネーションの広がりがとても面白いのだけど、その闖入者の意地が悪くて攻撃的で品のない女を蟇蛙のようなメイクで演じるミシェル・ファイファーの役者魂にも恐れ入ることになります。      それもあってか、地下室の壁を壊したらそこから蟇蛙が飛び出す処では、中村草田男の「蟾蜍長子家去る由しもなし」を思い浮かべ古い家というものにある呪縛を語っているのかとの気もしたが、それに似た陰鬱なものはあるがそういうことではないようで、妻が色調や素材を吟味しながら手入れをしている壁や床なども含めた家の全体を妻の心の壁ととらえて考えると、時には血がにじんだり崩れたり壊されたり、終いには追い詰められて燃やしてしまうことになるという、どこか『バートン・フィンク』を思い浮かべる作家の苦悩とエゴに妻が巻き込まれてしまう不条理サスペンスと見立てることが出来ます。      詩の世界を描写した映像の中にその詩を創作した作者がいて、その作者がそこでまたそれを創作しているということで、内が外で外が内になるクラインの壺のようになっていてつじつまが合わなく不条理感が強いわけだけど、そこはそれでそのままにしておいても良さそうとの気もするのだが監督さんは律義に「夢だったのか」のオチを付けている。 このオチを夢ということではなくて時空間を超越した輪廻転生が・・・ というとらえ方も出来そうだけど、私しゃこれ以上考えるのが面倒なんで夢ということにしときました・・・笑。
隠す
  
 
[328]血と砂
 屈辱o.o2018-09-25
 
主演のルドルフ・ヴァレンティノというのがとにかく女性に大人気だったのだそうで、その葬儀には 10 万人近いファンが集まり、騎馬警官隊が出動するほどだったとか。まあ悪くは・・・
続きを読む
主演のルドルフ・ヴァレンティノというのがとにかく女性に大人気だったのだそうで、その葬儀には 10 万人近いファンが集まり、騎馬警官隊が出動するほどだったとか。まあ悪くはないと思いますが、そこまで熱狂的になれるほどかなあ。不思議不思議。本作品が公開されてから 4 年後に 31 歳で亡くなったそうですが、熱狂的な人気を集める若き闘牛士が非業の最期を遂げるというストーリーが、まるで運命を予言しているかのようです。 アメリカ映画ですが、舞台はスペインで、憧れていた闘牛士になれた若者が、一気にカリスマ的な人気を得て大成功を収めるも、性悪女の虜となり、ついには身を亡ぼすというストーリーでした。主人公の死の後、「哲学者」 (student of humanity) が、「だが本当の獣は彼らなのだ」と闘牛場で盛り上がる観客達を指して言います。スターを生み出しては破滅させる大衆というものを批判しているようなのですが、まさにそのスターというものを大衆にご披露する映画の中でそれを言うのが皮肉というか、自己言及的というかです。 主人公ファン・ガラルドを破滅へと導く女ドナ・ソールは、良心というものをひとかけらも持たず、それでいて他者を魅了し、いいように操作することには天才的な能力を発揮するという、今の目で見ると明らかなるサイコパスです。不倫現場を押さえられたドナが、女房であるカルメンの前で、わざとハンカチを落として夫に拾わせ、両者に屈辱を与えるのを楽しむというシーンには凄みがありました。なお、そのドナ・ソールを演じるニタ・ナルディという女優は、当時「バンプ女優」 (vamp actress = 男を誘惑して破滅させる女を演じる女優) として有名だったんだそうです。 1922 年の映画です。1920 年代と言えば、アメリカでは「ジャズ エイジ」などとも呼ばれたバブル時代。大衆的な娯楽が花開き、享楽的な雰囲気に満ちていた時代だと言われています。そんな世相に対する批判も込められているのかなと、ふと思った次第です。
隠す
  
 
[329]アニーよ銃をとれ
 ベティハットンルーテツ2018-09-25
 
評判の割にはあまり出来が良いとは思えない 歌の挿入が唐突で映画のリズムを壊している MGMミュージカルを多く手掛けたジョージ・シドニー監督の演出なのだが・・・ 主演の・・・
続きを読む
評判の割にはあまり出来が良いとは思えない 歌の挿入が唐突で映画のリズムを壊している MGMミュージカルを多く手掛けたジョージ・シドニー監督の演出なのだが・・・ 主演のベティ・ハットン、ハワード・キールが好演しているだけに、その違和感がもったいない もともとはエセル・マーマン主演の舞台だったが、ハットンのために書かれたといってもいいくらいに”アニー”にハマっている マーマンの舞台はどのようなものかは知らないが、頭のデカいおばさんとアニーがどうしても結びつかない とにかく個性が強すぎてどの作品でも同じ役にしか見えないハットンの間違いなく最高傑作
隠す
  
 
[330]バスティーユ、聖女の恍惚、愛の牢獄
 アストリッド好き向けのコレクターアイテムHABBY2018-09-24
 【ネタバレ注意】
『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』で人魚の役を演じた仏女優アストリッドが全編に渡って美しい肢体を晒してくれている。お乳(推定Fカップ)も自然で美し・・・
続きを読む
『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』で人魚の役を演じた仏女優アストリッドが全編に渡って美しい肢体を晒してくれている。お乳(推定Fカップ)も自然で美しいが、唇の形もお綺麗。宗教的で哲学的なセリフは正直あってもなくてもいい感じ。以上おっさんによるエロ目線だが、女性が観るとまた違った美しさ(刹那的、観念的、諦念的な)が見て取れるのかもしれない。
隠す
  
 
前へ 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION