allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[301]主戦場
 フラットな取材黒美君彦2019-05-07
 【ネタバレ注意】
「ネトウヨ」の主張に関心を持った日系アメリカ人のユーチューバーであるミキ・デザキが撮影も編集も監督もこなしたドキュメンタリー。インタビューを積み重ねて構成するいわば・・・
続きを読む
「ネトウヨ」の主張に関心を持った日系アメリカ人のユーチューバーであるミキ・デザキが撮影も編集も監督もこなしたドキュメンタリー。インタビューを積み重ねて構成するいわば「ディベート・ドキュメンタリー」とも呼ぶべきジャンルが、特に欧米では数多く存在するが、この作品もそのカテゴリーに含まれるだろう。 デザキは敢えて問題が複雑化した「従軍慰安婦」について、ネトウヨの論客にインタビューする。「慰安所はあったが、軍や国は関与していない」「金をもらっていたのだから奴隷ではなく売春婦だ」「元慰安婦の発言に一貫性がない」「全部朝日が捏造したもので、 背景には中国がある」…等々。ではそれらは本当のところはどうなのか、どう解釈されるべきなのか。 慰安婦問題に関係してきた、日米韓の実に27人ものインタビューを通じて見えてきたものは、安倍晋三以降勢力を拡大し続ける「歴史修正主義者」の姿であり、彼らの多くがレイシストと呼ばれても仕方がない言動を繰り返している実態だった。 この作品から垣間見えてくるのは、「歴史修正主義」(「修正」というより「改竄」だが)と「フェイクニュース」が重なる現状と、「無知」がその背景にあるということだ。 そして慰安婦問題は白か黒かの二択で論じられるべき性質のものでもない。 当時の社会状況や差別感情、経済状況等を踏まえた上で、単に「法的に」どうかというだけでなく「人道的に」見た時にどうか、という視点も必要である。確かにこの問題をめぐっては日韓双方の政府にも大きな責任がある。都合の悪い資料をことごとく焼却処分したことをいいことに「公文書がないから事実ではない」と言い募る日本政府。河野談話で謝意を示したからまだマシだが、その後の自民党政権はこの河野談話すら否定しようと躍起だ。 戦場においてキレイごとは存在しない。だからこそ、歴史に謙虚になり、新たな時代を築くことが必要であるのに、日韓両政府はその時々で反韓・反日感情を煽り立て、問題をこじらせてきた。 その結果損害を被るのは両国の国民だ。 とにかくこの映画はよく取材し、よく調査している。 フラットな気持ちでこの作品を観た時、いったいどう感じるだろうか。 公の場で元慰安婦を口汚く罵った目良浩一(歴史の真実を求める世界連合会代表)に、「恥を知れ」とアメリカ人が激怒する姿を見て、改めてこの問題の根幹には「他者の尊厳を踏みにじる感情」があるのだ、と感じた。つまりナショナリズムという自分自身のアイデンティティを守るためには平気で他者を踏みにじることができる、という感情だ。 デザキ監督は、従軍慰安婦問題を記事にした元朝日新聞の植村隆記者に誹謗中傷や脅迫が行われているという話を聞いて、この問題に関心を抱いたのだという。そこから始まってここまで深く考察できたなと、ただただ敬服した。 諦めてはいけない。
隠す
  
 
[302]ハウルの動く城
 ソフィーに首ったけちゃぷりん2019-05-07
 
13年ぶりに観た。力作だけど破綻してる。
  
 
[303]三匹の侍
 柔、剛、道化それぞれ使い手Odd Man2019-05-07
 
TVで成功したのも侍を黒澤明の七(人)から三(匹)へ絞って庶民性も持たせたからかな。丹波から加藤剛へ変わった当時、キャラクター個性や殺陣の効果音をリアルにしたという・・・
続きを読む
TVで成功したのも侍を黒澤明の七(人)から三(匹)へ絞って庶民性も持たせたからかな。丹波から加藤剛へ変わった当時、キャラクター個性や殺陣の効果音をリアルにしたというシリーズを楽しんだ覚え。それにしても悪代官、越後屋と百姓の対立構造というのも戦後の所謂イデオロギー像で実状とは大分かけ離れたもんだしな。
隠す
  
 
[304]乱れ雲
 団地から十和田湖へOdd Man2019-05-07
 
成瀬のメロドラマでも経済成長期以後のカラー晩年作なら共鳴必至の高齢者もまだまだお元気でご存命?と推察。前作「乱れる」から続く東京からみちのく旅情も宜しい。
  
 
[305]クォ・ヴァディス
 現代キリスト教徒のイコン形成Odd Man2019-05-07
 
映画でのキリスト教モチーフの図像化に同じ写実性で一役買ったとすればジェロームなど新古典派絵画が源流かな。これも又「ベン・ハー」などに貸し出したようなシーンが見受けら・・・
続きを読む
映画でのキリスト教モチーフの図像化に同じ写実性で一役買ったとすればジェロームなど新古典派絵画が源流かな。これも又「ベン・ハー」などに貸し出したようなシーンが見受けられて、まだ小粒でも一連の歴史スペクタクル・ブームの走りか。
隠す
  
 
[306]悪戯小僧
 ジャッキークーガンルーテツ2019-05-07
 
『キッド』のDVDの特典に付いていたので視聴 『キッド』と同年の作品で、おおよそストーリーも近いものになっている 身寄りのない社会から疎外された男と、孤児の子供のあ・・・
続きを読む
『キッド』のDVDの特典に付いていたので視聴 『キッド』と同年の作品で、おおよそストーリーも近いものになっている 身寄りのない社会から疎外された男と、孤児の子供のあたたかい愛情のお話 男の薬代のために路上パフォーマンスでお金を稼ぐ姿はなんともかわいい 邦題の”悪戯小僧”はクーガンのやんちゃなイメージから安易につけられたのだろうか 本作でクーガン演じる少年はいたずらなどしないとても良い子 タイトルに釣られないようにしましょう
隠す
  
 
[307]遊星からの物体X ファーストコンタクト
 リーダーの功名心が大過を招くローランド2019-05-07
 
  評判があまりよろしくないのはジョン・カーペンター作品と比較されてしまって割を食っているのではないのかなって気がするくらいに、捕食された隊員の骨折の手術に用いたチ・・・
続きを読む
  評判があまりよろしくないのはジョン・カーペンター作品と比較されてしまって割を食っているのではないのかなって気がするくらいに、捕食された隊員の骨折の手術に用いたチタンプレートが体外に排出されていることを提示しておき、それがエイリアンは有機物質にしか変容し増殖できないのだからと歯の治療の詰め物のあるなしで判別することに結びついたりとこれはこれで良く出来ていて、牴物瓩梁し舛烹達任覆蕕任呂里△蠅たり感があるし物語の展開がエイリアンの乗った漂着飛行物体を見せる設定に無理が生じたかあちこちに大雑把感があるけど、その比較対象作品をまだ観ていなかったならかなり面白いはずで、そしてエンディングではその続き(ジョン・カーペンター版)を観たくなるのではないでしょうか。
隠す
  
 
[308]宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第二章 発進篇
 苦渋の決断、そして発進HABBY2019-05-07
 【ネタバレ注意】
平和を愛する諸国民だからこそ、立ち上がらねばならない時には立ち上がる。地球を防衛するために。
  
 
[309]宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第一章 嚆矢篇
 宇宙は生きている、だから愛が必要だHABBY2019-05-06
 【ネタバレ注意】
新たなる脅威の到来〜古代進らの奮闘、再び。蒼き地球を護れるのかどうか、胸踊る新章開幕。
  
 
[310]フューチャーワールド
 マッドマックス2的bond2019-05-06
 
そこそこの俳優出てるのに、つまんない。
  
 
[311]ゴースト/血のシャワー
 不気味さ十分bond2019-05-06
 
終盤で船の正体判明のインパクト。いっちゃってる船長をケネディ好演。監督よけりゃもっと面白くなった。
  
 
[312]ハンターキラー 潜航せよ
 力が入るSECOND_STAGE_LENSMEN2019-05-06
 
観ているとついつい手に力が入る。そんなアクション映画は面白い。 本作も力が入るし、思わず息を呑んでしまうことも。 娯楽作はこうでなくっちゃ。
  
 
[313]宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟
 完全新作の劇場版HABBY2019-05-06
 【ネタバレ注意】
ヤマト、一難去ってまた一難。『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』鑑賞前のウォームアップとして鑑賞。
  
 
[314]宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海
 2199シリーズ復習用HABBY2019-05-06
 【ネタバレ注意】
総集編にして、『星巡る方舟』と共に続編『〜2202 愛の戦士たち』へと橋渡しする役目。2202シリーズ鑑賞前にさらりと鑑賞。
  
 
[315]キングダム
 夢があるから!dadada2019-05-06
 
原作未読。ヒットしてるし、続けるんだよね、コレ。アクションや特撮はともかく、バカでウルサい主人公の姿に辟易。観るかどうか、わからんが、今後に期待...? オジさんは・・・
続きを読む
原作未読。ヒットしてるし、続けるんだよね、コレ。アクションや特撮はともかく、バカでウルサい主人公の姿に辟易。観るかどうか、わからんが、今後に期待...? オジさんは、カッコ良い長澤まさみを目でれてイカッタ。
隠す
  
 
[316]ザ・リング
 アビーspqc2y292019-05-06
 【ネタバレ注意】
オリジナルの方が怖いけど、リメイクとしてはかなり健闘していますね。 ずーっと雨が降っていて雰囲気はいい感じ。 誰かと思ったら、NCISのアビーだった。(若い!)
  
 
[317]最高の人生の見つけ方
 リストspqc2y292019-05-06
 【ネタバレ注意】
死ぬまでにやってみたい事リスト。 自分なら何を書くか?真面目に考えさせられました。 でも結局金がないとね
  
 
[318]アウトレイジ 最終章
 最終章spqc2y292019-05-06
 【ネタバレ注意】
シリーズをもう作らない(作らせない)為に、 最後自害するオチみたいだったけど、 2作目の時みたいに実は生きていましたとかってならないかね。
  
 
[319]ウィッチ
 ホラーだけじゃないちゃぷりん2019-05-06
 
シリアスな展開。監督は熱心なクリスチャンなんだろうな。
  
 
[320]ウォンテッド
 主役spqc2y292019-05-06
 【ネタバレ注意】
列車のシーン、関係ない人をこんだけ死なせるのは如何なものかしら? 主役はジェームズ・マカヴォイだった。
  
 
[321]ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑
 ロペス頑張れspqc2y292019-05-06
 
ジェニファー・ロペスもがんばっているけど、 全体的にTVの2時間サスペンスみたい。 隣のおじいさんが気の毒。
  
 
[322]セルフレス/覚醒した記憶
 ご都合主義だけどspqc2y292019-05-06
 
つっこみどろこ満載だけど、映像がきれいで 途中だれずに一気に見せてくれます。
  
 
[323]埋もれる殺意 〜18年後の慟哭〜
 モンスターbond2019-05-06
 
はたして犯人は誰なのかなのだが、オチはそれなり。意外のようなやっぱりかとも思える犯人。
  
 
[324]宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く
 永遠なれHABBY2019-05-06
 【ネタバレ注意】
ヤマトのエンディングってこういう感じだったのか。ようやく積年の疑問が解けた。今回のシリーズはグラフィックも違和感なくアップデートされていて感情移入できた。デスラー総・・・
続きを読む
ヤマトのエンディングってこういう感じだったのか。ようやく積年の疑問が解けた。今回のシリーズはグラフィックも違和感なくアップデートされていて感情移入できた。デスラー総統の青々しさも実にリアル。肌の色の違いで身分の優劣を断じていたり、地球人を劣等種族と頻繁に呼称したりと、当時の世相が垣間見えてきて興味深い。
隠す
  
 
[325]ボヘミアン・ラプソディ
 やっぱりいいねぇ・・70年代の空気いまそのとき2019-05-06
 
☆☆☆☆  中盤から輝きを増す・・必見の一作。誰が何と言おうと穢れなき人生だ・・
  
 
[326]探偵はBARにいる3
 TVMでもいいのでは?bond2019-05-06
 
序盤は良かったが、やはりマンネリ感あり。大泉ではミスキャスト。
  
 
[327]恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ
 ジャズのゆくえOdd Man2019-05-06
 
時代はフュージョン後の、ジャズクラブでのスムーズジャズさえも儘ならない、ラウンジどさ回りで糊口をしのぐ兄弟と歌手。お気楽もビタースイートな道中ものと観れば、まぁ楽し。
  
 
[328]皇帝のいない八月
 人物に魅力なし黒美君彦2019-05-06
 【ネタバレ注意】
198X年に勃発した自衛隊によるクーデター。政府はそれをどう鎮圧するか…というのがこの映画の本質。 二・二六事件等を実体験した人々がまだ多く健在だった時代、軍事クーデター・・・
続きを読む
198X年に勃発した自衛隊によるクーデター。政府はそれをどう鎮圧するか…というのがこの映画の本質。 二・二六事件等を実体験した人々がまだ多く健在だった時代、軍事クーデターは決して夢物語ではなかった頃のお話。 政権のありようや時代の閉塞感は現代に通じるところがある。「美しい日本」を取り戻すのだ、と威勢のいい為政者が人気を集める現代の方が、寧ろ静かなクーデターが進みつつあるように感じるのは何故だろう。 それはさておき、登場人物が豪華である割に物語が今ひとつ魅力的でないのはどうしたわけだろう。 ブルートレイン「さくら」に舞台が移るまでは緊張感もあって面白かったのだが。 ひとつは主人公である三人、藤崎顕正(渡瀬恒彦)、妻の杏子(吉永小百合)、杏子の元恋人石森宏明(山本圭)の関係性や主張に共感が持てないからだろう。 藤崎はなぜクーデターを起こしたかについて、1970年に市ヶ谷で自刃した三島由紀夫程度のことしか語っていない。彼の内面にあるどうしようもないクーデターに対する熱情が見えてこないのだ。これでは単に軍事国家こそが日本のあるべき姿だと主張する極右から一歩も出ていない。そして妻の杏子に至っては訳がわからない。石森に会いに行く途中に拉致され、藤崎に犯された彼女は、平然とその藤崎の妻におさまっている。そして訳のわからないまま杏子を喪った石森は結婚しているのに、五年ぶりに杏子に会った途端、妻について「足の悪い、おとなしいだけの女さ」と吐き捨てるように言い放つ。 何なんだ、こいつたちは。 一方政権では影の宰相大畑剛造(佐分利信)が、右翼の大物や財界トップとクーデターに関してそれとなくやりとりをしているけれど、黒幕であることを知った政権が大畑逮捕に動くと姿がなく、連絡先もわからない…って、葉山の別荘くらい把握しているだろう、普通。 そんなこんなで最後は自棄のやんぱち、鎮圧軍と銃撃戦の末、クーデターは失敗し、石森も杏子も撃たれ、特急「さくら」に仕掛けた爆弾で車両は吹っ飛ぶ。政府は報道管制を敷いて、全てを隠蔽…。 クーデター計画の隠蔽は1961年に実際に「三無事件」であったことなので、もしかすると知らないだけで他にもあったかも知れない。 何でも青年将校役は当初は渡哲也にオファーするはずがどうしてもスケジュールが取れず、弟の渡瀬恒彦が演じることになったのだとか。彼の内側の狂気はなかなか迫力があった(共感は皆無だけど)。「さくら」の乗客役で、戦前ソ連に恋人の演出家と逃避行し、収容所に長く収監された岡田嘉子(1902〜92)が出ているというのも興味深い。 それにしても、寝台特急の乗客を人質にして国家転覆なんて、いくら何でも無茶が過ぎる。ある種の自爆テロと考えればありなのかもしれないけれど。 そんな訳でやや中途半端な作品になってしまった感が強い。残念。
隠す
  
 
[329]疑惑の影
 親族構造の原理Odd Man2019-05-06
 
文化人類学で「冗談関係」と言うらしい、他人や厳格な「忌避関係」にもなりえる親子とも異なる気安く憧れの叔父への不信と疑惑の設定で、サスペンスはもう成功なんだろね。
  
 
[330]アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
 まだまだ続く黒美君彦2019-05-06
 【ネタバレ注意】
ハリウッド版戦隊オールスター祭り第二弾、といったところ。新たに登場する改造人間のピエトロ・マキシモフ(アーロン・テイラー=ジョンソン)、ワンダ(エリザベス・オルソン・・・
続きを読む
ハリウッド版戦隊オールスター祭り第二弾、といったところ。新たに登場する改造人間のピエトロ・マキシモフ(アーロン・テイラー=ジョンソン)、ワンダ(エリザベス・オルソン)の双子兄妹の妹ワンダによってことごとくマインド・コントロールされる超人たち(ホークアイを除く)。。。。で、疑問。トニー・スタークに対するコントロールはいったいいつ解けたのだ??そもそもそのマインド・コントロールって、操るというより悪夢を見させるのが目的なのか??うーむ、よくわからん。 まあウルトロンがどうしたこうしたというよくわからんやりとりはともかく、アイアンマンとハルクの闘いがいちばん派手だったかも。国?が浮上するとか墜落したら人類滅亡だとか、後半は話が派手過ぎて何が何だか、だったし。 究極の人造人間ヴィジョンは、アベンジャーズ寄りで良かったね。彼が一応アベンジャーズの中では最強、ということになるのかな??よくわからんけど。ピエトロは再生細胞で蘇るのかと思ったが、死んじゃうとそれは無理なんだね。 今回は韓国ソウルが舞台にもなり、マーベルのアジア戦略も相変わらず(笑) ただ上映時間はさすがに長い気がした。お子様は我慢できないんじゃないかな。 ああ、でも同工異曲のストーリーで、またすぐ忘れてしまいそうな気がする…。
隠す
  
 
前へ 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION