allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

作品に対するユーザーコメント
 
各作品・人物詳細ページにある【コメント】タグ部分の<コメントを登録>から、「allcinema ONLINE」メンバーの方なら、どなたでも投稿することが出来ます。コメント入力時に表示される投稿上の注意をご確認の上、ご登録ください。より多くの方のコメントをお待ちしております。

 作品名
 コメント題投稿者投稿日
[301]300 <スリーハンドレッド>
 スパルタ本舗ローランド2018-07-06
 
  手間暇かけて金かけて厳かに抒情的に壮大に力強く面白く歴史物語を見せようとの意気込みは感じることはできるのだけど、脚本の粗っぽさが気になるせいか演出が好みに合わな・・・
続きを読む
  手間暇かけて金かけて厳かに抒情的に壮大に力強く面白く歴史物語を見せようとの意気込みは感じることはできるのだけど、脚本の粗っぽさが気になるせいか演出が好みに合わないってことか残酷な殺し合いを見ながら眠気が兆してしまったよぅ・・・。      スパルタと言う言葉だけが有名過ぎて、それがギリシャでのことだったのかっていまさらながらな間抜けなことを考えながら観ていたのだけど、星に乙女座ださそり座だ水瓶座だと凡人にはこじつけとしか思えないような名前を勝手に付けて壮大な神話を創ってしまったり、それにオリンピック発祥の地でもあるしとギリシャという国家には並々ならぬ品位を感じていたのに、それが今では借金に追いかけられ・・・ ということに。    日本もそのうちに仲間入りだなんてことにならないように、ボーとして生きてんじゃねぇよ!って誰かに叱ってもらわんといけないか。
隠す
  
 
[302]病院坂の首縊りの家
 見るのみ68生男2018-07-06
 
市川崑の金田一5作は、何度でも見れる。これからも何度も見るだろう。多分死ぬまでに100回ずつは見るだろう。
  
 
[303]シークレット・スパイ/超頭脳の男
 今ひとつ塚原新2018-07-06
 
米国スパイのモナハンは、中国での潜入活動中に囚われてしまう。4週間後に返還された彼は、一切の記憶を失っていた。 上司たちは、研究途上の電気信号による脳への情報コピー技・・・
続きを読む
米国スパイのモナハンは、中国での潜入活動中に囚われてしまう。4週間後に返還された彼は、一切の記憶を失っていた。 上司たちは、研究途上の電気信号による脳への情報コピー技術を、彼に使用してスパイ活動をさせようとするが…というSF・スパイアクション作品。 コンピューターを使って、脳に新たな知識をインストールする事によって、語学や格闘技を操れるようになるという、TVMらしく低予算で出来るSF調の設定。離れた場所でも電話線を使ってデータを送信したりと、現代のネットと同様な演出は面白かった。 しかし、記憶がないというのがただ展開に都合がいいだけで、主人公自身のキャラクターとしては弱い。そのためか、ドラマ部分が非常に薄味で、あまり盛り上がらない。 また、序盤で回想シーンが多く、導入部がスッキリしない印象。 チップを頭に埋め込み能力を得るという、似たような設定のSFスパイもの「サイボーグ・ウェポン」が1993年に作られている。
隠す
  
 
[304]バック・トゥ・フリーダム/灼熱の戦場
 今ひとつ塚原新2018-07-06
 
中南米で細菌の研究をしていた医師が、内戦のゴタゴタに巻き込まれ、知り合った伝道の仕事をしに来た女性やパイロットの男たちと共に脱出しようと奮闘するアクション作品。 全・・・
続きを読む
中南米で細菌の研究をしていた医師が、内戦のゴタゴタに巻き込まれ、知り合った伝道の仕事をしに来た女性やパイロットの男たちと共に脱出しようと奮闘するアクション作品。 全体的にお気楽で肩のこらない作り。戦車やセスナ、核ミサイルとそれなりに派手な見せ場が用意されている割には、主人公たちの魅力が乏しいため、あまり盛り上がらない。
隠す
  
 
[305]ニコール・キッドマン in シャドウ・オブ・ブロンド
 不発塚原新2018-07-06
 
深夜のサバイバルゲームに参加する主人公は、空手を習う学生だったが、彼を指導する教師は心に傷を持つ元軍人だった。その教師の行動が、死者を出す事件に発展して行く…という・・・
続きを読む
深夜のサバイバルゲームに参加する主人公は、空手を習う学生だったが、彼を指導する教師は心に傷を持つ元軍人だった。その教師の行動が、死者を出す事件に発展して行く…という感じのまとまりがないサスペンス・アクション作品(笑)。 主人公たちが深夜のサバイバルゲームにのめり込んでおり、彼らにとっては大事な物として描かれるのだが、説明が全く無い上に暗い場所で行われているため、どんなゲームかさっぱりわからず、見ている方はストレスがたまる。 空手と言いつつ、剣道や器械体操も混じえ、最終的にはニンジャ映画のノリになるので、混乱必至(笑)。 ニコール・キッドマンは主人公のガールフレンド的立ち位置で、別にヒロインとして女教師が登場するので、出番はそこそこ。
隠す
  
 
[306]GEKICHIN 撃沈
 Bの中マイナス塚原新2018-07-06
 
闇の武器取り引きを捜査する米軍の隠密作戦チームが、ミサイルを使ってテロ攻撃を企む敵と戦うアクション作品。 序盤のチェイスシーンや戦艦での撮影などは、それなりに手が掛・・・
続きを読む
闇の武器取り引きを捜査する米軍の隠密作戦チームが、ミサイルを使ってテロ攻撃を企む敵と戦うアクション作品。 序盤のチェイスシーンや戦艦での撮影などは、それなりに手が掛かっており、B級作品としては思ったより見応えがある。 反面、主人公チームが少人数の無名俳優ばかりで、展開などが雑だったりと、低予算作品の悪い部分も目立つ。 CGが安っぽいのは時代的にやむを得ないかなあ。 心の広い人か、マニア向け(笑)。
隠す
  
 
[307]パニック・スカイ フライト411 絶体絶命
 なんじゃこりゃ塚原新2018-07-06
 
ハイジャック犯たちの狙いは、乗客の男が体内に隠し持つ新開発のマイクロチップだった…というエア・パニックもの。 ハイジャックものとしてはありがちなB級映画レベルの感じで・・・
続きを読む
ハイジャック犯たちの狙いは、乗客の男が体内に隠し持つ新開発のマイクロチップだった…というエア・パニックもの。 ハイジャックものとしてはありがちなB級映画レベルの感じで進むが、チップの内容が結局説明されなかったり、突如オカルト展開になったりと、終盤に全てが崩壊する作り。 基本的にキリスト教の概念がベースにあるようで、知識が無いと全く「はあ!?」となる。 新作でDVDレンタルしてたら怒り狂うかも(笑)。
隠す
  
 
[308]ラン・スルー・ザ・ナイト
 ロシアの逃亡者リベルタド!!2018-07-06
 【ネタバレ注意】
「ミュートウィットネス」や「小さな逃亡者」を彷彿とさせる一本。 タイトルからは、一夜の出来事と勝手に想像してしまったが違った。 ありがちなサスペンスではあるけど、絵画・・・
続きを読む
「ミュートウィットネス」や「小さな逃亡者」を彷彿とさせる一本。 タイトルからは、一夜の出来事と勝手に想像してしまったが違った。 ありがちなサスペンスではあるけど、絵画の贋作を扱っている所が箔をつけている。 ジャケ写のセクシーなワイシャツ姿は、一瞬だけ寝起きのところで。
隠す
  
 
[309]ハンガー
 詩的なヴァンパイアものbond2018-07-06
 
ボウイのメークアップがインパクトあり。ヴァンパイア哀しいサガ。後の映画に影響与えてる。
  
 
[310]ゼロ・グラビティ
 映像がきれいなのは良い流氷一滴2018-07-05
 【ネタバレ注意】
家でDVDをみたので、多くの人が絶賛する映画館の迫力は全くわからなかったですが、映像がきれいなのには驚きました。技術の進歩はたいしたものです。 ただ、ストーリー展開・・・
続きを読む
家でDVDをみたので、多くの人が絶賛する映画館の迫力は全くわからなかったですが、映像がきれいなのには驚きました。技術の進歩はたいしたものです。 ただ、ストーリー展開としては少々ご都合主義だと思う。いくら初めての宇宙体験とはいえ、ヒロインの行動は「下手」すぎる。見ていて少々「いらっ」とした。 だから、死んだはずの同僚の「幻覚」に助けられるという話が生きるのでしょうね。 実際にこういう体験をした人はおそらくいないだろうが、海で知らぬ間に沖へ沖へと流されて、必死に陸に向かって泳いで、足の立つところに到達したときの安堵感の数百倍も強いのかと思う。
隠す
  
 
[311]エクスカリバー
 傑作騎士道ファンタジーbond2018-07-05
 
アーサー王ものの映画ではダントツでいい。サントラもいい。ヘレンミレン綺麗。
  
 
[312]キャビン・フィーバー リブート
 そんなにspqc2y292018-07-05
 【ネタバレ注意】
思ったほどグロくない。 オープニングの空撮と音楽はシャイニング⁇
  
 
[313]彼岸花
 小津と「有」68生男2018-07-05
 
「小津安二郎」は映画好きにとっての「鬼門」だから、捕まらないように気をつけたい。 気の弱い若い人が「小津が解らないのは解らない自分のせい」みたいなことを思ったとした・・・
続きを読む
「小津安二郎」は映画好きにとっての「鬼門」だから、捕まらないように気をつけたい。 気の弱い若い人が「小津が解らないのは解らない自分のせい」みたいなことを思ったとしたらつまらないから言うが、昔から小津の好き嫌いは半々だから、小津嫌いでも気にすることはない。小津好きが大半だったとしたら、小津氏についての、何を「力説」することもないわけだから。 「小津が解らなければ映画が解らない」などということもないだろう。だいたいにして、どこが難解なわけでもない。大概が誰でも解る。つまらないとすれば、「解るけどつまらない」ということだ。「つまらなくはないけど嫌い」ということもある。あたりまえのことだ。 時代性を考えずに作品だけのことを言えば、本作は「未成熟」な作品ということになる。高い評価はもう動かないわけだから、どこがいいかより、どこがやり過ぎかのほうが、論としての益は大きいかもしれない。 もしもこの作品を「完璧」だと思ったとしたら、「完成度よりも成熟度を求められるのが映画ではないか」という見方も、思い出してみたい。 「完璧」だと思ったことが、「凝固」しただけということもあり得る。それは仏教でいう「有(う)」の状態のことだ。 この『彼岸花』は、小津氏55歳頃の作品だ。人間の思考の、大きな枠組みが変えにくくなり、柔軟さを失くし始める年頃だろう。こだわりの追及を、止めることが難しくなってくる。 小津監督はどうであったろうか。一考の価値はないだろうか。
隠す
  
 
[314]ヘブン・アンド・アース
 イマイチ引き込まれないbond2018-07-05
 
Why 中井貴一?
  
 
[315]グラインドハウス
 SFホラー二本立てリベルタド!!2018-07-05
 
まるで「ロッキーホラーショー」の唄みたい。「プラネットテラー」「デスプルーフ」それぞれ単品では観たことあり。 今回は二本ぶっ通しの「USA版」。 やっと「マチェーテ」以・・・
続きを読む
まるで「ロッキーホラーショー」の唄みたい。「プラネットテラー」「デスプルーフ」それぞれ単品では観たことあり。 今回は二本ぶっ通しの「USA版」。 やっと「マチェーテ」以外の予告編を拝めたぞ!幸せ。
隠す
  
 
[316]泥棒成金
 グレースケリールーテツ2018-07-05
 
グレース・ケリーが南フランスの海岸を爆走する! ストーリーの面白さだけでなく、機知にとんだ台詞、適度なお色気や、花火の使い方、ミスリードする意味深なカットなど、随所・・・
続きを読む
グレース・ケリーが南フランスの海岸を爆走する! ストーリーの面白さだけでなく、機知にとんだ台詞、適度なお色気や、花火の使い方、ミスリードする意味深なカットなど、随所にヒッチコック監督らしい演出がみられる 主演はケイリー・グラントでいつもの調子 ヒロインはグレース・ケリーだが、ストーリーの肝には直接絡んでこないお飾り的な存在 コスプレも披露してくれる 10代に見えない10代の役ブリジット・オーベールが健康的なお色気でケリーに対抗 ジェシー・ロイス・ランディスが良い味を出す その他助演はシャルル・ヴァネル、ジョン・ウィリアムスなど 風光明媚な南フランスが舞台にも拘らず、ロケではなく、スクリーン・プロセスがけっこう気になるのが残念 監督の方針か、予算の関係か
隠す
  
 
[317]富士の魂
 1合目か2合目68生男2018-07-05
 
自分が富士山ら辺の出なので、なんとなく見てみた。 これはVシネマの棚のものなのだろうか、ちょっとご無沙汰な俳優や、感じのいい脇役衆が見られてよかった。 ぐんと麓のほう・・・
続きを読む
自分が富士山ら辺の出なので、なんとなく見てみた。 これはVシネマの棚のものなのだろうか、ちょっとご無沙汰な俳優や、感じのいい脇役衆が見られてよかった。 ぐんと麓のほうでの話なので、「山」を期待して見ても、何にもありません。 霊峰富士を称えるような、感じのいいセリフもちらちらとはあったが、そもそものところが、「富士に集まって来るのは問題を抱えた人間ばかり」というのはいかがなものでしょう。
隠す
  
 
[318]太秦ライムライト
 被害妄想の貧乏神映画68生男2018-07-05
 
主人公の言うところによれば、業界がおかしく、人がおかしく、若者もおかしく、社会もおかしいらしい。ということは、地球上でまともなのは、この太秦俳優たちだけということか・・・
続きを読む
主人公の言うところによれば、業界がおかしく、人がおかしく、若者もおかしく、社会もおかしいらしい。ということは、地球上でまともなのは、この太秦俳優たちだけということか。そうであれば、この大部屋というのは、まさしく地上のパラダイスというわけだ。 本作が、何かの賞を取ったりして好意的に迎えられているということは、こういう思い上がったヨタ話に膝を打つようなのが、時勢になっているということなのだろうか。 だが、ご自慢のこの作品自体が、その「おかしな業界」の「おかしな人間」たちによって作られているのはどういうわけだろう。パラドックスだ。 結局は、福本氏の立っている所が非常に批判しにくい位置にあるということだろう。初手から「この映画批判する者人に非ず」という空気がつくられているのだ。 中身的には、かなりの安っぽさであるから、雑誌などの新作レビューも、流し見に書かれたのではないかと思えてくる。「とりあえず褒めておけば間違いない映画」ということか。 ストイックぶった主人公が、若い娘に向かってバカ丁寧な敬語を使ったりして、実に助平ったらしい。そういうのは礼儀正しいとはいわない。これほど鼻持ちならない映画は見たことがない。 時代劇や任侠映画でよく見かける福本清三氏には、ずっと好感を持っていたが、このひねくれ果てた主人公、香美山清一=福本氏だとすれば、ややがっかり。 剣の腕はさすがというべきか、映画の中から「映画」を殺す映画である。
隠す
  
 
[319]昼下がりの背徳
 大自然の中の快適なシティライフasama2018-07-05
 
自立するシティウーマン、リンゼイ・ウォーカーを演じたメラニー・マーコスキーが素晴らしい。繊細な心理までをも演じ切るその女優力に参りましたね。上昇志向のキャリアウーマ・・・
続きを読む
自立するシティウーマン、リンゼイ・ウォーカーを演じたメラニー・マーコスキーが素晴らしい。繊細な心理までをも演じ切るその女優力に参りましたね。上昇志向のキャリアウーマンであり、男を魅了する艶っぽさ満開のキャラを熱演。ヌードもあって文句なしです。また建築家の視線で、カナダの自然と都会暮らしの素晴らしさを描き出したところもこの映画の魅力。エンディングロールまでしっかり見るべき価値のある作品です。
隠す
  
 
[320]ヘルナイト
 最後んとこウソ68生男2018-07-05
 
中盤まではお友だちの赤い下着でつないでますな。 ブレアちゃんが下着にならないとだめでしょ。 エクソのイメージが抜けなくて売れなかったみたいなことがよく言われるけど、・・・
続きを読む
中盤まではお友だちの赤い下着でつないでますな。 ブレアちゃんが下着にならないとだめでしょ。 エクソのイメージが抜けなくて売れなかったみたいなことがよく言われるけど、エクソ2まではそうでもなかったんじゃないのかな。家にあったロードショーとかスクリーンとか、表紙になったりグラビアになったり、人気もあってアイドルスターだったし、一般作にもちゃんと出てたし。やっぱり2をやったのがよくなかったんじゃないかな。ヤクのことかなんかで事情があったのかな。このヘルナイトはだいぶ売れたけど、ホラーはもうやめといた方がよかったんじゃないのかな。この後はもうそっちばっかりになっちゃった。ヘルナイトの時が25歳くらいなのかな。大人役の演技力がいまいちだったのかもしれないな。それともヤクがつづいちゃったのかな。ざんねんだな。リンダブレアってほんとにかわいかったんだよね。 「リンダリンダ」のリンダは、リンダブレアのことらしい。
隠す
  
 
[321]X-ファイル 2018
 (無題)HABBY2018-07-04
 
祈りが通じた。まだやってくれるらしい。感涙。 (モルダー、スカリーと共に、後継候補と目される2人の若き捜査官がどのような振る舞いを見せるのかが楽しみ。)
  
 
[322]キラー・セッション
 追跡bond2018-07-04
 
アジア系の殺し屋がいい味出してた。
  
 
[323]ひき逃げ
 成瀬巳喜男のフィルムノワールとまではnoir fleak2018-07-04
 
いかないが、なかなかサスペンス仕立てが面白い。展開も早くて退屈しない。主演が高峰秀子だから悪いはずがない。 がしかし、最後の10分くらいの話は不自然きわまりない。自殺・・・
続きを読む
いかないが、なかなかサスペンス仕立てが面白い。展開も早くて退屈しない。主演が高峰秀子だから悪いはずがない。 がしかし、最後の10分くらいの話は不自然きわまりない。自殺を殺人と間違えるほど警察は馬鹿じゃあるまいし、高峰も無実の絶叫もおかしい。逆に、警察が自殺と断定した事件を高峰が自ら犯人と名乗り出たほうが良かった! 名作とは言えないが、成瀬監督ファンには見逃せない作品だ。
隠す
  
 
[324]テイキング・オブ・デボラ・ローガン
 5段階評価の2・5さとせ2018-07-04
 
ミアは認知症のデボラ・ローガンを取材する為にヴァージニアを訪ねる。 デボラと娘サラが一緒に暮らしていて金が必要な2人は密着取材に協力するのだが、そこで見たものとは・・・・
続きを読む
ミアは認知症のデボラ・ローガンを取材する為にヴァージニアを訪ねる。 デボラと娘サラが一緒に暮らしていて金が必要な2人は密着取材に協力するのだが、そこで見たものとは・・・。 ジャケットが凄まじい迫力で何事か?と思ってしまうくらい怖い。 映画自体も不気味な雰囲気が漂っているがジャケット負けしていると思ったのは私だけ? DVDはちゃんと5.1ch収録されているのが救い。
隠す
  
 
[325]未来警察 Future X-cops
 ロボコップbond2018-07-04
 
アンディラウも仕事選べば、、、、、
  
 
[326]八つ墓村
 監督の剛腕68生男2018-07-04
 
野村芳太郎の重厚な作風が好ましければ、見て間違いない。娯楽映画として完全に成功している。 清張の映画化でも成功している野村氏だが、横溝映画化では、また別のアプローチ・・・
続きを読む
野村芳太郎の重厚な作風が好ましければ、見て間違いない。娯楽映画として完全に成功している。 清張の映画化でも成功している野村氏だが、横溝映画化では、また別のアプローチで見事に成功させている。 これ以上の「八つ墓村」を作れるとは思えない。 のちに市川崑監督が挑戦したが、失敗している。手を付けるのが遅すぎたのかもしれない。石坂浩二のシリーズで撮ってほしかった。 渥美金田一は、やはり原作に一番近いように思える。ただもう少し若い方がいいとは思うが、年代の設定を変えているので、これはこれでいいかと思える。 渥美清を「男はつらいよ」でしか見たことがない人でも、すぐにちゃんと金田一に見えるから大丈夫。他にも多くの主演作のある名優なのだ。 しかし、「寅さん」に見えてもべつにいいのではないだろうか。「寅さんが金田一」というのも野村氏のねらいの一つではあったのではないだろうか。
隠す
  
 
[327]映画 ST赤と白の捜査ファイル
 イケメンアイドル捜査HABBY2018-07-04
 【ネタバレ注意】
ストーリー自体は『名探偵コナン』でやりそうな知能犯罪系。可もなく不可もなく。藤原竜也と岡田将生人気に依存してるかも。志田未来ちゃん、久々に拝見。才気煥発な探偵女子、・・・
続きを読む
ストーリー自体は『名探偵コナン』でやりそうな知能犯罪系。可もなく不可もなく。藤原竜也と岡田将生人気に依存してるかも。志田未来ちゃん、久々に拝見。才気煥発な探偵女子、なかなか似合ってる。芦名星はどの作品でもだいたい色っぽいが、本作でも同じ傾向。瀬戸朝香、貫禄十分。
隠す
  
 
[328]
 光と闇はフレンドリーHABBY2018-07-04
 【ネタバレ注意】
さすがは河瀬直美監督、テーマ設定(目の見えない天才カメラマンと音声ガイドで盲目者をサポートする女の恋)にも気品があるし、役者の選択、演技指導、映像(光と闇の使い方、・・・
続きを読む
さすがは河瀬直美監督、テーマ設定(目の見えない天才カメラマンと音声ガイドで盲目者をサポートする女の恋)にも気品があるし、役者の選択、演技指導、映像(光と闇の使い方、陰影の技法)もお見事。世界で勝負できる作品を日本人がまた一つ作り上げたんだなという喜びがこみ上げて来た。一寸違和感があるとすれば、そこまでトントン拍子に恋が進んじゃうかねえ、というところか。多少同性の僻みも入ってるけど(笑)。とりあえず本作での印象的な演技によって水崎綾女という女優の名を覚えた(最近観た『変態仮面』や『誤判対策室』でもお目にかかったはずだが、全く印象に残っていない)。
隠す
  
 
[329]悪魔が来りて笛を吹く
 いきなりで申し訳ないが、68生男2018-07-04
 
おかしいというなら「映画」は全部おかしい。「映画」というのは初めからおかしいものなのだ。 本作であれば、まずカタブツの大人なら近づかない。「悪魔は来ないだろうし、来・・・
続きを読む
おかしいというなら「映画」は全部おかしい。「映画」というのは初めからおかしいものなのだ。 本作であれば、まずカタブツの大人なら近づかない。「悪魔は来ないだろうし、来たとしても笛は吹かなかろう」という具合だ。だいたいにして、警察が民間人を事件現場には立ち入らせないだろうから、金田一耕助の存在からしておかしいのだ。設定を見ただけで「馬鹿馬鹿しい」と言って一蹴する人だって大勢いる。 しょせん「映画」というのは、人間がハキハキ整然としゃべっている「おかしな世界」だ。おかしいとわかっているものに、あまりおかしいおかしい言うのも、賢からぬことのように思える。このタイトルに惹かれて見たにもかかわらず、堅苦しく吟味をするのはどういうわけだろう。馬鹿馬鹿しいものを好んでいるのに、馬鹿馬鹿しいことを許さないというのは、それこそリアルでないことに思える。 最近あちこち映画サイトやレンタル店のレビューなど覗いているのだが、攻撃的、嘲笑的なコメントが多いのに驚いている。いったい、好きで映画を見ているのだろうか、映画が憎くて映画を見ているのだろうか。それは自由なのだろうけれど、面白くもなさそうに思える。試験や受験などを多く経て、ものごとを減点法で見てしまうようになってしまったのだろうか、などと考えてしまった。 あるいは、あとでレビューを書こうなどと思って見ると、そういう批評的な見方になってしまうのだろうか。気をつけなければいけないと思った。映画を面白く見られなくなるようなら、こういうものを書くことはやめようと思う。 かといって、映画が出鱈目であってもいいとは思わないが、「映画」に「映画」以上のものを求めるのはよくないと思う。逆に、製作者たちが、「映画を超える映画を作ろう」などと考えはじめたら、ほんとうに「馬鹿」な映画、「映画以下の映画」ばかりができてしまうだろう。見る方も作る方も、「映画は映画」というところを、押さえたうえでやっていったほうが健康なように思う。 これはこれで日本映画においては欠かせない一作だ。面白いか面白くないかで言えば、やっぱり面白い。 これもまた一線級の作品と言っていい。粗はあるけれど、粗のない映画なんていうものはない。 映画というのはこういうものなのだ。この位のものを面白く見られないでは、面白いものがなくなってしまう。 『悪魔が来りて笛を吹く』という、 この素敵なタイトルが苦手でない映画ファンなら、まずは見ておいた方がいい。そして「見てよかった」と思えたなら、なおいい。
隠す
  
 
[330]獄門島
 青春映画68生男2018-07-04
 
市川崑の金田一モノで一番面白いのは「獄門島」というのが定評になっているが、同感。 サントラの一番いいのもこれということだが、同感。 旅。青春。金田一耕助の青春。
  
 
前へ 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16次へ
 
 



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION